カテゴリ:韓国旅行(完全個人旅行)( 35 )

韓国コスメ 足裏ピーリング

年とともに、お顔だけでなく足裏まで「ばっちく」なって久しい私です。
気をつけていても、カサカサよね~

で、今年の5月に北海道に行く前に、以前小耳に挟んでいた「足裏ピーリング」をディスカウント薬局に買いに行くと、高くてびっくり。しかし、好奇心旺盛な私は、ご主人が使ったことがあるというそのお店の店員さんと、いろいろ相談した結果、高いけど購入。
よく覚えてないけど、アメリカ製かなにかで、1100円くらいしたと。

結果は、「まあまあ」
かなり足の角質はとれました。
しかし、高いよね・・・

今回韓国コスメを調べていると、なんと足のピーリング液もいろんな会社が出してるんですね。

調べた結果、TONY MOLYが7000W
NATURE REPUBLICが4000W

そりゃあ、4000W買うよね。320円だもの。
d0137664_9353453.gif


ところが、NATURE REPUBLICのが、売り切れ。
お店のおねえちゃんが言うには「今は、どのNATURE REPUBLICのお店でも品切れなんです」

みんな情報早いね。
TONY MOLYもTHE FACE SHOPも売っているけど、NATURE REPUBLICのが一番安いのよ。
半値だもの。
そりゃあ、買うよね。

ってことで、TONY MOLYのを買ったんだけど、7000Wの予定が何故か8800W。
なぜなんだ???
帰国してレシート見て気づいたんよ。
値上がりしたの?

なぜにその時に気づかなかったのかというと、なにせ時間がなかったんですよ。
いろんなことをてんこもりの計画なんで、明洞コスメを回れるのは、夜の9時半くらいから10時半くらいまで。
ハングル表記との戦いだし、資料はバッチリ作っていても、予想以上に困難。
あわてるんよね。
で、レシート確認が後になってしまって・・・
レシート確認が一番大変よ。
なぜなら、まさに「ハングルの嵐」よ。
まず、TONY MOLYのお店の名前からして、ハングルなんだから。とほほ
まあ、値上がりしたというこで納得するしかない。
8800Wの5%引き(クーポン持参)で、660円くらい。

それと、今回はピーリング後のクリームも購入。
6000Wだから、450円くらい。
というのが、5月にしたときにすっかり「つるつる」になったのに、しばらくして、一部逆に硬い皮膚ができたんですよ。今回調べると、ピーリング後は手入れをちゃんとしないと、そういう風に「象肌出現」することがあると知ったからなんです。

今回のピーリングも、実はその「象肌」のところをピーリングしてリセットしたいからなんです。
d0137664_947182.gif

左の箱の中にビニールのソックスと液体が入ってます。
右のチューブはピーリング後のクリームです。

ピーリングのやり方は、ビニールのソックスのようなものをはき、その中に液を流しこんで、1時間30分くらい待ちます。時間がきたら、お風呂場できれいに液を落として終了。

22日にしたんですが、6日目ごろから角質が剥げると書いてあるんですが、あまりとれませんでした。
おそらく、5月にしたので、あまり角質がなかったんでしょうね。
硬くなっていたところは、かなり柔らかくなりました。

もう一個購入してますが、それは来年の夏前に使ってみようと思ってます。
まあ、普段のお手入れをキッチリやっておけば、そんなにピーリングしなくてもいいんですけどね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-10-06 00:00 | 韓国旅行(完全個人旅行) | Comments(8)

韓国コスメ  「シートパック」

韓国のコスメのシートマスクは、かなり有名になってます。
「安くて効果が高い」のがリピーターの多い理由です。

私も「かなり手遅れ」ですが、これ以上の老化を防ぐためめに、無駄な努力をすることにしました。

事前に調べると、私くらいの年齢だと、ギリでTHE FACE SHOPの商品だと大丈夫です。
(韓国コスメは若い人には効果絶大らしいのですが、50代の肌には・・・)

しかも、安いシートマスクでは私たちの肌ではダメらしい(そう、安いのではカバーしきれないのよね)
THE FACE SHOPのこのマスク、日本で買うと一枚280円
これが、韓国だと一枚100円弱。
d0137664_18191436.jpg

これは、ヒアルロン酸・コラーゲン・パールがあり、しこたま買いました。

スーヒャン 珍(ジン) 弾力補強 シートマスク
d0137664_18332849.jpg
これは、韓国で一枚200円くらいで、日本で380円くらい。
このシートマスクは「SKⅡのシートマスク一枚2000円と、ほぼ同じ成分」という情報をキャッチしていたので、これをしこたま買おうと思っていたのですが、コスメのおねえちゃんの「押し」に負けました。

「そのシートを買うくらいなら、倍の値段するけど、絶対こっちがいいです」と
d0137664_18363876.jpg
韓国でも一枚400円、日本では700円くらいのシートマスクを薦めます。
確かに、クロワッサンも絶賛してました。

結局、一枚400円のをしこたま買いました。

まあ、50代の肌は金がかかるのね・・・

まだ「もったいなくて」400円のシートマスクは試してません。
100円のは使ってみましたが、案外「あっさり」してます。

「猫に小判」「豚に真珠」ではありますが、使っていきたいと思ってます。

ところで、大変な事実を知ってしまいましたぁぁぁ
なんでも、シートマスクは1人24枚しか持ちこめないんですって。
「シートパックは化粧品になるので、持ち込み制限24枚までだと思います。
厚生労働省のHPでご確認ください。 」
と書いてある書き込みを見たのでHPをクリックすると

「般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、○ 化粧品 ● 標準サイズで1品目24個以内
* 例えば口紅の場合、ブランド・色等にかかわらず24個以内」

ガーーン。
知らなかった。
ばれたら没収されてたんです。

知らないというこは恐ろしいことで、スーツケースの80%は「皇室のり」「普通ののり」「化粧品」「シートマスク」
で重いもの軽いものをブレンドしてばっちりパッキングしてました。
まさか、足の悪いおばあさん付で、こんなにシートマスク買ってると思わないよね~

次回の訪韓があるかどうか不明だけど、知ってると怖くてなかなか買えないよね。
大切に使わないとね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-09-28 00:00 | 韓国旅行(完全個人旅行) | Comments(3)

韓国旅行記  NO-15 「秋夕」のソウル駅

今回は、ソウル駅から地下鉄を使って、仁川空港に行く方法をトライしました。

主人の希望です。
主人は韓国にアツイ想いもなく、買い物好きでもなく、楽しみなのは「いろんな方法で、自分の力で旅行を楽しむ」ことなんです。

だから、「秋夕だから、高速道路が混むといけないから、高級リムジンはやめてソウル駅から地下鉄で行こう」と提案。でも、混むからというのは口実で、「混まないと思うけど、この方法で行きたい」というのが本心。

ソウル駅のAREX側で、出発3時間前まで飛行機の搭乗手続きが出来るんです。
ソウル駅で、手荷物(スーツケース)も預けて、出国審査もそこですませれるんです。
ただし、ソウル駅でできるのは「大韓航空」と「アシアナ航空」だけです。

しかし、このAREX側でタクシーを降りるのは、ちょっと至難の業でした。

ソウル駅でチェックインするメリットは、駅なので空いてるのと、飛行場では2時間前からしか出来ない手続きが早くにできます。
このときも、12時にチェックインしたわけです。
ほら、誰もいない。
d0137664_2213827.gif
機内手荷物以外の大きな荷物を預けれるので普通は便利ですが、我が家には不便なことが。
母の押し車は機内に持ち込めないので、ここで預けるんです。
そうなると、今からのソウル駅構内と、地下鉄仁川空港駅から仁川空港までが母の歩行が大変なんです。
両方、ラッキーにことが進みましたが・・・

搭乗手続きはB2でしたので、2Fのソウル駅へ。
d0137664_2255158.gif


まずは、昼食を。
これまで、韓国に来て、すべて私たちの意向に沿ってくれた主人が初めて
「ここで、食事がしたい」と言ったレストラン。
d0137664_22105718.gif
洋食ですね。
そう、主人は韓国料理があまり好きじゃないから、お肉が食べたかったみたい。焼肉で韓牛食べたのに、何故かステーキを食べたいらしい。
確か、韓国の洋食ってあまり美味しくないとお勉強したんだけど・・・
まあ、いろんなことをすべてわたしたちの思い通りに3日間してくれたから、今日のソウル駅使用と洋食希望は叶えてあげましょう。
「昨日、みんなが遊んでいる間に、ちゃんとソウル駅をリサーチしておいた。だから、さっきもチェックンインがスムーズだったろ。しかもここの店は50%引きのセットがあるのを見つけた」と嬉しそう。
はいはい、労をねぎらいますよ。

d0137664_22161874.gif

でも、このメニューを見て50%引きと思ったけど、ゆっくり眺めると、ハングルでいろいろ書いてあって、数字もいろいろ書いてあるよね。
ほんとに、50%引きの値段だったのかしら・・・
d0137664_22173672.gif
d0137664_22175275.gif
d0137664_221863.gif

