<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サイン

d0137664_195947.jpg

一昨年、このドラマ「サイン」の広島の県北でロケがあると新聞に載ったとき、韓国ドラマ愛好会のメンバーは一瞬ロケ地に見に行こうかと考えましたが、やはり「パク・シニャン」の吸引力は、ソ・ジソブ、コ・ス、ソン・スンホン、チャン・ヒョク、イ・ジュンギ、テギョン(愛好会メンバーのご贔屓を書いてみました)には及ばず、その話は頓挫。

さて、いよいよ日本にも「サイン」が上陸するみたいです。
一言でいえば『天才法医学者が“正義のメス”ですべてを暴く!』という内容らしく、
「2011大韓民国コンテンツアワード」の放送映像グランプリ分野で“大統領賞”を受賞したそうです。

「韓国版『CSI:科学捜査班』」と言われてるそうな…

平たく言うと、とても面白いドラマらしいです。
ゆる~い展開の韓国ドラマに飽き飽きしている方に、ぜひおすすめしたい作品らしいです。

パクシニャンって、若くもないし、イケメンでもないけど、演技力はすごい。
俳優として大好きな役者です。

ほんとはレンタルしてみればノーカットだし、早く見れるんだけど、ケチはわたくしはBSまで待っちゃうのよね~
だから、いったいいつになったら見れるのかしら・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-25 00:57 | 韓国ドラマ愛好会

美鈴が丘教室  2月作品

デジカメの調子が悪くて、写真がぼやけてます。
生徒の皆様、ごめんなさい。

今月は、「松ぼっくり」を描いてみました。

美春さんの「松ぼっくり」
d0137664_20271520.gif


桃子さんの「松ぼっくり」
d0137664_20273330.gif


幸子さんのは大きい松ぼっくりだったので、未完成。
来月までに描いてくるそうです。
幸子さんの「かぼちゃ」 1月の作品です。自宅で完成。
d0137664_20243767.gif


画像が悪くて、ほんとごめんなさい。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-24 17:18 | 絵の教室

紅茶パーティ  ~お客様をおもてなしする、紅茶の入れ方~

団地内の三井リ・ラクス主催の講座を受講しました。

広島市中区中町の「紅茶のお店linden」の沖野さんをお招きし、おいしい紅茶の入れ方の教室を開催します。「ムレスナ(MlesnA)社」のいろいろな紅茶を楽しみませんか?

と、パンフレットに書いてありました。

まずは、沖野さんがカップで1人分の紅茶のおいしい入れ方と、ポットを使って2・3人分の紅茶のおいしい入れ方を実践され、次に一人ひとり好きなフレーバーティを入れさせてもらいました。
d0137664_19425024.gif

沖野さんの前の棚にある赤い袋が紅茶です。
15種類あったのですが、この紅茶をほとんど使ってくださいました。

お店で出されている、スコーンとチョコレートケーキも今回食べさせてもらいました。
スコーンは、紅茶のシロップをかけて食べるのですが、市販のスコーンより柔らかくて美味しかったです。
チョコレートケーキは、バレンタイン用にお店で出されていたものです。
チョコレートケーキもかなり濃厚で、とても美味しかったですよ。
d0137664_1946481.gif


フレーバーティのパッケージは魅力的なものが多く買って帰りたかったのですが、なにせ我が家には「いただいた美味しい紅茶」がたくさん残っているので、
水出しでも美味しいという「RESTAURANT BLEND」の「ファイネスト・クォリティー アールグレイ」を買ってみました。京都に行くとき、水出しのアイスティを持っていこう思って。

なんにせよ、「目からうろこ」の紅茶の入れ方で、ある意味簡単に美味しい紅茶を入れることができるのが、わかりました。
ただ、やはり良い茶葉でないと「簡単でおいしい紅茶」は難しいのも事実。

いろいろお勉強しておきますので、我が家に美味しい紅茶を飲みに来てくださいな~
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-23 19:30 | 講演会・講習会

公民館で国際交流 「おいしく、楽しく世界を学ぼう」 ~韓国編~

韓国の食生活や文化などを、本場韓国のキムチ作りを通して学びましょう。

ということで、「白菜と大根のキムチ・トック・チヂミ」を作る講座を受講しました。
講師は、李菊枝先生。

いままで公民館で受講した中で、一番忙しい講座。
いままで公民館で受講した中で、一番厳しい講師。

笑ってしまうほどの、忙しさと厳しさでした。

説明の段階で「今日は、すごく大変です。口を動かしてもいいけど、手をしっかり動かしてください」と先制パンチ。

韓国ドラマで、「キムチ作りは大変だから、お姑さんがお嫁さんいびりで、お嫁さん1人にキムチ作りをさせる」という場面がよくあるのですが、納得。

1テーブル5人で、白菜キムチ半株と大根キムチ(カクテキ)を持って帰るためのキムチヤンニョム(白菜に入れるキムチの素みたいなもの)を作るために、1テーブルで2本の大根の千切り、2本のニンジンの千切り、白ネギ5本、韮一束を、とにかく切るんです。

