<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

韓国歴史ドラマに学ぶ

韓国ドラマ愛好会は、実に面白いですよ。
聞いてる人がいたら、呆れるくらいのミーハー全開、言いたい放題。
だけど、時々賢い話題も出るんですよ(笑)

歴史ものが好きな私は今回、ちょっと恥かしながら、みんなに聞いてみました。
「ねえ、韓国って儒教の精神が色濃く残っているって言うよね。儒教って、孔子がといた儒学のこと? だとしたら、孔子が生まれた中国では儒教が今それほど色濃くないよね。私が見たかぎりの映画の中で描かれている中国では、韓国ほどの儒教の匂いがしないんだけど・・・」

みんな「儒学と儒教は同じで、中国から生まれたとは思うけど、確信はない」という返事でした。

では、来月の愛好会のテーマは「儒教について」ということになりました。

私には、まだ疑問がありました。
「儒教」って宗教?
宗教ではない気がするんですが・・・
「儒教」って、仏教でいうお寺・キリスト教でいう教会、みたいなポジションはどこ?

韓国ドラマでは、儒教の精神にのっとって親孝行したり、目上の人を敬ってますが、お寺によく行きます。
だから、儒教は道徳観念であって宗教ではなく、お参りに行くところはないような気がするのですが・・・

で、調べてみました。ネットで(笑)
なかなかコンパクトにまとめるのが難しいですね。
間違っていたら、誰か訂正してくださいね。

・儒教(儒学)は、孔子が古来の敬天、天命思想を継承し、先王の道を尊び、周王朝の礼楽文化の復興を求めた古代思想です。

・解釈はいろいろあり、儒教は哲学が色濃いが、宗教とも言える要素もあるみたいです。現在の中国では、「社会思想」という位置づけのようです。

・孔子が戦国時代のごたごたの中で、仁義礼智信を大切にし、秩序のある社会を   作ろうと説きました。その中に、祖先の奉り方や、お葬式のやり方の決まり等もたくさんあって、中国では今でもその影響が残ってます。そういう意味では宗教かもしれません。
 
・ただ、儒教には「死後の世界」という概念がありませんし、平等な世界を目指す思想でもない(秩序=序列で、支配階級と被支配階級はハッキリ分かれてる)ので、救いを求めるという点では宗教とはいいがたいところがあります。

・お寺というか、孔子を祀っている「文廟」というものは中国各地にあります。日本だと「湯島聖堂」が一般的にも有名な文廟です。

・中国では「儒教は革命に対する反動である」として弾圧され、特に文化革命期には徹底弾圧されました。
でも、21世紀に入ると儒教は弾圧の対象から保護の対象となり再評価されつつあります。

ぼんやりと認識していたことが、ちょっとわかった気がします。
しかし、文化革命って、映画や本で読むと暗く陰惨なものですが、儒教すらも弾圧したとは、恐ろしいことですね。

でも、儒教の「平等な世界を目指さない。序列中心」というのも、ちょっと残念。
秩序を守る手段とてし王政の中で悪用した歴史もあるとか。

平和・平等・秩序とか複雑な問題なので一言で語れる問題ではありませんが、難しいですね。
歴史ものを見ていると「権力」の恐ろしいさを実感します。
儒教の精神も、使い方によっては「刀」にもなるんですよ。
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-10-31 15:42 | 韓国ドラマ愛好会

コラーゲン鍋 「蒸し庵 永遠希」

親というものは、大変です。
以前にも書きましたが、うっかり映画に誘われると夕食をご馳走するという大散散財。

「80歳 ホップステップ展」を見に行くついでに娘とランチをすることとなり「うっかり散財しないぞ~」と思ってたのですが・・・

「この間の満点ママの放送で゛コラーゲン鍋`の紹介してたお店がこの辺りなんよ」と娘。
「コラーゲン鍋」と言われると、つい食いついてしまった・・・
まあ、ランチだからこの間の夕食の二の舞にはならないと思って、さっそくそのお店に。