2セット頼んだのよ。3人前のセットと2人前のセット。
そして、写真の飲み物はビールやコーヒーにチェンジできたんだけど、1人3500円くらいだったような・・・
もう最後の日なんで、「えーい、持ってけ泥棒」状態で、あまりレシートを見てないんよ。
どう考えても50%OFFとは思えん。

この日は、朝は私の失敗、ランチは主人の失敗かもしれん。
でも、ランチはステーキもあったし、ビールも男2人はおかわりしてたし、それくらいかかるよね。
最後にツメの甘いわたしたち。

娘たちはロッテマートに最後のお買い物。
わたしたちは10日に事前にすませていて正解でした。

d0137664_22305365.gif
秋夕のソウル駅の外。

機内持ち込み手荷物をロッカーに入れていたので、キーをあけるんだけど、上手くいかない。
説明はハングル表記。
娘がいないから、もたもたしていたら、次に入れたい若いカップルがやってくりました。
若い韓国人も親切ね。
d0137664_22322830.gif


d0137664_22324071.gif
秋夕のソウル駅構内。

先ほどのチェックインしたB2で、仁川空港行きチケットを購入。
d0137664_22335282.gif
1人、13300W(1064円) リムジンが15000Wだったから、ちょっと安い。

B7に行くんだけど、ここの改札がなんとスケルトンで写真が印刷されてる。
d0137664_22384643.gif
右がわは、チェ・ジウとソン・スンホン
d0137664_22392120.gif
左がわのこの2人がわからん。誰? ヒョンビン?
誰かわかったら教えて~

さて、ここの切符はエコで回収されて何度も使用できるように、プラスティックなんだけど、ここにもソン・スンホン。残念ながら、持って帰れません。
d0137664_22405912.gif


d0137664_22415520.gif
乗り場は、こんな感じ。何気に右側に「モンドリアン」風の絵というか、なんというか。おしゃれ~

さて、仁川空港までノンストップ。
空港に着くと母が「バスより断然ラクだった」と言ったんですよ。驚き。
主人は、「それ、みろ」と言わんぱ゛かりのドヤ顔。
時間的にも、バスは1時間から1時間30分ですが、地下鉄は45分。速い。

で、仁川空港までがちょっと距離があるから、母をどうしようかと思っていたら、わたしたちの前にすっーと室内カーが登場。
地下鉄の車内のアニメ説明で、この車が出てきたので「あれに乗るには、どうしたらいいんだ?」と思ってた私。悩まなくても、向こうからやってきた。びっくり。
d0137664_22472747.gif
ちょっと写りが悪いけど、この車よ。二台連なってやってきてくれたんよ。
d0137664_22481827.gif

d0137664_22483185.gif
超、乗り心地いいんよ。すっーーーと行く感じで、風が気持ちよくあたるんよ。
ものすこ゜く嬉しくて、「これって有料なんかね?」主人と話していると、3分くらいで到着。
速い。
で、お礼を言う暇もないくらい、二台がさぁーと去って行くんよ。
要するに無料ね。

「たぶん、体の弱そうな人がみかけたらすぐ来るんだろう。お義母さんがいたから僕たちも乗れたんだと思う」と主人。ラッキー。

仁川空港は、聞いたたとおり広い。
さっそく予約していた車いすを借りにいきました。
ちょぅど母を待たせておいたいすの横の下で、何かイベントをしているんです。
見ると、こんな感じ
d0137664_225839.gif
d0137664_22581547.gif
秋夕だからなのか、いつもあるのかは不明。
車いす借りるのに時間がかかったから、母が待つのに退屈しなくてよかったわ。

さて、ソウル駅でチェックインすると、空港でチェックインする人より早くゲートに行けるんです。
普通の人が受ける手荷物チェック場所でなく、外交官・クルーが通るルートでチェックされます。
わたしたち、どこかのキャビンアテンダントさんたちと一緒にチェックうけました。
これも、なかなか面白かったです。
主人と行くと、こういうことも体験できて、良いこともあります。

6時40分のフライトですが、4時には入っていたので、ゆっくり仁川空港を堪能できました。
d0137664_2325453.gif
いちごのフレッシュジュースはとても美味しかったです。もう、ウォンは使い切ってたから、日本円で購入。

秋夕のせいか、こんな行列も
d0137664_2335966.gif
d0137664_2341116.gif
写真の王様・王妃以外にも、世子・世子妃もいて、けっこう長い行列でした。

飛行機は定刻より15分くらい遅れて離陸。
アニョンヒケセヨ~   ソウル。

さて、行く時と違って、帰りはお腹がすいてる私。
待ち遠しい機内食。
d0137664_2373049.gif
ほぼ、完食。
d0137664_2375780.gif
デザートは「くるみ饅頭」
これをお土産に買う予定だったのに、すっかり忘れてたぁ~

広島に15分遅れで到着。
ここで、母に受難が・・・

2年前、ハワイに行った時も母は車いすで広島空港を利用したのでなんの問題はないと思ったら・・・
以前は、特別なルートでエレベーターを利用して車いすで通っていたのですが、最近は治安のためそのエレベーターを使用しなくなり、車いす用階段昇降機となってました。
d0137664_23122969.gif
d0137664_23124353.gif
d0137664_23125616.gif
これって、ちょっとした遊園地のアトラクションくらいの恐怖だと思う。
一番上の時は怖いよね。
手すりだけに全重さがかかるわけで、不安よね。しかも速度が遅いから、なお怖いよね。
アシアナ航空のおねえさんも大変。
後で聞くと「はい、あの機械はけっこう不人気なんです。途中で怖いから引き返してくれと言われることもあります」とのこと。

さてさて、なが~い旅行記も終了です。
いつもながらに、おつきあいくださった方々ご苦労様でした。
読んでくださって感謝しております。
カムサハムニダ~♪
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-09-25 09:06 | 韓国旅行(完全個人旅行) | Comments(4)

韓国旅行記  NO-14 「秋夕」の明洞

2011年9月12日(月) 天気・曇 
最終日です。
まずは、6時30分には起きて、パッキング開始。
ヨーロッパ10日間・ヨーロッパ7日間用程度のスーツケース2個に、来るときは全体の3分の1しか荷物を入れてこなかったのは、帰りのお土産を想定していたから。
コスメは、瓶もあるし、シートマスクは意外に重い。
のりは軽い。
この二つを上手に織り交ぜて、ついに二個のスーツケースが完了。
後でわかったのですが、スーツケースの大きさは違うのに、中身はほぼ同じ25キロ。
重い!!
手荷物は、1人20キロ制限ですが、3人で2個のスーツケースなので、25キロ2つはパスしました。
追加料金は覚悟していたのですが・・・  ラッキー!!

さて、この日の朝食が今回の旅行の「最大のミス」でした。

何回も書いてますが、母が一緒だと気軽に明洞に歩いて行って食べるというのが難しい。
しかも、「ホテルで食べればいいじゃん」とノンキに母が言うんです。
まあ、これまで二日はロクな朝ごはん食べてないので、つい「うっかり」と言うか、予定どおり(最初からの予定ではありました)ロッテホテルで朝食となりました。

2年前にハワイに行ったときに、ハレクラニやモアナサーフライダーで最高の朝ごはんを食べて、高くてもそれなりに母が満足していたので、「一回くらいゴージャスな朝ごはんでもいいよね。年寄りがいるんだもん」と思ったわけです。まあ、「一回くらい韓国のリッチなホテル朝食も経験したい」という私の下心もあったのよね~

主人「実に、もったいない。韓国で高いホテル朝食は意味がない」と猛反対。
では、「わたしたちたけで行くね」と言うと、「どうぞ、どうぞ」と言う。

娘婿殿は眠たいらしく、娘・私・母の女3人。
結論から言うと、「もったいなかったね・・・」

結局、税・サービス料を入れると、1人50000W(4000円)

ハワイのハレクラニもモアナサーフライダーも同じ値段やったよ。
でも、雰囲気が全然違うんよ。
ハレクラニ・モアナだと、海に面した中庭よ。
ロッテホテルは、通行人のちょぃ横よ。