初めて作るからわかんなくて、大根・ニンジンの千切りをしていると「こんなに大きく切ってどうするの! もっと小さく」と誰かが怒られる。
「話をちゃんと聞いて」とどこかからか先生の大きな声。

て゜も、気持ちわかるな~
教える身としては、後どれくらいしか時間がないから早くさせないと上手くできない。
という気持ちの表れなんよね。
生徒の方はべつにボーっとしている気はないんだけど、先生にしたらもっとしゃんとして欲しいんよね。
でも、生徒の方は初めてだから、わからんことばかりだしね。

さて、4テーブル20人のキムチヤンニョムの材料が、揃いました。
d0137664_16174359.gif

みんなの前で、先生がこれをこねます。
すんごい重労働。
韓国のオモニは大変だわ~
まあ、日本も昔は漬物はお母さんがみんな漬けてたのよね~

そういえば、私が小学生の頃、母はなんでも手作りしていて、キムチも漬けてました。
そのキムチがとても美味しかったんですよ。
今の私より、母はずっといろんな手作りをしてたんだな~
と、実感。

さて、下準備の白菜の塩漬けを李先生はちゃんと用意してくださってました。
1人、半株。

その白菜にキムチヤンニョムを一枚一枚の間に塗りつけていきます。
どのくらい入れていいものかわかんないから、適当になるよね~

すると李先生のまた大きな声が。
「ちゃんと丁寧にいれないと、全然美味しくないキムチが出来ますよ。もっと気持ちをこめて。美味しいものを作ろうという気持ちをこめてちょうだい」と。

あまりのみんなのひどさに「1人づつチェックしますよ。でないとせっかくのキムチがもったいない」
みたいに言われてる声を聞いて
「ありゃ、厳しいチェックは辛いわ」とばかりに、こそこそ見えないところに置いたりして(笑)
責任感の強い先生だから、美味しいキムチを持って帰らせないといけない、
と思っちゃったのね。
気持ちはありがたいんだけど、「ダメだし」ばかりされてみんな疲れちゃったから、こそこそしちゃぃました。

1人の若いグループの人が、密封容器を持ってこないで、買い物のビニール袋にキムチを入れてるとみて、李先生、大噴火。

「これでは、ただ臭い漬物という扱いではありませんか。ちゃんとした容器に入れてこそ、愛情たっぷりのキムチと言えるんです」と。
事前に20センチ四方の密封容器を持参するように書いてありましたからね。

李先生の愛国心というか、キムチに対する愛情の深さゆえの大噴火なんだけど、若い人はちょっとビビるよね~

さて、いろな材料をこんなに切ったりしながら、怒られながら、料理は進みます。

キムチは、3日後まで、おあす゜け。
冷蔵庫に入れて待つのみ。
d0137664_16322921.gif

密封容器のが白菜半株のキムチ。
左のビニールのが、カクテキ(大根のキムチ)
楽しみです。

その場で食べたのが「トック」と「海鮮チヂミ」です。
d0137664_1634723.gif


出来上がったら、李先生も嬉しそうな顔されてました。
これで参加費1000円は安いですね。

李先生は、韓国のアジュマそのものの、たくましさを感じましたが、わからないことを素直に聞くと、意外に優しく教えてくださいました。準備はさぞ大変だったと思います。

最後に残ったゴマ油を返しに行くと「こういう気持ちが大切です。これから地球は物資が少なくなる時代に突入します。今からモノを大切にして無駄にしない心がけが大切よ」と言われました。

自宅でキムチを作るのは「ちょぃと大変」なので、これを自宅で実践できるかどうかわかりませんが、3日後に食べて、すごく美味しくて、家族に評判だったらチャレンジするかもしれません。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-22 16:37 | 講演会・講習会

池坊 550年祭 いけばなの夜明け

ホップ・ステップ展を見に行った日に、ついでに見てきました。
ついで、というのは失礼なんですが、福屋デパートの友の会に入っているので、チケットをもらったんです。
当日券は500円もするのね。びっくり。

モンぽこさんと2人分もらったから、目の保養に行ってきました。

華道というものに全く造詣が深くないわたくし。
全くわかんないけど、「さすが~」という美の饗宴でした。

どれも、ほんと美しいバランス。
この写真は今年のではないんですが、こんな感じの作品ばかり。
d0137664_21271435.jpg

壁面の色とか、照明もすごく効果的に美しく演出してあり
「やっぱ、なんでも本物というのはすごい」
と、実感しました。

最近、あまり個展・作品展に行かなくなってきていることを反省。

ホップ・ステップ展・池坊展・杉谷先生の「ふくろう鑑賞」と、良い物ばかり目にして、年をとっても出歩いて良い物を鑑賞しないといけないと実感した一日でした。

■2月16日(木)~21日(火)
午前10時~午後7時30分
※17日・19日は午後6時まで、18日は午後8時まで、最終日21日は午後5時まで
■福屋八丁堀本店8階催場
■入場料
前売券=400円(税込)
当日券=500円(税込)

