<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ハロウィン

わたしたちの年代は、クリスマスは定着していても、ハロウィンは無縁です。

ボランティア仲間に子供会の方がいらっしゃいます。
わたしたちの町内のサロンには子供会の役員にも参加してもらってます。
その関係で今年、子供たちがボランティアの家を回るので、キャンディ1個でいいからプレゼントしてもらえないかと依頼がありました。
子供会の役員さんは若いので、わたしたちもいつもお世話になってます。

当然OKです。
楽しそうではありませんか。

最近小さい子とのふれあいがないので、さっそく頑張ってお店に行きました。
わが団地のフレスタは、若い人にけっこう狙いをつけているので、ハロウィン商品もあるんですよ。ちなみに、サンリブには全くハロウィン商品は皆無でした。
d0137664_1833698.gif
五人くらい来るというので、五個セットを作ってみました。
男の子用と女の子用とがあります。
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-10-31 18:02 | 年中行事 | Comments(0)

信州旅行

10月28日(木)・29日(金)
阪急旅行社 3万5000円
広島・新大阪間 新幹線  新大阪以後は観光貸切バス
諏訪湖「紅やホテル」宿泊
6食付き

生協のメンバー5人で行ってきました。
新幹線を使ったわりにはお安い値段設定に惹かれて行ったのですが、さすが安いだけあって、いろんな不満が出ましたが、かんがえてみるに、このお値段でこの旅行内容はまあ「満足」とも言えます。
私のわがままで1泊2日にしてもらったので、こんなコースしかなくて、みんなに迷惑をかけちゃいました。
1泊2日で信州だと、南信州になっちゃうので、見所が少なくなるんですよ。
ほかのメンバーは2泊できるのに、私につき合わせて申し訳けなかったです。

朝、6時で団地をメンバーのだんな様に送ってもらって出発。
7時5分の新幹線で新大阪へ。
まず、新幹線内で朝食が配られました。
d0137664_2195694.gif
左のゆで卵と果物は、なんとメンバーの1人が5人分用意してきてました。
いつもマメな方なんですが、朝忙しいのにみんなの分まで作ってきてくれるなんて、大感激。
新幹線を降りると、貸切バスにて岐阜の恵那峡へ。
しかし、神戸辺りから雨が降りだし、この日は終日雨。
d0137664_21103344.gif
恵那峡で、この遊覧船に乗船。
屋根も窓になっており、雨が降ってもOK。

次の森林フォーキングは、雨だったのと、時間的に5時前という条件で最悪でした。暗いので、ウォーキングは無理。
でも、ここまでの車からの木曽川の美しい河と大きな岩、紅葉のバランスがとてもよく、車窓からの眺めは抜群でした。
d0137664_2111067.gif
こんな感じにちょっと薄暗いんです。
「クマ注意」なんて看板もあるから、早々にバスに乗りました。
晴れていたら、かなりきれいな場所です。
さて、諏訪湖湖畔の「紅や」に宿泊。
d0137664_21114339.gif
夕食はこんな感じ。
お肉もあり、国産らしい小さく薄いマツタケがありましたが、
韓国・中国生まれのマツタケかも・・・
食事は値段の割によかったです。

29日は、ホテルを朝8時に出発。
5時杉に起きて、朝の温泉にはいりました。

朝9時に1665メートルの高ポッチ山にバスで到着。
霧がたちこめ、360度の眺めはゼロ。
しかも、すんごい寒さ。
まあ防寒はバッチリだったので、霧の中を最後まで歩いたんですけどね。
細い道なのに、大きな観光バスの運転手さんは上手に運転。
ちょっと怖かったけどね・・・
d0137664_21123488.gif
昼食は、信州そばと、その場で焼かれる五平餅。
なかなか美味しかったです。

