<   2012年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2012年 日本水彩画展

毎年、福屋デパートで開催される「日本水彩画展」に行ってきました。

21日の最終日に行ったんですが、最終日だからなのかどうかわかりませんが、朝早くからかなり混雑してました。やはり、絵を趣味している方は多いんでしょうね。

私の絵の教室の美春さんと行ったんですが、それぞれ見たい絵も違うし、ゆっくり見たいので別々に鑑賞しました。

受賞している作品は、「さすが~」というものばかりでしたが、私が一番好きだった絵は、何も受賞はしてなかったのですが、とても好きでした。

マシュー・フィンという方の「鞆の浦」という作品です。
この方は、広島の会友の方です。

この作品展は、公募・会友・会員と表記されてますが、下記のような区別になるかと。
<公募>
絵を始めたばかりの人や、実績のない人らしい。入選、入賞した作品は陳列されます。
<会友>
公募出品して入選回数が10回以上になると、その実力が評価され「会友」の資格が得られます。
<会員>
公募、会友で出品し、特に優秀な作品には賞が与えられ、受賞得点数が規定に達しますと、「会員」に推挙されます。。

まあ、なんにせよ、いずれの作品も大きくて力作です。
毎年、その絵を絵葉書にしたものを来場者にプレゼントしてくれます。
d0137664_10201497.gif


10月1日(月)から5日(金)
「2012年 111人水彩画」というのが広島県立文化センター(入場無料)で開催されるらしい。
広島・山口の方の作品展とのこと。

興味ある方は、こちらもどうぞ。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-08-23 09:58 | 個展・絵画展

ポセイドン(포세이돈)  ☆☆☆

d0137664_1914068.jpg

全16話
演出 ユ・チョリョン、オ・サンウォン
脚本 チョ・ギュウォン

出演者
イ・ソンジェ(クォン・ジョンニュル)、チェ・シウォン(キム・ソヌ)、イ・シヨン(イ・スユン)、キル・ヨンウ(オ・ヨンガプ)チン・ヒギョン (ヒョン・ヘジョン)、ハン・ジョンス(オ・ミニョク)、チョン・ウンテク(イ・チュンシク)、カン・ウンチョル(チョン・ユノ)他

韓国初の海洋警察を舞台にしたドラマ、というのがうたい文句だったらしいのです。
13話くらいまでは、テンポもよく、先が読めない展開でなかなかなかなか面白かったのですが、15話くらいから「あっさり黒幕暴露」「ラストの説得力不足」で、テンションがさがっちゃいました。

あのおぞましい怖ろしい黒蛇会も、ラストでは、全然「迫力なし」状態。
黒蛇会の趣旨もいまいち、わかりにくい。
1人1人のバックボーンを詳細に描いてないので、説得力に欠けたんだと思います。
特に、“黒蛇会”のトップ チェ・ヒゴンを暴露したあと、何故そのような思想・行動に走ったのかが日本人の私にはいまいち理解できなくって・・・
わざとぼかしてあるのかもしれませんが・・・

最初の頃は、けっこう迫力があって面白そうだったのですが、終盤でスケールが小さくなり失速しちゃいましたね。

アメリカドラマの「24」をパクった感のある「アイリス」をパクったような、
「スケールを大きくしたいのだが、完成度がいまいち」という作品でした。
前半がなかなか面白かっただけに、終盤が残念。

チェ・シウォン、イ・シヨンのアクションシーンなどは、なかなかよかったんですけどね。

アクション捜査劇としてはまずまずなのかもしれませんが、今見ている「サイン」なと゜に比べると少し雑な作品でした。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-08-21 23:35 | 韓国ドラマ鑑賞記 ハ行

NPO法人「悠々自在」 拠点決定

「拠点があったら、いろいろ活動て゜きるのにね~」とみんなで切望して2年半。
遂に拠点ができそうです。

NPO法人「悠々自在」の代表者のKさんのご尽力により、団地内に借りることができたんです。

第1回話し合いを8月10日にその「拠点」となる家で開いたんです。
なんと、5年間空き家だったので、かなりお掃除が大変。
しかし、Kさんたちが「すごい状態の空き家」を、バルサンをたいたり片付けを少ししてくれていたんですよ。
「あの状態を見せたら、みんながやる気をなくすと思って」とのこと。
頭が下がりました。
最初の1歩は、さぞ大変だったと推測できます。

