カテゴリ:講演会・講習会( 14 )

手作りハーブソーセージ

7月3日(火)に、団地内にある三井の「RE:倶楽部」主催の「ハーブソーセージ作り」に美春さんと参加してきました。

ここのイベントはいつも「おしゃれ」で「参加費が安価」ととても魅力的。
今回は抽選にはずれたんですが、主催者のご好意で、一回開催を増加させてくださったので私たちも受講できました。
主催者は「緑の風景」というNPO法人です。

まずは、材料から
豚ひき肉500g
牛乳   1/2C
コンスターチ 大2.5
卵白      1/2個分
塩        小2
砂糖       大1
ハーブ     小2(タイム・セージ・ローズマリー)
ナツメグ    小1/2
ホワイトペッパー  小1/2
羊腸      1本
ローリエ    2枚

1・腸は水につけて塩抜きする
2・材料を全部ボールに入れてよく混ぜる(しっかりと粘りがでるまで)←ここが一番大切
d0137664_9521066.gif

2人一組で作るので、この手は美春さんのお手手。
3・腸の先端を結び搾り出していく
d0137664_9531894.gif

搾り出す最中は忙しくて写真なんか撮れません(笑)
この写真の手前の紅白の機械が絞り機です。
4・適当な長さでねじって止め、針で中の空気を抜く。
一つのソーセージにつき、2個くらい針の穴をあける
d0137664_10101218.gif

5・熱湯にローリエ・タイム(1~2枚)を入れ、ボイルする
6・浮かんできて5~6分してとりだす
7・フライパンで軽くいためる(好みで)

さて、できたものがこちら
d0137664_957585.gif

なんと、ホットドッグ用のパンも特注で頼まれて持ってきてくださってました。
きゅうり・サラダ菜・バジルとはさんで「ホットドッグ」
そして、ハーブティ
デザートもまでついてます。
そうそう、写真を撮り忘れてたスープ(ソーセージを茹でた茹汁で)
d0137664_9592054.gif


そして、お土産に
羊腸(後でハンズで買うと役300円)
ローリエ
ハーブ
緑の風景で販売されているマドレーヌ2個
持ち帰りのソーセージ7本

これで会費が500円

安いよね~

でもね、機械がない作れないのが欠点。
この機械が東急ハンズで3470円

帰宅して主人に食べさせたら
「これは美味しい、家で作ろう」

ということでさっそく機械を購入。
羊腸も購入。

楽しみです♪
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-07-09 00:00 | 講演会・講習会 | Comments(2)

紅茶パーティ  ~お客様をおもてなしする、紅茶の入れ方~

団地内の三井リ・ラクス主催の講座を受講しました。

広島市中区中町の「紅茶のお店linden」の沖野さんをお招きし、おいしい紅茶の入れ方の教室を開催します。「ムレスナ(MlesnA)社」のいろいろな紅茶を楽しみませんか?

と、パンフレットに書いてありました。

まずは、沖野さんがカップで1人分の紅茶のおいしい入れ方と、ポットを使って2・3人分の紅茶のおいしい入れ方を実践され、次に一人ひとり好きなフレーバーティを入れさせてもらいました。
d0137664_19425024.gif

沖野さんの前の棚にある赤い袋が紅茶です。
15種類あったのですが、この紅茶をほとんど使ってくださいました。

お店で出されている、スコーンとチョコレートケーキも今回食べさせてもらいました。
スコーンは、紅茶のシロップをかけて食べるのですが、市販のスコーンより柔らかくて美味しかったです。
チョコレートケーキは、バレンタイン用にお店で出されていたものです。
チョコレートケーキもかなり濃厚で、とても美味しかったですよ。
d0137664_1946481.gif


フレーバーティのパッケージは魅力的なものが多く買って帰りたかったのですが、なにせ我が家には「いただいた美味しい紅茶」がたくさん残っているので、
水出しでも美味しいという「RESTAURANT BLEND」の「ファイネスト・クォリティー アールグレイ」を買ってみました。京都に行くとき、水出しのアイスティを持っていこう思って。

なんにせよ、「目からうろこ」の紅茶の入れ方で、ある意味簡単に美味しい紅茶を入れることができるのが、わかりました。
ただ、やはり良い茶葉でないと「簡単でおいしい紅茶」は難しいのも事実。