お料理だって、卵料理ひとつ比べても、ハレクラニ・モアナは「オムレツ」を好きな中身を入れてもらってオーダーできるけど、ロッテホテルは「スクランブルエッグか目玉焼き」よ。
とにかく、ロッテホテルの4000円は高い!
ソウルとハワイと比べると物価は断然ハワイが高いのに、なんで朝食だけ同じ値段で内容がないの。

主人に言わせると「だから、言ったじゃないかー」
確かにね。

大失敗やね。とほほ

「私なんか、もう海外に来ることないし、めったに旅行しないんだから、あまりケチケチした旅行はしたくない」と言ってる母でさえ「まあ、経験だから仕方ないけど、あれで4000円は高いね」と言ってた。

写真撮ったけど、あまり大したことないのがリアルにわかって情けないので、写真はボツにしました。

痛恨のミスです。

こんなロッテホテルもこの日で「おさらば」なので、良いことも書いておかないとね。
新館は、セキュリティがしっかりしていて、ホテルの部屋カードがないとエレベーターは動きません。
d0137664_2053314.gif
階数を押す前に、こうして当てるんです。
しかし、これって、けっこうめんどくさい。
良いことを書くはずなのに・・・

さて、娘たちの本館に行ったら、本館もきれいじゃん。
d0137664_2056957.gif
d0137664_2056205.gif


おっと、新館を褒めるはずなのに・・・
そうそう、新館だけ、バスタブ以外にシャワーブースがついてました。
これが、とても便利。
母もこっちを使用。
d0137664_2102425.gif


しかも、なんとアメニティが「ロクシタン」
これは、嬉しい。で、荷物が重たいのに、アメニティごっそりいただいて持って帰ったんですよ。
貧乏性よね・・・
d0137664_2164054.gif


朝食のショックを嘆いていても仕方ないので、気を取り直して、明洞へ行く前に。

ロッテデパートは秋夕の12日13日と連休でお休みですが、昨日までに撮ったスターアベニューの写真。
正直言って、スターアベニューって大したことないよね(小声で)
d0137664_2185998.gif

「トキメキ 成均館スキャンダル」のイ・ソンジュン役限定でファンになったユチョン
d0137664_21171247.gif

「快刀ホンギルトン」の若様役でファンになったものの、最近の露出度の多さに辟易してしまったチャン・グンソク

ひとまず写真撮りましたが、若い人たちが写真取っている中、アジュマが撮るのは恥ずかしかったわ。

ついでに、明洞の居酒屋でアサヒビールの宣伝のボートに
d0137664_21212243.gif

「シティホール」のグク役のチャン・スンウォン

ひとまず、一度はファンになったことのある俳優を並べてみました。あはは

さて、明洞。
確かに秋夕なので、閉まっているお店も多い。
明洞コスメは秋夕もすべて開店。
とコネストに書いてありましたが、It's skinは休みでした。
「昨夜、あれでもと思って買っておいて、よかったわ」とそこでは喜んだけど、後で仁川空港の免税店の方が安くて、ショック。今、ドルのレートが安いからそうなるのね・・・

「秋夕」だから、屋台もないかと思ったら「なんちゃってソックス」の屋台があった。
そうそう、主人が「なんちゃってソックス」欲しかった~
と昨夜言ってたので、買うことに。

1足1000Wのおばちゃんのお店。
このおばちゃん「シャキシャキ感」がすごくて、値切るのは難しいそう・・・
5足握って、一応「カッカジュセヨ~」と言うと
「無理無理」って感じで、手で軽くあしらわれちゃいました。
次に「おまけはない?」って頑張ったけど、同じく「無理無理」って感じで軽くあしらわれちゃぃました。
はい、ごめんなさい。
こんな安いもを値切るくらいなら、ロッテホテルで朝食食べるな、ですよね。

母は、こんな私も見捨てて押車を押して、先に行っちゃってました。

年寄りって面白いよね。
大してコスメに興味はないけど、私や娘が目の色変えて買っているものだから、参加したいみたいです。
で結局、口紅・マスカラ・眉墨など、あまりたいしたものを買ってない。
要するに、研究してないから欲しいものがわからない。
しかも、娘なんかにはコスメのおねえちゃん群がりますが、79才の母はスルー(笑)

韓国コスメは50代でさえ、ギリですものね。

コスメについては、また別の日の日記に書きますね。

歩いていると、「あこがれのキムガネ」は秋夕当日のみ、おやすみ(知ってたよ~)
d0137664_21244533.gif
今回の旅行では、遂にキンパッは食べれなかった。

d0137664_21381643.gif
朝早い(でも、10時頃)せいか、秋夕のせいか、閑散としていた明洞。

カン・ジファンの写真があったから、映画館かな?
と思ったけど、明洞芸術劇場でした。
d0137664_21395041.gif


d0137664_21401346.gif
手前がロッテデパート、その横の背の高いのが、ロッテホテル新館、その向こうが本館。

ロッテホテルに向かって歩いていると、こんなバスが
d0137664_21414663.gif
広島でも上映予定のある映画「ハウスメイド」のポスターが。チョンドヨン(女優)ファンとしては、嬉しい。

朝早いし、秋夕だし、すでに買うものは買ってるし、思ったより早めにホテルに帰着。
娘夫婦は、ロッテ名税店に行ったりしてたから明洞をあまり見れなかったようで、昨夜と一昨日の夜にコスメを買っておいてよかったと言ってました。
やはり、年寄りがいると最後の日はあまり動くことができませんね。

普通だったら、ロッテホテルの前に仁川空港行きのリムジンバス乗り場があるのでそこから乗ればいいのですが、今回は主人の案で、ソウル駅から直通の地下鉄で行くことになりました。

この方法の欠点が二つあります。

まず、大きい荷物を持って、ソウル駅までタクシーで行かないといけない。
模範タクシーでも、普通のセダンタイプのタクシーでも大きな荷物は乗りません。
韓国のタクシーはトランクに、タクシーの燃料のガスボンベを搭載しているので、トランクに大きい荷物が乗りません。ジャンボタクシーを呼ぶしかないのですが、このジャンボタクシーの台数が少なくて、なかなか来ないんです。
ロッテホテルのベルボーイさんも呼んでくれたんだけど、10分以上待たされました。
結局、5人とスーツケース4個が乗るためには、ジャンボタクシーと一般タクシーの二台で行くことになりました。

ソウル駅でチェックイン(搭乗手続き)をすると、そこで荷物を預けるのでスーツケースに買ったものを入れるのが難しい。

要するに、娘たちは「ホテルのチェックアウト後、荷物はホテルに預けて、明洞・ロッテマートに買い物に行って、買い物したものをスーツケースに入れてから、リムジンバスで空港に行く方が、ある意味便利」とのこと。

確かに。
でも、ソウル駅でチェックィンすることのメリットもあるので、それは明日の日記で。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-09-24 00:00 | 韓国旅行(完全個人旅行) | Comments(4)

韓国旅行記  NO-13 「ボトナムチプ」「セブンラックカジノ・ミレニアムソウル・ヒルン店」

韓国の焼肉は「牛肉」「豚肉」「鶏肉」と、それぞれ専門店になっています。
母は「牛肉」しか食べたくないし、娘夫婦は「サムギョプサル(豚肉)」が好きです。
で、秋夕がなかったら両方食べれる日程が組めたのですが、今回はどちらか一方しか食べれません。
そうなると、当然「母優先」ゆえに「牛肉焼肉」

韓国の韓牛焼肉は「高いわりに美味しくない」「日本と変わらない値段」と不評の嵐。
確かに、韓国に行くなら「サムギョプサル」よね~

でも、今回は仕方なし。

とうことで、調べに調べて江南の「ボトナムチプ」に決定。

「ソウルでも5本の指に入ると言われる焼肉の名店。全国から選りすぐられた最高級韓牛は店で熟成し、ベストなタイミングでテーブルに運ばれる」とクロワッサンに書いてあるんよ。
栗原はるみさんも、お薦めなんよ。

タクシーの運転手さんに地図と電話番号表記のハングルを渡して、GO。
無事、ボトナムチプの裏口に到着。

ロッテホテルのコンシェルジュに予約をしてもらっていたから、スムーズに席へ。
ただ、名前が違ってた。
ロッテホテルコンシェルジュもやはり韓国人なので、日本人の名前の発音は難しいのね。

裏口から入ったら、小さい部屋の集まりで、わりと人が少なくて静か。
「はやってないのか・・・」と心配したけど、帰りに表の方を通ったら、すごく広くてわいわい人がいました。
ほとんどが韓国人。
ここのアジュマ、ほとんど日本語は話せません。
女将は、少し日本語ができますが。