10月8日に紙屋町の第一生命ビルの地下にオープンした「蒸し庵 永遠希」でした。ランチはあるものの、なんと「エビフライなどフライ三種」がランチメニュー。
フライなんぞは家でも食べれる。
「コラーゲン鍋」か゜目当てなんでからと、メニューを見ると

「一人前2300円」ですって!!!
お友達のランチなら2300円でもOK。
しかし、娘と行くと2300x2=4600円
ひぇ~
プーの身としては、辛い。
4600円あれば、バーゲンで靴が買える。

しかし、娘が遠慮しつつも後ろのしっぽをパタパタふってる。
しかも「もし、なんなら1000円くらい出そうか?」なんて言ってくる。
コラーゲンに魅力もあるし・・・

というわけで、食べてきました。
ここは野菜もかなりこだわっているそうです。
まずは、サラダが出てきました
d0137664_19121522.gif
生の山芋はいいとして、生のとうもろこしは初めての経験。
d0137664_19124122.gif
電磁調理器の上に、たっぷりのコラーゲンを入れた鍋がおかれます。豚の拳骨を48時間煮出してつくる西日本初のプルンプルンのコラーゲンだそうです。
d0137664_1913680.gif
加熱すると、このように解けてます。これにも野菜などを入れるわけです
d0137664_19134197.gif
二人前です。
「お肉はサービスで出しますので、ご入用でしたらお知らせください」とのこと。
けっこうたっぷりあったので、おかわりはしませんでした。
だって、太るもの・・・
d0137664_1914423.gif
デザートです。
左側の器の中に「自家製水羊羹」が入ってました。
かなり満腹しました。
そうそう、デザートの前に鍋の残りで「雑炊」にしてくれます。
しっかりすべてのコラーゲンを吸収しました。

「明日はお肌すべすべかしら」と娘が言っておりましたが、私の肌は翌朝もさしたる変化はありませんでした(笑)
一食くらいの補給ではとても間に合わない角を10回くらい曲がった肌ですからね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-10-30 19:10 | グルメ

2009年3月 「マイガール」  全16話 ☆☆☆
イ・ダヘの魅力全開で面白い作品でした。
次世代アイドル「イ・ジュンギ」はふられちゃう役だけど、さすが次世代アイドルらしく魅力的に描かれてました。
イ・ジュンギのファンではありませんが、彼のオーラは理解できました。演技も上手いし色気もあります。さすがでした。
その割りに、主役のイ・ドンウクは残念ながら「どうよ???」でした。
確かに美形かもしれないけど、全然色気を感じない。
演技が下手。顔がいつも同じ(顔で演技しないとね~)
ベタなストーリーですが、私は好きでした。
作品の面白さとイ・ダヘの魅力で☆☆☆です(笑)
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-10-29 14:52 | 韓国ドラマ鑑賞記 マ行

2009年10月 「黄金の新婦」64話 ☆☆☆  
長かったけど面白かった。
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-10-29 14:45 | 庭の草花 ア行

80歳 ホップ、ステップ展

d0137664_17191710.gif
キミ子方式の仲間のお一人に、80歳の二川澤美さんがいらっしゃいます。
この方はじつにこつこつと毎日一枚は絵を描かれて楽しまれてるんです。

13年くらい前にキミ子先生の「キミ子方式in広島」という講座で二川さんと知り合いとなったのですが、どこの作品展にも足を運ばれ、丁寧に絵を鑑賞される熱心な方でした。

今回、広島の紙屋町のオフィス24という場所で、個人の作品展を開催されてます。
d0137664_17194960.gif
全体の展示はこんな感じです。
d0137664_17201742.gif
額に入ってると、どうしても蛍光灯の光が邪魔します。
せっかくの雄大な「大根」が見えにくいですね。
d0137664_17204955.gif
ペンでのスケッチです。
動物がテーマです。
d0137664_17211537.gif
沖縄(厳密には沖縄ではなく、沖縄の近くの島ですが、思い出せません)の海の絵がとても好きです。
写真中央の絵です。
海はとても根気がいりますが、できあがると実にいいですね。

