<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

三次探訪

久々に私の中・高校生時代をすごした広島県三次市に母と行ってきました。
広島県外の人には「そこ、どこ?」という感じですが、広島県の県北随一の町です(笑)
随一とはいえ、過疎の波が激しく人口3万人(小泉さん時代に合併したから、人口と広さが増えているかも)の小さな町です。

さっそく、三次ピオーネに行き、産地直産の「ピオーネ」を買いに行きました。今の時期は、まだ「ハウスもの」です。路地ものより、ちょっとお高い。でも、産地なのでデパート・スーパーより安価で新鮮です。
一箱2キロ入りで、4300円・5000円・7000円・9000円となっております。
こんなひろ~い畑で作られてます。
d0137664_19153399.gif

ハウスの中は
d0137664_1916577.gif


続いて、三次名物「淡雪饅頭」を買いに行って驚きました。
明治40年に地元三次町で創業した老舗の和菓子屋「渡辺精進(せいしん)堂」に「淡雪饅頭」が売ってあるのですが、なんとリューアルオープンしているのです。
和菓子のみならず洋菓子をおいてあることにはさほど驚かなかったのですが、広島銀行三次支店を改装して作られているのです。
d0137664_19242768.gif

概観は銀行の石造りをそのままに作ってあります。
d0137664_19251178.gif

入り口の植栽も私の好みです。
入り口の反対側(店内)からの様子です。
d0137664_19264266.gif

中全体を撮るのは少し難しいので、細切れになってます。
d0137664_19272550.gif

d0137664_19274368.gif

d0137664_1928112.gif

端の方に喫茶もあります。
d0137664_19282774.gif

d0137664_1929683.gif

古いお菓子の木型・看板もうまくディスプレイに生かしてあります。
d0137664_19292723.gif

d0137664_19294327.gif

なかなかのセンスに、三次の片田舎にもがんばってるお店があるのが嬉しくなりました。母のご贔屓の「淡雪饅頭」は店頭に出てなくて、あまり注目されてないのが残念。この「淡雪饅頭」は母がいつも他の地域の方への「おみやげ」にしてます。今でもこの「淡雪饅頭」をあげると、たいていのかたがたが喜ばれるんですよ。原材料価格の高騰和菓子店は経営が苦しい中で、生き残るためには時代に合った動きをするためにこのように変貌されたようです。私的には、銀行の重々しい雰囲気を生かしてとても好きな店構えと店内のディスプレィで嬉しいのですが、「淡雪饅頭ガンバレ!!! あなたは充分美味よ」ということも強く言いたいものです。

三次の本通りはふるびていくばかりではいけないと、いろいろ町おこしをされているみたいです。
この「風季舎」の前に、こんな美容院がありました。
d0137664_19363760.gif


ほかにも、こんな取り組みをされてるので見てくださいね。みよし本通り商店街
[PR]
by mtanpopo2 | 2008-07-30 19:39 | 国内旅行

映画 「奇跡のシンフォニー」  ☆☆☆半

久々に一人で映画に行ってきました。急遽時間が空き行くことにしたので、何を観るか困りました。「ジュノ」「西の魔女が死んだ」を観たかつたのですが、広島のミニシアターは金曜日がレディースディなのであきらめ、「奇跡のシンフォニー」か「ザ・マジックアワー」に絞りました。「ザ・マジックアワー」のような何も考えずに笑い転げるのも一案でしたが、邦画にお金を出す気がおこらないんですよね←いけんよね~
と言うわけで奇跡のシンフォニーをセレクト。この映画、朝の「とくだね!」の佐々木アナが絶賛していたような・・・  記憶が定かでは、ありませんが。

感想としては、わりとよかったです。
「リトルダンサー」あたりがお好きな映画ファンにはぴったりです。
私も当然「リトルタ゜ンサー」大好き派です。
「奇跡のシンフォニー」も感動とはいきませんが、心温まるお話です。

映画特有の「それは、ないだろう~」というところが満載の映画ではありますが(笑)
でも、わたくし全然許せます、OKです。うっかり涙すら出そうになりました。

主役のフレディくんはもう16才なんですね。11才の役してますけどね。
関係ないけど、少年つながりでハーレイ・オスメントくんを思い出しました。最近見ないと思ったら、もう20才なんですね。びっくり。

音楽がテーマなだけに音楽てんこもりなんだけど、なかなかよかった。
で、エンドロールを見ると、音楽が好みのはずですご贔屓の「ハンス・ジマー」でした。

「何かを信じ続ける」ということの大切さを思い出させてくれました。
ケリーラッセル、どこかで見た顔だと思ったら、つい最近観た「ウェイトレス~おいしい人生のつくり方」の主役でしたね。
ジャナサン・リース・マイヤーズも、「どこかで観た~」と悩んだけど「マッチポイント」だったのね。あの時はそんなにイケメンって思わなかったけど、今回は役どころが良いせいか、渋いイケメンに見えたな~
久々にラブストーリー部分も浸って観てしまいました。あはっ!!!

フレディくんとジョナサンの路上でのセッションがあるんだけど、これがいい。
二人とも音楽に対する情熱と技術か゜ある設定でのシーンだから、すごい迫力。
「実力があるとこうも楽しく音楽を感じられるんだな~」と羨ましく感じました。

世の中、いやなことが多いからこそ、こんな心温まる映画はいかがですか?
[PR]
by mtanpopo2 | 2008-07-02 22:58 | 映画