いろいろお勉強しておきますので、我が家に美味しい紅茶を飲みに来てくださいな~
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-23 19:30 | 講演会・講習会 | Comments(0)

公民館で国際交流 「おいしく、楽しく世界を学ぼう」 ~韓国編~

韓国の食生活や文化などを、本場韓国のキムチ作りを通して学びましょう。

ということで、「白菜と大根のキムチ・トック・チヂミ」を作る講座を受講しました。
講師は、李菊枝先生。

いままで公民館で受講した中で、一番忙しい講座。
いままで公民館で受講した中で、一番厳しい講師。

笑ってしまうほどの、忙しさと厳しさでした。

説明の段階で「今日は、すごく大変です。口を動かしてもいいけど、手をしっかり動かしてください」と先制パンチ。

韓国ドラマで、「キムチ作りは大変だから、お姑さんがお嫁さんいびりで、お嫁さん1人にキムチ作りをさせる」という場面がよくあるのですが、納得。

1テーブル5人で、白菜キムチ半株と大根キムチ(カクテキ)を持って帰るためのキムチヤンニョム(白菜に入れるキムチの素みたいなもの)を作るために、1テーブルで2本の大根の千切り、2本のニンジンの千切り、白ネギ5本、韮一束を、とにかく切るんです。

初めて作るからわかんなくて、大根・ニンジンの千切りをしていると「こんなに大きく切ってどうするの! もっと小さく」と誰かが怒られる。
「話をちゃんと聞いて」とどこかからか先生の大きな声。

て゜も、気持ちわかるな~
教える身としては、後どれくらいしか時間がないから早くさせないと上手くできない。
という気持ちの表れなんよね。
生徒の方はべつにボーっとしている気はないんだけど、先生にしたらもっとしゃんとして欲しいんよね。
でも、生徒の方は初めてだから、わからんことばかりだしね。

さて、4テーブル20人のキムチヤンニョムの材料が、揃いました。
d0137664_16174359.gif

みんなの前で、先生がこれをこねます。
すんごい重労働。
韓国のオモニは大変だわ~
まあ、日本も昔は漬物はお母さんがみんな漬けてたのよね~

そういえば、私が小学生の頃、母はなんでも手作りしていて、キムチも漬けてました。
そのキムチがとても美味しかったんですよ。
今の私より、母はずっといろんな手作りをしてたんだな~
と、実感。

さて、下準備の白菜の塩漬けを李先生はちゃんと用意してくださってました。
1人、半株。

その白菜にキムチヤンニョムを一枚一枚の間に塗りつけていきます。
どのくらい入れていいものかわかんないから、適当になるよね~

すると李先生のまた大きな声が。
「ちゃんと丁寧にいれないと、全然美味しくないキムチが出来ますよ。もっと気持ちをこめて。美味しいものを作ろうという気持ちをこめてちょうだい」と。

あまりのみんなのひどさに「1人づつチェックしますよ。でないとせっかくのキムチがもったいない」
みたいに言われてる声を聞いて
「ありゃ、厳しいチェックは辛いわ」とばかりに、こそこそ見えないところに置いたりして(笑)
責任感の強い先生だから、美味しいキムチを持って帰らせないといけない、
と思っちゃったのね。
気持ちはありがたいんだけど、「ダメだし」ばかりされてみんな疲れちゃったから、こそこそしちゃぃました。

1人の若いグループの人が、密封容器を持ってこないで、買い物のビニール袋にキムチを入れてるとみて、李先生、大噴火。

「これでは、ただ臭い漬物という扱いではありませんか。ちゃんとした容器に入れてこそ、愛情たっぷりのキムチと言えるんです」と。
事前に20センチ四方の密封容器を持参するように書いてありましたからね。

李先生の愛国心というか、キムチに対する愛情の深さゆえの大噴火なんだけど、若い人はちょっとビビるよね~

さて、いろな材料をこんなに切ったりしながら、怒られながら、料理は進みます。

キムチは、3日後まで、おあす゜け。
冷蔵庫に入れて待つのみ。
d0137664_16322921.gif

密封容器のが白菜半株のキムチ。
左のビニールのが、カクテキ(大根のキムチ)
楽しみです。

その場で食べたのが「トック」と「海鮮チヂミ」です。
d0137664_1634723.gif


出来上がったら、李先生も嬉しそうな顔されてました。
これで参加費1000円は安いですね。

李先生は、韓国のアジュマそのものの、たくましさを感じましたが、わからないことを素直に聞くと、意外に優しく教えてくださいました。準備はさぞ大変だったと思います。

最後に残ったゴマ油を返しに行くと「こういう気持ちが大切です。これから地球は物資が少なくなる時代に突入します。今からモノを大切にして無駄にしない心がけが大切よ」と言われました。