でも、メニューは日本語表記と写真があるから大丈夫。
ただ、焼肉の肉の種類は少ないです。
ホンカルビ(骨付きカルビ)250g 一人前45000W(4000円)
チュムロック(牛の味付けロース)150g 一人前45000W(4000円)
アンチャンサル(ハラミ)150g 一人前54000W(4320円)
センデゥンシム(上ロース)一人前55000W(4400円)

確かに、高い。高いのは承知だっので驚かないけど、美味しいといいな~ と、思ってました。

まずは、マッコリ
d0137664_1147397.gif
いつものより高かったけど、値段を覚えていない。
「おっ、これは美味しい」と主人。
マッコリ好きの母も喜ぶ。

お店の女将が出てきて「これは、ヨン様のまっこりです」とのこと。
要するに、ヨン様がプロデュースして作ったってことね。

今「シンデレラのおねえさん」という韓国ドラマ見てるんですが、伝統的まっこり製造所での話なんだけど、今「まっこりブーム」というのが出てくるんよ。確かに、今注目のマッコリよね。

女将は、日本人なら誰でもヨン様ファンと思ってるみたいだけど、我が家には誰もヨン様ファンいないのよね~
でも、このマッコリは美味しかったから、いいけどね。ヨン様、やり手ねん。

美味しいと噂の「おかず」が登場。
確かにどれも美味しい。
d0137664_11544712.gif
d0137664_1155084.gif
d0137664_11551772.gif
ここの水キムチは「だいこん」でした。仁寺洞の故宮で食べた「白菜の水キムチ」の方が正直美味しかったです。

「おかず」だけでもかなり量あるので、お肉は少なめにオーダーした方がよいという話だったので、あまり一度に注文しませんでした。

d0137664_1157431.gif
これは、センデゥンシム(上ロース) 塩で食べるお肉です。カルビより少し硬めですが、私は超大好き。
韓国はどこでもそうらしいのですが、アジュマ(おばちゃん)が全部焼いて、はさみで切って食べごろを網の横に置いてくれます。だから、一番美味しいときに、パクリ。
d0137664_1158102.gif
「にんにく」も油の入った入れ物で焼いてくれます。これも、美味しい!
d0137664_11594550.gif
ボンカルビ(骨付きカルビ) 味付けしてあるので、葉に乗せていろんな野菜と味噌で食べます。主人はこっちののお肉の方が好きとのこと。

ところで、このお店では、とても楽しい会話がありました。
奥の個室の常連らしい韓国人が、アジュマ(おばちゃん)を呼ぶのに、わざと
「アガシ~」と言ってるんです。アジュマが笑いながらその部屋に入るのを見た主人は
「アガシとは、なんぞや」と聞くから
「アガシとは、お嬢さんって意味よ。おばちゃんなのに、わざとアガシ(お嬢さん)って呼んで、遊んでるんよ。アジュマもそのことがわかってるんよ」と教えたら・・・

なんと主人も注文の追加の時に「アガシ~」と使うんよ。習得、はやっ!!
すると、アジュマは笑いながらわたしたちの席へ。
ここで、かなりうちとけましたね。
アジュマはあまり日本語がわからないし、わたしたちはあまり韓国語がわからないし。
最初はちょっ距離があったけど、こんな遊びをすると仲良くなりますね。

で、次の注文の時に今度は私が「アガシ~」とよぶと「もう勘弁して」と言う感じで苦笑いしてました。

娘曰く「やっぱ、一度はうけるけど、二度はしつこいね」
なるほどね。

さて、閉めは「ピョンヤンネンミョン(水冷麺)」
オゴグプ(五穀ご飯)がここは美味しいらしいのですが、どうしても水冷麺が食べたかった私
d0137664_1223444.gif


デザートは、「なんのことはない、パイナップル」
d0137664_1232231.gif


最後にお約束のお茶。
オミジャ茶ではなかったけど、名前を忘れました。
d0137664_124082.gif


韓国は、消費税が10%かかります。
また、こういうお店はサービス料もかかります。
高いのは覚悟して行ったのですから、いいんですが、mixの方に「気をつけないと、タックスの計算間違いなどある」と教えてもらったので、レシートはじっくり見ました。
大丈夫、タックスもサービス料金も正規の料金。

5人で食べましたが、母は超小食ですし、娘たちも江南でお昼を遅めに食べていたので
5人で300000W(24000円)でした。
1人5000円くらいですね。
「ボトナムチプ」だと、平均1人単価は100000W(8000円)5人で4万円くらいはかかると思っていたので、満足度から言うと、安く感じました。

ただ、母はやはり日本で食べる、「やわらいお肉」をタレで食べる方が好きみたいです。
そりゃあ、年ですから仕方ないですよね。

このお会計の時にも面白いことが。
「チェックプリーズ」と言うと
「ケイサン」とアジュマが言うんです。
なるほど、「ケイサン」でわかるのね。
でも、日本では、精算してください。とかお会計してください。
とか言うけど「計算してください」とは言わないよね。
面白い日本語を使うだね。しかも、単語で。
私の韓国語と同じだぁ~

で、タクシーを呼んで欲しいと言うと、手招きして呼ぶんよ。
そう、表側は大きな道路に面していて、手を上げてタクシーをとめます。
助かりました。
だって、タクシーを頼むとてっきり「模範タクシー」が来ると思ってました。
道路で拾ってくれると、一般タクシーです。
江南から帰るとなると、模範タクシーは高くつくな~
と思っていたから、ラッキー。

二台に分かれて乗ろうとすると、女将さんが何やら慌てて持ってくる。
「これ、お土産。福が来る福袋よ」と5個の小袋をくれる。
d0137664_12252697.gif
おうっ~
これは、お友達が仁寺洞で買ってきてくれた袋と一緒じゃ~
誰かにあげても喜ぶ~
と、その時は喜んだんだけど、帰国してびっくり。
裏に、「ボトナムチプ」の名前と電話番号が印刷されてる。
d0137664_1227362.gif
ありゃ、これは人にあげれん。しかし、5個もあってもね・・・

でもまあ、適正価格で気持ちよく食べれて、アジュマとも遊んだし、お土産ももらったし。
初めての「ボトナムチプ」は大成功よね。
遠いのと高いのが難点だけど(笑)

さて、ロッテホテル エ カジュセヨ、ではなく
「セブンラック・カジノ・ミレミアムヒルトン エ カジュセヨ」で、カジノへGO。

お友達曰く「あんなところは、ツアーで仕方なく連れて行かれるところで、自ら行くところじゃないんよ」と言われたけど、ギャンブル好きが密かにいるので、GOGO。
私は好奇心旺盛だから、日本になくてパスポートがない場所、というだけど「行かなくては」と思う派。
アホみたいだけど、いいんよ。

で、到着。
d0137664_12315835.gif


ここで、またまた韓国人の良い人に会いました。
タクシーは、大概チップ込みで払ってましたが、ここでは10100Wと表示されて、10000W札を出して1000W札を探してたら、なんと運転手さんが「いいよ」と言うのです。
100Wとはいえ、タクシーの運転手さんがまけてくれるなんて、日本でも体験したことない。
優しい運転手さんでした。
「カムサハムニダ~」と100W安くしてもらって喜んだんだけど、結局カジノに4000円くらい使っちゃいました。おバカですが、満足です。

カジノの私のイメージと違ってて、かなり庶民的。
ほとんどが男性で、みんな必死にやっている感じがしたな~
どこも満席でした。

母と娘婿殿だけ少額勝ったみたいです。
主人はギャンブルが嫌いなての゛、ほとんどお金を使わなかったようです。
ここは、30分くらいで切り上げました。
まあ、カジノを見に行ったって、感じですね。
韓国ドラマ「エデンの東」でロケしたのは、江南のセブンラックカジノなのは知ってたのですが、夜遅く江南からタクシーで帰るのはちょっと避けたいので、ソウル駅近くのヒルトンホテルのカジノにしたんですよ。

ヒルトンの前は当然の如く「模範タクシー」しかいません。
まあ、ヒルトンからロッテホテルはすぐそこなんで、いいんですけどね。

ロッテホテルに着くと、まだ9時30分。
次の日に明洞でコスメを買う予定でしたが、娘夫婦と3人で夜の明洞コスメ探訪へ。

10時40分くらいまで買って、帰り道初めて明洞の地下道を通りました。
母がいるので、どうしても横断歩道通らなかったのですが、地下道の方が近いので。

娘は「えっ?夜の地下道は怖いじゃん」と言うので
「まだ11時になってないし、地下道って言っても地下街があるし、道を横断するだけだから、即上がるから大丈夫よ。しかも男性1人いるし、総勢3人だし」と私。

