<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

蓮池 薫さんの本

昨日、前向きな講座に誘ってくれた友は、その時同時に拉致被害者の蓮池薫さんの本を貸してくれました。

我が三次高校の同窓生の一部で、何故か数年前から韓国ドラマブームが広がってます。
発端は、全く韓国ドラマを見そうにないAくんでした。
「いやぁ~、今ボクははまっているものがあってね」とおもむろに韓国ドラマDVDを紹介するではありませんか。
「これが、うっかり見ると儒教の精神とかあって、なかなか良いんだよ」とのこと。
私たちより、一番驚いていたのは、アンチ韓国のBくん。
「まさか、自分の親友に韓国ドラマファンがいるとは。驚きであり、残念だ」とのこと。
その当時は他の同窓生も映画派だったので「ほんと、信じられんね」と同調。

しかし、昨今はそのAくんからもDVDを借りている私たち。
なんて、まあ変わり身の早いこと。

そんな、私たちの変貌を冷ややかに見ているBくんから、蓮池薫さんの「私が見た、韓国歴史ドラマの舞台と今」という本が回ってきました。

さすが蓮池さん知的な方なので、なかなか面白く書いてありました。
韓国ドラマブームについても客観的に推測されてますが「韓国と日本が似て非なる国と分析。もし、顔のつくりや皮膚の色がまったく違うアフリカ人やヨーロッパ人が日本人と違った風習や習慣を持っていたとしても、さほど不思議には思わない。ところが、一見日本人と区別がつかない、同じ姿形をした隣国の人が、日本と似た習慣や風習を持ちながら、どこか違っていたら、それがとても気になる。
しかし、このような他国文化への関心は、専門研究者でないかぎり、何かのきっかけなしには膨らまない。
その大きなきっかけの一つがドラマなのだ。

超納得です。
私はまさにそれで、蓮池さんととても感じ方、興味の持ち方が似ていて、一気にこの本を読んだんですよ。
この本は「太王四神記」と「朱蒙」を中心に歴史ドラマを深く掘りさけだものなんです。実に、面白く参考になりました。
「龍の涙」「ヨンゲソムン」「太王世宗」も見ているので、よりいっそう興味が持てた本でした。
ただ、私の知識と理解力に問題があり、わからないことも多々なんですけどね。

本を読むと、昨日講座を受けて、ちょっとお気楽な毎日を見直す姿勢になりつつあったのに、またぐーんと韓国歴史ドラマ興味津々になっちゃいました。
同じ友が両方私に提供してくれたのが、ちょっと面白かったです。

ところで、アンチ韓国ドラマ派のBくんの本なんで、貸してくれた友に
「ねえ、ねえ、Bくんってさ、アンチ韓国ドラマなんて言いながら、こんな本買っちゃうなんて、どういうこと。面白いね」とメールすると

「この本読んだら、少しは韓国歴史ドラマに興味が持てるかと思ったら、全然ちんぷんかんぷんで、興味が持てなかったって言うんよ。まあ、逆よね。歴史ドラマを見てかにこの本読まないと、難しいよね。
でも、こんな本買うということは、なんだかんだ言ってみんながワイワイ言ってるのが気になるんじゃろうね(笑)」

Bくん、意地でも「韓国歴史ドラマになんか、はまるもんか」って思ってるんだろうね。
今日あたり、本のお礼として感想を手紙に書いて送ろうと思ってます(笑)
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-11-30 15:44 | 韓国ドラマ愛好会

知っとく、納得、ツボ講座

高齢社会をよくする女性の会・広島の主催の「暮らしの中の助けあい・仕事づくりの巻」という講座を受講してきました。

友人が「高齢社会をよくする女性の会」という会に所属していて、私に合いそうな講座のときに声をかけてくれます。

今回は、私たちの知恵と工夫で身近に創り出せる「仕事づくり」についての講座です。安佐南区の団地で生まれた「暮らしの中の助けあい」のお話です。

現在は民家を使い、在宅での必要な家事サービスや移動支援サービス、ふれあいの居場所づくり、子育て支援などを会員登録制で活動中。
そもそも活動の発端は、ふと耳にした1994年11月のラジオ放送。
これが縁で大阪の堺まで足を運び主婦二人がつながり、翌年6月に所会合。
そこから「私たちに何かできることはないかしら」と集まった主婦たちが一人二万円を搬出。なんと一年で二百万円を集める快挙。

