<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

土曜朝市

1月26日土曜日に開催されました。

最近は冬場でも9時開始。
ということはね準備は8時から。
しかも、朝は小雪の舞い散る超寒い日。

NPO法人悠々自在は、シフォンケーキ付コーヒーとぜんざい。
こんなに寒い日に人が来るかと心配したけど、いつもどおりに完売。

ところで、最近は何かイベントをやっている土曜朝市。
今回は、子供たちのダンスパフォーマンス。

なにせ、カフェがあるので、全部は見れない私。
というわけで、ほんのちょっと見に行ったら、なんと本格的。

中学生らしいお嬢さんたちだけど、なんと「このかっこう」
d0137664_1128401.gif

サムっ!!!

やっぱ若さやね~

次のお嬢さんたちは、やや防寒
d0137664_11303738.gif


しかし、次々に出場しているみたいなんだけど、みんな衣装もこってるし、ダンスのレベルも高い。
ダンス教室のお子達らしい。
幼稚園のお子達もいました。

カフェメンバーと「わたしちこれだけ厚着してても寒いのに。よく頑張るよね~」と感心。

この寒さの中、老体にムチ打って頑張っている私たちに、NPO法人代表のhさんが差し入れをみんなに買ってきてくれました。
d0137664_11331643.gif

加計町の「神楽饅頭」です。
まあ、なんのことはない二重焼きなんですが、おいしかったです。
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-01-30 00:21 | ボランティア

蝋梅(ろうばい)

絵の生徒さんが三週間くらい前に、持って来てくださいました。
持って来られたときは、ほぼ「つぼみ」でしたが、日に日に花開いて良い香りがします。

d0137664_11155621.gif

お正月頃から咲き出す。花の少ない季節に咲く、うれしい花です。
中国原産。
日本には17世紀頃に渡来。

蝋細工”のような、梅に似た花」から 蝋梅」の名になったらしい。

よく見られるのは蝋梅のうちの「素心蝋梅(そしんろうばい)」。
花の外側だけでなく内側も黄色いのが特徴。 ふつうの「蝋梅」は 内側がちょっと赤っぽい。
いただいた「蝋梅」は「素心蝋梅」。

花言葉は「先導、先見」

自宅に木があるなんて、素敵ですよね。

花瓶でも、こんな長く楽しめるなんて賢いよね~
今日の時点で、9割満開。
まだまだ楽しめそうです。
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-01-29 00:11 | ガーデニング

バリスタアート

久々に、古田台にある「ベルビュー」に行ってきました。
自分のブログで検索すると、日記にない。
ということは、もう4年くらい行ってないのかも・・・

d0137664_1162357.jpg

夜景がきれいに見える高台にあります。
私たちが行ったのは、カフェだからお昼間。

久しぶりに行って驚いたのは、なんとコーヒーにバリスタアートが施されてました。
d0137664_1154942.gif

バリスタがいるんだね。

バリスタ(barista)とはイタリア語で、バール(喫茶店)のカウンターで、客からの注文を受けてエスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業、およびその職業についている人物のことです。

ケーキセット1200円はちょいとお高いけど、その価値あり。
ソファ席でゆっくりできるしね。

三人とも、ケーキ・アイスクリームがそれぞれ違ってましたよ。
ちなみに、私のは、コレ
d0137664_119098.gif


息子たちが中・高校生の時に同級生だったママ友三人。
最近は、三人で会うことも少なくなってきました。
介護で忙しかったりしてね。

しかし、子供たちのことはそっちのけで、いくらでも話はあるものですね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-01-28 11:11 | グルメ

自然と暮らす、ゆっくり暮らす ベニシアと仲間たち展

自然と暮らす、ゆっくり暮らす ベニシアと仲間たち展
~猫のしっぽ カエルの手
京都大原ベニシアの手づくり暮らし~
d0137664_2064639.jpg


NHK・BS放送の番組「猫のしっぽ カエルの手」でおなじみ、ベニシアさんの京都大原での手づくりの暮らしをご紹介。ハーブガーデンやエッセイをはじめ、仲間たちの作品もご紹介。

