田代親世の韓流 総決算2011

友達とはありがたいもので、何かにはまると必ず救世主が現れます。

2009年1月に韓国ドラマにはまるきっかけは高校時代の親友からのDVD、継続したのは加津子さんからのDVDの配給、もっと深く入れ込んだのはモンぽこさんからの衛生劇場の「田代親世の韓流」のDVDの影響です。

モンぽこさんが貸してくれる「韓国ドラマ愛好会 廿日市支部」の方からの「田代親世の韓流総決算」は実に面白いんです。

1年目に借りた総決算は、俳優も作品もほとんどわかんなくて、チンプンカンプン。
2年目になると、40%くらいは話についていけました。

そして、総決算2011は、ほとんど90%理解できたんですよ。

この四人のトークで展開します。

田代親世 韓国エンターティメント・ナビゲーター
高橋尚子 エンタメライター&エディター。国ドラマ中心に雑誌や書籍・パッケージなどで執筆
望月実寿 フリーライター。韓国・アジアドラマを雑誌や書籍・パッケージなどで執筆
ユン・チュンガン  翻訳家・通訳。新潟生まれの在日3世 韓流れスターの通訳のほか、字幕翻訳も務める

この4人が知的キャリアウーマンにもかかわらず、ミーハートークをしてくれるんです。

「そうだ」「そうだ」と4人の爆裂トークと視聴者のコアな投稿に賛同の私。

2年半まえ、私が「京城スキャンダル」でカンジファンになってた年の瀬には「これから、ますますカンジファンのブームはきます」と言ってました。

1年まえ、私が「美男ですね」「ホンギルトン」でチャン・グンソクのファンになった歳の瀬には「チャングンソクは来年ブレイクするよ」と言ってました。

昨年9月ころ、私が『トキメキ☆成均館スキャンダル』のユチョンの役にコロリとはまっていたら、昨年の総決算で「ユチョンはこれから、かなりブレイクします」とのこと。

まちがいなく、私は「ミーハーの王道」を歩いてるようです(笑)

いまでは、カンジファンも忘却の彼方となり、チャングンソクにいたっては、昨年の露出度の高さに辟易してしまい、元東方神起の5人の画像を見ては「髪型がいつもおかしくて、ダンスも一番下手で、体力なくてライブの終わりにはヨレヨレになってだらしなくて、娘から5人の中で一番キモイと言われても、演技力のあるユチョンは必ず伸びる」と確信している私は、「かなりのアホ」ですね。

そして、総決算2011のラストに高橋尚子さんの口から出た言葉に、絶句。

「私の友達に、今頃になって韓流にはまっている人がいるんだけど、それかせ尋常ではないんよ。そして、そんな自分のことを友達は遅咲きの狂い咲きと言ってるんよ。これって、言いえて妙よね(笑)」

なるほどね、私もそのグループだわ~
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-01-29 20:44 | 韓国ドラマ愛好会
<< 京都旅行  計画その1 蜂蜜雪蓮子 >>