「ここまで生かしてもらったんだから、私の一日を使ってください」精神は今も健在。
ここ十年余りの体験を語ってくださいました。

文章にするとわかりにくいですが、介護保険が導入される前に「お年寄りのおたすけ事業」として、ボランティア精神の事業をされたわけです。
いまでは、介護保険の範囲の仕事も着手されてますが、根本は介護保険では頼めない「おたすけ事業」です。

具体的に言うと、「病院の送迎」は介護保険で適用ですが、「娯楽のための送迎」は介護保険が適用されず、実費なのでとても高いんです。
そんな「娯楽のため、たとえば美術館に行くとか、の送迎」を安価でしてまれるサービスなんです。
ちょっとした買い物を頼むとか、公的手続きを代理で頼むとか、家事を頼むとか、介護認定に関係なく安価で頼むことができれば、お年寄りはとても助かりますよね。

話し相手とか、相談相手とかもされるそうです。

簡単なようで、信頼関係がないと成立しないですが、でも自分も年をとって、近くに子供や親戚がない場合、とても助かりますよね。

十五年継続できているということは、事業として成立しているわけです。
最初は出資金を募ってされ、次に入会金システムに変え、いまでは、入会金無料でも成立するほどになってます。
お話してくださった、名雪君子さんはとてもしっかりされた誠実で情熱のある方でした。その方の情熱とボランティア精神と人間性がなくては持続できなかったと思います。

その名雪さんが言われるには、意外にも
「これは、打ち込む事業ではありません。常に脇の仕事としてとらえておくことが大切です」とのこと。
確かに、これで食べていこうなんて考えるのは無理です。
自分が「いままで生かしてもらった感謝を込めて、ボランティアの入った収入」くらに思っておかないとできませんね。

ある意味「生きがい」というか、「社会へのお返し」というか「今から老後ほ迎える自分にとって欲しいシステム」でもあります。

私もうちの団地の民生委員の方も
「これは、うちの団地にも欲しい」と思いました。
これから十年から十五年くらいは社会の恩がえしで、依頼される側となり
その先は依頼する側になりたい。
そのためにも、こんな「介護保険のすきまを埋める事業」が団地で成立した嬉しいな~と思いました。

立ち上げるのはなかなか難しいでしょうが、これから少しづつ相談していく予定です。最近、ラクな人生をすごしているので、ちょっと腰が重いのですが、自分たちの安心した老後のためにも何か考えていかないと思ってるんですよ。
おそらく、「いきいきサロン」のボランティアメンバーもそう思っている人が多いと思うんですよ。

主人曰く「韓国ドラマとネットマージャンの回数を減らせば時間は捻出できるはず」

確かにね~
でも、頭もぼけてきてるしね・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-11-29 21:58 | ボランティア

女性会 「しまなみ海道」旅行

11月12日に町内の女性会主催の旅行に行ってきました。
今年は「しまなみ海道」が10周年なので、この企画になったみたいです。
9月にも「いきいきサロン」でしまなみ海道を半分通ったのですが、今回は今治まで行くプランでした。

団地の旅行はなかなかメリットがあります。

①町内会から補助金が出るので、安い。
今回のも「タオル美術館」の入場料、昼食代も含め5000円でした。

②団地の中の数箇所から乗車下車なので、便利。
わざわざ駅とかにバスなどに乗って行かなくても、すぐ近くから乗れる。
しかも、どんなに重い荷物・たえばお土産で野菜とかを買っても、歩く距離が短いので便利。