2012年は、いけばな池坊の開祖といわれる京都頂法寺(六角堂)の僧侶・池坊専慶(せんけい)が、花の名手として歴史上の文献『碧山日録(へきざんにちろく)』に登場してから、ちょうど550年という節目の年にあたります。日本最古の流派が継承し続ける心と技を、ぜひ会場で感じてください。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-20 14:00 | 個展・絵画展

「キミ子方式」を楽しむ3人の ホップ・ステップ展

16日木曜日に、モンぽこさんと見てきました。

なんと3人合わせて234歳。
平均しても78歳。
すご~い。

広島逓信病院のロビーでしたが、この場所は多くの人が見れる場所で、とても良かったです。
この日もたくさんの方が足を止めて鑑賞されてました。

デジカメをもっていったのですが、なんとバッテリー切れ。
しかたなく、携帯電話でとりましたが、画素数が小さくて、よくないですね。

d0137664_2116164.gif
d0137664_21162710.gif
d0137664_21163763.gif

ほんの一部です。

エネルギーをもらいました♪
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-19 21:17 | 個展・絵画展

京都旅行  計画その3

「辰」年にちなんで「雲龍図めぐり」を思いついたら、みんな同じことを考えるのね。
京都観光協会がこんな企画してました。

第46回 非公開文化財特別公開 ~秘められた京都の美をたずねて~

普段は見学できない庭園、建築、襖絵、仏像。
大河ドラマ「平清盛」放映記念として清盛ゆかりの地や、平成24年の干支「辰」にちなみ「龍」に会える寺院の文化財など、様々なジャンルから選りすぐられた文化財の数々が期間限定で特別公開されます。

期間 平成24年1月17日から3月18日


なんと、ラッキー
私たち夫婦は、3月13日から16日まで京都に滞在。

13箇所くらいあるんだけど、行きたいところばかり。

無い頭を絞って計画を練ってるんだけど、なにせ日にちは限られてるし、行きたいところは広域だし、取捨選択しないといけない。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-09 19:55 | 国内旅行

王妃 チャン・ノクス 宮廷の陰謀

そもそも「朱蒙古」から韓国ドラマに突入した私は、史劇好き。
頭がボケボケになっているので、歴史はあまり覚えられなくなっているけど、史劇好き。

さて、今日より「王妃 チャン・ノクス」が始まりました。

チャン・ノクスは、朝鮮王朝時代のドラマによく登場する人物。
朝鮮三大妖婦のひとりと言われる女性で、燕山君の側室でした。

朝鮮三大妖婦とは、チョン・ナンジョン、チャン・ノクス、チャン・ヒビン。

チョン・ナンジョンは「女人天下」チャン・ヒビンは「張禧嬪」で、すでに見ているわたくし。
韓国ドラマ「王妃チャンノクス」と同じ時代のドラマ「王と妃」「王と私」もすでに見ているわたくし。

というわけで、見ることにしたんだけど、始まっていきなり、びっくり。

「龍の涙」という朝鮮王朝の建国から4代王世宗まで描いたドラマのオープニングを見たとき、「このドラマ、ふるっ!」って思ったとき以上の衝撃。

もう、笑うしかない。
と言う感じの見たことのないオープンニングの古さと地味さ。

いやぁ~、まいった、まいった。

「まいった、まいった」と思いながら1話が終了したら、エンドロールも見たことのない古い演出。
音楽が、演歌の世界だぁ~

なんと、1995年製作のドラマやったわ。
画面暗いし、知った俳優いないし、この先ついていけるかしら・・・
52話あるらしい。
d0137664_22531059.jpg


そうやってみると、最近の史劇「朱蒙」「風の国」「善徳女王」「イサン」「トンイ」は実にお金をかけてきらびやかに演出あるよね~

この「王妃チャン・ノクス」は暴君燕山君と妖婦チャン・ノクスが主人公だからあまり心躍らないんだけど、韓国時代劇歴史大事典に「この時代を扱った作品は、燕山君の暴君ばかりを目立たせがちであるが、その周辺事情まで立ち入って丁寧に描いた作品」と書いてあるので、頑張ってみてみます。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-08 22:57 | 韓国ドラマ鑑賞記 ア行

