<   2012年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

わいわい健康麻雀 よもやま話

健康麻雀も二回終了したのですが、なにせみんなに伝えたいことがあっても、わたくし自身がちゃっかり麻雀わエンジョイしているのでね時間がない。

そこで不定期の「ちょぃとお知らせ」を作ってみました。

それが「わいわい健康麻雀よもやま話」です。
今日は、その原稿で疲れたので、そっくりそのまま添付して日記とさせていただきます←ほんと、ちゃっかり。

   わいわい健康麻雀 よもやま話 NO-1

10月の二回の開催日が終了しましたね。
まずは、お詫びを。10月23日にホームテレビが取材に来られ、
30日の放映予定ではありましたが、日本シリーズのため
放送日程が変更になったそうです。ホームテレビから連絡が
入り次第日程をお知らせしますね。

ところで、2回の健康麻雀はいかがでしたか?
「普通の麻雀と何が違うのか?」と突っ込まれますと「ほぼ一緒です」としか答えられない私に代わって30日に訪問された「健康麻雀の達人・薗田さん」がわかりやすく説明してくださったと思います。
わたしたち2階組は、薗田さんの「簡単にできる健康麻雀講座」をちょいと受講したのですが、なにせ従来の麻雀の体と頭になっているので「これが簡単」と言われてもすぐには順応できずかえって混乱して、「わけがわからん状態」の様相を呈してきました(笑)
まあ、なんにせよ、楽しくわいわいやっていきましょう。

その薗田さんが帰られる際に、とても嬉しい言葉をくださいました。「全国でも、こんなに整った環境で、健康麻雀をしている所は少ない。ここは、とても素晴らしい場所になってますね」とのこと。
30日は、うっかり2階でちゃっかり麻雀を楽しんでいた私は、薗田さんが感じてくださった「素晴らしい環境」というのが具体的にわからなかったのですが、くつろぐスペースがあり、コーヒーは飲めるし(きっちり100円徴収ですが・笑)、誰かの差し入れがあればお菓子もあるし・・・ かな???
ということではなく、家庭的なきれいなお部屋で、正方形のテーブルがありしかも5卓もあること?
なんにせよ、褒めていただくのは嬉しいものです。
確かに、この健康麻雀を「らふぃつとHOUSE」で企画するのは大変でした。
正方形のテーブルがない→苦渋の決断で購入。それでも足りなくてボランティアの方に作ってもらう。
いすがない→友達からもらう。それでも足りないのでネットで格安を調べて購入。
いすの座り心地が悪い→クッションを作る(資金不足のため私の手作り)
麻雀マット・パイがない→入会申し込み希望の度に「パイとマットありませんか?」と果敢にアッタク!
東南のプレート・親マークがない→手作り(ハンズに売っているのは百も承知。しかし経費節減のため)
入門コースの講師→健康麻雀の達人の方2名にボランティアで講師を以来(快く引き受けてもらいました)
ここで、お詫びとお願いがあります・・・  (裏につづく)

「これで、万全だぁ~」と思っていたのですが、なんと冬将軍の存在を忘れておりました。
寒くなってきますね。そうなると暖房ですね。エアコンはあまり暖かくないうえに高くつきますね。
そこで、温風ヒーターを二台購入して、灯油も買うことになりまして・・・
だから、1階も2階も、ほっかほか。
しかし・・・
しつこいけど、NPO法人は貧乏なもんで・・・
NPO法人の辞書に「資金の余裕」という文字がなくて・・・
というわけで、冷暖房の必要な月は毎回冷暖房費100円を握ってきていただきたいと・・・。
なんだか、書きにくいことを裏に「こっそり」書いたようになってきましたが、単なる紙面が足りなく
なったのが原因なだけでございます。
深読みしないで、くださいね~
おそらく、次回の6日からは、温風ヒーターくんのお世話になると思いますので、
よろしくお願いいたします。

