<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

思わぬ収穫

13名もの予約があり、従姉妹がSOSを出してきたので、皿洗いのために従姉妹のお店「八寸」に手伝いに行きました。

13名のお客様は、観音台のボランティアの方々でした。
佐伯区のお年寄りのお弁当サービスはすべて「まごころ弁当」、サロンは「サロン」というネーミングでうちの団地と全く同じ名称なんです。
そう、13名は「まごころ弁当」や「サロン」のボランティアの方々だったんです。

食後のコーヒーとデザートも終わり、私がお皿を洗っているとお客様のキャーキャーと楽しい声が・・・
なにやら、「からくり」を披露されたみたいなんです。

一人の方がその「からくり」をトイレに行って見てなかったと言われ「じゃ、もう一度してみるね」と持って来られた方が再演。
私もその時見させていただきました。

まぁ~、面白い!!!
食事のお運びをして親しくなっていたので「それ、いいですね。私もサロンのボランティアしているから作り方を教えてください」と言うと
「いいわよ。ひとつあげるから、これを見て作ったら出来るわよ」と一つくださいました。それが、これ
d0137664_21464042.gif
何かわからないですよね。ふふふ
この部品を10個くらい作って、箱に入れるんです。
うまく出来るかどうかわからないけど、チャレンジしてみます。
出来上がったら、完成したのを載せますね。

しかし、世の中って不思議ですよね。
たまたまお手伝いに行くと「ボランティアの新年会」で、しかも同じサロンに携わっている方々で、「からくり」まで披露されて、それをいただいたりして。

とってもラッキーでした。
今年からサロンでその月の誕生日の人のプチお祝いも取り入れようと思っていたので、これはとても役立つます。ふふふ
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-01-30 21:45 | ボランティア

真冬の庭

ちょっと暖かかったので、庭の掃除をしてみました。
枯葉も、いつの間にか風で飛んだのか、少なくなってて助かりました(笑)

さて、いろんな花・木が春の準備をしている中、今咲いてる花がいくつかありました。
d0137664_216984.gif
秋から春に咲き続ける「ユリオプスデージー」
d0137664_2164426.gif
先日、JAの朝市で買った「山すみれ」は花がついてました。
1株50円だっので3株買い、今日植えてみました。
我が家の「すみれ」は花どころか茎も葉も皆無。
でも、春にはちゃんと出てくるんですよ
d0137664_2172072.gif
「木立性のクリスマスローズ」今年もしっかり蕾がたくさんついてます。

秋に苗を買って植えてないので、今年の春は宿根の草花しか咲きません。
こぼれダネで増やす予定ですが、勿忘草以外はどうも「こぼれダネ」になってないようです。
勿忘草は見事に増えてます。
春が待ち遠しいですね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-01-29 21:03 | ガーデニング

2009年1月 「海神」 51話  ☆☆☆    「朱蒙」でソン・イルグクにはまり、ソン・イルグクつながりで鑑賞
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-01-29 14:18 | 庭の草花 ハ行

情熱のステップ

d0137664_2045127.jpg
DVD鑑賞  ☆半

DVDを貸してくださったチャン・ヒョクファンさん、ごめんなさい。
私的には「稀にみる駄作」でした。ごめんね。
感じ方は人それぞれということで、ここで書く悪評に目をつぶってくださいね。

チャン・ヒョクが悪いわけじゃあ、ありません。
監督が悪い←こんなに言いきっていいのかしら

で、監督を調べたら、二人いるのね。
ジョン・ラデルって人の情報は皆無。
マックス・マニックスという人はオーストラリア出身の映画監督・脚本家で黒澤清監督と一緒に仕事して脚本書いてる人でした。
まったく私は知らない人なんで、映画界のポジションはわかんないんですよ。

最近見た韓国映画
「映画は映画」はキム・ギドクの原案・製作
「ダンサーの純情」は「オールドボーイ」というハリウッドが権利を買うくらいの名作(私的には、ちょぃとエグくてあまり好きじゃなかったけど)の監督キム・ドンジュが製作総指揮

