<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「いきいきサロン」押し絵

以前に、地域ボランティア活動「東2丁目いきいきサロン」で「押し絵」をすることになり、ボランティア仲間の家で教えていただいた日記を書いたことがありますよね。

24日の月曜日に、サロンで65才以上のお年寄りと、子育て支援の若いママ&ちびっ子たちで「押し絵」を作りました。
「押し花」や材料はプロに近いボランティア仲間が揃えてくださったので、グレードが高かったです。
みんな「押し花」のきれいさに圧倒され、気持ちがワクワクしました。

で、全員素晴らしい作品ができましたが、一部紹介しますね。
d0137664_22185932.gif

これは、81才の一人暮らしの方の作品。
左上に飛んでいるのは「蝶」です。
当然「押し花」でそれを表現されてます。
お若い感性ですね。
d0137664_22191215.gif
男性も、今回はのりのりでした。
これは、推定70代前半の町内会長の作品です。
なかなか、きれいに出来てますよね。
d0137664_22194878.gif
この二つも男性の作品です。けっこう、お花を選んで楽しそうでしたよ
d0137664_22202880.gif
これは、若いママの作品です。
驚くことに、2才・3才の子供を脇に携えて、なおかつお年寄りの三分の一くらいの時間で、サクッと作られました。
さすが、若い。
目もいい、手もふるえない、決断が早い、手先が器用。
d0137664_222186.gif
これは、会長の奥様の作品。
個性的です。
本人曰く「この作品が一番いいわ~♪」と自画自賛でした。
でも、これって大切です。
自分の作品を誉めれるってことは、気に入ったのが出来たというひとです。
他との比較でなく、自分の作品を愛することって、なかなか難しいものです。この方は、幸せな毎日をすごされてる方だと感じましたよ。

他の人たちの作品も、ほんときれいでした。
「また、やりたいね」と皆様大盛況でしたが、
次回は無理無理。

だって、今回はボランティア仲間の方の準備で出来ましたが、けっこう大変だったと思います。
まず「押し花」を作るのが難しい。大変。
道具もプロ仕様ですから、いつもいつも安易に借りれません。

でも、一度でもこんな素敵な「押し花絵」を体験することが出来たのは、やはりみなさん嬉しかったようです。
企画した甲斐がありました。
ボランティアは疲れたけどね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-08-26 22:16 | ボランティア | Comments(0)

青花ほうずき

皆様、お盆をご家族とおすごしでしょうね。
我が家は、主人の実家には主人が長い休みがとれないので行かず、息子は仕事が忙しいので20日過ぎにしか帰らず、娘夫婦は旦那の実家と島根に旅行に行き、静かなお盆です。
でも、父のお墓まいりに父の兄弟が昨日・今日と来てくれました。
みんな遠いのに、律儀です。感心します。

ところで、今年の6月くらいに苗を購入した花ですが、夏になって大きくなりました。
しかし、「茄子」か何かの野菜の苗に見えるくらい、葉が多く、花が少ない地味な園芸種ですね。
d0137664_20534831.gif
予想以上に横に張り出してくるから、ちょっと通行の邪魔・・・
d0137664_20561063.gif
花は可愛いけど、なにせ葉が大きくて幅をきかせてるのよね~
d0137664_20581083.gif
ほうずきに見えますか?
この袋の中の種をとっておいて、来年植えるといいのね。
でも、ちゃんと育つかしら・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-08-14 20:52 | ガーデニング | Comments(0)

石見銀山

主人と二人、急に思いたって、島根・鳥取旅行をしてきました。

ことのおこりは「私は絵を教えている身なのに、足立美術館を未見だわ~」の一言からです。

「そうだ、足立美術館に行こう。それなら、一泊しよう。だったら、いろいろ見よう」ということになり、7月30日から8月1日の一泊二日の旅行となりました。
母は最近足が痛くてあまり歩けないので、今回はお留守番です。

「一泊するなら、世界遺産の石見銀山もみたい」と何気に私が言ったので、まずは高速浜田道を通って、石見銀山へGOGO。

ところて゜、この石見銀山ですが、どうも巷のうわさでは人気が悪い。
先回利用した阪急交通社の添乗員さん曰く「旅行で皆様にアンケートを書いていただきますが、ワースト1は石見銀山なんですよ」とのこと。

でも、ウォーキング仲間の美春さんが言うには「そんなに悪くないよ。私は良かったけどね」とのこと。

百聞は一見にしかず。
ことまず、世界遺産は行ける距離ならGOGOよ。

浜田市を通って、日本海岸に出ると、びっくり。
中国電力さん、日本海の風を気に入ってるみたいね~
風力発電のための風車が、ずら~り。
d0137664_22474845.gif