最後に、10月の成績を発表しますね。
ちなみに、10月・11月・12月合計で、男女それぞれ第1位・ブービー・第12位、計6名の表彰が
あります。当然豪華な景品付です←貧乏な「わいわい健康麻雀」ですので、推して知るべしですが・・・
  10月・男性No-1 〇井パパ(親子で参加されてます)
女性No-1 〇本(自分だったから書いたんじゃありませんよ~ 毎月書く予定だから)

では、11月も楽しく健康麻雀をして、脳トレしながら地域の方々と親交を深めましょう。
「おしゃべり食堂」「café悠」もぜひご利用ください。
NPO法人悠々自在「らふぃっとHOUSE」 わいわい健康麻雀担当 〇本〇〇子
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-10-31 21:19 | ボランティア

石見銀山旅行

2012年10月17日(水)~18日(木)
行き・広島バスセンター 10時15分 石見銀山号乗車片道3000円
帰り・大森         18時24分

阿部家宿泊代金 18900円(ほんとは、25200円)
実は、8名まては1人25200円。
わたしたちは7人。
なぜに、18900円で泊まれたかというと、ベニシアさんの「猫のしっぽ、カエルの手」を見て、阿部家に泊まりたいと思ったのは5月。
その時は、6名以上だと18900円でした。
絵の生徒さんと私で、5人しか集まらなくて、頑張って6人になったのが7月。
わくわくして予約しようとネットをみたら、数ヶ月の間に8人までは1人25200円に変更になってました。

がーーん。

だめもとで阿部家に電話して「一生懸命6名集めている間に値上げになったんです」とせつせつと語ると
「今月から変更になったんですがね、月から泊まりたいと思ってくださったのなら、今回だけ5月のお値段でいいです」と言われたんです。

わ~い、ラッキー。

で、結局もう1人増えて7人でgogo。

結論から言うと、お値段以上の価値があり、みんな感激。

正直1泊18900円は納得です。
詳しく書くのは難しいのですが、お値段相応、いやそれ以上の付加価値があると言っても過言ではありません。

ただ、人それぞれ求めている価値が違うので、たとえば加賀屋のようなお料理・贅沢感がすごくお好きな人には「なんでこんなに高いん?」と疑問かも。
阿部家だけでなく、松場登美さんの考え方・感性がお好きなら絶対納得されますが、便利さとか近代的とか重視される方には、不便だったり、魅力がなかったりするかも。

d0137664_1995518.jpg

他郷阿部家のとりくみ

1. 生活文化に関する様々な研究活動や講演・研修・視察などの受け入れを行います。

2.  季節の行事や冠婚葬祭などの施設利用をはじめ、地域の皆様に愛される他郷阿部家をめざします。

3.  宿泊のご利用や、季節の田舎料理を通し、県指定の文化財でもある阿部家の空間や暮らしを体験していただけます。

4.  改築や改修を継続し、暮らしの伝承と阿部家の歴史を継承していきます。

5.  各種古文書の研究を続け、新しい発見などを定期的にお知らせします。

6.  コンサートや公演などを通して、石見銀山の暮らしを楽しみ親睦や交流を深めます。

7.  阿部家暮らしの設えには、復古創新のテーマの下に工夫された衣食住のデザインが用意されています。

文章でいくら書いても、伝わりませんね。

たとえば、とても着心地のよい「群言堂」のパジャマが用意してあります。
これは、見ただけでも着心地のよさがわかれりますが、これで一晩寝ると、びっくり。
肌触りのよい上質のガーゼ素材で、気持ちいいだけでなく、暖かい。
思わず「これが買いたい」と思うけど、なんと16900円のパジャマ。
私の普段着より高価じゃん。
いや、よそゆきより高価じゃん。

でも、このパジャマの材質・デザインにはこだわりがあるこの価格なんですね。
誰も買わなかったげと・・・(笑)