自宅でキムチを作るのは「ちょぃと大変」なので、これを自宅で実践できるかどうかわかりませんが、3日後に食べて、すごく美味しくて、家族に評判だったらチャレンジするかもしれません。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-22 16:37 | 講演会・講習会 | Comments(0)

国際キッチン 「フィリピン編」

主人が行ってるボランティア団体「こぐさ」の国際キッチンに参加してきました。
「こぐさ」は、外国からの留学生に日本語を教えているボランティア団体です。

先回「台湾編」の時は、小学生の参加も多く25名くらいの参加者がいたのですが、今回はフィリピン人の先生を入れても11人という少なさ。

わたしのテーブルはボランティア3名。
熟練の主婦3名なので、問題なく完成
d0137664_1839477.gif

写真左下が「カルデレータ」
スペアリブのトマトソース味の煮込み料理です。
特徴は、リバースプレットとピーナッツバターを入れること。
リバースプレットは、鶏のレバーと胡桃、他にいろいろ入れてフードプロフェッサーで混ぜたものを缶詰にしてあります。これは、海外食品を扱っているお店で購入されたとのこと。
出来上がりは、ハヤシライスのような、ミートソースのようなお味。
美味しかったです。

その右がティノーラ(チキンスープ)
これは、青いパパイヤを入れるのですが、入手できなくて青梗菜で代用。
このスープも美味しかったです。

その上にあるのがバナナキュー
写真に撮るのを忘れましたが、日本のバナナとは違います。
もっと太くて丸くて短い。そして、実は硬い。
これを油の中に砂糖を入れて熱くなったところにバナナを入れてキャラメルとなった砂糖を絡めながらじっくり揚げるんです。

いままで、イラン・台湾・フィリピンの国際キッチンに参加しましたが、今回の料理が一番美味しかった気がします。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-12-17 00:00 | 講演会・講習会 | Comments(3)

ガーデニング教室

5月に町内にある三井リハウスの主催する「ガーデニング教室」に行った日記を書きましたが、秋のガーデニング教室にも当選しました。

ほんとは二回も当選することはないんですが、ウォーキング仲間の美春さんが「2人でお願いします」と書いて応募してくだったので、当選したんだと思います。

モール街(団地の中の商店街)のレンガ通りで開催されていると、いろんな人が見て行かれましたが、中に「私は三回も応募したのに、全然当たらないんよ」と言われる方がいて、なんとも申し訳けない・・・

5月の「大人の寄植え」がこれです。
d0137664_958243.gif
後ろの左が「チョコレートコスモス」 右が「ガウラ」
前の左が「トレリス」 真ん中「忘れてしまいました・・・」  右が「オレガノ」
これで、1000円の会費。
鉢がレトロなブリキ鉢です。

今回の「寄植え」が、これです。
d0137664_9593411.gif

後ろの左側が「ユーパトリウム・チョコレート」 右側の紫の花の名前を忘れてしまった・・・
真ん中が「斑入りのヤブラン」
前の左側が「クローバー・ティントワイン」真ん中が「ビオラ」右側が「ヒューケラ・レーブオン」

これまた、鉢だけでも2000円するのに、苗も入れて1000円の会費。

最近、ガーデニングをさぼっていた私に「カツ」を入れてくれた教室でした。
そろそろ庭の枯葉を掃かないと・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-10-29 10:08 | 講演会・講習会 | Comments(0)

公民館で国際交流  国際キッチン「台湾編」

2011年7月27日(水) 竹屋町公民館で国際キッチンのお手伝いをしてきました。
実は、主人がボランティアわしている「こぐさ」が主催なんですが、料理を作るお手伝いなので、私が代理で参加しました。
2009年12月「イラン編」の時のことはブログに書いてますが、教えてもらう方で、美鈴が丘公民館で参加しました。これが縁で、「こぐさ」の存在を知ったという曰く付です。