という展示会に行ってきました。
開店と同時に行ったので、あまり人も多くなくゆっくり楽しめました。

ベニシアさんの展示としては、庭の提案が何箇所かありましたが、「憧れるガーデン」でした。

仲間たち展は、テレビで放映された方々でしたが、丁寧に説明があり、と゜れも「メイド・イン・ジャパン」として誇れる手工芸品。

お時間のある方は、是非どうぞ。

この展示会の招待券は、ヒョンなことから多数いただきました。

主人の「日本語を外国人に教える」ボランティア仲間から二枚。
昨年宿泊した阿部家から、一枚。
ボランティアしているサロンのメンバーから四枚。

いつもこんないただけると、ウハウハですね←ふるっ!!!
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-01-25 20:06 | 各種イベント

武人時代

1月10日で、公開土大王が終わり、何が始まるのかと期待していたら・・・

「武人時代」
なんか聞いたことのない史劇だわ~

ちょっと調べてみると。
高麗中期に約100年間続いた武臣政権時代を、その発端から安定期に入るまでを描いた大河ドラマ。虐げられていた武臣たちが文臣たちを粛清するクーデターを起こし政権を強奪するが、その後しばらくは武臣同士が最高権力を争って次々と交代する混乱期が続いた。権力の腐敗を憤り変革のために立ち上がった人々がいざ権力の座を得ると、同じように腐敗して転落していく様を綴っていく。
とのこと。
なんか、マニアックな匂いがプンプン。
おっさんてんこもり史劇みたいだわ~

不安だわ~

全158話。
元々はもっと長く続く予定でしたが、途中で打ち切りとなったらしいです。
しかし、長っ!!!

主役が次々と交代していきますが、それがみんな悪党といってもいいでしょう。安っぽい正義を振り回す善人面した登場人物がほとんどいないという大変うれしいドラマであります。
第1話からどぎついスタートですよ~。
とのこと。

ひえ~
なんか見続けられるかどうか、不安。

で、ちょいと調べたら「予感的中」「おっさん勢ぞろい史劇」だわ~

今見ている「光宗大王」クァンジョンテワンでさえ、辛いのに武人時代まで見れるかしら・・・

公開土大王がCGを使ったり豪華な衣装でかなりお金をかけて派手だったから、地味な史劇は耐えられないかも。こうなってくると、イ・テゴンですら「かっこいい」と思えてくるほど武人時代に華がないな~
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-01-08 00:00 | 韓国ドラマ愛好会

七草がゆ

どこのご家庭も今夜は「七草がゆ」だったと思います。

我が家は大して胃があれているという感じはないものの、年中行事なのでひとまず食べました。

今年は、我が家のも母が作ってくれました。

最近は、「ぼけたらいかん」と母本人が自覚して、料理をなるべく作ってくれます。
今日も、お米からちゃんとお粥にしてくれました。

写真を撮ったのですが、フラッシュが利きすぎてハレーションを起こしているので、割愛。残念。

まあ、なんのことはない「七草かゆ」でしたけどね。
七草は、例年どおりスーパーのお世話になりました。

こうやって、ひとつづつ年中行事をしていくと安心するっていうのも、年なんでしょうね~

次は「とんど」だわ~
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-01-07 20:23 | 年中行事

超能力者 ☆☆☆

d0137664_2064257.jpg

[制 作 年] 2010年
[韓国封切] 2010年11月10日
[観覧人員] 2,130,348人 2010年 第11位
      (韓国映画データベース 年度別ボックスオフィス)
[原 題] 超能力者 초능력자
[英 語 題] HAUNTERS
[ジャンル] SF,スリラー,アクション,ドラマ
[原 作] 
[脚 本] キム・ミンソク
[監 督] キム・ミンソク [第1作]
[出 演] カン・ドンウォン  → チョイン
       コ・ス       → イム・ギュナム マイケル・イム
       チョン・ウンチェ  → チェ・ヨンスク チェ社長の娘 レイチェル・ヤング・サマンサ
       ユン・ダギョン   → キム・ヒョスク チョインの母
       チェ・ドンムン   → チョインの父