80歳で、こんなに描けるのですから、元気を出さないとね。
今回の作品展で「誰でも描けるんですよ」「絵が苦手な人の描き方なんですよ」と説明すると「そんなわけないじやん。みんな絵心がある人なんでしょ」と言われました。
頑張って説明したのですが、なかなか理解しにくいようですね。

私の教師時代の恩師の元校長(美術の教員)さんが奥様と来てくださいました。
当然、元校長は絵が描ける方です。
「今回、家内を誘ったら、しぶしぶついて来たのですが、ココに来て家内の方がえらく感動してます」とのこと。

その奥様曰く「なんだか、ここの絵を見て説明を聞いてると私にも描けそうな気がしてきました。いままで、絵は主人のような人間しか描けないと思ってたのですが、私も描ける気がしてきて、ちょっと興奮です」

その元校長先生はボランティアで廿日市の近所の集会所で子供たちに絵や工作を教えてらっしゃるんです。
以前に「作品展で見たカボチャを作らせたいんですが、図書館に行ってもキミ子先生の本がなかったので、困ってます」と連絡があり、本を貸してさしあげたことがあります。

後日、作った子供たちと出来たかぼちゃの写真が本と一緒に送られてきました。

私が初めて非常勤講師とてし赴任した湯来中で、とてもお世話になった元校長です。人間的にとても素適な方だったので、不思議と今でも作品展にははがきを出してます。律儀な方ですから、遠くても来てくださいます。

そんな元校長先生もキミ子方式を使って子供たちに教えてくださっているのは、とても嬉しいことです。
教室をやっていると、いろんなことがありますが、続けていると嬉しいことも多々ありますね。

二川さんの地道な活動を見て、ちょっといろいろ考えてしまいました。
31日まで展示してありますので、紙屋町に行かれる用事がある方は足を運んでみてください。
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-10-28 17:18 | 個展・絵画展

作品展終わりました

怒涛のような4日間(搬入も入れて)でしたが、無事終了しました。
来ていただいた皆様、ありがとうございました。
遠くから足を運んでいただいた方々にも、感謝してます。

今朝、車から荷物を降ろしたものの、まだ片付けはできてません。
生徒さんが廿日市のギャラリー終了後激減したため(私の中でもあの作品展が本格的作品展としては最後のつもりでした)今回の作品展は迷ってました。
ギャラリーSORAの魅力でしようと思い立ったものの、経費的に無理かもしれないという不安がつきまとってました。
でも、生徒の皆様が描けるようになった昨今、生徒さんにできる私の仕事は「発表の場を作る」ということだと最近実感してますので、思い切って実行しました。

経費削減のため、はがき製作・ポスター製作・名札製作、とにかくすべてのことを私が製作するしかありませんでした。2ヶ月の間「毎日作品展の作業をひとつはしよう」を自分の中の合言葉ですごしてきました。
経費以外にも、搬入・搬出・当番という暗礁があります。
皆様、介護だったり、看護だったり、ご自分の体調の問題があったり、手伝いたくても出来ない状態というのを知っているからです。
無理は頼めませんが、私一人ではできません。
無理のないように調整して参加していただくというのも、なかなか難しいものです。
まあ、どんな作品展でも皆様大変な思いをされてるとは思いますが。
幸い、搬入・搬出・当番は生徒さんのおかけで、無事スムーズにできました。
ほんと、ありがとうございました。

今回は、私も介護・看護がないので、4日間フル稼動しました。
自分では気づいてなかったのですが、やはり4日間フル稼働というのは無理があったのかもしれません。昨日から現実逃避で、家のこともせず、ボーと韓国ドラマを鑑賞してます。この辺りが実に人間として、指導者として「器がちいせい」と自分に失望しながらも「こんな日もあってもいいと」自分に納得させてます。

