カテゴリ:国内旅行( 163 )

瀬戸内芸術祭 2016 犬島 ランチ

なぜに、また犬島??

それは、小豆島から宝伝港に行くには、犬島経由しかないんです。
宝伝港に車を置いてると、どうしてもこの経路。

で、12時35分に犬島について、13時20分犬島発に乗らないといけないから、忙しい?

だんだん高速艇に詳しくなってきたから、自らおねえちゃんに「宝伝港行も整理券いるの?」と聞いてしまったわ。

「いりません」とのこと。

なるほどね、10分で着くから積み残しが出てもピストンしてくれるらしい。

豊島・直島行は「整理券いりまよ~」とおねえちゃん叫んでました。

さて、予定では犬島チケットセンターのカフェで「たこめしセット」を食べる予定。

ところが、非情にも「売り切れ」
とほほ

でも、安心してください。
港のへりに何件かカフェ&軽食家があるのを主人がみつけてました。
やるね~

treesで、チキンカレーを食べようと入ると、満席。
とほほ

その先に「そば」の旗がパタパタ

結局、そこに入りましたが、ここが意外に穴場。

あまりおしゃれ感がないせいか、少し奥まっているせいか、人が少ない。

主人「ざるそばと穴子めしのセット」
私「サーモンといくら丼」
娘「ざるそばとサーモンといくら丼セット」
婿「穴子めし」
と、四人バラバラ。
時間がないのに、意外とのんきな四人

で、一番正解だったのは、婿。
「穴子めし」が非常においしかったらしい。
主人も「おいしい」とのこと。

「ざるそば」は娘曰く、失敗
そりゃあ、そうよね。
「そば」なんて島で作ってないし・・・

「サーモンといくら丼」も失敗
そりゃあ、そうよね。
サーモンもいくらも瀬戸内海で採れないもんね。

「穴子」は瀬戸内海の名物だったわ
そりゃあ、そうよね。
美味しいはずよね。
ちなみに、私が食べた「サーモンといくら丼」
d0137664_22352914.jpg


犬島からの宝伝港行は意外に多くて、またもや立つはめに。

そんな、こんなで「瀬戸内芸術祭2016」の旅も終了

読んでくださった方々、ありがとう
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-08 10:21 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 小豆島 アート作品

小豆島はそんなに大きな島ではありませんが、高速艇の時間の関係でタクシー移動にしました。

まずは、ペンションから土庄本町へ

小豆島八十八箇所の西光寺周辺は、昔懐かしい街並みが残る地域「迷路のまち」です。

海賊から島民の生活を守るため、また海風から建物や日常生活を守るために意図的に作られた複雑な路地が「迷路」のように入り組んでます。

タクシーの運転手が「ここが一番有名な場所です」と教えてくれたました。
路地がわからなくなったら、西光寺を目印にしたらいいそうです。
d0137664_21533929.jpg

確かに有名な場所らしく、二人くらいこの風景を絵に描いてるおじちゃんがいました。

目的地は 作品番号072の「目」です。
迷路のまち~変幻自在の路地空間~

この「目」という作品会場は二か所あります。
d0137664_2155483.jpg

これが一つめ。
ここは、空間が狭いので荷物を預かってくれます。
これが非常に助かりました。

犬島からの高速艇がアトラクション並みでしたが、この「目」もアトラクション並みに面白い

二つめ。
d0137664_21581623.jpg
左下に見えるスリッパ?に履き替えて中に入ります。
d0137664_21582550.jpg

中の仕掛けについては、行く人がいたらいけないので書きませんね。
楽しんで来てください。

私は好きでした。
面白かったわ。

次は「土庄郵便局アートプロジェクト」に行きましたが、これは・・・
d0137664_2201712.jpg
局舎の外壁に年賀切手をちりばめ、局舎そのものをシンボル化しているのですが・・・

娘たちの年とわたしたちの年の切手は見つかりませんでした。
ちなみに、息子と嫁のはありました。なぜ???
d0137664_2224224.jpg
偶然、二人のは並んで貼ってあります。なぜ???