そんな、kさんたちの想いを無にしてはいけないので、メンバーで少しづつ掃除をすることに。

第1回目のおそうじは、8月14日、火曜日朝10時集合。お盆の真っ只中ではありますが、4名終結。

一番難関の「台所」から着手。
10時から1時まで汗だくでみんな頑張りました。
なにせ、そんなに若くないわたしたち。
「今日はこの辺にしておこう」ということで、ランチへGO

お盆のため、団地の飲食店は2店お休み。
そこで、開いてる中華料理店へ。
ここのお店の出前はなんどか頼んでますが、お店で食べるのは初めて。
わたくし「冷麺」を注文
d0137664_18403233.gif

950円と、お安くないお値段ですが、具がたっぷり。
美味しかった。

第2回目は、8月16日、木曜日朝9時に集合。メンバーは6人でしたが、KさんとYさんが外の木を切ったり。
そうこうすると、大家さんが来られて、わたしたちには判断できない大切なものを処理してくださいました。
この日も、1時には終了。
汗だくでした。

この日は、「ふるさと」という食堂で、日替わり定食を。
この「ふるさと」という食堂は、一度も行ったことがなく、みんな新鮮な気持ちになのました(笑)
この「とんかつ定食」が700円。
d0137664_18454953.gif


なんだかんだと言いながら、仕事もするけどよく遊ぶメンバー。
二回とも、食べるだけでなく、おしゃべりのお口もよく動いてました。

さて、「拠点」をどのように活用していくかが、今後の問題。
家賃も発生するし、水道光熱費もいるしね。

「楽しくすごせる空間」にしたいけど、何をするか、スタッフをどうするか。
その前に、拠点の名前も決めないといけないし。

23日に第2回話し合いに、全員「名前を1つ以上。活動内容を1つ以上かんがえてくる」という宿題を提出しないといけないんですよ。大変。

しかし、もっと大変なのは、出たゴミ捨て。
一週間、いろんなゴミ捨てに行ったけど、まだまだ片付けもゴミだしもあります。

まあ、問題は山積みではありますが、せさかく出来た「拠点」を上手く使えたらいいな~
と思っている今日このごろでございます。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-08-20 18:51 | ボランティア

韓国料理店 「COOK HAN」

竹島問題で、韓国に対して怒っている主人は「韓国ドラマを見るなんて、もってのほか」と、喚いております。
確かに、甘く見られた日本に香港・台湾の船が尖閣諸島にむかっているみたいですね。

そんな中、8月8日に福岡から「K-POP愛好家&韓国ドラマ愛好家」の友達がやってきました。
以前、この団地に住んでいたボランティア仲間です。
転勤族なんですが、ボランティアで2年間仲良くしていただきました。
その頃から彼女は「筋金入りの東方神起」の大ファンで、私に東方神起の魅力を語ってくれましたが、申し訳けないことにその頃は、全く興味なし。

韓国ドラマ「トキメキ成均館スキャンダル」で、東方神起のユチョンの演技に惚れたのが私のK-POPの始まり。という、東方神起つながりで、再会でございます。

いつもの「韓国ドラマ愛好会」のメンバーと、ランチに行きました。
「食べログ 韓国料理部門第1位のCOOK HAN」にしました。
全員行ったことがないお店なんですが、ちょっと期待。

クックハン(COOK HAN)
082-247-1773
住所 広島県広島市中区大手町3-1-7

交通手段 中電前駅から47m
駐車場はありません。近所に100円パーキングがたくさんあります。

営業時間 [月~金]
11:30~14:00
18:00~21:00

福岡の友達は「宮廷ビビンパ」
d0137664_2141316.gif

石焼ビビンパは土曜日にしかありません。残念。

加津子さんは「サムゲタン」
d0137664_21421712.gif

ソウルで「サムゲタン」を食べれなかった私は興味津々だっので、少しおすそ分けしていただきました。
残念なことに、肉があまり柔らかくないんです。
加津子さんが言われるには、韓国のサムゲタンは箸がいらないくらい、トロトロらしいです。
お味の方も、あまり薬膳の香りがしません。
なつめとか栗とか朝鮮ニンジンらしきものは入ってましたが・・・