さて、こんなおバカな自分に呆れながら、NHKの教育で流れていた「全盲・弱視の野球」のドキュメントを見てました(たまたま、その番組にあたりました)

「全盲・弱視」でできる野球があるなんて、全く知りませんでした。
全国大会にむけての番組構成でした。

弱視(ほとんとが見えない)の子たちは「自分のためなら野球をしてない。でも全盲の人たちの喜びの手助けができることが喜びです。この野球をして、ほんとによかった」と言ってました。
野球といっても、バレーボールのような球をころがしてバッドで打ちます。
全盲の人はボールの転がる音とチームメイトの声だけで判断して取ります。
全盲の人はゴロでもとると、アウトになります。
全盲・弱視の人の中には病気などで後天でなった人も多くいました。

見ていると胸が熱くなるほどの努力と忍耐と集中力です。
ちょっとしたことで悩んだり、悲しんだり、めげたりしている自分が恥かしくなるほどてす。

なんだか、後ろ向きになっている私にタイムリーにこの番組を見せた偶然の出来事に不思議さを感じながらも、その偶然に感謝です。

最後に、とり忘れていた列の写真を載せますね。
d0137664_17162449.gif

[PR]
by mtanpopo2 | 2009-10-26 17:14 | 個展・絵画展

一日目終了です

午前中も午後も、いろんな人に来ていただけました。
ほとんどが生徒さんか私の知り合いの方ですが、4人ほど通りかがり方が見てくださいました。ありがとうございます。

その中で、鳥取銀行に両替に来られて、表の「たまねぎ」の絵を見て来てくださった方が「習ってみたいんですが・・・」と言われ、今回のはがきで私の連絡先を教えてさしあげたついでに「ブログもしてますが、まあ絵に関係ないおバカなブログですので参考にはならないんですけどね」と言ってみました(笑)

夕方、再度その方が「絵をもう一度ゆっくり見させてください」と来られ、
「どうぞ、とうぞ、ごゆっくり」と嬉しかったので案内すると
「あれから、ブログを少し読ませていただきました」とのこと。

それからが大変。
絵の話より「韓国ドラマ」と映画の話に花が咲いてしまって。
なんだか初対面とは思えない盛り上がり。
すでに6時近かったので、身内しか人がいなかったので、言いたい放題。
最後に「絵はほんとに早く習いたいけど、仕事があるけどなんとか考えてみますね」とのこと。

キミ子方式もちゃんと理解してくださり、嬉しかったです。

さてさて、作品展の方はほとんとの方がこのギャラリーの素適さに拍手。
お茶していただいて、ゆっくり鑑賞していただきました。
このギャラリーで大成功でした。

で、またまた「ぽこちゃん」の画像を撮るのを忘れてました・・・
明日こそは、いろんな写真を撮りますね。

では、日課のドラマも見ないといけないし、明日の夕食の準備もありますので、ここらで失礼いたします(笑)
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-10-23 17:04 | 個展・絵画展

無事搬入が終了しました♪

いや~、生徒さんたちの働きがすごくて、思ったより早く3時間くらいで終了しました。
誠司くん、モンぽこさん、桃子さん、幸子さん、ありがとうね。

で、画像を処理してたら・・・
ごめんなさい。焦って撮ったから、モンぽこさんのポコちゃんの列の展示を撮り忘れてました。明日ちゃんと撮ってくるからね。
ひとまず、こんな感じ写真を載せておきます。
明日少し変更する部分も出てきましたけどね。
d0137664_171518.gif
d0137664_17117100.gif
d0137664_1714185.gif
d0137664_1715457.gif

d0137664_1721639.gif
なかなか全体像が写せませんが、是非来てみてくださいね。
お待ちしてま~す♪
では、明日また「ぽこ6才」といううさぎさんの絵たちの部分もちゃんと撮ってきますね。どの絵もとても素適ですよ。
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-10-22 16:58 | 個展・絵画展