次は、大岩オスカールの「大岩島」
これは、私は全くノーマークだったのですが、婿が「面白いらしい」というので行ったのですが、面白かったわ~

町役場裏にある旧醤油倉庫に半径約6メートルの宇宙船のようなエア・ドームを展示。
ドームの中に入ると瀬戸内海の風景をマーカーで書いた360度パノラマの世界
入り口
d0137664_2264464.jpg
スリッパ、履けません
d0137664_2271560.jpg
d0137664_2273383.jpg
ドア、開きます(笑)
マーカーで描いてるのが、すごいね~

最後は、土庄港

チェ・ジョンファ 「太陽の贈り物」
d0137664_2285393.jpg
d0137664_229845.jpg
「オリーブの島」小豆島の玄関口でふる土庄港に、オリーブの葉を組んで王冠の形に仕立てた彫刻作品
d0137664_22105779.jpg
金色に輝く葉は、島の子どもたちの海へのメッセージが刻まれてます。
ちょっと、感動・・・

またまた、アトラクション並みの高速艇で犬島へ
でも、お天気がよくて風がなかったせいか、昨日のようには揺れませんでした。
残念なような嬉しいような・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-07 10:47 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 小豆島 カントリーインザホワイトマリーン

今回は、「おいしいイタリア料理」のペンションに予約しました。

一泊二食で、一人13500円(税込み)です。
(一泊朝食のみだと、9000円らしいです)

土庄港から、タクシーで970円。5分くらいかな???

小高い丘の上にあり、海がきれいに見えるペンションです。
d0137664_22514675.jpg

この写真ではわかりにくいですが、かなり大きい建物です。
この日も満室らしく、わたしたちは別棟でした。
d0137664_22524896.jpg

わたしたち夫婦が2階で、娘たちが1階
廊下も素敵
d0137664_2255078.jpg


部屋の中はこんな感じ
d0137664_22552593.jpg

窓の外は、海がきれいに見えます。

夕食は、六時半から
まずは前菜
「かんぱち、たちうお、たい、さわらのカルパッチョ」
スパイスが効いたソースが美味しかった
せっかくなので、ビールと白ワインを注文

d0137664_22584770.jpg
写し忘れてますが、フランスパンが美味しかった
温めてあって、自家製のパンでした。
パスタは3種類から選べるのですが、我が家は全員「イカスミのパスタ」
全員で食べると「おはぐろ状態」も怖くない。
このパスタ、すごくおいしかった
d0137664_2303254.jpg

メインは、お魚かお肉が選べるのですが、我が家は全員「お肉」
これが、またすごくおいしかった
d0137664_2311710.jpg
お肉なら赤ワインがいいよね~
と、のん兵衛の我が家は赤ワインも注文
デザートと飲み物
d0137664_231447.jpg


朝食はこんな感じ
d0137664_20592585.jpg

朝食のパンも自家製なのか、とても美味しかったです。

フルーツも、種類も豊富で食べやすく手を入れてあり、とても美味しかったです。

このペンションは、リピーターも多いとのこと。
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-06 10:47 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 小豆島

以前、もんポコさん、りっちゃんの三人で行ったことのある「小豆島」

あの時とは、また違った「小豆島」を体験。

以前は宇野港から大きなフェリーで行きましたが、今回は犬島からなので、小さい高速艇

宝伝港から犬島に着いたとき、「帰りに小豆島に行かれる方は整理券をもらってください」と案内があったんですよ。
「整理券がないと、船に乗れないことがあります」とおねえちゃんが叫んでました。

当然整理券はもらって、犬島美術館のチケットを買うところで一緒に船のチケットも購入してました。

宝伝港から犬島まで、300円。所要時間10分

犬島から小豆島の土庄港まで、1200円。所要時間25分

値段は4倍なのに、時間は2倍半

なぜに???