次は、富士見台高原にてロープウェイに乗車
d0137664_21131562.gif
ロープウェイの中から登るときに撮った紅葉。
右真ん中のとお~い山は、南アルプス赤石山脈
d0137664_21134111.gif
ロープウェイの終点
「山頂駅」手前には、ガウラの白と赤い花がまだ咲いてました。
山頂にはさしてみるものもなく、ここはロープウェイからみる眺めが主だと判断。
即効下山して、信州名物「おやき」を食べることに決定。
d0137664_21142657.gif
降りるときのロープウェイからの風景。
写真では、美しさがわかりにくいですね。
横線は、ロープウェイの窓の傷です。
d0137664_21145979.gif
これが「おやき」の屋台です。
いろんなものが中に入ってますが、定番の「野沢菜」が入った「おやき」にしました。

d0137664_21153520.gif
さて、最後に恵那駅から明知鉄道に乗車。
なんで乗るかというと、記念となる切符が目的。
なんと、極楽駅というのが5つ目にあるんです。

この切符をゲットしたから「極楽」にいけるのかしら・・・
バスは、恵那駅から極楽駅に移動して待ってくれてました。
そして、なんのことはない、またバスで恵那駅方面に行きます。
そう、この切符のためだけにわざわざは往復するわけです。
ちょっとみんな、しら~

阪急さんが少しでもわたしたちのためを思って企画されたんでしょうが、文句の多いおばちゃんは「引き返すんなら、わざわざ乗らなくてもいいのに」なんて言ってましたが、おそらくこの切符をゲットしてなかったら「なんで、切符をゲットする企画にせんのん」と怒るでしょうね。

どっちに転んでも、文句を言うであろうおばちゃん軍団を相手にしているから、阪急さんも大変よね。

で、9時9分の新幹線に乗るのに、7時30分には新大阪駅に到着。
なんでこんなに早いかと言うと、ラッシュのときに御堂筋を走るから時間をたっぷりとっておかないといけんのんよ。

で、おばちゃんは「新大阪駅のどこで時間つぶすん」と密かに文句を言う。
困ったものです。

添乗員さん大変よね。
バスと電車と新幹線を併合する企画は、神経が磨り減るそうて゜す。
遅れると、ピンチ。早すぎとおばとちゃんたちのブーイングが大変。

というわけで、広島駅に10時47分に到着。
山陽本線を乗り継いで、西広島駅に。そこからタクシーで。
11時30分くらいに我が家に到着。

私は今回始めて泊まりがけの団体ツアーに出かけました。
いままでは、泊まりがけは全部個人旅行。
旅行会社に企画してもらって新幹線に乗ったり、自分たちで自家用車で行ったり。
だから、泊りがけの団体ツアーの良さと悪さを実感しました。

良いところは当然、安い。
新幹線を使って新大阪まで行って、まあまあの旅館に泊まってあの値段は格安。
自分で切符飼わなくてもいし、添乗員に言われるままに動けばいい。
ほんに、ラクちん。

悪いところは、バスを使うから時間がかかる。
決して見たくないところも見るしかない。
逆に見たいところも時間が短い。
食事も選べない。

で、メンバーの反省としては「お金につられて安いのにしたけど、人生は短い。同じ場所に二度と行かないんだから、もうちょっと値段の高い旅行にしよう」

来年も、行く気まんまんです♪
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-10-30 20:50 | 国内旅行 | Comments(0)

歯のお話

わたしたちのサロンには「子育て支援」のコーナーもあり、幼児とそのお母さんも参加されてます。
そのお母さんの1人に、歯科衛生士さんがいらっしゃいます。
今は育児で休まれてますが、その方のお父さんも歯科医なので、いろんなことにまだアンテナがあるみたいです。
その、元歯科衛生士さんから「ご年配の歯科指導をしたい」とうお話があり、お願いしました。

社団法人・日本歯科衛生士会から、そのお母さんも含めて3人の方がいらして、指導してくださいました。

まずは、歯の役割や大切さ。
次に、食べ物と汚れについて。

黒いオレオクッキーが用意されており、まずそれを試食。
次にテーブルにおいてある手鏡で自分の歯をみる。
当然「汚い!!!」
甘くてねちねちしたものは、歯にくっついて歯にこびりつきます。