わたしたちが泊まったお部屋。
d0137664_19154938.jpg
d0137664_19162927.jpg

お布団もシーツも実に素材がいい。

d0137664_1917014.jpg

お風呂はヒノキです。
間接照明で、普通のお風呂に比べるとても暗い。
ろうそくをつけて入浴もできます。
d0137664_1937116.jpg
檜のカンナクズが竹籠に入れてお風呂の脱衣所に置いあります。
d0137664_1941978.jpg
ステンドグラスの窓ガラスに感動。

松場登美さんも一緒に食べる夕食のテーブル
d0137664_19201124.jpg

うっかりカメラに食事風景を撮ってないので、HPからお借りしましたが、こんな感じで食べました。、
d0137664_1921166.jpg

d0137664_19242488.jpg

この夕食のときの松場さんのお話がすごくいいです。
松場さんの「筋金入り」の人生観がすごいです。
d0137664_19334275.jpg
ごはんは、おくどさんで炊いてあります。
おむすびにしてくださいましたが、おこげもあり、美味。

夕食後、シアタールームでテレビで取り上げられた阿部家の改装風景がみれます。
ボロボロの古民家を再生するエネルギーは、石見に対する愛情と、日本の文化を残しして伝承したいという松場さんの熱い想いが源とよ~くわかります。
d0137664_1924631.jpg


朝食も撮れなかったので、HPから拝借
ある日の朝食
天然酵母のパンがおいしい。
d0137664_19452368.jpg

朝食は松場さんが作られます。

何気ない風景
d0137664_1953048.jpg


ベニシアさんの置き土産の化粧水。
d0137664_19535438.jpg


いくら語っても、わかりづらいと思います。
興味がある方は、是非泊まっていただきたい。

今回の旅行はとてもよかったと自己満足してます。
ツアー旅行では体験できないことばかりでした。

石見銀山は主人と来たことがありますが、今回は宿泊するのでゆっくりといろんな探訪ができ、阿部家に宿泊し、翌朝群言堂の本社など古民家を再生した男子寮やつどいの家を説明付で見せていただき、ほんのちょっとスケッチもでき、個人旅行のよさを堪能できました。

まあ、私のことですから、それでもツアー旅行も楽しめる体なのでそれはそれで行きますけどね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-10-27 19:49 | 国内旅行

ら ふぃっとHOUSE 「お助け隊」

何かと、ひっぱりだこの私。
っていうか、体よく使われているという解釈が正しいかも。

娘が困っていれば、主人と参上。
らふぃっとhouseのカフェが人がいないといえば、美春さんと参上。

っていうか、カフェのお手伝いは松姉さんの強制命令なり~

今日のカフェのスタッフの1人はお葬式が入り、もう1人のスタッフは浪人中の息子さんが「はしか?」だか「風疹?」だかわかんないけど、39度の熱が続いて大変らしい。

松姉たち三人は民生委員の会議らしい。
というわけで、私に白羽の矢が・・・
白羽の矢は一昨日の鳩に射していただきたい。

kiyokoさんも書いてましたが、「らふぃとHOUSE」の日程がわかると便利よね~

(あえて、来れる人は来いと言ってるようなもの)

まず、火曜日は9時から13時まで、健康麻雀←無駄な情報かしら

第1と第3の水曜日は「親子deでカフェ」 スイーツ付ドリンク 300円 月によってスイーツが変わります。

第2の水曜日は「男の手料理」 アフタードリンク付 500円 月によってメニューが変わります。

第4の水曜日は「おしゃべり食堂」 アフタードリンク付 500円 月によってメニューが変わります。

第1と第3の木曜日は「おしゃべり食堂」 アフタードリンク付 500円 月によってメニューが変わります。

第2と第4の木曜日は「cafe悠々」 スイーツ付ドリンク 300円 月によってメニューが変わります。

ってわけ。
来月のメニューは出ているので、これかららふいっとhouseに行くから持って帰ってまたお知らせします。

美春さんとウォーキングの後、らふぃっとhouseのウェーイトレスなり。
美春さんも大変なことに巻き込まれてしまつたわけで・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-10-25 11:14 | ボランティア

ら ふぃっとHOUSE 「わいわい健康麻雀」

今日から、いよいよ「わいわい健康麻雀」のはじまり。

五日市の利松公民館で6ヶ月修行して、ノウハウを勉強した成果がでました~

入門コース7名・お達者コース14名・講師1名・見学者1名・取材3名。計26名。
人が多い!!!