犬島から乗る高速艇は、かなり「でかい」んだ。
と四人で勝手に推測。

このあたりが、初めて経験する者の「甘さ」ですね。

待ち時間がたっぷりあったから、待合室で「のんびり」していると
「船がきたね」と若いおねえちゃんたちが急いで待合室を出るんよ。

「なんで、あんなに急いで行くのかね~」とのんびり出てみると、びっくり。

桟橋にずらっーーーーと人が並んでます。

でも、大きい船だから大丈夫、
と、思ったらーーー!!!!

来るときに乗ってきたのと、そう大してかわらない。

急いで並んだものの、25分立っているのはつらい。
なんとか、座れるだろうかーー

ぎりぎりセーフで、別々だけと座れました。

しかし、小豆島への最終便だからなのか、補助席使って、そしてぎっしり立人。

これだけでも、驚きなのに、10分くらい経過してから、ものすごい揺れ。

「まるで、アトラクションみたいだね~」と立っているおねえちゃんも驚きの表情。

大きな船と遭遇して大きな波が来たから「揺れた」説
風がきつい日だったので、「揺れた」説

なんにせよ、スピードもすごくて揺れもすごくて、ほんと「アトラクション」
怖かったーーーー!!!

距離は値段同様4倍あるのに、時間は2倍半で走行してるんだもん。
立っていたら、この年ではきつかったはず。

なんにせよ、小豆島へのスタートは「アトラクション」

小豆島での家プロジェクトも・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-05 11:56 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 犬島精練所美術館 カフェ

犬島の島犬まで行くと、ほぼ家プロジェクト終了です。

そんな小さな島です。

お天気もよくて、車も通らない細い道を島の端から端まで歩くのは、とても気持ちのよいことでした。
後でわかったのですが、土曜日というのがよかったです。
日曜日は土曜日の4倍くらいの賑わいでした。

民家もほとんど廃墟となっていて、木々だけは大きく茂り、静かなのんびとした散策になりました。

で、疲れたので美術館のカフェに戻りました。

直島・豊島美術館のカフェに比べる、すごく小さいカフェでした。

飲み物とドーナツとアイスクリームくらいしかありません。

三人は珈琲、私は紅茶
そして、このドーナツ
d0137664_21524359.jpg


そして、椅子とテーブルは戸外です。
座ったところから撮った写真
d0137664_215326100.jpg
四時くらいでしたが、風もあり、少し肌寒い犬島美術館のカフェでした。
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-04 17:44 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 犬島 家プロジェクト

直島、豊島同様、犬島も家プロジェクトが点在しています。
d0137664_21153350.jpg
d0137664_21154712.jpg
d0137664_21155957.jpg
d0137664_21181860.jpg
同じ作家の作品です。

123番の方がなぜか人気で、若い人たちがたくさん写真を撮ってました。

でも、私は121番が好きだわ~

d0137664_21235272.jpg

妹島和世
2010年 - 女性として2人目、また日本人女性として1人目にして唯一(2016年現在)のプリツカー賞受賞の作家
1995年 - SANAAを西沢立衛と共に設立する
d0137664_2124835.jpg


d0137664_21345591.jpg
建物の中に、細いロープで張られたハンモックがあります。
ここにのると、かなり気持ちよかったです。
d0137664_2135864.jpg


d0137664_21362132.jpg
犬島の島犬です。
原型は他の場所で作られ船で運ばれ、その上に備前焼を張り付けてます。
おバカな家族三人です。
d0137664_21374140.jpg


d0137664_2138453.jpg
d0137664_21381912.jpg


d0137664_21385330.jpg
このあたりになると、何を感じればいいのかわからないわ~
d0137664_21393294.jpg

[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-03 17:09 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 犬島 ウキカフェ(Ukicafe)