次に、細切れの「きゅうり」を食べます。
また、手鏡を見る。
当然、ある程度は汚いけど、黒い部分がかなり除去されます。
繊維があり、しゃきしゃきしたものは、歯の汚れをとります。

歯磨きは当然ですが、日常でも食べる順序を工夫するだけでも、歯の汚れ具合が変わってくるそうです。

「入れ歯」の方も多いサロンですから、「入れ歯」についてのお話もあり。

「健口体操」「お口のリハビリ体操」「プクプクうがい」の話など、かなりタメになるお話。

「オレオクッキー」「きゅうり」「手鏡」、いろんな冊子ととともに、こんなモノもテーブルにありました。
d0137664_16414938.gif
はぶらし、歯磨き粉、歯ブラシ、フロス、歯磨きジェル

これらの使い方の実践もありました。




お勉強になって、いろんな体験させてもらって、こんなものまでいただいて。
かなり、お得な勉強会でした。

最後に質問コーナーもあり、皆様けっこう質問されてました。
「歯のはなし」というせいかどうかわかりませんが、いつもよりちょっと参加者が少なかったのが残念でしたが、ちゃんといろんなことに配慮したお勉強会だったので、とてもよかったですよ。

何かボランティアされてる方は、こんなのもあるので参考にしてください。
当然謝礼などはいりません。
あちらから、依頼があったのですが、定期的にこのような指導を歯科衛生師会はしなくてはいけないみたいでしたよ
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-10-26 16:39 | ボランティア | Comments(0)

秋の庭 その1

暑さが和らぐと、花が咲きます。
春ほどの華やかさはないものの、秋もなかなか素敵な花たちが咲いてます。

今年の玄関前の「秋の寄植え」は、かなり好評です。
まず、お隣のトトロさんご夫婦が「あの寄植えいいね」から始まって、昨日の韓国愛好会の加津子さんも絶賛してくれました。
d0137664_21374768.gif
一番背の高い、一見すすきに見えるのは「パープルファウンテングラス」
その下の左の赤い実・黒い実があるのが「とうがらし・ブラックパール」
その右の白い花が「アルテルナンセ・ポリノゴイデス」
その下の紫が「ユーパトリウム・チョコレート」
その左が「なでしこ」

この寄植えを作ったのは8月の終わり。
「パープルファウンテングラス」は背が低く、穂が出てませんでした。
「とうがらし」も黒い実だけでした。
「アルテルナンセ・ポリノゴイデス」はまだ白い花がなく、何色の花が咲くか不明でした。
一番下の「ユーパトリウム」もこんなに株が這ってませんでした。

この植物をチョイスしたのは、BSで「山田ケイのイングリッシュガーデン」を最近よく見ていたのが元です。
山田ケイくらいの人になると、かなり高度な組み合わせをされます。
それを毎週見ていると、大人の寄植えの感じがわかってきました。

己斐にあるガーデンスクウェアはいつも新しい品種が入ります。
そこで、この寄植えの材料を買いました。
手前味噌ではありますが、このチョイスをしたとき、レジのおねえちゃんが「素敵な組み合わせですね。上級のセレクトです」と褒めてくれました。
とても、嬉しかったです(笑)

写真を見るとわかりますが、レンガ・車輪・板など茶色系なので、ちょっと映えない部分もありますが、白い花ととうがらしが赤く色づいたので、なんとかポイントになってます。
葉の色も、緑・深緑・銅葉色があり、なかなか楽しいです。

ちなみに、夏の寄植えのなごりをお見せします。
d0137664_21382424.gif
花が少なくなった「白い日々草」
最近はタネを付け出したので、収穫してます。
右が「セージ」
左は名前を忘れました。