他の三人は「冷麺」
d0137664_21445256.gif

韓国の冷麺は麺が長いので、持ってきたときにおばちゃんが了解を得てからはさみで切ってくれました。
「冷麺」はソウルの江南の焼肉専門店で美味しいのを食べたので食べ比べができる私。
ソウルのは、梨がはいってスープも美味しかったのですが、ここの冷麺はちょっと味が薄かった気がしました。

みんなで食べた「チヂミ」
d0137664_21471297.gif

これは美味しかったです。

デザートは「ヤクシク」
d0137664_21491375.gif

甘いもち米になつめと松の実と栗がちょっとだけ入ってます。
醤油味のような感じです。

“薬食(ヤクシク)”はもち米で作る韓国のおこわです。ヤクシクは「薬のご飯」と書いて “약밥(ヤクバブ)”とも言わます。文字通り「薬になるご飯」という意味で、栗・ナツメ・松の実など体に良いものがたくさん入っています。もち米の形をそのまま生かし、控えめの甘さと香ばしい味のコシの強いおこわです。

おばちゃん5人で、わいのわいのと食べました。
話すのが忙しくて、宮廷ビビンバのお味について聞くのを忘れてました。

最近、日韓の関係もかなり「ほんわか」していたのに、竹島問題で日本人の神経を逆なでしてしまった大統領。なかなか、難しい問題ですね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-08-13 21:55 | 韓国ドラマ愛好会

思いがけない、一等賞

5月から、「ボケ防止」のために、健康麻雀同好会に入部しました。
公民館で開催されているんですよ。
びっくり。

今、公民館活動では、「健康麻雀」ブームらしいです。

NPO法人「悠」に拠点ができそうなので、その拠点活動の一つに「健康麻雀」を取り入れたらと思ってるんですよ。
私の団地に、「ねんりんピック、健康麻雀の部」で全国優勝された方がいて、その方の友人が私の絵の生徒さんのお知り合い。
拠点ができたら、健康麻雀を取り入れたいと思って、その方を紹介してもらったら、いつのまにかその方の行かれている健康麻雀の同好会に入部となりました。

土曜日の午前中開催なので、絵の教室のある第二土曜日と、土曜朝市のある第四土曜日に行けないので、月二回しか参加て゛きないんですけどね。

公民館活動なので、月200円、半年払いで1200円の会費。
安いよね~

4日の土曜日に「5月から7月のトータル成績の表彰をします。ちなみに、女性部門1位・ブービー・8位(8月だから)男性部門の1位・ブービー・8位の6名です」と発表。

「では、女性部門の1位は〇〇さん」と、私が呼ばれたんですよ。
びっくり。
d0137664_11321157.gif

サンリブの商品券が入ってました。
ビキナーズラックですね。

ちなみに、この同好会は、大雨警報が発令された日も開催されました。
「みんな好きじゃけえ、この公民館が流されんかぎり開催されるよ」とのこと。

男性は、不健康麻雀(要するに普通の麻雀)経験者ばかり。
男性・女性関係なく、くじで卓が決まります。
凡そ60才から70才が中心ですね。

あまりイメージのよくない麻雀ですが、健康麻雀は「賭けない・飲まない・吸わない」という原則で、10年くらい前から都市部からブームになってます。
広島辺りでも、数年前からブームになっているようです。
健全な頭の体操であり、人とのつながりを持てるのが健康麻雀のブームの源のようです。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-08-13 00:00 | 嬉しいプレゼント

家庭菜園「ブルーベリー」

ボランティア仲間に、ガーデニングがとても上手なご夫婦がいます。
そこのお庭には「ブルーベリー」が栽培してあるんです。
今年はたくさん出来たらしく、みんなにおすそ分け。
d0137664_1119554.gif

見事ですよね。

「レモングラスさんは、目を患っているから、みんなより少し多めにしときました」とのこと。
ありがたいわ~

もちろん、無農薬です。
最近は、山鳥が食べにくるので、ネットをかけて守ってらしたのに、みんなおすそ分けされるなんて、太っ腹よね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-08-12 00:00 | 嬉しいプレゼント