地下街は当然閉まってますが、それでも全然危険な匂いはしませんでした。
「あらっ、案外きれいなんじゃね。お店があるとは知らなかったわ」とほっとしてました。

コスメは意外に重くて大変。
「大人買い」してしまったので。

ホテルに帰るとちょいとマッコリ・焼酎・ビールで「酔っ払ってる」主人が、皇室のりは団体で届いているわ、ロッテマートで買ったものがダンボールに入ってるわ、娘婿殿が持っている荷物がほとんど私のコスメ商品だわ、なので
「そんなに買って、荷物が持って帰れるわけがない」と絡んできます(笑)

「国際宅急便で送るという方法もあるし、大丈夫よ」とノンキな私←ある程度の荷物は想定内だったけど、皇室のりが思った以上に多い(笑)ちょっと焦ったわ~

しかし、洋服とかいろんなモノと絡めてスーツケースに入れないといけないから、悩むより早く寝て早く起きるしかないよね。

早く寝るったって、すでに12時は過ぎてたけどね。
とにかく、起きてからの勝負よ!!
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-09-23 10:16 | 韓国旅行(完全個人旅行) | Comments(6)

韓国旅行記  NO-12 「ポムナル」「明洞探訪」

母と韓国に行くと決まったとき、「どこに行く? マッサージなんかもいいみたいよ」と言うと、母が即食いつきました。

なんと、広島でエステなんかには行かないくせに「顔のマッサージもしてもらおう」と言うのです。
「普段してないのに、なんで韓国でするん?」と聞くと
「普段してないからこそ、行くんよ。他にすることないしね」と言う。

「なにいっとるん。私はエステ&マッサージに3時間近くかけるほど暇じゃない。行きたいところは山ほどあるぞ」と、心の中で叫んだけど、母はあまり韓国に楽しみがわけだから、こりゃあ連れて行くしかないよね。

「あかすりは、イヤだからね。あれは、まっ裸になって痛いらしいから」と、何気によく知っている母(驚)

で、事前にマッサージ店を調べると「よく、わからん」状態
mixで、口こみの言いところを検索すると、なんとエレベーターがなかったりします。

口こみを読むと「痛い」「私語が多い」「高い」「あまりきれいじゃない」とか、いろんなことが書かれてて、ラビリンスにはいっちゃう。

ロッテホテルに近くて、口こみもまあまあで、HPを見ても感じよさそうで、「ことりっぷ」にも取り上げられていた「モーニングトータルマッサージ」に決定しかけてたら、なんとエレベーターがない。
しかし、調べていくと姉妹店の「ポムナル」は、別のビルの6Fで、エレベター付と判明。

しかも「ポムナル」は日本人窓口が京都にあり、メールでやりとりできるんです。
「こちらの予約内容と現地での内容が全然違う」というようなアクシデントを防ぎたかったからです。
私だったら、少々汚くても、少々荒っぽくてもいいんですが、年寄りはそんな融通がきかないもんね。

mixの旅行の達人にもアドバイスをもらい、いろいろ考えて、ひとまず「ポムナル」に予約。
さすが、日本人の窓口だけのことはあり、いろいろ聞いても全部明確に返事をもらったので、安心でした。
ここは、コネストと違って事前にお金を支払わなくていいんです。

明洞の南端、乙支路入り口から一本中に入ったところにあります。
押し車を押しながら、明洞のごちゃごちゃしたところを歩いてビルの前に到着。
d0137664_16365097.gif

ブログで写真を見ていたので、即わかりました。
小さいビルの入り口からエレベーターで6Fの「ポムナル」に着くと
「よくもまあ、こんなにわかりにくいお店をみつけられたね。どうやって探したん? すごいね」と母が褒めてくれました。
受付の人も日本語OKです。
「先にお支払いをお願いします」とまあまあの日本語。

1人140分 120000W(9600円)
上半身の経路マッサージ→顔のマッサージ(パックあり)→足のマッサージ

2人部屋を希望しましたので、2人用個室。
下着のパンツ以外はすべてとり、指定の短パンを履くように言われる。
ロッカーがあり、アクセサリー・指輪をすべてはずしてバックをいれて、ロッカーに鍵をかける←わたしたちは鍵かけなかったけど、ついてます。

経路マッサージは、何かオイルをつけてするので、べっドの上は厚いビニールが張ってあり、暖かくしてあります。

最初に「うつぶせ」になり、肩・腰・お尻と順にマッサージ。
初めは「キツク」感じます。
「痛いですか?」と何度も聞いてくれます。
そのとき、痛いなら痛いで素直に言えばよかったのですが、なにせ貧乏性なので「キツクしてもらった方が、肩こりとかに効くような気がする」という下心で
「大丈夫です」と大風呂敷を広げてしまった・・・

あれは、いけません。
痛かったら、痛いといいましょう。
なぜなら、翌日何箇所か内出血してました。
あれは、おねえさんが悪いのじゃなく、「どうせなら、キツイ方がいいぜ~」と思った私がまちがい。
肩とかは凝っているので内出血してませんでしたが、腕の内側の柔らかい部分が内出血してました。とほほ

母は、さすがに「痛いです」と答え、少しゆるめにしてもらってましたが、年なので血管がモロイので少し内出血してました。

しかし、ここのマッサージは丁寧です。
140分間、顔のパックの10分以外は、すべて手でマッサージしてくれます。
体力がいると思いますよ。
それと、まったく私語がありません。
口コミの悪評として多いのが「韓国語でマッサージをしてくれる人たちが、ものすごくしゃべって感じが悪い」というものです。

ここは、教育が行き届いていて、業務連絡程度の会話をほんとに小声で3回くらい、しかも一回が30秒くらいの会話しかありませんでした。

マッサージに使ったオイルも、適温のタオルできれいとってくれます。
マッサージが終わったら、退席してくれるので、着替えてお化粧もできます。

肝心の母は「すごーく気持ちよかった。あんなに長い時間マッサージしてくれて、ほんとありがたかったわ。ここを見つけてくれて、よかったわ」
と、喜んでました。
探した甲斐がありました。
もっと良いところもあるのかもしれませんが、ビギナーとしては満足です。

さて、これから母は押し車をおして、明洞探訪です。
結果的に、乙支路駅から明洞駅まで歩けました。
d0137664_1984733.gif


明洞の南から北へ明洞通りがあります。
それ以外にも枝葉がいっぱいあって、母が押し車を押して歩くのは難しいので、明洞通りだけ歩かせました。
それなりに距離があるのに(母にとって)、なんと観光パワーで完歩しました。

しかも、ただ歩くのではなく、屋台を見ながら、なおかつ母も買っているではありませんか!!!
母が買ったのは「サングラス」でした。
私は母を主人にまかせて、屋台のにいちゃんと交渉しないといけないので・・・

後で「これ買ったんじゃ~」と嬉しそうな母。
なんと、サングラス。

「サングラスが欲しかったんよ」と。
なかなかオシャレなのを選んでました。
どうやら、娘夫婦・私がサングラスを持っているのが密かに羨ましかったみたい。
私たちみたいに若くないので(母に比べると若い・笑)ブランドものを高い値段で買う気はしないが、自分も欲しいと思っていたら、屋台にあったわよ。
これは「渡りに船」とばかりに主人に選んでもらったみたい。
「いいでしょう」とタクシーの中で自慢してた(笑)

さて、私は一日目の夜の明洞探検のときに「なんちゃってソックス」を物色したんですよ。
14足1000円のにいちゃんの屋台しかなくて、そのにいちゃんに「15足で1000円にして」と言うと
「はい、さようなら」みたいな感じで相手にされなかったんよ。とほほ

で、いろいろ物色したら、1足1000Wの店しか見つからなくて、
「そんなら、14足1000円のにいちゃんの方がええわ~」と思って、悔しいけどそのにいちゃんとこで買ったのね。

なんか、悔しかったな・・・
ノンちゃんは15足で1000円で買ってなかったけ???
やはり、1人だと強く言えないよね。っか、やっぱリピーターさんはすごいね。
まあ、ビギナーとしては頑張ったつもりなんだけど、やっぱ悔しい・・・
同じにいちゃんとこに舞い戻ったってのが、一番悔しいね←どうでもいいプライドやね。

母もいるというので、半分に分けたけど、かなり派手な「なんちゃって」を選んでました。
思わず「いつ履くん?」と聞いたら「冬に家で履くんよ」とのこと。
50ヘエ~ ぐらやったわ←古い!