夏には、こんな白とブルーの寄植えが爽快感がありよかったのですが、やはり秋にはシックな色合いが合いますね。
この寄植えは、庭の地植えにします。
日々草はタネをとっているので、来年植えるつもりです。
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-10-21 21:35 | ガーデニング | Comments(0)

新鮮野菜は嬉しい~   その11

娘さんの手作りウェディングドレス製作で忙しいのに、小倉のしおちゃんから「秋の味覚」がとどきました。
d0137664_20235299.gif
「新米」で~す。
しおちゃんが作ってませんが、しおちゃんちの田で出来たお米だそうです。
さっそく今夜いただきました。
美味しい!!!
d0137664_20245033.gif
「初掘りの里芋」
明日、息子と娘夫婦が来るので豚汁をしようと思っていたので、ラッキー

「栗」
しおちゃんちの畑のすみにある栗の木が、ようやく実をつけるようになったんですって。
「かぼす」
これは近所の生協仲間にもおすそ分けしました。
明日、「さんま」のリクエストがあったので、さっそく使います。
d0137664_20254128.gif
「無花果」
母がとても好きなので、喜んでました。
しおちゃんが傷んでないか心配してましたが、大丈夫。
とてもきれいなままで届きましたよ。

ほかに、「栗の渋皮煮」「ラーメン」がありましたが、あわてて冷蔵庫に主人が入れていたので(私が不在の間に届いてました)写真を撮り忘れてます。

しおちゃんは冬野菜を植え付けしているそうです。
農業をしている人は「ぼけ」の確立が低いそうです。
自然と関わるここで、四季を感じれるし、モノを育てるのはとてもストレス解消となり、程度の運動にもなるかららしいです。

しおちゃん、元気な老後になると思いますよ。
私は今「洋裁ブーム」となり、家の中でチマチマしていて、腰痛になりそうです(笑)
洋裁もやりだすと、けっこう面白くて熱中しますね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-10-12 20:20 | 嬉しいプレゼント | Comments(0)

鞆の浦史跡めぐりとみろくの里 日帰り旅行

団地のサロンの旅行にボランティアとして参加してきました。
65才から85才のお年寄りとボランティア総勢167名。
バス4台で団地から出発。
この旅行のよさは、団地8時集合・6時解散という便利さ。
重たいお土産も大丈夫。
でもそんなに重たいお土産買わないけど(笑)

橋をかけるかどうかで論争している「鞆の浦」
まずは、いろは丸で仙酔島へ。
d0137664_20564243.gif
「いろは丸」
坂本龍馬と海援隊が乗っていた蒸気帆船

実際の船の三分の一の大きさで渡し船として作られてます。

お天気がよいので、海がキラキラ。
とても気持ちよい5分間(近い!!!)
d0137664_20571458.gif
仙酔島の国民宿舎1階「龍馬といろは丸展」が開催されてます。
d0137664_20573520.gif
入り口には龍馬の像がお出迎え。

中の展示に「龍馬のホログラム映像」があり、龍馬の写真を元に立体的龍馬が映し出されてます。
しかし、皆様「福山雅治とは似てもにつかんね。あまりええ男じゃないね」と好き放題の発言(笑)

仙酔島を後に鞆の浦に戻り、散策。
「鞆の浦」は「崖の上のポニョ」の舞台になったところです。
そう、宮崎駿監督がこの「鞆の浦」を見たとき、とても気に入ってここの民家に滞在して三ヶ月構想を練って作り上げた作品です。
d0137664_20581783.gif
この崖の上の民家を借りて、駿監督が住んでいたんです。

船着場から歩いてすぐ「龍馬談判の町家」に到着。
駿監督監修のもとモダンな町家に変身してます。
d0137664_20584574.gif

d0137664_20585787.gif
食べ物屋さんになってます
d0137664_20592136.gif
昔はとてもにぎやかだった「鞆の浦港」です。
雁木という石段があります
d0137664_20594987.gif
常夜燈」です。
今でいう灯台です。
d0137664_2102586.gif
「いろは丸展示館」
白と赤の旗は、海援隊の旗です。
二階には「龍馬の隠れ部屋」を再現してあります。
かなり不気味な人形で、福山雅治とはかなり・・・
散策1時間弱。
地元のボランティアガイドさんがいろいろ話してくださいましたが、すぐ忘れてしまって・・・