この二作を見て、韓国映画もなかなか面白いね~
と思っていた矢先の「情熱のステップ」
期待マンマン。
そして、がっかり。
やっぱり製作者がしっかりしている作品は光るものがあるんだな~
と一人で感じました。まあ、この感じ方が正しいかどうかは疑問ですが(笑)

さて「情熱のステップ」に戻りまして、とある田舎の子が小さいときに母に連れて行ってもらった「社交ダンス」のステージを見たことでにダンサーにあこがれ本で自主レッスン。やがて成人してお金を貯め、シンガポールの有名なダンサー養成所で実力ある素敵な女性の先生にめぐりあい・・・

ラブストーリーですが、きれいな先生をめぐって格闘家との対決なんかも出てきちゃいます。
チャン・ヒョクって格闘が趣味ですから、ダンスなんかより、よっぽと格闘のシーンの方が向いてます。格闘に疎い私は、画面の格闘がいかなるものか全くわかりませんが、「この主人公、いったいいつこんな格闘家と互角に戦える業を熟練したん??」と突っ込みをいれたくなるくらいの実力。
まあ、これはチャン・ヒョクファンへのサービスショットなんでしょうが、筋に無理があります。

チャン・ヒョクと相手の女性のロマンスに発展するまでの心理描写もぜんぜん説得力なし。
一番面白くないのは、全編にわたる「まったり感」
映画というのは、一時でも目を離すと展開がわからなくなるテンポの良さがあるはずですよね。それが、どのシーンも「これはドラマか?」と言いたくなるくらいの展開の遅さ、ワンシーンを引っ張り過ぎ。
10分くらいウトウトしてしまっても大丈夫。って感じです。
そりゃあ、映画だってたまにはそんなシーンもありますが、ことごとくそんなシーンばかりで飽きちゃいます。

極めつけは、主題がわからん。
確かに私の頭が悪くて主題がわからないのかもしれませんが、「何が言いたいん?」と監督にお聞きしたい。

しかも、見所のダンスシーンが皆無。
同じ韓国映画でも「ダンサーの純情」は特にラテン部門だってこともあるけど、圧巻のダンスシーンで大満足したのに・・・
音楽もすごく良かったのに・・・

言いたい放題で申し訳けないのですが、チャン・ヒョクが好きな俳優の一人であり、韓国通の望月美寿様もご推薦の俳優なだけに、この作品は残念だわ~
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-01-28 20:01 | 映画

再興 第94回 院展

以前に書きましたが、広島の老舗デパート「福屋」の友の会会員になってますと、いろんなお得があります。

①月に5000円コースに入ってますが、月に5000円12回を積み立てると、満期で    65000円の商品券をくれます。そう、年5000円ブラスです。
金額は、いろいろありますが、5000円コースが最低金額です。
プラスされる金額は一ヶ月金額です。ですから、10000円コースだと10000円プレゼント。

②車利用者はお得です。
 月の5000円を入金するだけで、4時間の駐車券をくれます。
 しかも2時間券2枚なので、ストックできます。
 そして、この金券を使って品物を買ったときも駐車券いただけます。

③福屋デパートのギャラリーで開催される会場のチケットをプレゼントしてくれま す。

今回も③でゲットした院展に行ってきました。
福屋デパートは、八丁堀店と駅前店があるのですが、両方で開催されており、両方で800円です。片方だと、500円です。
みんな友の会でもらってるのかと思ったら、ちゃんと入場券買っているご夫婦が何組かいらっしゃいました。

だから、とっても得した気分になりました。

平山郁夫の「文明の十字架を往くーアナトリア高原カッパドキアトルコー」という作品は駅前店に展示してあるので、八丁堀店に行った私は鑑賞することがて゜きませんでした。

全国から選ばれた力作ぞろい(だと思うのですが)でしたが、私が一番好きだったのは、<初入選> 池田早智さんの「Y氏の水槽」でした。

久々に絵を見ましたが、一人でふらりと気ままに絵を鑑賞するのも、楽しいですね
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-01-27 17:23 | 個展・絵画展