さて、今回は台湾料理。
夏休みということで、参加者には小学生が10名くらいいました。
最初に、講師のシーさんが、コンピュターを使って、台湾についての説明。
d0137664_17281383.gif

調理室に移動し、4つの班に分かれて、6~7人分を作りました。
時々、前の調理台でシーさんが説明。みんな真剣に聞いてます。
d0137664_17293340.gif

わたしたちの班には、小学1年生の女の子が2人、小学6年生の男の子が1名、大人が2名の計6名。
小学生も同じように野菜を洗ったり、切ったり、お鍋で煮たり、フライパンでいためたり、みんなで作ったのが、このお料理。
d0137664_1731417.gif

台湾料理は基本中華なので、小学生も抵抗なく食べてました。
確かに、2009年の「イラン料理」よりは馴染みがあるので美味しかったです。
写ってませんが、タピオカ入りアイスティーもありました。
タピオカは1時間近く、お湯で戻します。
ほっておくと鍋底にくっつくので、常時誰かがかき混ぜないといけないので、かなり大変。
家でも作りたいけど、けっこう手間ですね。
下のお菓子は、台湾のシーさんのお父さんが、今回の料理教室でみんなで食べるようにと台湾からオクってくださったお菓子です。
日本で言う「中秋の名月」に匹敵する「中秋節」に食べる美味しいお菓子です。
パイナップルを使ったお菓子です。
d0137664_17353218.gif

講師のシーさんは、日本人と結婚されて、今日本に住んでらっしゃいます。
主人が2回くらい日本語を教えたそうですが、最初は全くしゃべれなかったのが嘘のように料理講師と日本語をしゃべってましたよ。

この国際キッチンはいろんな公民館から「してほしい」と依頼があるそうですが、とにかく準備が大変。
今回も小森山先生が、野菜・お米・お肉・お茶・調味料をすべて準備され、対外的な交渉も全部されのですから、そりゃあ大変。
ですから、9月~11月の国際キッチンの依頼は断られたそうです。
毎週の日本語ボランティア教室だけでも、かなりのご苦労ですものね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-07-30 16:39 | 講演会・講習会 | Comments(0)

シネマdeトーク

毎月第4金曜日に福屋別館4Fで開催されているらしいのですが、全然知りませんでした。
映画好きの隣のトトロさんに教えてもらって、二人で受講しました。

7月22日(金)に行ってきました。
講師は、シマネサロンオーナー蔵田順子さん。

とても面白いトークなので、あっという間の1時間30分。
最初に「なでしこジャパン」のワールドカップの話。
なんと、夜中の3時30分からLIVEで観戦されたとのこと。さすが、バイタリティのある方は違いますね。
とても感動されたとのお話。
次に、受講した皆様が事前に書かれた質問についてコメント。

韓国映画の話も出ました。
「韓国映画は、かなり残酷なグロイシーンが多い映画が多いですね。ところで、これからのラインナップでお薦めなのが{ハウスメイド}いう映画です」
とのこと。
この「ハウスメイド」は私のご贔屓の演技派女優チョン・ドヨン出演で、見たいと思っていた映画なので、嬉しかったです。サロンシネマ系で上映される予定があるみたいです。
「ハウスメイド」という映画は、「下女」という映画のリメイクらしいのですが、かなりドロドロの感じです。

最後に、今月の映画のお薦め。
「一枚のはがき」(2011年/日本映画/1時間54分)
d0137664_9134225.jpg

監督・脚本・原作:新藤兼人   出演:豊川悦司、大竹しのぶ
新藤兼人って、広島出身って知ってますか?
99歳の監督だから、最後の作品らしいですが、蔵元順子さん超お薦め。
戦争時の映画だから、暗くしめっぽいと予想するけど、これがま逆らしいですよ。
暗っぽくなくて、笑ってしまう。でも、戦争の愚かしさは語っているという優れものの作品らしいです。
蔵本さん曰く「今年のキネマ旬報の最優秀作品は、この映画です。  いまのところ・・・」
8月6日の原爆の日から公開されます。広島は全国に先駈けて先行ロードショーです。