今朝は寒かったんだけど、9時すぎには熱気でムンムン。

さて、入門コースは、まったくマージャンをやったことのない人。
私のお友達の美春さんも参加。
美春さんは、いまやNPO法人のメンバーとしても大活躍。ありがたや~

講師の先生は2名なんだけど、今日はお1人。
2人とも「ねんりんピック」てで広島代表になられた方。
すごい講師を連れてきた自分を褒めたいわ~
利松公民館から引き抜いたのよ~ ほほほ。
優しくて丁寧な講師だから、皆様喜んでた。
7人中男性が1人だつたから不安そうだったおじちゃんも、帰宅されたからお電話したら
「とても楽しかったです」とのこと。
やった~

達者コースは、お休みの人が2名いたので、3卓となりました。
ほぼ全員「見ず知らず」状態なんだけど、けっさこう和気藹々。

「お金がかかってないから、ストレスがかからんでいい」というおじちやんもいれば
「酒も飲めん、タバコも吸えん、金もかけれんではね逆にストレスが溜まるぞ~」と笑わせてくれるおじちゃん。

究極は、85歳のおばあちゃま。
なんとまあ、お達者コースで「みんな早く打たれるわね~」と言いながら、マイペースで打たれてました。
ご自宅に電話すると、娘さんが同居なので「今日は母が大変お世話になりました。とても楽しかったと喜んでおります。なにかとご迷惑をおかけするかもしれませんが、これからもよろしく」とのこと。
オシャレなおばあちゃまで、きれいにお化粧して素敵な洋服を着て、ご自分の足で歩いてこられました。

残りの方全員、異口同音に「楽しかった♪」というご返事でした。
けっこう腕に自信のある方も、それなりに満足されたみたいです。

毎週火曜日9時から1時まで開催します。
私は8時には行って、2時に帰宅となります。
お弁当持参で、お金の計算やら、掃除やら。

確かに大変なことも多いけど
「よくここまで準備したね」
「こんなに大勢とはおもわなかった」
「みんな良い人で楽しいですね」
「何か私にできることがあったらお手伝いしますよ」
こんな言葉か゜一番元気の元となります。

ところで、こんなに忙しくしていても元気な私ですが、一番迷惑をこうむっているのは、主人。

あれだけ「食事」にうるさかった私が最近は
「これは、ねぇだろう~」という品数の少ない夕食。
確かに、手抜きになってきたと反省。

パザーも終わったし、健康麻雀も軌道にのりそうなので、ちょぃと夕食の充実に頑張ります。

ところで、恥ずかしながらテレビのインタビューにこたえました。
以前絵の教室のことで出たときも超恥ずかしかったけど、あのときから10年以上経過しているので、もっと恥ずかしい顔になってます。

あまりに恥ずかしいので放送日をいいませんね。
何かの拍子に見かけたら、笑ってやってください。

ホームテレビの人に、先日のバザーと健康麻雀と取材されたのでコンセプトを聞くと
「空き家プロデュースはよくあるけど、それはその家全体が食事処になったりカフェになっているのが多い。ここは、健康麻雀だったり、親子でカフェだったり、おしゃべり食堂だつたり、カフェだったり、曜日で違う使い方をしているのが斬新なので、取材にきました。編集するので4分足らずの放映になります」とのこと。

おかしかったのは、全員麻雀をしている姿わ映されても誰1人拒否しないこと。
「私はいやです」なんて誰も言わないんよね~
大人なのか、はたまた自己顕示欲がおおせいなのか。