家門の栄光 ☆☆☆☆半

d0137664_2241548.jpg

家門の栄光(가문의 영광)  ☆☆☆☆半   全54話
演出 パク・ヨンス
脚本 チョン・ジウ
出演者  パク・シフ(ガンソク)、ユン・ジュンヒ(ダナ)、シン・グ(マンギ)、チョン・ノミン(スヨン)、キム・ソンミン(テヨン)、シン・ダウン(ジナ)、マヤ(マルスン)他

韓国ドラマ愛好会のメンバーも絶賛。
「田代親代のどっぷり韓国ドラマ」の視聴者も、大絶賛。
のドラマ「家門の栄光」を見終わりました。

確かに、面白かった。
ファミリードラマではありますが、何組ものカップルのラブストーリーもあり、家族の絆や名家の伝統のあり方が作品のメインテーマ。

まず、魅力のひとつは、
名門「宗家」のひとつであるハ家の家長、ハ・マンギのセリフが、どれもこれも実に心に響くんですよ。
(宗家 とは、ある一族や一門の族譜(家系図)において、正嫡(嫡流)の家系のこと。本家。 )
たとえば
礼儀というものに今度はない・・・
礼儀というのは常に守るべきものだ
たとえ損を被ろうとも忘れてはならない
不利な立場に追われたとしても
人としての礼儀は守りなさい
自分を守るために相手を悪く言うのは
汚い行為であることを忘れるな
いつかは世間の人がわかってくれる日が来る
なぜ、言い訳せずに黙っていたかを


名門宗家が舞台となっているだけあって、ドラマの随所に韓国の伝統的な生活様式が登場するのも魅力
伝統を守り続ける登場人物たちの姿は、新鮮。
d0137664_22444775.gif

朝食は男女別々の部屋で食べたり、葬式を最低5日間は行うなど、今となっては貴重な生活習慣も随所に登場します。
d0137664_2243305.gif


全員、ある意味「波乱万丈」の人生なので、「そりゃあ、ないだろう」って突っ込み所満載ではありますが、まあ人生いろいろあるもんね。と納得して見ました。
「波乱万丈」でないと、ドラマとして成立しないものね←この辺り、かなり韓国ドラマの毒気におかされてます。

主人公のバク・シフは、ドラマの中で「いたち」と形容されているんですが、確かに「いたち」くんにそっくり。
いまをトキメク韓流若手スターなのに、「いたち」と劇中言われているのに驚きましたが「言いえて妙」と納得しちゃいました。
わたくし、パク・シフ殿は「好きでも嫌いでもない」というポジションです。
そんなポジションの彼が主役でも、全体のキャストが面白いのと、胸キュン要素もあるのと、韓国ドラマ定番の「いい加減にしてくれ」というほどのドロドロもなく、心温まるシーン・セリフが多いので、ばっちり「毎日の楽しみ」となっておりました。

私的には、ガンソク(パク・シフ)とダナ(ユン・ジョンヒ)の恋愛より、ハ家の長男スヨンとジナの恋愛の方が胸キュンて゛した、スヨン演じるチョン・ノミンは「おっさん」なんですが、不思議とこのカップルの恋愛の方がよかったわ~

54話は、長いドラマて゛はありますが、韓国ドラマに興味があり、私と同じく暇人の方にはお薦めです。
BS朝日のHPで、韓国ドラマランキングで第二位です。
なんと、「笑ってトンヘ」が第一位です!!! びっくり。
私的には、「家門の栄光」の方が絶対お薦めなんですが、やっぱ「人それぞれ」なんですねぇ~
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-08-11 00:00 | 韓国ドラマ鑑賞記 カ行

番外編 牧野植物園

録画していた「猫のしっぽカエルの手」をみたら、なんと高知県立牧野植物園をベニシアさんが訪問されてました。

実は、この牧野植物園には興味があったのですが、主人と娘夫婦は、ガーデニングにも絵にも全く興味がないので今回は断念した場所なんです。

1958年(昭和33年)に牧野富太郎の業績を記念する建物として、五台山に「県営牧野植物園」としてされた植物園です。
牧野 富太郎は、日本の植物学者。
「日本の植物学の父」といわれ、多数の新種を発見し命名も行った近代植物分類学の権威です。
その研究成果は50万点もの標本や観察記録、そして『牧野日本植物図鑑』に代表される多数の著作として残っています。小学校中退でありながら理学博士の学位も得て、生まれた日は「植物学の日」に制定されてます。

