カテゴリ:韓国ドラマ鑑賞記 ラ行( 4 )

ロイヤルファミリー  ☆☆☆

「ロイヤルファミリー」は、森村誠一のベストセラー小説「人間の証明」のいくつかのモチーフを踏襲し、さらにより韓国らしさを追求した韓国ドラマ。

d0137664_21575293.jpg


MBC 2011.3.2~4.28 (全18話) 
演出:キム・ドフン
脚本:キム・ヨンヒョン 

キャスト
ヨム・ジョンア(キム・インスク:ドンホの妻)
チソン(ハン・ジフン:ソウル地検検事)
キム・ヨンエ(コン・スノ:JKグループ会長)
チャ・イェリョン(チョ・ヒョンジン:コン女史の娘)
チョン・ノミン(オム・ギド:政界院首席執事)
チョン・ミソン(イム・ユンソ:クソングループの長女)
ソ・ユジョン(ヤン・ギジョン:政治家の娘)
アン・ネサン(チョ・ドンジン:JK電子社長)

史劇「王の女」の時のチソンは魅力的だったのですが、現代劇になると私の琴線には何故か触れません。
どうも、私は史劇の劇中の俳優に弱い気がします。

さて、琴線に触れない、とかなんとか言いながらも、キッチリ18話見ました。
前半キム・ジョンアがか弱わそうな女性を演じてますが、中盤から「太祖王建」の時の気の強い第二夫人の様相を呈してきます(笑)
映画「チョンウチ」の時だって、バリバリ気の強い役をやっているキム姉御。
やっぱ、気の強い女性なんよね~
スタイルがよく、何を着ても似合うので、権力をつかむとともに、だんだん着ているものが洗練されてきて、楽しみでした。

女豪傑の会長コン・スノ役のキム・ヨンエも熟女なのにとてもお美しくてセンスもよく、毎回楽しみでした。
しかし、キム・ヨンエを見ると、どうしても「ファンジニ」の「幻の鶴の舞」を思い出してしまって、失礼にも笑いがこみ上げてきました。あの「幻の鶴の舞」は、可笑し過ぎるよね。

さて、全体を通しての感想としては、「まあまあ」☆☆☆
いい加減な評価ですね。

序盤から終盤近くまでは、とても面白かったんですが、結局インスクのほんとは願望は何だったのかつかみきれないし、「あのラストは何???」って感じですし。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-05-14 00:20 | 韓国ドラマ鑑賞記 ラ行 | Comments(0)

2010年7月  ラストダンスは私と一緒に   ☆☆☆半  2004年作品

記憶喪失・三角関係・御曹司・貧富の差・親の反対・事故
など、ベタな韓国ドラマ要素満載。
しかも、2002年にヒットした「冬のソナタ」の二番煎じ的ドラマ。
「柳の下のドジョウ」をねらった作品との噂も・・・
確かに、「冬のソナタ」の要素満載でした。
記憶喪失・三角関係・事故・完全なる家・身体的な問題、etc
わかっているものの、手中にはまりました。
実にベタではあるものの、決して嫌いではない展開です。
まあ、韓国ドラマではまるってことは「それは、ないだろう~」と思いつつ、どこかで自分の願望を成就させてくれることに浸ることですから。
突っ込みところは満載です。
それを言ったら、何も語れなくなるし、韓国ドラマを見続けることは不可能なんです。
まあ、映画だって「ありえん」ことだらけですものね。
私が時代劇「王の女」で初めて認識したチソンが、主人公。
以前にも書いたと思うのですが、時代劇は当然その国の民族衣装で出てます。
やはり、その民族にはその服が合っているからこそ、民族衣装。
要するに、民族衣装はその民族に似合うということです。
時代劇でみると、素敵に見える確立が私の場合高いですね。
現代でないぶん、より演出できますしね。
というわけで、「王の女」のチソンは実に凛々しかった。
それに比べると、やはり背の高さとか体系が現代ものは如実に出ます。
洋服はやはり欧米の文化なんだと、つくづく感じさせられます。
要するに、時代劇のチソンの方が姿・形はかっこよく見えたって話です。
まあ、どうでもいいことなんですけどね~
演技とかの問題ではないんですからね・・・・
チソン本人も、何かのインタビューで「もう少し身長が欲しかった」と言ってましたが、確かに。
身長にコンプレックスがある私は、どうも身長にこだわっちゃいます。
さて、ドラマの話に戻りますが、そんなチソンの身長のことなんて忘れさせてくれました。純愛・ドロドロ内容ですが、「胸キュン」したいおばちゃまは是非鑑賞してください。
現実は厳しい毎日ですが、韓国ドラマで現実逃避して、「胸キュン」してときには涙して、それでいいと思うんですよ。
主人に「おまえバカじゃないか」と思われようと、ご近所様にあきれられようと、本人が満足するのが一番です。
主人公のチソン・ユジン、2人とも好きな俳優だったので、けっこうはまれました。
これって大切ですよね。
やはり、主人公2人が好きでないと、なかなか感情移入できないですからね。
このドラマも、次々苦難が襲い掛かる(韓国ドラマは大概そうですが)ので、やはり自分の精神状態が良いときの方がいいですよね。
「めっちゃ明るい」ドラマではないですからね。
ところで、ここからはラストを見た人でないとネタバレになります。
車いすからラストの松葉杖に変貌する姿は「ありえん。やりすぎだろ」って思っていたのですが、昨日の「アンビリーボー」見て、びっくり。
実在の人にこんな方がいらっしゃいました。
そうそうある話ではありませんが、「愛」「根性」「熱意」があれば不可能も可能になることもあるんですね。
韓国ドラマのスタッフの皆様。
いつもいつも「そりゃあ、ないぜ」とつっこんでごめんなさい。
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-07-29 15:07 | 韓国ドラマ鑑賞記 ラ行 | Comments(0)

2009年12月 「龍の涙」第一部 53話(全159話) ☆☆
高麗を滅ぼし朝鮮建国のきっかけとなった「ウィファ島回軍」という歴史的な事件から始まり朝鮮の建国、朝鮮王朝最大の骨肉の争い言われる「第一次・二次王子の乱」を経て「ハングル発明」という朝鮮王朝最大の偉業を成し遂げた第4第目王「世宗王」までの話を壮大なスケールで描いてるドラマ。
ところがこのドラマ、イケメン皆無。常におっさんが政治のために策略会議をしているシーン。お金をかけないようで、セットも質素、俳優も質素。
大作ゆえに見続ける方針ですが、かなりキツイわ~
史劇は演技力がいるせいか、若手のイケメンはほとんど出ないのよね~
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-12-03 10:42 | 韓国ドラマ鑑賞記 ラ行 | Comments(0)

2009年6月 「ロビイスト」24話 ☆☆☆半
韓国では不評らしかったけど、映画的展開なので私は好きだった
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-06-29 14:25 | 韓国ドラマ鑑賞記 ラ行 | Comments(0)