ダンサーの純情

d0137664_2071197.jpg
DVD鑑賞  ☆☆☆

立て続けに韓国映画で、ごめんなさいね
けっこう癖になります、韓国映画(笑)

この辺りになると、韓国ドラマファンでないとついていけない内容になっちゃって、申し訳けございません。

さて、「ダンサーの純情」というタイトルが物語るように、社交ダンスの映画です。
日本でも「SHALL WE DANCE」という映画がヒットしましたが、あちらはおじさんのダンス目覚め映画でしたが、こちらはピチピチの若者の話(笑)

映画はストーリー展開が丸わかりの単純なものですが、ダンスのレベルが高いのと、主人公2人が魅力的なので許せます(笑)
それとダンス好きの私にはたまらない映画。
音楽も良かった~
ダンス好きにはお薦めの映画です。

主役のムン・グニョンは「秋の童話」の演技で泣かされてから、ファンの私です。
実に上手い。彼女の演技で「秋の童話」が好きになったと言っても過言ではありません。ソン・へギョには泣かされませんでしたが、グニョンには涙・涙。

この「ダンサーの純情」のとき、女子高生(18才)のグニョンは、一日10時間にわたるダンス・トレーニングを半年間続け、足の爪がはがれたことも。
また、中国の朝鮮自治区出身者ということで北なまりの朝鮮語の特訓をし、中国語も3ヶ月レッスンしたとか。
ひぇ~
すごい努力家ね。
ダンスは、愛好会の仲間で社交ダンスをしている友が太鼓判を押すほどの上手さになってます。見ごたえありますよ。

相手役のパク・コニョンもなかなかいい味出してました。
コニョンは「風の国」という時代劇で先に認識していたため、クールなイメージしかなかったので今回のプロのダンサー役にびっくり。
コニョンって、ミュージカル俳優なんですって!!!
びっくり。
どうりでダンスも上手い。しぐさがかっこいい。
決して好みではないけど(笑)

残念ながら、コニョンとは踊っていないグニョンのダンス大会のシーンは大好き。
そこだけ、何度も見てしまったわ。グニョンのお相手はイマイチでしたが・・・
ラテンのダンスだけに音楽も好き。
で、何度も見ていて気づいたんだけど、回りで踊っているダンサーに裸に近いコスチュームなんだけど、ウエストのくびれのないややおばちゃんが入ってる人発見。
上手い人なんだろうけど、あまりのウエストの無さに笑っちゃいました。

エンドロールでグニョンちゃんとコニョンが踊っているシーンが流れます。
これも何度見たことか(笑)
で、何度も見ていてこれまた発見。
コニョンはけっこう必死の形相で余裕がないのに、グニョンちゃんは笑みを浮かべて余裕の表情。さすが、グニョンちやん。只者ではないわね(笑)
ついでに、エンドロールの素晴らしいダンスにかぶるのは、
Jessica Jay の ”Chilly Cha Cha”
この曲、大好きです。

ダンス映画は好きだわ~

内容はベタでありきたりですが、ダンス好き、ラブものお好きな方にはお薦めします。グニョンちゃんの役者魂を見せていただきました~♪
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-01-26 20:05 | 映画

ベトナムへGOGO

先日、新聞にHISの広告が出てたんですよ。

新春フェア「韓国29800円」というのを発見。
これは安い、とばかり韓国ドラマ愛好会の人と行こうとメールしていると、隣に座っていた主人が「ホーチミンに行こう」と言い出したのです。

「3月の韓国はまだ寒いぞ。3月のホーチミンは暖かいから、そっちへ行こう」とのこと。愛好会の人に詫びを入れて、ベトナム旅行が急遽決まりました。

問題は母です。
でも、最近は歌のお友達とか増えて、けっこう忘年会・新年会・誕生日会と楽しいことが増えて足が痛いものの、元気なんです。
だから、4日ぐらいは一人でも大丈夫だと判断。
おそるおそる「○○さん(主人)とベトナムに行こうということになったんだけど、いいかね?」聞くと、「まあ、行ってきんさい」との返事。
ラッキー!!!