幸い、私が麻雀をする姿は撮られてません。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-10-23 21:47 | ボランティア

らふぃっとHOUSE 「オープン記念バザー」

2012年10月21日(日)  無事終了しました。

8時から町内の企画部の長テーブル25台、いす55脚を借りるために集会所集合。
10人くらいで、塗装業を営んでいるボランテイァメンバーのトラックに積み込み。

東3丁目のバザー会場では、別の15名くらで、テントをたててました。

お客様が食べる大きなテントが2つ。
各ブースに7つのテント。

とにかく、とても大変な作業です。

スタッフは応援を入れると35名くらいとなりました。

さて、ヤキソバ100食・ダッチオーブン(手羽先・ガーリックトースト、手作りウィンナー)セットが100食、手作りパン120個、ビジネス専門学校のスィーツ、芋子汁、巻き寿司30本、おはぎ30パック、湯来の朝とれ野菜、すべて完売。

まだ利上げの合計も純利もわかんない。

でも、大変だったけど、嬉しいこともてんこもり。

常々、絵の教室の生徒さんに話していたので、1人の生徒さんが「何か手伝いましょうか?」と9時くらいに来てくれました。
助かりました。
11時のオープンから30分は死ぬほどの忙しさだったので、彼女がいなかったら、どうなってたか・・・

廿日市のモンぽこさんもご主人と遠くから来てくれました。
彼女の「一軒家を丸こどプロデュースできることなんて、ありえんことよ。幸せなことよ」と言う言葉で今回何度も助けられました。

韓国ドラマ愛好会のメンバーの加津子さんもご夫婦で。
ご主人がダッチオーブンの詰め合わせがおいしかったとおっしゃつてくださいました。

生協仲間の3人娘?も、野菜を買って、巻き寿司などもテントのいすに座って食べてくれて、らふぃっとHOUSEでコーヒー飲んで帰ってくれました。
「レアチーズケーキがとても美味しかった」と言われたのは、うれしかったわ。

今回、拠点を作るきっかけとなった「高齢社会をよくする女性の会」に所属している友達も、お祝いを持ってきてくれたうえに、カフェのお手伝いまでしてくれたらしい。

フラダンスの先生もサロンのメンバーのおばゃんズも、来て野菜をどっちゃり買ってくれました。

娘夫婦と主人は、私の「強制命令」でこさせたけど、「やきそば」「ダッチオーブンセット」が美味しかったと言ってました。

いすを寄付してくれた廿日市のこうちゃんは、お仕事でこれなかったし、
絵の教室の生徒さんも「足つぼマッサージ」のお客さんが予約されて来れなかったし、
矢賀の民生委員している栄子さんも地域のお祭りでこれなかったし、
季節がいいから、みんな忙しいのに、よく来てくださいました。
感謝、感謝。

おそらく、「行きたかったけど用事があったんよ~」という人は多かったと思います。

なんにせよ、どこから湧いてくるかわからないみんなのパワーでやりとげました。

あまりに忙しくて写真は撮れず。ごめんなさい。

新聞社がまた来るわ、テレビが来るわで、反響の大きさにびっくり。

明日は「健康麻雀」の取材があるらしい。
やはり、バブルが崩壊し、高齢社会だし、東北震災のようなこともあり、地域の活性化・団結力というのが叫ばれる時代なんでしょうね。

NPO法人悠々自在の代表の1人である裕子さんから「健康麻雀の取材があるよ。なんだかいろいろな企画を取材するらしいよ。大家さんも取材されるんだって」と言われ

「わたしたちって、時代のトレンドなんだね」

と言うと
「自分で、言う人も少ないわよ」と笑われてしまった。
あはは~
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-10-22 11:41 | ボランティア