というわけで、昨年から町内企画の旅行ははずせません。

8時20分に団地出発。
最初に着いたのは因島の万田酵素の工場。
なんで、万打酵素なのかはわからないけど、企画がそうだったので・・・
d0137664_222291.gif
これは模型ですが、これだけの野菜・果物を砕いて発酵させて作るそうです。
d0137664_222244100.gif

d0137664_22225751.gif
何年もかけて熟成させます。
万田酵素を使った肥料があるらしい。
で、その肥料を使うと野菜が元気に育つらしい。
d0137664_22233561.gif
大きさがわかるように、手をおいてみました。
これは、巨大ブロッコリーです、
d0137664_22235944.gif
これは、でかい!!!
大根です。携帯電話が手前に置いてあるから、大きさがわかりますね。

しかし、万田酵素は高いので、見学だけして、スルーしました

d0137664_22243785.gif
来島大橋を渡ったら、今治です。
来島大橋がちょっと小さいけど・・・
けっこう紅葉もきれいでした。
d0137664_22251076.gif
タオル美術館です。
けっこう観光客多いですよ。
今治から、かなり入った山側にあります
d0137664_22254779.gif
ここで、まずランチです。
中華料理でした。
あんかけ焼きそば、チャーハン、エビ餃子、春巻き、シュウマイ、肉まん、餃子、スープ、
デザートに杏仁豆腐まであり、けっこうなボリュームでしたよ。

さて、食事が終わると最上階5階にある美術館を見て、順次下に降りていきます。
タオルの階、四国のお土産の階など、まあまあ見ねところはあります
d0137664_22262595.gif
子供たちに買ったおみやげのタオルのひとつ。
もう一枚は写真を撮るのを忘れました。
このタオルはデザインより、手触りで決めました
d0137664_2227342.gif
恒例の「自分へのおしゃれなおみやげ」です。
スリッパです。
2965円もするので、普段の生活では絶対買いません。
しかし、何故か「おみやげ」と思うと買えるから不思議です。
これが掃き心地がよくて、びっくりです。
なんか、毎日幸せです。

よく考えると、今治って初めて行った場所でした。
タオル美術館は正直期待してなかったのですが、「まあまあ」でしたよ。
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-11-28 09:08 | 国内旅行

三井ホーム  スーパークラシックコンサート

隣のととろさんにチケットをいただいたので、行ってきました。

「世界のコロラトゥーラソプラノ サイ・イエングアン」の「ドラマティックなオペラリアの夕べ」

オペラには全く造詣が深くないので「寝たら、ごめんなさいね」とトトロさんにはことわっておきました。
が、演目を見てひと安心。

第一部 世界の名曲
映画「慕情」より*恋と素晴らしきもの*
映画「アマルフィ」の主題歌に起用された*タイム・トゥ・セイ・グッバイ
     *赤とんぼ*
*宵待草*
*落葉松*
*恋人よ*
     *愛する小鳥よ*

第二部 華麗なるオペラ・アリア
     オペラ「ロミオとジュリエット」より *私は夢に生きたい*
オペラ「ワリー」より *さよなら、故郷の家よ*
オペラ「アンナ・ボレーナ」より *もう安らぎをください、よこしまな夫婦よ*
オペラ「魔笛」より *そはかのひとは   花から花へ*

アンコール 
     オペラ「蝶々夫人」より  *わが息子よ*
*ある晴れた日に*

一部のラスト*愛する小鳥*がイエングァンさんの代表作らしく、実に見事でした。
コロラトゥーラソプラノの真骨頂がフルに発揮され、確かに素晴らしかったです。
ど素人の私でから、わかりましたもの。

しかし、不思議なことを発見。
一部の曲の方が聞きなれた曲なので、その方が良く聞こえると思っていたのですが、意外にもオペラの曲の方が私にはグッときました。
おそらく、オペラの楽曲の方がオペラ歌手の本領が発揮しやすい作りになっているからではないでしょうか?
感情移入されて、歌い上げるオペラの楽曲は「さすが~」という感じでした。

息子が帰ってくると前日電話があり悩みましたが、行ってよかったです。
やはり、本物はすごいですね。

ちなみに、息子の好物はコロッケです。
手作りコロッケと刺身を用意して、後は主人に託して出かけました。
主人は生まれて初めて、息子に熱々のコロッケを食べて欲しいという私の意向をくんで、コロッケを揚げました。
IHコンロなので、まあ安心ですが(笑)
たまたま休日だった主人は「おきのどくさま」でした。
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-11-18 15:30 | コンサート