この、牧野富太郎先生の植物画は、実に精密で植物に対する愛情と研究熱心さが表れてます。
d0137664_23979.jpg


この放送を見て、植物園に入園しなかったのを、ちょっと後悔。
存在を知らなかったら、そんなに後悔しないんだけど、以前友達から、「「牧野富太郎植物画展」の冊子をもらって、知っていたのにもかかわらず行かなかったというのが、残念。
d0137664_231478.gif


もし、行かれることがあったら、植物園で販売されているらしい「百合羊羹」というのを買ってみてください。
百合羊羹に織り込まれている百合根は、百合と呼ばれる漢方として用いられてるんて゛すって。
精神を安定させ、疲労回復の作用があると言われてるんですっ。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-08-10 00:00 | ガーデニング

高知旅行 その8

「桂浜」

暑いのは、重々承知で。
でも、高知に来たからには、「桂浜」も見ないとね~
「龍馬像」も見ないとね~

d0137664_10585031.gif
d0137664_10592320.gif

確かに、太平洋は広いわ~
時々、思いがけない「高波」が来るらしく、波打ち際には行ってはいけないことになってます。

すると、「ピッー、ビー」と笛が聞こえてくるんです。
何かと思うと、左右にいる警備員さんが警笛を鳴らしてるんです。
若いおねえちゃん2人が波打ち際で、波と遊んでいたんですよ。
広いもんだから、なかなか笛が聞こえないらしく、かなりの間鳴らすから、みんなが注目。
確かに、波の後がかなりの位置まであるので、高波が来るのがわかります。

やっぱ、瀬戸内海とは違うわ~

d0137664_1133562.gif

「坂本龍馬像」もお約束なので、みんなでその前で写真撮影。

翌日仕事の娘夫婦なので、お昼を食べて早めに高知とおさらば。
の予定でしたが、「丑の日」にうなぎを食べてなく、四万十の天然のうなぎを食べ損ねた娘夫婦が(わたしたちは丑の日に食べてます)「昼食はうなぎ」と言い出しました。

西鉄インのフロントのおねえちゃんに「高知で有名なうなぎ屋」を教えてもらったので、そこへ。
ところが、人気店のうえに、丑の日の翌日の日曜日ということで、ものすごく混雑。
名前を書いて、空き時間が出来たので、高知龍馬空港にドライブ。
っていうか、近くで見るものがなかったので・・・
d0137664_1191530.gif


やっとこさ、食べたうなぎ丼。
d0137664_1192496.gif


これで、高知旅行も無事終了。
娘夫婦と、うなぎを待ちながら、高知旅行の話。
「いろいろあったけど、四万十川はよかったし、塩たたきは美味しかったし、日曜市も楽しんだし、良い旅行だったね。では、来年はどこに行こうか?」ということに。

娘夫婦が働いているので一泊しかできないので、遠くには行けないので、行ける場所が限られてきます。年代も違うしね。

結論としては「どこでもいいけど、こんな暑い時期はやめよう」というのが、一致した意見でした。確かに。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-08-09 10:56 | 国内旅行

高知旅行 その7

今回の旅行で私が一番楽しみにしていた「高知の日曜市」

朝早くに行こう、と提案するとみんな「無理」で完了。
そこで、ホテルから近いので、わたくし1人で6時に起床して、7時から8時まで日曜市を偵察に行きました。

元禄3年(1690年)以来,300年以上の歴史を持つ土佐の日曜市。
年末年始とよさこい祭り期間を除く毎週日曜日開催されています。
4月から9月は午前5時から午後6時まで,10月から3月は午前6時から午後5時まで,高知のお城下追手筋において,全長約1.3kmにわたり,約500店が軒を並べています。
新鮮な野菜や果物はもちろん,金物,打ち刃物,植木なども売られており,市民と県外からの観光客などもあわせると1日に約15000人が訪れる生活市です。


これが、日曜市の出発点。
d0137664_2244915.gif


ひとまず、歩け歩け。
ずっーーと、全部見るだけは、見ました。
500店、ほとんど見ました←ほんまかいな・・・ でも、ほんとよ。
終点は、高知城。
d0137664_226313.gif


