<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

何歳になっても

やはり人間って気にかけてもらえるのは、嬉しいみたいです。

主人に、東京の嫁殿からバレンタインのチョコが送られてきました。

とにかく、うちの嫁殿は律儀な子です。

主人と2人で「嫁はよくできているが、うちの娘は婿殿のお義父さんに送ったのだろうか・・」といらない心配をしてます。

まあ、そこまでする必要はないんですけどね。

なんにせよ、うれしそ~な顔して主人は
「ひとまず食べて感想を入れたお礼を言わないとね」とぱくついておりました(笑)
d0137664_21142191.gif

[PR]
by mtanpopo2 | 2013-02-14 00:10 | 嬉しいプレゼント

ドラゴンタトゥーの  ☆☆☆半

久々のレンタルDVD鑑賞。

d0137664_929477.jpg

原題 The Girl with the Dragon Tattoo
製作年 2011年
製作国 アメリカ
上映時間 158分
映倫区分 R15+

苦手な分野(えぐい場面がありそう・・・)の映画だったので、話題の映画でしたが、映画館には足を運ばず。

最近、スローテンポの韓国ドラマばかり見ているので、映画のテンポについていけず、四苦八苦。
と思ったら、私だけでなく万人がこの映画のテンポについていくのは難しい
完璧な画面設計をとてつもないスピードでバンバンぶった切っていくため、時折置いてけぼりを喰らいそうになるが、それに付いていければ楽しめる作品」とのこと。

韓国ドラマだと、うっかり5分くらい目を離していても、チョイ早で見ても、耳だけで聞いていても、大概のことはわかります。
しかし、この映画、一生懸命見ていても「どういうこと?」と言いたいこと多々。

隣で見ている主人は同様らしく、どうやら韓国ドラマボケが原因ではないらしい。

となると、老夫婦ぼけ?
かと思い、ネットで調べると上記のように、どうやらわかりにくい早いテンポらしい。
『ドラゴン・タトゥーの女』は今までのデビッド・フィンチャーの集大成でありながら、映像とテンポは最新系の作品ということらしい。

「セブン」を彷彿させるテーマと映像でしたね。
「セブン」のラストは衝撃的で、ブラッドピット演じる新人刑事ミルズの悲哀が胸にドーンとのしかかりましたが、今回のドラゴンタトゥーの女もラストが哀愁おびていました。
この辺りのデビッド・フィンチャー監督の感性は好きだわ~

しかし、さすがR-15だけのことはあり、かなり女性にはきついシーンが多かったですね。
映画館でお金出してまで見るかというと、私はやはりDVDで正解でした。

コアな内容なんで好き嫌いはわかれるかもしれませんが、映画ファンと自負される方は好きな作品でしょうね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-02-11 00:21 | 映画

ボスを守れ ☆☆☆☆

韓国ドラマファンではありますが、基本「お金をかけずに鑑賞」派です。

要するに、BSで放映される作品、もしくは誰かが貸してくださるDVDを見る。
というのが私のスタンスであります。

ただ、年に一回くらい「ラストが待てない」とレンタルゾデオ屋さんに走ることがあります。

今回、その発作が発症しました。

「ボスを守れ」という、実に軽いラブコメのラスト3話を借りに行ってしまいました。

ドロドロ復讐劇、難病もの、悲しい身の上、身分違いの愛、
こういうのはどちらかというと苦手。

映画でも昔から基本「ラブコメ」のような明るい軽い作品が好きな私です。
当然、韓国ドラマもラブコメ大好き。
ホン姉妹の脚本のドラマなんて、大好き。
というミーハーおばさん。

d0137664_1818054.jpg

出演:チソン/チェ・ガンヒ/キム・ジェジュン/ワン・ジヘ/ハ・ジェスク/パク・ヨンギュ他 
全18話

イケメン御曹司ふたりが恋に落ちたのは…元女番長の最強秘書!
という、いつもながらに「ありえん」設定であり、またまた御曹司登場。
「ありきたりなドラマ」ではありますが、どっぷりはまっちゃいましたね。
チソンが好き。とか言うレベルではなく、このドラマ全体が好きでしたわ。

けっこう陰謀を張り巡らせたりするんだけど、根がコント(笑)
ネチネチした意地悪とか、怖ろしい陰謀とかでなく、なんともまあ笑えちゃう財閥の相続争い。
こういうのは、好きだわ。
根から嫌いになる人物がいない。
現実離れしている設定だけどね。