この映画、広島のサロンシネマで上映されたのですが、なんと昼の3時から鷹野橋で上映。
実に、見に行きにくい時間でありました。
というわけで、私のご贔屓カン・ドンウォンとコスの競演なのに、DVD鑑賞となってしまったわけです。

ハリウッドだと、このての映画は超ど派手なものとなりますが、この映画は東洋的な人間の心理的な部分に視点をあてたドラマ性もある映画なんですが、あいかわらず「突っ込みどころ満載」で、☆3つにとどまりました。

映画の冒頭のシーンは怪しくてなかなかいいのだけど、その後の心理展開がいまいちつかみどころがないというか、共感までいかないというか。

さて、映画の内容はさておき、私のお気に入りのカン・ドンウォンとコスについて←どうでもいい?
ここからは、韓国ドラマ・映画好きでないとついてこれません。あしからず。

久々のカン・ドンウォン。
自分が彼のファンだったことをうっかり忘れそうになっていた今日このごろ。
その「ど忘れ」を忘れさせてくれる演技でしたね。
っていうか、こういう役が似合っているカン・ドンウォン。
いや~、立ち姿がいい。
あの目力がいい。
個性派イケメン俳優として、これからも頑張ってくれそうですわ。

一方、コス。
やっぱ、背が低いと何かと不利ね←低いといっても177センチくらいだから、立派な高さなんですよ。しかし、韓国俳優は背が高いからね~
しかも、コスの役が実に良い人なんだけど、地味なんよ。
ゆえに、役の設定上髪型も服装も地味なもんだから、カンドンウォンのオーラに負けちゃうのよね~

カンドンウォンがかっこだけの俳優なら演技でなんとか追いつけるんだけど、なにせカン・ドンウォンもそれなりの個性派俳優なのでコスがかすんじゃうのよね~
コス、頑張ったけど、やっぱカン・ドンウォンの個性の前では、埋没しちゃったね。

ラスト近くから「なんじゃこりゃ~」展開となり、終わった瞬間。唖然。

しかし、見終わってお風呂の中でラストの監督の言いたいことがわかり、なるほど。
って、私の理解力が乏しい。

しかし、あの終わり方って、なんだかハリウッドのパクリっぽいぞ。
あわよくば「超能力者 2」なんて作ろうと思ってるんじゃない???

ところで、全くどうでもいい話なんですが・・・
コスが今回地味な役なもんで、溝端淳平にそっくりに見えたんですが・・・
d0137664_20322491.jpg

d0137664_20372355.jpg
てもやっぱ、韓国俳優。ガタイ鍛えているから、淳平くんと比べると「首の太さ」が違うわ~ ←すっげぇ、マニアック(笑)
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-01-05 10:07 | 映画

初詣

3日に護国神社に参拝。

昨年も3日に行ったのですが、優雅に歩いて行ったもんだから、お昼ころになり、すごい人ごみだったんですよ。
そこで、今年は10時前には護国神社に到着。

さすがにこの時間だと、空いてましたね~
例年どおり主人と2人で参拝。
昨年の破魔矢を返して新しいのを買ったんだけど、毎年夫婦の会話は同じ
「これって、干支の絵と年さえ変えれば、使えそうよね・・・」

しかし、そんなわけにはいきません。
まったく同じ値段の破魔矢を買うから、毎年おんなじ。

でも、高い値段の破魔矢にしようとは、どちらも言わない(笑)

母の「健康長寿」のお守りと、娘の「子授かり」のお守りも毎年買ってるな~
主人は自分の「健康長寿」のお守りを自分で購入(笑)
どんだけ「健康」で「長生き」したいんじゃろう~

まずは、一つ「年中行事」が終了。
今年もあっという間に一年が過ぎ去るんでしょうね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-01-04 19:53 | 年中行事