<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

史劇にどっぷり

映画ファンから韓国ドラマファンになって、はや丸5年が経過しました。

昼間は、ほとんどテレビを見ることのない私ですが、夜の8時から12時までは、録画番組鑑賞時間。
ほぼ病気というか、中毒というか。

この時間をもっと有効に使うべきだという声がパソコンの向こうから聞こえてきそうです(笑)

確かに、私もそう思います。

その一方で、年をとっての楽しみのひとつで、ストレス解消になるなら、とも思ってます←言い訳じゃなくってよ

しかし、そんな私の中でも「最近心に響くドラマが少ないな~」と。

ドラマ愛好会のメンバーに言わせると「ドラマを見すぎだからよ」と突っ込まれますけどね。

ところで、史劇大好き人間ですが、最近見ている史劇に、あまり私の心にヒットするものがありません。

「大王の夢」は韓国で2012年に放映された史劇なので、かなり最新のドラマなんですが、
これが実に「おもしろくない

期待まんまんで見始めたんですが、少年時代から大人になった回から、最悪なことに。

40代から50代の俳優が、20代の役を演じているため
「若作りオンパレード」
もう、笑うしかない。

しかも、この作品脚本が全くよくない←個人的感想ですが

三韓統一までの新羅王キム・チュンチュと最高の武将と称えられたキム・ユシンが軸となっての展開で、百済のケベクや高句麗のヨン・ゲソムンが出ていて、実に面白い時代なんだけど、展開が面白くない。
d0137664_10122750.png


全く説得力に欠ける展開。
なんの目的で、なんでそうするの?
頭の悪い私には、全く理解不能。

他局で、「テ・ジョヨン」が始まりました。、ほぼ同じ時代を高句麗を軸に描いたドラマ。
d0137664_1012486.png


この「テ・ジョヨン」はさすが評判が高かったドラマらしく、展開が面白い。

この史劇二つでも大変なのに、「武人時代」まで見ているもんだから、忙しい。
d0137664_1013563.png


以前「武人時代」を放映していたときは
「あまりのおっさん揃い」にめまいがして見なかったのですが、今回はがんばってみてます。しかし、「おっさん揃い」はあくまで「おっさん揃い」

そんな「おっさん揃い」をなぜ見るに気になったかと言うと、「テジョヨン」の前に放映されていた「武神」が原因。

「武神」は面白い作品でした。
d0137664_10132465.png

「武人時代」は「武神」の時代になるまでの高麗の武人の権力闘争を描いたもの。
要するに「武人時代」の最後の権力掌握者が「武神」に登場するの最初の閣下となるわけなんです。

集約すると、「おっさん揃いの武人時代」と「脚本のよくない大王の夢」と「なが~いテ・ジョヨン」を見ている毎日。
見なければいい話なんだけど、やっぱ史劇は歴史の流れがわかるから捨てがたいんよね~

しかし、「武人時代」「大王の夢」「テ・ジョヨン」は、製作年の幅が10年以上あるにもかかわらず、俳優がほぼ同じ。
誰が誰の役なのか、毎日3つ見ているから交錯して、勘違いしそう。

一番好きなジャンルは「ラブコメ」というミーハーの私ですが、史劇も好きなジャンルなので、「こんな日々」となっております。
[PR]
by mtanpopo2 | 2014-01-31 00:39 | 韓国ドラマ愛好会