新鮮野菜は嬉しい~   その5

しおちゃんから冬野菜が届きました。
d0137664_21522735.gif
いつも思うのですが、実家から送ってくる荷物を楽しみに開ける娘状態です。
何が入ってるのかな~と(笑)

今回は、春菊(大好きです)・水菜(好きです)・カボス・サトイモ(母が好きです)・いちじくジャム・栗の渋皮煮入りマドレーヌ・そして新米です。

新米なんて、超嬉しいです。
しおちゃんちの田んぼは人に貸しているそうですが、その田んぼでできたお米だそうです。さっそく、大阪から出張で帰っていた息子に食べさせました。
「美味しいね」ととても喜んでましたよ。

栗入りマドレーヌは、今日クラシックコンサート(後日日記に書きます)に持っていき、隣のトトロさんと食べました。
甘さおさえめで、ふんわり、しっとり焼き上がってましたよ。

やはり、手をかけて作ったものは、なんでも美味しいですね。
幸せな秋のひとときでした。
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-11-16 21:51 | 嬉しいプレゼント

紅葉

ひょんなことから素適な紅葉を見に行くことができました。
最初は、佐伯区となった湯来町くらいに紅葉を見に行く予定でしたが、安芸太田町?の聖湖の素晴らしい紅葉を見に行けたんですよ。
d0137664_22112123.gif
見頃としては、もう一週間くらい早いとよかったのでしょうが、それでも全然OKて゛す。
かなり落葉してましたが、落ち葉のカーペットも素適でした。

聖湖畔の「正直村」というカフェ&レストランに到着。
ここがなかなか雰囲気の良いところでした。
d0137664_22115797.gif
正直村は聖湖に面していて、下に降りると聖湖なんです。
d0137664_22122630.gif
上の写真で右にある点が「鴨」です。
餌場が正直村の下にあり、ちょうど食事を終えた鴨たちが泳ぎ始めてました。

正直村、なかなか凝った作りなのに、写真を撮り忘れてました。とほほ
かろうじて、手製の螺旋階段だけ撮ってました。
d0137664_22125764.gif
枕木とかずらで出来てます。

正直村のメニューは少ないんですよ。
d0137664_22132461.gif
カレーセット。1100円
右側のヨーグルトの器がなかなかレトロでした。
d0137664_221489.gif
チャパティセット。1200円
スープとチャパティです。
チャパティがどこの国の料理か聞けばよかった・・・
メキシコのタコスに似てます。
今調べたら、インドの料理でした。
ラム肉とキャベツとトマトが乗ってます。
半分に折って、タコスのように食べます。

さて、お腹もいっぱいになたので、聖湖をぐるりと回りました。
こんなきれいな場所を友達が教えてくれましたよ。
d0137664_22143666.gif
湖が鏡のように紅葉を映して、きれいですね。

帰りに戸河内の「大イチョウ」も見ました。
これまた見頃で、とても美しい
d0137664_2215570.gif
写真では、大きさがわからないですが、とっても大きいんですよ。

友達二人のおかけで、楽しい・美しい紅葉を堪能できました。
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-11-10 22:10 | 国内旅行

なんとか、頑張りました

kiyokoさんにも励ましのコメントいただいたので、さっそく今日直しました。
今日はさほど寒くなかったからね。
d0137664_2105762.gif
こんなふうにパッタリ倒れてました。トレリスの根元が折れてます。
d0137664_2113824.gif
左端の支柱の足元を見てください。違う木を地中に埋め込み、トレリスの支柱と針金でくっつけました。
写真では見えませんが、右足もそう修復しました。

でも、なんか弱ちっくて、またいつ倒壊するかわからないんですよ。
うちの団地は風が強いので有名。
台風被害は3度くらいひどいのにあってます。

さて、来年の春、どれくらいのクレマチスが咲くのか楽しみです。
ついでに7月に大根島で買ってきた「ぼたん」の苗も植えました。
お店のおばちゃんに「10月に植えなさい」と言われていたので、焦って植えたんですよ。どうなるのかしら・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2009-11-04 20:58 | ガーデニング