ジェジュンのファンではないので、全くときめくことはなかったけど、ジェジュンもそれなりの魅力は発揮してました。

チェガンヒは、女性にはうける設定の役なので、得よね。
ネットで「そんなに可愛くないのに、御曹司2人に好かれるなんて、おかしい」という意見もあったけど、私はチェガンヒでOK。

ワンジヘは、もともと好きな女優なんだけど、今回の役は可愛くて面白かったわ。
身長がでかいから、可愛い役があまり向いてないけど、わがままお嬢様を好演。

チソンは、今回かなり頼りないあまちゃん御曹司役なんだけど、なかなか演技がうまくて安心して見れました。

というわけで、期待どおりの「ハッピエンド」で終了。
名作とは言えないけど、好きな作品でした。
でも、見終わったら寂しいわ・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-02-10 00:44 | 韓国ドラマ鑑賞記 ハ行

伊賀のくみひも

廿日市の友達、モンぽこさんとこうちゃんが伊勢神宮の旅に行ってきました。

弐年遷宮の年に、今年はあたるんだそうです。

遷宮(せんぐう)とは、神社の正殿を造営・修理する際や、正殿を新たに建てた場合に、御神体を遷すことです。式年とは定められた年という意味で、伊勢神宮では20年に一度行われます。

私も35年くらい前に伊勢神宮にきは行ったけど、忘の彼方だわ~

ところで、お土産に「伊賀のくみひも」をいただきました。
d0137664_1065559.gif


やはり、伝統工芸品は重みがあり、素敵ですね。
起源は、奈良時代以前にさかのぼるといわれているくみひも。

どこにつけて使おうかしら・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-02-08 00:02 | 嬉しいプレゼント

誕生日プレゼント

娘と嫁の差は、如実に露呈するもんです。

わたくしの誕生日は12月。
息子からのプレゼントは、きっちり誕生日に到着。
当然嫁殿が賢いから。

それにひきかえ、娘は「ちょっと仕事で年末は忙しいから待ってね」とのこと。
買いに行く暇がないとのこと。

ちなみに、土・日は娘も休みでござんす。
決して、休み無しではござんせん(笑)

この辺りが娘というものは親に甘えているんでしょうね。
確かに、母から言わせると「あなたは娘に甘い。もっと厳しく育てるべきだった」といつも指摘されます。
小児ぜんそくがあったりし、下の子だつたので甘かったかもね~

さて、1月に娘よりプレゼントが到着。
「これって、私も欲しいと思ってるんよ」
とのこと。
d0137664_958712.gif

携帯の電動ハブラシ。

「旅行とか、外食のランチの時に使ってね」とのこと。

わたしは知らなかった・・・
携帯の電動ハブラシがあるなんて。

充電用の電池までつけてくれて、親だからそんな心配りにも感激。

あ~、親って単純よね。
私も親孝行せねば・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-02-06 10:00 | 嬉しいプレゼント

節分

豆まきもしました。
鰯も食べました。
恵方巻きも食べました。

なんとまあ、律儀にやってますね。
母が近くにいるので、こういうのはキチンをせざるをえません。

ところで、恵方巻きですが巷にあふれてますね。

今日はたまたま娘と街へ出かけたので、街で恵方巻き探索。

福屋デパートでは、各お弁当・惣菜の専門店にも山ほどありました。
「海鮮巻きがいい」と言う娘の意見で、お魚屋さんに行ってみると、まあ様々。

「海鮮巻き」「あなごたっぷり恵方巻き」「カンパチ巻き」「大トロ・本鮪巻き」など

結局、母には従来の巻き寿司の豪華版の1本799円の「恵方巻き」

私と娘は「中トロ・本マグロ巻き」2本で1200円・しかし、1本が細い。
d0137664_20523515.gif

本来は、1人一本をかぶりつくわけですが、
中トロと本マグロなので、私と主人と半分づつかぶりつくことにしました。
d0137664_20533671.gif


恵方巻きを食べるというのは、なんだか「恵方巻き商戦」にまんまとのせられているわけではありますが、
それはそれで、楽しむことにして毎年食べているわたしたちです。

シャリが寿司米にしては少し柔らかい気がしましたが、やっぱ「中トロ」は美味しいですね~
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-02-03 20:56 | 年中行事