ところで、なぜにベトナム???
と思われる人が多いでしょうね。
まず、日にち的に4日くらいしか今は行けないんですよ。
母のことを考えるとせいぜい4日です。
昨年の上海もその理由でセレクトしました。

で、4日くらいで行けるところでベトナムは最適なんです。ベトナムは以前から探してたんですが、大概カンボジアのアンコールワットとセットで7日間コースしかなかったんですよ。

今回単独でベトナムがあるから、ラッキー。
ベトナムはフランスの植民地だったので、映画で見るかぎりフランスの匂いが残っている部分を感じるんですよ。
ベトナム雑貨も興味深々です。
モンぽこさんと「いつかベトナムに行きたいよね」と話していて、ベトナムのテレビ番組も何度が見て、憧れを膨らませていました。

母のことを考えると、いつ介護が大変になるかわからないから、行けるときに行っておこうという話になったんですよ。
まあ、能天気といえば能天気なんですが・・・
d0137664_23125877.gif
さっそく本を買いました。
上海のときのように「どフリー」旅行なんで、ばっちり計画をたてないといけません
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-01-25 00:00 | ベトナム旅行(個人旅行)

カンナさん大成功です

d0137664_2093130.jpg
DVD鑑賞  ☆☆☆半

鈴木由美子の同名コミックを映画化し、韓国のアカデミー賞“大鐘賞”で最多12部門ノミネートを成し遂げたラブコメディー。

漫画が原作だから、ありえんほどの可笑しさ。
そして、ちょっぴりホロリ。

この作品も、映画館で上映されていた頃はまったく興味がなかったのですが、韓国ドラマ・映画通の「田代親代」さんもご推薦の「上質のコメディ」ということなので、安心して見れました。

なかなか良かったですよ。
カンナさんを演じているキム・アジュンはドラマ「海神」で知っていたけど、そのときの役が女性剣士なのでこんなにナイスバディとは知らなかった・・・
歌も吹き替えなしで、上手い。
169センチ95キロの特殊メイクもすごかったけど、整形後の48キロの抜群のスタイルもすごくて素敵。

相手役のチュ・ジンモは「ファッション'70」という暗いドラマのまじめな役しか知らなかったから、「あれまぁ~」って感じ。
好みではないけど、イケメンさんね。

展開も描写もベタだけど、無条件で笑えるから楽しい。
ラストのコンサートは質が高いな~と思って見ていたら、なんとプロの企画のもとで行われていて、本物のコンサートと同質の演出。

笑いあり、涙あり、本物へのこだわりあり、と上質のコメディでした。
カンナさんの歌声は吹き替えと思って見ていた私は、今からもう一度歌の部分を聴いてみようと思ってます。
それくらい、歌がうまい女優さんでしたよ。

上質のラブコメが見たい方には、お薦めです。
韓国映画のエンターティメントの高さにちょっと驚きました。
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-01-22 20:07 | 映画

映画は映画だ

d0137664_2012299.jpg
DVD鑑賞  ☆☆☆半

この映画は、昨年広島のミニシアター系の映画館「サロンシネマ」で上映されたのですが、男匂い映画だっので、パスしたんですよ。

韓国ドラマ愛好会仲間の人から借りて見たんですが、最近短くても20話(20時間)長いのになると163話(82時間)もある韓国ドラマを見ているせいか、2時間の映画なんてちょろい、ちょろい。
あっという間に終わってしまいました(笑)