阿部家

明日、石見銀山に行ってきます。

教室の生徒さんたちと総勢7名。
あこがれの阿部家に泊まって、絵をちょぃと描いてくる予定です。
ただ、明日は雨らしい・・・

阿部家は、加賀屋より好きな匂いがプンプンします。
加賀屋は確かによかったけど、ちょぃと豪華絢爛・総合レジャー施設があまり好みじゃなかったかも・・・

こんな忙しいとき(らふぃっとHOUSEのオープン間近)なときに行かなくてもいんだけど、この旅行は6月くらいから決まってたからね。

わけあって、旅行の前日なのに、栗を3時間かけて剝いてた私(笑)
ある意味、元気じゃわ。

では、今から旅行の準備いたします。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-10-16 21:47 | 国内旅行

紅いコーリャン

2012年ノーベル文学賞は中国小説家、莫言氏(57)に決まりました。
中国人初のノーベル文学賞らしいですね。

スウェーデン・アカデミーは11日、「(莫言氏は)幻想的なリアリズムを民間口伝文学や歴史、そして現代と融合させた」と選定理由を明らかにしましたね。

尖閣諸島問題で揺れている昨今。
日本人としては、最有力候補と言われていた村上春樹氏に受賞してほしかったですね。残念。

ところで、恥ずかしながら今回知ったのですが、莫言氏はチャン・イーモウ監督の映画『紅いコーリャン』(1988年ベルリン映画祭金熊賞)の原作者として世界に広く知られているらしいですね。
知らなかったわ~

映画「紅いコーリャン」は鮮烈な映画なので、はっきりと覚えています。
d0137664_1250597.jpg

その原作である「赤い高梁」を書いた作家なんです。
納得であります。
原作は読んでませんが、映画は重く暗いテーマを「紅」で脚色して独特の映像美の世界でした。
終盤に日本軍が侵略を始め、抗日運動家を弾圧する日本軍が描かれています。
映画を見たとき、日本人の私としては、複雑な思いになったのを覚えています。
1998年ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞しているので世界的にも評価を得ている作品です。

主役のコン・リーの存在感もすごかったと記憶してますし、私に強烈な印象を残した映画でした。
この「紅いコーリャン」の原作者だったのね~
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-10-13 00:00 | 映画

サイン ☆☆☆

d0137664_1858541.jpg
2011年、SBS 、全20話

「CSI」のように殺人事件を科学的に解明、事件の真相を追う、という内容ですが、そこは韓国ドラマらしい展開、驚くラストでした。

ラストについては未見の方が多いので、書きませんね。

基本にアイドル殺人事件があり、その犯人を追いながら次々と新たな事件を解決していきます。
遺体を解剖、死者の無念の声を聞いて真相を究明するストーリーです。

出演は、「銭の戦争」「風の絵師」「パリの恋人」のパク・シニャン。
映画「カンナさん、大成功です」ドラマ「アクシデント・カップル」のキム・アジュン。
「朱蒙」「製パン王キム・タック」のチョン・グァンリョル。

めまぐるしい展開と、犯人がわかっていても逮捕に結びつかないもどかしさとで、前半はグイグイひっぱってくれます。
ラストで、うまく犯人逮捕になるかと思いきや、「えっーーー!!!」とう方法でまとめちゃいます。
しかし、結局のところ「なんとなく脚本の甘さ」も匂い、感動というところまではいかなかった私。
主役3人の演技はうまかったのでなんとか救われましたが、あまりに唐突な展開も多く感じました。

ところで、「パリの恋人」のギジュ 役で、胸をキュンキュンさせてくれたパク・シニャン。
時の流れとは怖ろしいもので、今回は全然胸をキュンキュンさせてはくれません。
あ~ 8年も経てばパクシニャンも「立派なおっさん」ですものね。
っていうか、元々「パリの恋人」のギジュの時だって36歳という「立派なおっさん」なんだし、イケメン路線じゃないしね。

あいかわらず演技派よ。
演技はうまいよ。
しかし、あまりにギジュ役が良かったもんだから、「ギジュマジック」にかかっていたせいか、何気にかっこよくみえた私。っていうか、しつこいけどギジュという役がいい。