比べるものがないのでわかりにくいでしょうが、すんごく大きい風車なんですよ。
壮観です。

と、そうこうしているうちに石見銀山に到着。
ここは、実際に生活している世帯が400所帯くらいあるんですって。
で、世界遺産になってから、わいのわいのと人と車が殺到。
排気ガスや混雑で、そこに住んでいる人の生活に支障が出たり、環境破壊になってきたため、石見銀山一帯は交通規制があるんですよ。
で、まずは石見銀山世界遺産センターにある駐車場に車を停めます。
d0137664_22484576.gif
このセンターの中に、いろいろ説明してくださる方がいて、どこをどう見ていけばいいかわかります。
とても親切でしたよ。

ここから、エコバスで移動です。エコバスは写真を撮ったはずなのに、ない・・・

さて、大森というところで170円払い、下車です。
ここから「うわさの片道24キロ徒歩」です。
貸し自転車が500円、電動貸し自転車が700円。
でも、わたしたちは歩くのよね~   もったいないから(笑)
d0137664_22495195.gif
道すがら、風情のある建物を見れます。
d0137664_2250146.gif
こんなポストもあるんよね~
d0137664_22504775.gif
ここは、銀細工の工房です。
中に入って、何か買おうと思ったのですが、銀は黒くなって管理が難しいので、ずぼらな私はあきらめました。
素敵だな~と思うものは、2万円とか3万円もするんですよ。
d0137664_2251196.gif
国指定史跡「石見銀山龍源寺間歩」の入り口。

間歩とは、坑道のことです。
この龍源寺間歩は、石見銀山では二番目に大きい間歩です。
正徳5年(1715年)から昭和18年(1943年)まで、228年間掘り続けられた間歩です。
入場料は一人400円
d0137664_22514437.gif
ここが入り口です。
ここまで歩いて40分くらいかかったので、汗びっしょり。
ところが、この入り口に来ると、信じられないくらい寒いんです。涼しいとかでなく、寒いんです。
びっくりするくらい寒いんですよ。
d0137664_22521291.gif
主道から、横に試削した道がたくさんあります。
これも横道です。
d0137664_22525160.gif
これは主道です。
坑道の高さは1.6mから2.1m、幅は0.9mから1.5m。
ノミで掘った後が湯治のままの状態で全体に残ってます。
ちなみに温度計があっので見たら15度でした。
夏でこの寒さですから、冬はどんなんだったんでしょう。
d0137664_22532272.gif
雑草ってすごいです。
試削の坑道に暗闇なのに、草が生えてます。

坑道が細くなっているところで、ストップです。
出口は後世に作られたものです。
大きな坑道ですが、一直線で勾配があり、ちょっときついです。
ですから、途中にこんな椅子がセットされてます。
d0137664_2254829.gif
さて、外に出ると暑い!!
見知らぬ子供さんが「暑いよ~、もう一度入りたいよ~」とお母さんに訴えてました。確かに。もう一度入りたいよね~
途中に小さい坑道入り口があり、いろいろ苦労して掘ってたんだな~
と、実感しました
d0137664_22544994.gif

d0137664_22552411.gif
帰りは遊歩道を通りました。左に川が流れ、実に気持ちのよい道でした。

下まで降りると、石見銀山の街並み散策です。
お店が並んでるので、私はわくわく、主人はしら~
d0137664_22563210.gif
入りませんでしたが、なかなか雰囲気のあるカフェ
d0137664_2257913.gif
なんてことない、街並みなんですけどね・・・
途中のお店で自分用の「布ぞうり」(1000円)を買いました。
絵のモデルとしてもいいのですが、帰宅して母に見せたら
欲しそうにするので、あげました。2足買えばよかったな~
今回お留守番させたので、肩身が狭いんですよ。
d0137664_2258675.gif
代官様のお屋敷です。
d0137664_2258278.gif
代官所跡です。
入場料がいるし、往復2時間ちかく歩いた後なので、二人とも入る気なし。
d0137664_22585192.gif
おトイレ目的で入った「石見銀山資料館」
しかし、ビデオなどを再生してみるとなかなか面白くて、二人で2本ほど見ちゃいました。
少しは石見銀山のことがわかった気がしましたよ。

さて、代官所跡からエコバスに乗って世界遺産センターへ。一人200円

次は足立美術館にGOGO。
しかし、これが「ていへんでぃ!!!」状態。
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-08-03 22:42 | 国内旅行 | Comments(0)