京都旅行  計画その2

何気に京都の旅のためにネット検索していると、「寝た子を起こされた」状態となり、見たいところが明確になってきました。

「雲龍図」めぐりでございます。
おりしも今年は「辰年」(龍年)

どこでインプットされたのか「妙心寺」の雲龍図というのが頭の中に浮かび、検索してみました。

狩野探幽が55歳のとき、8年の歳月を要して描きあげたとされる。直径12mあり、龍の目は円相の中心に描かれるが、立つ位置、見る角度によって、龍の表情や動きが変化するように見え、通称「八方にらみの龍」という。重要文化財。

その検索ページは「臨済宗黄檗宗各派本山 雲龍図」というもので、15箇所のお寺が紹介してあるんです。
「妙心寺」狩野探幽
「建長寺」小泉淳作
「大徳寺」狩野探幽  鳴き龍
「天竜寺」加山又造
「建仁寺」小泉淳作
この4つは見たいと思ってるんですが、一般公開されてないものもあるらしいので、これから調べてみないといけません。

辰年に京都に行けるのも、とてもラッキーな気がします。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-07 00:48 | 国内旅行

いまさら「冬のソナタ」

d0137664_22155351.jpg

老舗の韓流ファンから怒られそうですが、最近あまり見るドラマがないので、うっかりちゃっかり「冬のソナタ」を見てます。しかも、吹き替え版・・・

何度か、時々見たこともあり、大概のストーリーは知ってるのですが、細部までキッチリ見るのは初めて。

韓国ドラマに慣れたせいか、生意気にも「冬ソナは見る気がしないな~」と映画ばかり見ていた頃の私とは違って、ドラマにすんなり入れるんです。
なんたる変貌。
すげぇ、いい加減な私。
ちゃっかりさんですね。

娘と「セットがちゃちじゃねぇ~」と暴言を吐いてた人とは、別人28号(ふるっ!)
「冬ソナファンの皆様、ごめんなさい」状態です。
なんても渦中にはいっちゃうと、別物に見えてくるんですねぇ~

さて、「冬ソナに関しては10年も前の作品ですから、ラストをばらしてもなんら関係ないので、ネタバレで語りますね。
ラストが切ないだけに、見続けてるとぺ・ヨンジュンが演じているイ・ミョン=カン・ジュンサンが可哀想になってきている今日このごろです。
最初は、夜11時ころにベッドから鑑賞していたのですが、回が進むごとに暗く切ない展開なので、そのまま寝るには暗い気持ちがしんどくなり、最近は明るい真昼間に鑑賞してます。

結局のところ、精神力の弱い私は、あまり辛いストーリーは苦手なんです。
途中がどんなに辛くても、ラストがハービーエンドならいいんだけど、冬ソナのラストは私的にはハッピーエンドとは言えなくてね~

ユン・ソクホ監督の感性は確かにすばらしくて画面も美しく音楽もいいんだけど、主人公に超感情移入しちゃって、切なくて哀しくて、なんだか可哀想に思えちゃって。

でも、不思議とヨン様ファンにはならないんよ。
なぜかねぇ~

ところで、うちの79才の母も何故か「冬のソナタ」を毎日見てるんよ。
母はリアルタイムで見るから朝の10時30分から見いてるようです。

で、感想を聞くと「なんで、あんなにチンタラしてるん? もっと、ちゃっちゃと展開すればいいのに」とのこと(笑)
母は韓国ドラマは見たことがないので、スローテンポにいらいらしているようです。

と言いながら、欠かさず見ているようです(笑)

しかも、ヨン様ファンが聞くと驚くような発言。
「ヨン様って、そんなにいい男とは思えんね。パク・ヨンハの方がいい男よ」
それは、ないだろうって聞くと
「あのちゃらちゃらした(茶髪でウェーブのあるちょい長い髪)髪型はおかしい。洋服も好きじゃない。パクヨンハの方が髪型もきちっとしているし、着ているものもすっきりしている」

なるほど、やっぱ年寄りの好みは今風より誠実なタイプなんじゃね。
私には、パクヨンハの良さが全くわかんないけど。

そんなこんなで、10年も前の大フィーバーしたドラマを今頃真剣に見ている「時代遅れの親子」は、わたしたちです。

ところで、「今、冬のソナタを見てるんよ」と韓国ドラマファンに言うと「完全版を見ないと意味がない。私が持っているから貸してあげるよ」と異口同音におっしゃいます。
完全版でないとカットしてあるし、そもそも挿入歌が著作権の関係で使われてないのが多々あるそうです。
確かに・・・
私もその方がいいと思うけど、また1から見る元気もなく、皆様にご丁寧にお断りしております。

皆様、ほんと「冬のソナタ」を愛してらっしゃるのね。
確かに音楽と画面の美しさと、王道の韓国ドラマであることは、よ~くわかりました。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-02-06 22:19 | 韓国ドラマ愛好会