違う屋台で、「大判の長方形の薄いストール」も買いました。
10000W(800円)と、感じのいいにいちゃんが言います。
「ここは値切れる」と直感。
「なんちゃって」のにいちゃん、超無愛想やったんよ。
買う気が見えたので、にいちゃんも9000W(720円)にしてくれました。
でも、お金を払うときに10000W出したら
「10000Wあるじゃん」って笑いながら言うので
「あるよ。でも、おつりちょうだいね」と私。

このストール、かなりお気に入りです。もう一枚買えばよかった。
かなり大きいストールなんよ。
ちょうどトルソーに黒いワンピースを着せていたたので、これにまきつけてみました。
d0137664_1994435.gif


秋夕の前の日だけど、明洞の4時はすごい混雑。
屋台もたくさん出てて、楽しかったわ。
見れたのは、ほんの一部ですけどね。
海外旅行の買い物の楽しさは、安いものをより安く駆け引きして買うことですね。
中国と違って、そんなに質も悪くなく、それでいて手ごろなので買い物が楽しいですよね。

では、タクシーで「ボトナムチプ」に向かいます。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-09-23 00:00 | 韓国旅行(完全個人旅行) | Comments(0)

韓国旅行記  NO-11 「仁寺洞」

ソウルって、右側を車が走ります。
だから、左折の方が難しくて、歩行者との兼ね合いで混雑します。
しかし、日本で言うところの右折の赤の時に緑色の→がありません。
そのかわり、車線が決まっていて、日本人から見ると大回りしているように見えますが、そういう車線でしか走れないわけです。

景福宮の前も、仁寺洞とは逆の方向に最初走るしか仕方ありません。
それがイヤなら、横断歩道を渡ってタクシーを拾うしかないけど、横断歩道までが遠くて、渡っちゃうと仁寺洞は、すぐそこ。
そう、タクシーで行く意味ありません。

なので、とにかく、運ちゃんまかせね。
これまた「怪我の功名」結局、光化門前で乗車して、景福宮の外周を回って仁寺洞へ。
実は、景福宮の外周は、とても雰囲気のあるところで歩いてみたかったのに、昨日「うっかり」忘れてスルーしていたのです。たとえ車窓でも見たかった。
見えたわ~
でも写真撮れなかったわ~
この道、クロワッサンに載ってるでよ~

そうこうしていると、なんか警備の人がいて、車止めを取ってくれる。
なになに、秋夕だから? なんかあるの?
d0137664_21503564.gif


あっ、青瓦台(チョンワデ)だ~
そう、景福宮の裏には、大統領官邸で知られる青瓦台(チョンワデ)があるんだった。
母がいるから見れないと思ったら、タクシーで通れるだ~
写真撮る暇なかったから、コネストさんから拝借
d0137664_2136363.jpg

建物の前には警備が立っていますが、写真撮影は自由に行なっても良いので記念に撮れるらしい。
その時、止めて下りるという発想がなかったのが、残念。

でも、景福宮の外周ミニツアーは、よかったわ~
一般タクシーの運ちゃん、カムサハムニダ~

さて、仁寺洞ギルの入り口、安国洞交差点で下車して押し車で。
入り口近くから、伝統小物を売っているお店が立ち並んでいて、買い物好き親子は興奮。
主人は、シラっ~
大概男性は買い物好きではありませんよね。うちの主人も、そうです。
やはり、ソウルは女性友達と行くのが一番よね~
でも、私は主人と年より持参。とほほ
d0137664_21505584.gif


しかし、まずはサムジギルに行かないとね。
「あれも買いたい」「これも買いたい」という母をなんとか店から引き離して、そぞろ歩く。
私としては、サムジギルで買いたいという下心があったからね。
d0137664_2152832.gif

サムジギル到着。
お腹がすいてるから、ひとまずビビンバ専門店「故宮」へ
サムジギル自体がおしゃれな空間なので、「故宮」もきれいでした。
壁には「ポジャギ」のタペストリーが
d0137664_21545857.gif

メニューは日本語表記あり
d0137664_21553191.gif

なぜか、よく見る韓国のセットメニュー
d0137664_2156015.gif

この方がお得なんだろうけど、わたしたちは3人いても母が小食なので2人前しかいらない。
しかもも冷たいピピンパはあまり好きじゃないの・・・

ってことで、石焼ピピンパ1つ、海鮮チヂミを1つ、焼酎を1つ。
d0137664_2157401.gif
先に焼酎とチヂミのタレがきたけど、広蔵市場・明洞のようにワイルドなタマネギは入ってない、上品なタレだわさ。
さすが、仁寺洞(笑)
d0137664_2159327.gif

d0137664_15345350.gif
石焼ピピンパ 10000W チヂミと焼酎が不明。
でも、全部で30000Wちょっとだったと思う。
3人で2400円だから安いよね~

写真に写っている「おかず」もどれも美味しかったわ。
d0137664_2205866.gif
特に左端の白菜の水キムチが抜群に美味しかった。おかわり出来たのかしら・・・
なにせ、ビギナーなんで、よくわかんない・・・

サービスのオミジャ茶もついてたよ。
d0137664_226369.gif


レジでは「飴」があるし、嬉しいわ~

さて、サムジギルの中でいろいろ買いたかったけど、なんだか広そうで億劫になりました。
d0137664_2224668.gif


ということで、結局仁寺洞ギルの入り口のお店3店ですませました。

実は、韓国ドラマ好きは訪韓の時に、仁寺洞でいろんなモノを買ってきてくれてるので、逆に人のお土産はあまりここで買わなかったんですよ。
お土産って、好みがあるから韓国に興味のない人は、やはり日本製がなにより上質と思っているので←確かにそうなんだけどね。

で、洋裁の好きなお友達と自分用に
d0137664_15424015.gif
伝統刺繍のしてある「指ぬき」
d0137664_1543868.gif
お仕事をまだやっているお友達と自分用に「筆入れ」←「筆入れ」って古い??

母は、韓国好き友達がいるのかどうかわかんないけど、伝統的刺繍の「コースターのセット」「扇子」「小物入れ」などたくさん買ってた(汗)

この後、母と私はエステに行くので、故宮を出てすぐに主人とは、おさらば。
主人は3時間自由行動。
何をしていたかは、後日ね。

では、仁寺洞から明洞のエステ&経路マッサージのお店へタクシーでGO
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-09-22 00:00 | 韓国旅行(完全個人旅行) | Comments(2)

韓国旅行記  NO-10 「景福宮」

2011年9月11日(日)
実は、昨夜は頭が痛くて早く寝たんです。
おそらく、準備の1ヶ月間、聞いた人が呆れるくらい調べまくりました。
そんなに調べたのは、母が一緒だというのが最大の原因ですが、母がいても誰かにまかせてでも自分の行きたい所に行こうとする私の欲です。
行くなら120%楽しもうとする精神と、本気で母を心配する気持ちで、調べまくりました。

その疲れと、出発の日の早起き、ソウルでの母への気配り、そして北村一人旅での根性。
これらでクルージングの開始とともに、頭がガンガン。

さて、昨夜は9時30分にはベッドに倒れこんだので、11日は8時頃に「さわやかに」目覚めました。
「今日のソウルの天気は?」と思ってテレビをスイッチオン。
つかない・・・
よ~くみると、なんと停電
ひぇ~
娘に携帯で電話すると「本館は停電してないよ」とのこと。
なんと、新館だけ。
それって、ないよね~
新館の方がお値段高くて、あとで出来ているのに、自家発電ないん??
「日本の一流ホテルでは、考えられん」と主人が呆れてたけど、そんなことはいいから早く電気ついて~

フロントに主人が伝えると、間違いなくロッテホテル新館だけの停電。
いや~、まいった。
コーヒーも沸かせない。
冷蔵庫にあった来るときの飛行機の機内食についていたオレンジジュースが役にたちました。
こんなとき、貧乏性も役に立つわね。
昨日「もう、飲まないだろう」と捨てないでよかった。
なんでも捨てるのは、最終日だね。

オレンジジュースと昨日の伝統茶屋の「かぼちゃの蒸しもち」と「ホットック」を食べました。
主人が昨夜娘夫婦と明洞に繰り出したときの「やきくり」もありました。
これも、ほとんど味がしません。
d0137664_2073553.gif

なんか、一流ホテルで侘しい朝ご飯。
ほんとは、キムガネのキンパッを食べる予定だったけど、どうやって18階から降りるのよ。
たとえ、下りても18階を上がれんぞ~
キムガネキンパッ、アニョンヒケセヨ~
明日は秋夕でキムガネ閉まってるんよね。とほほ

でも、この停電がある意味よかったかも。
9時前に通電したので、その間「ゆっくり」できたから。
貧乏性の私は、予定どおり動こうとするから、停電してなかったら頭痛がぶり返したかも。
結局、前日の頭痛はどこへやら。
帰国するまで、バリバリ元気でした←あっと、帰国しても毎日元気です。