韓国映画って俳優からすると映画の方がドラマよりステイタスが高いにもかかわらず、韓国ドラマが東南アジア・日本などに輸出して外貨を稼いでいるため高予算となり、映画はドラマより低予算になるんですよ。
日本ではその逆で、映画の質の方が高く評価されているため、映画の予算の方がドラマより高いんですって。

さて、映画の感想ですが、とても不思議な感想になります。
なぜなら、映画を見る前にメーキングDVDを二本も見てしまって、なんだか舞台裏を覗いてから見たもんだからリアリティに欠けてしまったんですよ。
ご丁寧に、主演ソ・ジソブとカン・ジファン両方のメーキングがあり、ばっちり見てしまうからいけないのよね~

さて、この「映画は映画」は鬼才キム・ギドクの原案・製作というのがとてもポイントらしい。映画ファンだったはずの私ですが、キム・ギドクと言われても全然ピンとこないんですよ。
そこで、キム・ギドクを検索。
ベネチア映画祭やベルリン映画祭で賞をとるタイプの芸術的作品を数多く製作してきた監督なんですね。日本で言えば「たけし」的存在ですかね。
癖のある映画が多くて、私が見たことがあるのは「春夏秋冬そして春」だけでした。
この「春夏秋冬そして春」の作品の良さ・主題はあまりわからなかった私です(恥)
この「春夏秋冬そして春」は叙情的であるにもかかわらず生臭さもあり、正直「何が言いたいのか、よくわからん」状態でした。

そんな、キム・ギドクが原案・製作で、ギドク作品の助監督だった新星チャン・フン監督作品です。
この作品、韓国の映画賞をかなり獲得しており、韓国ではかなりの評価らしいです。

で、私としては、ソ・ジソブ、カン・ジファン両方がお気に入り俳優となっているため、親心で見てしまって的確に判断できなくなってます。
面白かったといえば、面白かったような・・・。
ただ、ラストの「どちらがどちらかわからん、泥まみれの格闘をあんなに引っ張る必要があるのか」という疑問はありますけどね。

カン・ジファンファンの私ですが、あきらかにこの映画はソ・ジソブに食われてます。
元々、早くからブレイクしたのはソ・ジソブですが、なにせこの映画の中の「俳優になりたかった怖いヤクザ」というのがはまり役でした。
彼の静の性格が「あまり語らない、目て゜ものを言う怖いヤクザ」役にぴったり。

カン・ジファンもいい味出してますが、「恐るべしジソブ」でした。

正直、映画を見たというより、俳優2人の演技を見た感じの私です。
監督の主題は、まあわかりやすかったです。

ラストの2人の顔のアップのしめくくりは好きかも。
韓国ドラマ好きの方にも、お薦めします。
ドラマとはまた違った映画の魅力があります。

元々映画派の私は、今回20枚くらい韓国映画を貸していただいたので、映画派に戻りそうです(笑)

映画の「見る側に委ねる」部分が、やはり好きかも。
やっぱ、映画はいいな~
と感じる今日このごろです。
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-01-21 20:10 | 映画

「八寸」 1月のメニュー

美鈴が丘教室の皆様と「八寸」(従姉妹のお店)に行ってきました。
今月はお正月の月なので、それを意識したメニューでした。
d0137664_19424912.gif
きんかんの甘煮など、すべて手作りです。
d0137664_19431631.gif
サラダです。
かずのこ、ほたて、トマトが入り、自家製のドレッシング
d0137664_19434284.gif
ぶり大根
三種のきのこの赤だし
自家製請香物
d0137664_19443832.gif
デザートはスィートポテト
メニューを考えるのって大変ですよね。
まあ、お金をいただくお店なんですから、大変にのは当然ですけどね。

五日市の観音台にあります。
こちらに来られたら、ぜひ寄ってやってください。
2日前に予約していただかないといけないんですが・・・
浅漬けなどは予約にあわせて漬けるそうなんです。
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-01-20 19:41 | グルメ