2年くらい前に、高校の同級生に「これは、素敵なドラマだから」と「パリの恋人」を薦めたんだけど、その友達からこんなメールがきたんよ。
「レモングラスの薦めるドラマなのでなんとか頑張って見ようと思ったのですが、主人公のパクシニャンの顔がどうしても高須クリニックの院長の顔に見えて、1話から進みません。ごめんなさい」

その当時、ギジュマジックにかかっていた私には理解できなかったのですが、この「サイン」のパクシニャンを見て、「あんなに無理に薦めて悪かったな~。確かにおっさん顔じゃったわ」と痛感。

自分のことは棚にあげて、まことにシニャン様には申し訳けない話ですが・・・

この「サイン」のドラマの感想というより、私の「バク・シニャン考」になってしまって、ごめんなさい。

ドラマは見て損はないと思います。
まあ、どの韓国ドラマでも言えることですが、「あっと驚くためごろう」的展開ではあり、納得のいかないこと多々ではありますが、俳優の演技力でなんとか踏ん張っていたという感じです。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-10-12 00:00 | 韓国ドラマ鑑賞記 サ行

らふぃっとHOUSE 「ダッチオーブン試食会」

皆様、ダッチオーブンをご存知?

ダッチオーブン (英語:dutch oven) は、分厚い金属製の蓋つき鍋のうち、蓋に炭火を載せられるようにしたものの名称である。アメリカ合衆国の西部開拓時代などで使用されていたものが有名であるが、近年ではキャンプなどレジャーでの用途に使われることが多い。
d0137664_18423218.jpg


らふぃっとHOUSEのメンバーにダッチオーブンで、ピザ・スペアリブ・ベーコンを上手に作れる達人がいるんです。
10月4日の夜、らふいっとHOUSEで、ダッチオーブン料理の試食会と「らふいっとHOUSE発足がんばろう会」があったんですよ。

なんと、フタをあけたら33人の参加。
なぜか市役所の街づくり担当部署の人もいたり、連合町内会の会長・各町の町内会長数名・民生委員数名・各サロンのボランティア数名。
そうそうたるメンバー。

まずは、前菜??
d0137664_18483542.gif

d0137664_18484775.gif

スペアリブ・手作りウィンナー・手羽先・ガーリックトースト。

わたしたち食い気専門のボランティアおばちやん軍団は、食べる・食べる。
食べるのに夢中で、その後登場した「ピザ」「焼きチーズ」「レアチーズケーキ」「抹茶ケーキ」は写真を撮るのを忘れました。
肝心のダッチオーブンで焼いてるのも撮り忘れてます。とほほ

新しいボランティアメンバーとも和気藹々となり、今回のバーティは終了。
これからが、ますます忙しくて大変だけど、こんな楽しい夜があると元気がでますね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-10-11 00:00 | ボランティア

新鮮野菜は嬉しい~  その20

しおちゃんから昨日届きました。
しおちゃんもお母さんの看護で大変なのに、手作りのアップルパイ・きゅうりの佃煮まで入ってました。

焦って写真を撮ったので、なんだか構図が悪くてわかりにくいですね。

さつま芋とサトイモは初掘りだそうです。
初物は75日長生きするそうなので、うちの母に食させてくださいと書いてありました。優しいね。
今晩のおかずになりました。
しかし、煮物にしたのは母です(笑)
この時期は、新米も入れてくれてます。ありがたや~
レモンは今年初めて良くできたそうです。
カボスは、近所の生協仲間にもおすそ分け。
なす・おくらは夏からずっと元気にできているそうです。
近くの神社でとれた銀杏もありました。
「むかご」も珍しいよね。
無花果は母の大好物です。
d0137664_18271713.gif


いつもながらに、忙しいのにみんなに「幸せ」をわけてくれるしおちゃんに感謝。
[PR]
by mtanpopo2 | 2012-10-10 18:28 | 嬉しいプレゼント