2016年 12月 18日 ( 1 )

11月27日(日)⑪ 士林市場

ホテルで1時間くらい休息したので、娘の気力も回復。

地下鉄で、「士林市場」へ
乗り換えもありましたが、漢字なので間違えなく安心。

市内から「士林市場」に行くときは「士林」で下車ではなく、「剣潭」で下車です。

日曜日なのか、毎日なのかわかりませんが、かなりの人ごみ。

「臭豆腐」の店は、7軒に1軒くらいの確立であるので、この臭いが苦手な人は大変よ。

私は、好きな臭いではないけど、まあ平気。

しかし、娘はマスクをしていても、かなり耐えられないらしい。

東南アジアに「臭い」はつきものです。
ソウルは近代化して、かなり「臭い」が都会的になってますけどね。
台湾の屋台は、やはり「きつい」ですね。
でも、それが「市場」ですものね。

「士林市場」は雰囲気を見るものとして来たので、胡椒餅とタピオカミルクティ以外は買うがなし。

市場の中は通り抜けましたが、日本の「おまつり」の大きい感じ。
d0137664_2129328.jpg
射的が多かった。
麻雀牌を使ったゲームもあった。
子供もやってたから、難しくないと思うけど、なにせ言葉がわからないからね~

市場の外に出た通りにも、お店がいっぱい
d0137664_21501787.jpg

目指す「福州世祖胡椒餅士林店 」は「士林慈誠宮」の近く。
というわけで、「士林慈誠宮」へ
d0137664_21351323.jpg
夜は赤い提灯なんか灯ってて、かなり怪しい(笑)

なんとか、「福州世祖胡椒餅士林店 」にたどりつけました。
ちゃんと調べて行ったつもりですが、けっこうゴチヤゴチャしているし、人が多いし。
思うようには、いきませんね。
d0137664_21372193.jpg

ここは、やはり行列でした。
10分くらい待ったかな???
暇だったので、真ん前のお店の写真撮ってみました。
d0137664_21421377.jpg


これが「胡椒餅」1個 50元(200円)
d0137664_21423295.jpg


さて、どこで食べるか二人で協議。

士林市場の地下の「美食廣場」でタピオカミルクティを飲みながら食べよう。
ということで市場に戻ったけど、意外に美食市場入り口が遠い。

「せっかくのアツアツが冷めちゃう」ということで、市場内のベンチで食べることに。
お茶も持参してるし。
濡れティシュもあるし。

しかし、この胡椒餅、なかなか冷めない。
食べてる最中に、急に熱い肉汁に遭遇するから要注意。
d0137664_21463088.jpg
けっこうなボリームでした。夕食になりましたよ。おいしかったわ。

いざ「美食廣場」へ
市場内からエスカレーターで、地下へ。

タピオカミルクティのお店はかなり奥でした。
ここでも「甘さ」も「氷」も、好みは聞かれず。

渡されたのが、これです。
氷入りです。
昨日の「丁香豆花」のタピオカは大きかったけど、ここのはタピオカが小さい。
お値段は同じ35元(140円)
d0137664_21545495.jpg

わたしたちは、「丁香豆花」のが断然おすすめ。
氷が解けると薄くなるから、いらないし
タピオカは大きい方がありがたい。

先ほど、市場のベンチで胡椒餅食べて正解でした。

タピオカミルクティのお店はテイクアウトオンリー。
他のお店も、そのお店の食べ物を買わないとそこで食べれない雰囲気でした。

かなり、満席だし。

タピオカミルクティを飲みながら、タクシーに乗車。

士林市場は楽しむというより「見に行った」って感じでした。
正直、楽しさがよくわからなかったわ。

9時前にはホテルに到着。
早く寝ることができ、ちょっと体力回復となりました。
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-12-18 08:14 | 台湾旅行