フランス旅行記NO-22 「パリ観光」

最終日は、朝から夜の7時過ぎまで「自由時間」

朝食をすませて、九時にはタクシーでシテ島ノートルダム寺院へ。

皆様、朝早くの行動お薦めです。
九時半くらいのノートルダム寺院はがらがらで空いてます。
これが、寺院を後にした10時30分くらいには、人が多くなり、入場するのに並んでました。
d0137664_17545461.gif
これが、ノートルダム寺院。
d0137664_1755286.gif
これが有名な「バラ窓」
ノートルダム寺院の中は、典型的なゴシック様式
d0137664_17574440.gif

入場は無料。

さて、ノートルダム寺院で有名な「ガーゴイル」を間近に見るために塔に登ろうと思うと、これが大変。
なんと、朝早く寺院を見た人が10時入場開始の塔の開場を待つてます。
それが、なが~い。
当然有料よ。

見たかったけど、断念。

次に、サン・ルイ島とか、マレ地区を散策して、マレ地区でお茶を。
あまり、シャレタ感じのカフェではなかったので、割愛。

そしてもルーブルの近くでランチ。
すでに「典型的フレンチランチ」に飽きていたので、フレンチレストランで、ピザを。
これが美味しかったわ。
店構えが気にいって入ったんだけど、正解でした。

なぜなら、他の日本人のツアー客を添乗員さんが連れてこられたんよ。
日本の旅行会社が使っているなら、安心よね。
d0137664_185277.gif


さて、コンコルド広場まで歩いたら、時間の関係でシャンゼリゼ通り散策をあきらめて、オペラ座へ。

事前に調べていた「見学料は9ユーロ」でしたが、実際は10ユーロ。
たぶん、値上がりしたのね。

d0137664_18142410.gif
d0137664_18143645.gif
豪華さは、天下一品。
d0137664_1815831.gif

有名なシャガールの天井絵
d0137664_18153622.gif


館内に「ギャラリー」があるのですが、そこにオルセー美術館にある「ダンス教室」という有名な絵とほぼ同じ絵が展示されてて、びっくり。
思わず「これは、本物?」と英語で聞くと「イエス」と返事。
びっくり。
d0137664_18173577.jpg
写真が撮れなかったので、このオルセーの絵と全く同じかどうかはわかんないけど、この中国人の先生のポーズといい、私の記憶では同じ。おそらく、何枚か同じ構図で描いてるんでしょうね。

ブログでオペラ座を見学した人が「必見」と言うのが納得
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-07-21 18:20 | フランス旅行(ツアー旅行) | Comments(2)
Commented by kiyoko at 2013-07-24 10:36 x
最後の日を計画して、楽しんだんだね。
さすがっておもいます。

ところで、今日の中国新聞の24面に高校生の神楽甲子園の記事が乗ってます。その写真の中に私がいるよ。見てね。
Commented by mtanpopo2 at 2013-07-27 10:21
もう一日ブログがあります。
紛らわしくて、ごめんなさい。

神楽甲子園、面白そうですよね。
テレビのニュースで見ました。
新聞は母の家で確認しますね。
<< フランス旅行記NO-23 「セ... フランス旅行記NO-22 「パ... >>