犬島は、岡山唯一の有人島らしいのですが、人口50人くらい。

芸術祭がないときは、そんなに來島者もいないよね~

ってわけかどうかわかりませんが、あまりランチできる場所がありません。

美術館を見て、家プロジェクトを見つつ、「ウキカフェ」を発見。
d0137664_22332716.jpg

私たちの前の方で、満席。

全部で4卓しかないから、すぐ満席になります(笑)

3分も待つと空きました。ラッキー

島旅のよさは、「車じゃないから、全員飲める」
なんとまあ、のん兵衛な家族。

メニューもこんな感じでかわいい
d0137664_2247212.jpg


私は、左のモヒート。
残りの3人は、右のビール
d0137664_2238866.jpg
ミント満載のモヒートはおいしかったです。

ウキカフェは、自家製の野菜を使用してます。
ミントもお庭にありました。

パスタは二種類しかありません。
両方とも、サラダ付き
d0137664_22422040.jpg


ほうれんそうソース、じゃがいも入りパスタは、とても美味しかった
d0137664_22403235.jpg


こちらは、トマトソース
d0137664_2241536.jpg


トイレのドアが「緑色の黒板」でした。
お客の外国人の子供たちがなにやら書いてましたよ。

長居をしたいけど、次から次にお客が来られて、みんな待ってます。

というわけで、デザートはなしで退席。
残念
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-02 10:29 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 犬島精練所美術館

犬島精練所美術館、とてもよかったです。

お天気もよく、犬島精練所美樹幹までの海沿いの広場を歩くとき、あまりに気持ちよくて写真撮るのを忘れてました。
d0137664_21275467.jpg


d0137664_21284440.jpg

d0137664_2143196.jpg
この錆びたおしゃれな門を通ると、犬島精練所美術館となります。

全体像は、お借りした写真で
d0137664_21451087.png


d0137664_21315150.jpg
真ん中のガラス張りのところが美術館になります。

「犬島精錬所美術館」の内部は、撮影禁止なので画像はないんですよ。

この美術館のすごいところは、
内部の作りは、「太陽や地熱などの自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えない」というコンセプト。

ここの空調システムに電気は一切使われていないんです
冷・暖房設備はありません。
空気の温度差を作り出し対流させる「自然の力」で適温を保っているそうです。
このシステムに、煙突やカラミ煉瓦も重要な役割を果たしているらしいです。

電気を使わなくても、自然の力だけで部屋の温度や空気の流れを最適にすることができるんですね。

そして排水は、植物の力を借りて浄化する高度なシステムが使われています。
その水で瀬戸内の気候に適した樹木を育てているそうです。
つまり、人の排泄物が多くなると、植物の養分が増え、水の浄化作用が促進、そして木が育つという循環が生まれる仕組みです。

”人間も地球の素材の一つ”、設計された建築家の三分一博志(さんぶいち ひろし)氏の思想が形になった美術館です。

銅の精錬所としてわずか10年で休業、それから約90年放置していたという日本の近代化のエゴイズムに警鐘を鳴らしているように感じてしまいました。

娘と二人で、「ここはまるでナウシカの世界じゃね」と話しましたが、廃墟の再生はまさにジブリと重なりますよ。

d0137664_21542217.jpg

d0137664_2154434.jpg
d0137664_21551978.jpg
自然木々も雄大で、とにかく何かを感じさせる美術館です。

内部の展示については、行って楽しんでください。

とにかく、この美術館はお薦めです。

トイレがまたユニークです。

まず、なぜかわかりませんが、逆方向に便器が設置されてます。
d0137664_21574462.jpg
うっかり鍵をかけ忘れても、背中が見えるということ。

しかも、隣とのしきりが一部ないんです。
でも、普通にしてたら隣は見えませんよ。
わかるかな?
d0137664_21585336.jpg


そして、壁にはこの美術館のエコシステムが絵になってます。
d0137664_21593996.jpg
この絵を見るために、壁に向かって座るようになってるのかしら・・・
d0137664_2211425.jpg