蛇足ですが、その日の午後、ロッテホテルから「お詫びのフルーツ」が届いてました。
「りんご、ゴールデンキウィ、バナナ」でした。ちゃんとナプキンとナイフも。
密かに「値引きがあるかもしれん」と貧乏人のわたしは楽しみにしていたのですが、2時間もないくらいの停電でしたからね。
でも、この日の早朝に出発の人はどうしたんだろう・・・

で、朝ごはんは「なにを食べたかわからん」状態でしたが、景福宮へGO
ロッテホテルの前から模範タクシーで。
すでにわたしたちは、一般タクシーでOKの体になってますから「チェッ、模範しかいないのね」状態。

でも、この模範の運転手さんはても感じがよかったです。
「キョンボックン エ カジュセヨ」だけで「韓国語お上手ですね」と日本語で言ってくれる。
「運転手さんも日本語お上手ですね」と言うと
「日本語は難しいですね」といわれる
「韓国語も難しいです」と答え、和やかに景福宮へ。

下りたところが、光化門じゃない・・・
そう、3日ともなると油断して、「景福宮」だけ告げて、入り口を指定しなかったんですよ。
景福宮入り口で下りて、車いすを借りる予定だったんだけど、どうも風景が違う。

えっ? 行ったこともないのに風景がわかるのかって?
だって、下調べて景福宮の全貌を見てますもの(笑)
そのわりには、奥の国立民俗博物館入り口まで、さらーっとタクシーで連れて行かれたんですけどね。

最初は「あの運ちゃん、親切なんだけど、なんでノーマルな入り口に下ろしてくれないんかね」と残念でした。国立民族博物館で聞くと、車いすのレンタルは景福宮入り口のところにしかないそうです。
d0137664_2084581.gif
後ろに写っているのが国立民俗博物館。写真を撮るときには、まだ自分たちがどこで降ろされたのか認識してないので脳天気。

押し車を持って行ってたからまだよかったけど・・・
結局、一番奥から光化門にむかって歩いて鑑賞。

でも「怪我の功名」でした。
なぜなら、光化門の方から奥に進むと、母が疲れるから全部は見ずに引き返すつもりでした。
ところが、奥に降ろされたわたしたちは、いやがおうでも奥から歩くので全部の建物を鑑賞できたんです。
しかも、景福宮の中は、石ただみが多いし、門のたびに敷居があり、車いすでは大変です。
押し車なので、逆になんとかなり、すべてを見れてラッキー。
(行くしかないとなると、母もその気になって歩いてくれた。おそらく、行って帰るコースだと、母はどこかで待っていたと思う)
d0137664_20125117.gif

d0137664_2013688.gif
よく、ネットの書き込みで「ツアーの人じゃないのに、ツアーのガイドの話を盗み聞きする人がいる」と非難を浴びいてるので、聞いちゃいけないと思ったけど、耳に入ってきました(言い訳??)
この写真をよく見るとわかるのですが、色は建物が出来てから塗ったのではなく、先に色づけした部品を組み立ててるんですって。
d0137664_20323029.gif
韓国史劇ファンなら知ってるよね。王様の玉座の後ろの屏風に描かれているのは「日月五峰図」
2007年1月に発行された1万ウォン紙幣の絵柄としても採用されています。
d0137664_20324789.gif
玉座の上も、すごい装飾

王宮のすぐ前は、近代的ビル。
d0137664_20195620.gif


景福宮は、風水に基づいて建築されています。
後ろにある北岳山から市内へ向かって強力なエネルギーが流れていて、正殿前で写真を撮ると幸運が訪れると言われる。
d0137664_2037754.gif


d0137664_2021030.gif


さて、光化門まできたら、広場である王宮守門将交代儀式 を見ないとね。
光化門・興礼門の間の広場では、朝鮮時代の守門軍の交代儀式を再現した王宮守門将交代儀式が行なわれています。儀式の合間は、鮮やかな伝統衣装を来た守門将と一緒に写真を撮ることができ、休館日の火曜をのぞく毎日、10:00~15:00の定刻に10~15分間、開催されます(1月・2月・7月・8月・12月は10:00~16:00に略式で開催)。
ちょぅど11時の交代式。

この交代式を若い日本人の男女が見てて、話声をキャッチ
女「衛兵ってさ、すごくかっこいい人ばかりって聞いてたけど、そうでもない人もいるじゃん」
男「オマエさ~、KPOPの見過ぎだろ。軍隊だってさ、全員が全員かっこいいわけでもないだろう。ハードル高すぎるんじゃない? 衛兵が可哀想じゃん。ハードル下げろよ

聞いていた私も「はい、ごもっとも」と思い、ハードル下げてみてました(笑)

母も、押し車が簡単いすになるので、座って鑑賞。
これは便利でした。
d0137664_20453994.gif


まず、太鼓が交代式のドラ的役割
d0137664_20425771.gif

まず、音楽隊が出てきます。生演奏
d0137664_20433047.gif

d0137664_2043442.gif
音楽隊は基本楽器が弾けないといけないし、メインではないのでイケメン少なし←おいおい

続いて、新しく任務につく将軍・衛兵が行進。
d0137664_2047183.gif

d0137664_2047335.gif

d0137664_20475197.gif
どの色の人がイケメンなのか密かに探す←先ほどの男性の助言は無視してるね(笑)
はい、皆様定位置に。
d0137664_20493781.gif
d0137664_20495042.gif

で、任務が終わった将軍・衛兵が帰るのね。

すると、後ろから先ほどの女性の声が・・・
「帰っていく赤い服の将軍は背が高くてイケメンで一番かっこよかったわ~」
先ほどの彼女も私も全然ハードルを下げずらも探してたのね(笑)
で、彼女の言ってるのは「この人だー」と思い、パチリ
d0137664_20524228.gif
まったくもって、節操が無くて、ごめんなさい。

歴史探訪の場所なのに、何故かミーハー全開ですね。
でも、史劇好きとしては、もっとゆっくり見たかったな←ほんまかいな・・・

さて、景福宮から「近くてすみません」状態ですが、仁寺洞にタクシーで行ってもらわないと・・・
歩いて10分の距離なので、行ってくれるかしら。
そこで、タクシー乗り場を景福宮の制服を着ている(守衛さん?)おにいちゃんに聞いてみる
「テッシ タヌンゴスン オディエヨ?」(タクシー乗り場はどこですか?)

なんと、景福宮前にはタクシー乗り場がなく、手を上げて止めるんだそうな。
じゃあ、手を上げて止めればいいのね。と思って歩いていこうとすると、ついて来てタクシーを止めてくれるんだわ。優しいおにいちゃんでした。イケメン度は普通でしたが←しつこい

ありがとうね~
みんな親切だわ~
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-09-21 00:00 | 韓国旅行(完全個人旅行) | Comments(4)

韓国旅行記  NO-9 「漢江クルーズ」

娘たちも合流して、「漢江クルーズ、ビュッフェコース」に参加。

コネストで事前予約で1人6900円ですが、母の体調しだいで判断しようということで、事前予約なし。
この「漢江クルーズ」の申し込みオフィスは、ロッテホテル本館の6階にあるので、わたしたちには便利でした。
前の日に予約したのですが、料金は事前予約と同じ6900円でした。
なんで、コリアハウスはコネスト予約より高かったのかしら・・・

5時40分に6階に行くと「2階がバス乗り場です」と言われる。
なんとロッテホテルの2階はツアーラウンジで、二階に大きなバスターミナルみたいなのがあります。

思ったより、日本人参加者も多いと思ったのですが、半数は「夕食を食べてからクルーズ」というAコースの人たちでした。
確かに、6900円のBコースは高いよね。
母がいるからこっちにしましたが、主人と2人ならAコースにしたかも。
ちなみにAコースは3600円です。
d0137664_21393377.gif
この船はわたしたちが乗った船じゃないんですよ。
d0137664_21401244.gif
この船もわたしたちが乗った船じゃなくて、ずっと停泊している船で、波止場的役割をしてます。
チュソクの連休で、韓国の人はサイクリングしたり、遊んでいる風景がみれました。

コネストの口コミを読むと「ビュッフェ」は期待してなかったけど、けっこうゴージャスで美味しかった。
という意見が多いので安心していたのですが、よかった方だと思います。
どうしても日本人ですから、すべてのものが口に合うとは言えませんが、美味しかったです。
また、周りがすべて大きな硝子窓で、視界がよく、夜景もきれいでした。
1階に下りると、直接外の夜景を楽しめます。