さて、お土産ですが・・・
【国立公園鞆の浦名産】
もち米を主原料とした甘口のお酒の中へ十六種類の植物性の薬味が溶け込んでおり、アルコール分は約14%のリキュール類薬味酒です。
薬味の成分がお酒の中に溶け込んでいますので吸収も早く、又、血液と共に身体のすみずみまで行き渡ります。寒い時期には体が温まり、又、夏の夏バテ防止に喜ばれています。

●原材料名:もち米・米麹・醸造アルコール・糖類・ハーブ抽出エキス
●エキス分:約35度
●アルコール:14度以上15度未満
●甘辛:甘口

各店が微妙に味が違うそうです。
ゆっくり見る時間がなかっのて、二店舗で購入。
d0137664_2113715.gif
「鞆酒造の保命酒」
店構えと瓶のデザインがモダンクラシックだったので購入
300ml 750円
d0137664_2121330.gif
「入江豊三郎本店の保命酒」
船着場店で購入。
ボランティアガイドさんお薦めのお店。
300ml 700円
養命酒に似た感じのお酒らしいですが、養命酒より歴史が古いそうです。

次に「みろくの里」でランチ
d0137664_2132852.gif
まあ、ごく普通のバス旅行でのお食事。
ビールが付いてるのが、サロンの旅行の特徴(笑)

「みろくの里」は、これと言って書くこともなく・・・

「鞆の浦」は「崖の上のポニョ」と橋問題と龍馬伝でかなり観光地化してますね。
「みろくの里」は「なんとか頑張ってやってるんだね」という感じ。

バスに車いす1台、計4台乗せていきましたが、どこも歩くところが多いので大活躍してました。一応ボランティア参加なので、あれこれ忙しくもありましたが、でもそれなりに楽しかったです。
宮崎駿フリークとしては、一度は「鞆の浦」に行ってみたかったのでラッキーでした。
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-10-09 20:55 | 国内旅行 | Comments(0)

久々の宮島

東京からのお客様というか、息子の彼女が遊びにきたので宮島に行ってきました。9月28日に行ったんですけどね。
前日雨だったので心配してましたが、当日は晴れたので安心しました。

母は「行きたいけど、みんなに迷惑がかかるからやめとくね」と前日まで言ってましたが、顔は「行きたい」とものがたっていたので、連れて行くことにしました。

ちょぅど一週間前にボランテイァ研修があり「車いすでの介助の仕方」を受講してたんですよ。実践でいろいろ教えていただいたし、公民館では車いすの無料レンタルがあるんです。

そこで、車いすを借りていきました。
町内会長か民生委員に申し出て、公民館で書類を書くと貸してもらえます。
最新の軽量車いすを借りれました。

母は昔の記憶で桟橋から鳥居までが遠いのを忘れているようです。
最初は「そんなものには乗らない」と行ってましたが、船ほ下りて10メートルも歩くとへばってました。

というわけで、車いすのおかけで宮島をゆっくり散策できたのですが、なにせ車いす介助で頭がいっぱいで写真を撮るのを忘れてました。
で、適当な写真がないので修正しまくりの写真です。

宮島の鳥居も回廊もなく、ごめんなさい。
「こんな車いす借りたんです」写真です(笑)
d0137664_20241657.gif

厳島神社では結婚式が行われてました。
雅楽がなって、おごそかな感じの式でした。

「穴子飯」もきっちりと食べましたよ。写真撮るの忘れたけど・・・
久しぶりに訪れた宮島は、なかなか楽しい一日でしたが、車いすなので行ける場所が限られるので早めに帰宅しちゃいました。
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-10-06 17:23 | 国内旅行 | Comments(0)