直島美術館も豊島美術館も好きですが、犬島精練所美術館はもっと好きです。

廃墟という「もの寂しさ」の中に、自然を貴重とした上質なセンスな匂いがして、ジブリ好きにはドンピシャな美術館でした。
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-01 18:24 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 犬島精練所美術館 チケットセンター

宝伝港から犬島までは、定員80名の高速艇で10分

近いです。

宝伝港から、犬島の煙突が見えます。

まず迎えてくれるのが、港のすぐそばにある犬島精練所美術館チケットセンター
d0137664_21302555.jpg


コインロッカーもあります。
100円いれますが、後で返っている方式

犬島事態が、東京ドームの1.5倍しかない広さなので、当然チケットセンターもかなり小さい。

カフェが併設されてますが、あまりメニューはありません。
食事は「たこめしセット」と「キッシュ」の二種類。

トイレも一つしかなくて、いつも混雑してます。

ここにも、一つ展示作品がありました。

真っ暗な個室で、映像が展開されてますが、意外にこれが面白い。
両サイドに壁にくっついた椅子がありますが、最初は真っ暗で椅子の位置が把握しにくいですが、目が慣れてくると椅子がわかります。

そこに座って映像の移り変わりを見ていると、とてもきれいで癒されました。

犬島を見終わった後、
小豆島に行くための高速艇を待つのに時間があったから、飽きるほど見ました。
っていうか、少し飽きましたけどね。

それくらい長くこの作品の部屋におじゃましてしまいました(笑)

大概の方は、2分もあれば退室されてましたよ。あはは
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-10-31 21:22 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 犬島・小豆島 宝伝港老人パワー

瀬戸内国際芸術祭は、美しい瀬戸内海の島々を舞台に3年に一度開催される現代アートの祭典です。

先回は、2013年10月26日(土)~10月27日(日)に直島・豊島に行ってます。

今回は、10月29日(土)~30日(日)犬島・小豆島です。

犬島って、ほとんどの人が知らないと思います。
以前から行きたかったのですが、どうせ行くなら「瀬戸内芸術祭」の時にと思いました。

なぜなら、犬島は宿泊施設がないので、他の島に泊まるしかありません。
しかし、直島は前回宿泊しているので二回も行くのは楽しくない。

となると小豆島くらいしか宿泊候補がない。
しかし、小豆島はすでに行ったことがあるから、何もないときには行きたくない。

瀬戸内芸術祭の開催時期は小豆島も、普段ない作家の展示があるわけなんです。

ってことで「犬島・小豆島」にGOGO。

29日、朝7時に我が家を出発。
娘夫婦をピックアップして、岡山の宝伝港へ

宝伝港の不安は、駐車場

なにせ、宝伝港は小さい

ネットで調べると宝伝港柿本駐車場と宝伝市営駐車場が出ました。

悩んだすえ、市営駐車場をナビにセット

11時発の高速艇に間に合うかが不安でしたが、10時30分に市営駐車場に到着

市営駐車場とは名ばかり(笑)
おじいちゃんが管理人

で、満車だとのこと

ひぇ〜

やはり、瀬戸内芸術祭会期中だからね
嫌な予感はしてたんよ

でも、大丈夫

もう一箇所を教えてくれたら、なんとそれが港に近い

ラッキー

で、そこで、一日500円、
2日で1000円

これは、別に驚かない

しかし、おばあちゃんが2人も出てきたんよ

なんとまあ、お年寄りてんこもり

その宝伝市営駐車場は
宝伝老人クラブが委託されてると、看板に書いてあったんよ

みんな80代の感じ(笑)
すごいわ〜

宝伝港だけで、話題はつきないわ

d0137664_20271972.jpg

[PR]
by mtanpopo2 | 2016-10-29 20:12 | 国内旅行