「歓待」
d0137664_9163052.jpg

広島出身の女優・杉野希妃さんの主演&プロデュースの映画です。
ノートルダム清心の中・高を卒業をされている才女。
オオカミの誘惑』『百万長者の初恋』など、今どきの若者事情を映画化してきたキム・テギュン監督が作風を一変、脱北者問題に挑んだ骨太の人間ドラマ「クロッシング」にも出演しているらしいです。
蔵田順子さんの感想は「この映画は好き嫌いがわかれる映画です。わけがわからないといえば、わけがわからない映画の部類です」とのこと。

ツリー・オブ・ライフ
d0137664_16315216.gif

キャスト: ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン
監督・脚本: テレンス・マリック
製作: サラ・グリーン、ビル・ポーラッド、ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、グラント・ヒル

予告を私も見ているのですが、プラッド・ピットが短髪で厳格な父親を演じてます。
生長した子供がショーンペン。
キャストだけ見ると、ショーペンが父親のイメージがしますけどね(笑)
蔵本順子さんの感想が面白い。
「ディズニー映画なので、まだ試写してません。ディズニーはわたしたちでさえ、上映一週間前にしか見ることができない会社なんです。ところで、今回のブラピは短髪で小奇麗です。私はきれいなブラピの方が好きです。こ汚いブラピは好みじゃないんですよ。
ですから、{リバーランス・スルーイット}のときブラピが大好きです。ロバート・レッドフォードも大好きなので、彼が監督している{リバーランス・スルーイット}は相乗効果で、とても大好きです」とのこと。
この意見は、私もまったく同じ。
「リバーランス・スルーイット」のブラピは、まさに光輝くイケメンです。
若き日のロバート・レッドフォードともかぶり、私にとっても「リバーランス・スルーイット」は大好きな映画。

そんなこんなで、蔵本順子ワールド炸裂で、魅力的な講座でした。
蔵本さんは予想どおり、暑くても絽の着物をお召しで、とてもおきれい。
そんな大人の女性なのに、おしゃべりは「いい意味のミーハー部分」と「映画についての高い見識・薀蓄」がいりまじり、とても素敵でした。
「あんな女性になりたい」と思わせる女性ですね。

「寝た子を起こされる」状態で、映画館へ行こうという想いが復活しました。
来月のこの「シネマdeトーク」は行こうと思ってま~す♪
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-07-29 17:00 | 講演会・講習会 | Comments(0)

お菓子教室

5月22日に、町内にある三井リハウスの主催する「ガーデニング教室」に行きましたが、7月18日(月)に同じく三井リハウス主催の「お菓子教室」に行ってきました。

講師は、本通りの「サバラン」(ケーキ屋さん)の店主、木暮喜久子先生。
500円の会費で、ババロア・フロマージュ(レアチーズケーキ)とサブレ・アマンドを教えてもらいました。
2時間の予定が、話がはずんで3時間近くの講習となりました。

6名定員で、倍の応募があったとのこと。
当選してラッキーでした。

うっかりして、カメラを忘れてしまったので、画像がありません。
知っているようで知らない「プロのこつ」を教えてもらって、その時は「ふむふむ」と納得したんですが、今ブログを書きながら、すっかり忘却のかなたになっていることに気づく私。

レシピももらったし、書き込みもしているのでなんとかなるとは思いますが、最近なかなか新しいことが覚えきれない頭になっていると痛感。

団地の中の三井リハウスさんが、モデルルームを使って、いろんな企画をされるので、嬉しいかぎりです。
9月は「暮らしの中のアロマ・ハーブ教室」だそうです。
当選するといいな~
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-07-23 09:03 | 講演会・講習会 | Comments(0)

ガーデニング教室

5月22日に、町内にある三井リハウスの主催する「ガーデニング教室」に行ってきました。
1000円の会費で、5000円相当の寄植えを持ち帰れるということで、好評で抽選でした。
昨年秋に第一回を開催されて、リクエストが多かったイベントとのこと。
土曜日に午前・午後、日曜日に午前・午後、一回が10人で、計40人が当選(笑)