終点の高知城近くは、骨董品のお店が多くなります。
d0137664_226495.gif


しかし、野菜・果物のお店がほとんどで、どのお店で買えばいいのかは、皆目わかりません。

下見をしておいて正解でした。
8時に帰って、朝食をみんなで食べた後、日曜市に繰り出したのですが・・・
この日は朝から、強烈な暑さ。
しかも、私以外の3人は野菜・果物に興味なし。
ほんの数十店見ただけで「もう充分見た」「どこまで行っても、野菜・果物の山じゃ~」と。

まずは、のどが渇いたので、「レモン水」を購入。
潔癖症の婿殿は、屋台の得体の知れないものは飲みません(笑)
主人は、すっぱいのが苦手。
d0137664_10253121.gif

ということで、一杯100円を一つ購入して、娘とシェア。
d0137664_10261436.gif

思ったよりレモンたっぷりで爽快な美味しさ。
やっぱ、来たからには現地を楽しまないとね。

と言っても、この日曜市をメインに考えていたのは私だけで、3人はあまり興味がないから仕方ないですね。
朝早く下見をしていて正解。
日曜市場は7丁目までありますが、2丁目くらいでみんなギブアップ。
私は、下見で決めていたものだけ買うことに。

「はぶ茶」
d0137664_10285214.gif

これは、母が好きなお茶ですが、なかなかスーパーで売ってないんです。
帰宅して母に見せると「こんなにきれいな新茶で250円とは、安い」とベタ褒め。
4袋購入。
どのお店もそうですが、高知の素朴なおばちゃん・おばあちゃん・おじちゃんが売っているので、良心的です。

「とうもろこし」
d0137664_1031869.gif

これも、母の好物です。
ほぼ毎日買って食べてます。
1本100円ですが、これがめちゃ美味しかったです。
小ぶりですが、甘い。
広島のスーパーの100円のは、味が薄く、広島のデパートの200円のと同じ美味しさでした。

「にんにく」
d0137664_10331986.gif

高知産です。ちょっと小ぶりです。
こんなに多いので、近所におすそ分け。

「プチトマト」
これは、写真を忘れてしまいましたが、ここのおばあちゃんに感激。
「トマト」はものすごくたくさんの人が売ってるので、その中で一番年配のおばあちゃんのお店で買うことにしました。そのおばあちゃんは「ブルーベリー」も作っていて、後で買えばよかったと反省。

ところで、「プチトマト」を2袋買うと、腰の曲がったおばあちゃんが下の方から、ゴソゴソとなにやら取り出して「プチトマト」と一緒に入れてくれたんです。
「トマトには、バジルが合うから一緒に使ってね」とのこと。
とても、立派なバジルを数本入れてくれました。

「腰の曲がったおばあちゃん」がバジルとトマトが合うというのに、驚きました。ハイカラだわ~
しかも「うちのは、全部無農薬だから安心」とのこと。

他にもいろい買いましたが、この「プチトマト」のおばあちゃんに一番感動。

娘たちも買った「手作りの塩ポン酢」「ハーブビネガー」などを売っているお店は、作っている人も若く、品揃えも若者向きで、こういうのも楽しかったです。
「珍しい調味料」好きの息子夫婦のお土産に私も購入。
d0137664_10543375.gif


日曜市は500店も出ているので、「街路位置占用許可書」というのがあって、すべて許可制で店番号出店者の氏名なとがわかるようになってます。
d0137664_10443192.gif

この冊子は、ホテルなどに置いてありますよ。
d0137664_1045690.gif


もっと、いろいろ楽しみたかったのですが、なにせ暑い。
やっぱ、もうちょい気候の良いときに行く方が日曜市は楽しめます。
今回は、急に決めてしまったので、激暑の日になっしまいました。残念。

骨董もみましたが、なにせ「目利き」がないので、購入せず。
でも、見るだけでも楽しかったです。

出店しているおばちゃんたちも言ってまたしが、日曜市の楽しさの一つは「売り手と買い手のコミニケーション」だそうです。韓国の市場でも感じましたが、確かに市場というものはただ安いモノを買うことより、話していろんなことを楽しむ場ですね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-08-08 00:00 | 国内旅行