明日は搬入です

作品展間近にせまりながら、毎日おバカな日記を書いてるので
「準備はできとるんかい!!!」と皆様にご心配をおかけしておりますが、大丈夫。
こう見えてもA型(A型に見えないという意見が多々ですが・・・)
2ヶ月前から「毎日一つは作品展の作業をする」という目標でこつこつやってたので、準備万端。

の、つもりでおりますが蓋を開けるとどうかしら・・・

今回はちょっと素適なギャラリーですし、お茶も飲めるので、すごく楽しみです。
見に来ていただく方にも楽しんでいただけると嬉しいのですが・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-10-21 16:56 | 個展・絵画展

私の頭の中の消しゴム

d0137664_20174646.jpg
wowow録画鑑賞
☆☆☆☆

この映画2005年の作品で、日本における韓国映画興行収入NO-1作品らしいです。
映画ファンなのに、何故にに私は見てないのか・・・

その当時「韓国ラブストーリー映画」には何故か拒否反応が・・・
韓国映画は見るくせに、ラブものはダメダメ光線が出てしまって・・・
たとえばぺ・ヨンジュンの「スキャンダル」(フランス映画のリメイクで、時代劇だったので興味津々)は見ても「四月の雪」は絶対お金を払う気がしない。という感じ。
その当時、韓国ドラマ好きの友からは「器が小さい。偏見に満ちとる」と、かなり石を投げられ状態。
どうしても、病気・不遇・悲恋に抵抗が・・・

そんな私も今や韓国ドラマ愛好家。
人生、何がどうなるかわからんものです。

で、愛好会で「韓国映画で好きなのは武士MUSA。これに出てるチョン・ウソンが好きだわ」と言うと、「それでは゛私の頭の中の消しゴム゛という映画を観て。チョン・ウソンがいいわよ」と助言される。
助言されて一週間もしないうちにWOWOWでチョン・ウソン特集。
当然「私の頭の中の消しゴム」も放映予定あり。

見ました~
☆四つです(笑)
おそらく、他の俳優だったら☆四つだったかどうか・・・
べたべたに甘くないチョン・ウソンだから☆3つ半です。
マニアックな話ですが、二枚目スター゛ソン・スンホン゛だったらあまりに甘くて☆二つくらいなっちゃうかも・・・
自分の目標に向かってクールに、マイペースに突き進んで行く姿が、男らしくてえがった~  

若年性アルツハイマーという重いテーマです。
しかし、やっぱ映画はええわ~
と感じさせる構成ですね。
音楽もグ~♪
音楽と映像だけの展開も、余韻を感じさせる画面もさすが映画。
やや展開が唐突で無理があるし、家族との葛藤が中途半端なだったり、二人を巡る周辺の人々の描き方が形式的だったりと、気になる部分も多々あるのですが。
無理だってあるさ。
「そんなことねぇだろう~」って突っ込みも入れたいけど、映画ですものそんなものです。

映画「武士MOSA」がまた見たくなりました。
しかし、2001年の「MUSA」でチャンウソンに惚れたけど、今韓国ドラマにはまってみると、あまりチョン・ウソンに人気がないのに驚く。
映画中心でドラマのオファーを断ってるそうだから、日本では知名度がないのかしら・・・
でも、「私の頭の中の消しゴム」はあんなに有名な映画なのにね~

またまたマニアックな話だけど「武士MUSA」を検索したら、チュ・ジンモ(ファッション70)が出ていることが発覚!!
イケメンなのに、その時は全くのノーマーク。
やっぱ演じている役で魅力が変わってきますね。
こうやって調べてくと、どんどん気がつかなかったことがわかって密かにニンマリ。
映画もドラマもこれだから、やめられまへん。

ところで、最近私の頭の中にも大きな消しゴムがあるみたいで、「あれはどこ? これはどこ?」という感じです。怖いわ・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-10-19 20:15 | 映画