私は日曜日の午後の部。
団地の商店街のレンガ通りにテントが張られていて、その中で。

「あぐり庵」という造園屋さんから、若い庭師さんが講師として説明。

わたしたちが「寄植え」の基本と思っているのは、1ヶ月後くらいにお互いが育つことを想定し、少し間隔をあけて植える方法です。

ところが、あぐり庵さんは、このように
「私のやり方は、皆様の知っているやり方と違います。鉢に最初から、ギリギリいっぱいの植栽をします。
で、ポットから出してそのまま植えるのは難しいので、ポットから出したら、根が張っている場合ははさみでカットし、なおかつバケツの中で少し根ばちの土を落とします。そうすると、鉢いっぱいの植栽を入れることができます」

そこで、私は質問
「その寄植えのやり方のメリットは、植えたすぐから見栄えがよくて、即飾れるということですか?」

「そのとおりです」とのこと。

なるほど、目からうろこでした。
私は、いつも一ヶ月してから玄関などに寄植えをデビューさせてましたが、このやり方だと、すぐから楽しめますね。

さて、その「大人の寄植え」(あぐり庵さん、命名)
d0137664_11383841.gif


なぜ「大人の寄植え」かと言うと、使っている草花が渋いからなんです。
後ろの左が「チョコレートコスモス」 右が「ガウラ」
前の左が「トレリス」 真ん中「忘れてしまいました・・・」  右が「オレガノ」
「トレリス」以外は、常緑宿根草なんで、夏が終わったら「トレリス」を取り去り、他の苗にすると、ずっーーーと楽しめるとのこと。

すでに、めいいっぱいになっているので、「切り戻し」をしっかりやって草形を保ってやるのがコツ。

そうそう、言い忘れてましたが、鉢が確かに今はやりの「アンテック風ブリキの鉢」なんです。
中と、模様の外ははずれます。
この鉢だけでも、1500円から2000円はします。
チョコレートコスモス、オレガノもちょっと高い苗です。
という、下世話なお話も書いておきます(笑)
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-06-05 11:42 | 講演会・講習会 | Comments(0)

地球環境はどのように決まる?

という題名の講座を受けてきました。

団地の公民館での講座でした。
いつもお世話になっている民生委員さんから「どうも予定人数が集まらないから、暇なら参加してほしい」というメールが・・・
あまり興味のない内容っぽかったのですか、いつもお世話になっている方からの頼みなのと、最近脳細胞が一気に死んでいってるのが如実にわかるので脳の活性化のために受講しました。

何年か前までNHK広島でお天気おじさんしていた「大平眞二」さんが丁寧にデータに基づいて細かく解説してくださいました。
が、しかし、お天気に全く興味のない私にとって、いろんなデータを教えてくださっても「それで、どうなん?」って感じで、全く響きません。
学校でオバカな生徒に教えられる先生の苦痛な気持ちもよくわかりますが、オバカな生徒と化した私には、オバカな生徒の苦痛な気持ちもよーくわかります。
「地球温暖化」のお話もあったけど、では私たちが実生活でどうすればよいか、というような具体的な話はなかったんですよ。

一時間、じっと我慢の子ですごすと、質問タイムになりました。
さすが、受講しているおじちゃんたちは義理でこられたのではなく興味があってこられただけあって、質問があるらしい。えらい!!
で、この質問タイムが一番面白かったです。
おじちゃん、なかなか面白いことを聞いてくれます。
その質問に答える大平さんの回答もなかなか面白かった。

というわけで、あまり脳の活性化にはなりませんでしたが(すべては私がオバカなせいですが)久々に講義を受けるのもいいことだと感じました。
なぜなら、思っていた以上に脳が老化していることに気づかせていただいたので。

やはり、もう少し講座とか受講しないといけないと実感しました。
この年で二時間の講座が苦痛なっちゃあ、老後が思いやられます。

と思って、昨日届いた「公民館だより」で講座を探すと・・・
「110万人のエコ講座・ゴミ減量化リサイクルに一人ひとりのご協力を」というのしか対象となる講座がなかったんですよ。
しかし、これが夜の6時30分からなんですよ。
う~ん。
夜か・・・

ちょっと悩みますね。
しかも、また「地球温暖化」の話なんですね。
今回のは、地球温暖化防止やごみリサイクルについてのお話や実習なんで役立ちそうなんですけどね。
でも、地球温暖化という言葉に「飽き」がきちゃって・・・
「飽き」なんて言ってたんじゃあ、脳は活性化できないのはわかってはいるんですが・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-09-05 16:55 | 講演会・講習会 | Comments(0)