韓国は最近電力不足です。
だから、今年の漢江クルーズの目玉の「月光レインボー噴水(タルピッ ムジゲ プンス)は、お休みが多いんです。今回も見れるかどうか不安でしたが・・・

見れましたぁ~
さすが大陸なので、漢江も川幅がでかいです。
大田川を想像しないでね。
すごく大きい川幅いっぱいに噴水が出て、イルミネーションがされます。
d0137664_21331254.jpg
d0137664_2133479.jpg

d0137664_2139560.gif

しかも、かなり長い時間ショーをやってくれます。
「これは、電力使うな~」と実感しました。
帰国3日後くらいに、ソウルは電力不足で停電してましたね。
あのとき、噴水ショーがあってよかったわ。今からは、ちょっと無理かもしれませんね。

噴水ショーが終わると、Uターンして帰るのですが、今度は韓国の女性シンガーのショーがありました。
歌はかなり上手かったです。
日本語と英語もかなり話せて、場を盛り上げてくれたので、帰りも全然退屈しませんでした。

9時30分頃にはロッテホテルに帰ってきました。
その日は、一人旅が疲れたのか、いままでの疲れが出たのか、バタンキューで10時には寝ました。
さすがの私も、3世代、しかも足の悪い高齢の母を連れての旅は、いつもより気づかれ、体力疲れをしたみたいです。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-09-20 00:00 | 韓国旅行(完全個人旅行) | Comments(4)

韓国旅行記  NO-8 「三清洞 北村一人旅」その2

北村一人旅、後半です。
この地図の真ん中よりちょっと右の上下に大きな道が喜会路です。
喜会路より右(東側)は「その1」で歩いたところです。
「その2」は喜会路から左(西側)を探索です。
d0137664_19172894.gif

yidoから南下して、トンミ薬局のところから路地に入ります(地図の黒い線は、間違ってます)
そのまま北上すればいいのですが、途中でインフォメーションのおねえちゃんに出会いました。
この人たちは、日本語が流暢。っていうか、日本人だと思う・・・
「今、ここにいらっしゃいます。ここにスーパーがありますから、ここから上に上がるときに上を見ると、昔の伝統家屋がずらりと並び、昔の風景です。また、上まで登りきったら振り返ってください。そうすると、伝統家屋の間から今のソウルの高層ビルが見え、伝統と近代の融合ソウルが楽しめます」
なるほど。
説明してもらったので、楽しみ方が明確になりました。
地図で黒い線が交差しているところにスーパーがあるという話ですが
「へぇ~、こんな北村にスーパーがあるん? びっくりだわ」と思ってその場所に来ると、
d0137664_1943112.gif
このお店のことでした。
これは「スーパー」じゃないじゃん。「お店」じゃん。
しかも、レトロというほど古くなく、超中途半端な古さじゃん。
まあ、人が住んでるんだから、仕方ないね。

さて、気をとりなおして歩くと、確かに伝統家屋が。
d0137664_19453519.gif

d0137664_19455122.gif

そして、登りきって振り返ると
d0137664_19464125.gif

インフォメーションのおねえちゃん、ありがとうね。

そして、ドラマのとおり家の前に駐車OK
d0137664_19481388.gif

伝統家屋といえども、セキュリティはしっかりしないといけないので、門には新型の鍵も。
d0137664_19494362.gif


散策しながら伝統茶屋「チャマントゥル」へ
散策しながら気づいたんたけど、観光客の比率が、日本人20% 中国人40% 韓国人40%
以外に日本人が少ない。
チュソクのせいで、日本人の団体がいないのか・・・

さて、「チャマントゥル」到着。
d0137664_1954214.gif
ほんとは、このまま立ち去りたかったわ。なぜなら、さきほど「四季」で食べたカキ氷が意外に大きくて、おなかいっぱい。

が、しかし。
ここは根性、根性、ど根性。
せっかく立てた計画は実行せねば。

入りました。
伝統茶屋だけあって、板の間にお座り。そう、いすじゃないってこと。
で、日本人・中国人皆無。
韓国人のみ。しかも、若い。なおかつ、カップル多々。

日本人のおばちゃん、ちょっと異様。
でも本人が意識するほど誰も関心がない←あたりまえよね

満席状態で、残りの入口の近くのため、あまり外の景色は見えない。
でもね、机が石なんよ・・・  
d0137664_20335648.gif
半分は睡蓮鉢みたいなってて風情があっていいんだけど、足が下に入れられないから不便。
でも、きれいだから許そうと思って、他のテーブル見て愕然。
テーブルにある、風情のないポットでお湯が来る予感・・・
d0137664_20353281.gif
予感的中。
愛想のないポットがデーンと置かれる。
ちょっとショックかも。
そうこうすると、頼んだ「チャマントゥル茶・竹葉茶と花茶をブレンドしたこのお店オリジナル」8000W(640円)がきました。
これまたびっくり。
d0137664_2054731.gif

クロワッサンの本で見たときは、もっと大きいイメージだったのに、おもちゃみたいな大きさ(驚)
おなかいっぱいだから、ほんとは大きさはどうでもいいんだけど、イメージと違うからちょっと驚き。
すると、アジュマが入れ方の説明をしてくれる。
ポットがあるから何杯でも飲めますよ。とのこと。

確かに、韓国のお客は実に長居をしている。
私が帰るまで、誰1人帰らなく、ゆっくり。
こんなところに観光客は時間がないからあまり来ないのね。
ツアーでは絶対無理だから、今回個人旅行でよかったと実感。
ゆっくりとお茶を飲みながら、中庭を愛でていると
d0137664_20545061.gif


お茶と一緒に、念願の「カボチャの蒸し餅」6000W(480円)がきました。
おなかいっぱいと言いながら、なぜ頼むかって??

どんなのか、好奇心まんまんなので、つい頼みました。
時間のゆとりはたっぷりあるので。

目の前で蒸してくれると本に書いてあったので、それぞれのテーブルの上で「ちんまり」と蒸すのかと思ったら・・・
入店したときに、しっかりと目に機械が入りました。思ってたより、でかい!!!
d0137664_20455931.gif
10分くらいは時間かかったと思います。
d0137664_20463515.gif
でかい!!!
もう、勘弁して欲しいほどお腹はいっぱい。
でも、頼みたかった哀しい性。

餅なので非常にもちもちとしてますが、あまり味はありません。甘くも辛くもなく。
6分の一を食べるのがせいいっぱい
「ポジャン ヘジュセヨ」(持ち帰り用に包んでください)と言うと快くOK。
d0137664_2051264.gif
このようになりました。

チャマントゥルを出て、角を右に行ってすぐに「サムチョンドン・サルチプ」があります。
緑茶ホットックが美味しいそうです。
d0137664_21125657.gif

美味しいと言われても、おなかはパンパンです。
でも、どんなのか買わずにおれません。
「ホットック」は主人が好きそうなので、主人に食べさせようと思いつき、1個購入。
d0137664_21131474.gif

1000Wなんですが、なにせ帰りを急いでいる「おっちょこちょいの私」
お札を出して帰ろうとすると、アジュマが笑いながら大きな声で呼び止めるんよ。
なんと、10000W札ほ渡していたのね。
アジュマは何か言いながら笑って9000Wおつりをくれる。
知らない顔しておつりを渡さないという「アコギ」なことはしないのね。

アジュマ、ありがとうね。優しいね~

さて、おつり騒動もあったけど、すべて「買いたいものを買って、食べたいものを食べて、見たいものを見た」私は、すたこらさっさと地図を見ずに南下。
後で考えると、景福宮の横の閑静な石ただみを歩く予定だったのに、すたこらさっさと歩いてしまった。
三清洞通りは、日本人らしき観光客も増え、すごく観光地化されていて、あまり魅力を感じなかったのも歩く速度を速めた理由かも。

韓国俳優にしても、観光地にしても、やはり「青田買い」に限るね←おバカ

地下鉄を利用できる時間もあったんだけど、なにせ一人旅は肉体的にも精神的にも疲れた。
大きな通りに出たら、そこでタクシーを拾いました。
ソウルで初めての「1人タクシー」

しかも一般タクシーでしたが、なんの不安もなし。
「ロッテホテル エ カジュセヨ」だけだもんね。

最近のソウルは、あまりにんにくの匂いがしません。
どのタクシーもにんにくの匂いはしなかったのですが、今回の旅行中、唯一「ちょっと、なにかしら匂うタクシー」が、この1人で乗ったタクシーでした。

でも、「ぼったくり」も「大周り」もなく、ロッテホテルに到着。

カムサハムニダ~
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-09-19 00:02 | 韓国旅行(完全個人旅行) | Comments(6)