<   2016年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

島津亜矢コンサート

d0137664_23335058.jpg

演歌のコンサート、初体験です。

昨年末の紅白歌合戦を母と主人と見ていたとき、初めて「島津亜矢」を聴いた私と主人。

あまりの歌の上手さに、びっくり。
しかも「かえらんちゃよか」という曲が実に胸にジーンとくるんですよ。

そばにいた母が「島津亜矢は、大好きよ。歌がうまいしね」と。

なるほど、母も好きならひとまず広島に来るときにコンサートに連れていけば喜ぶんだ。
しかも、演歌に興味のない私でも、島津亜矢なら聴いてもいいわ

と判明。

で、夏に何かを検索していた時に「島津亜矢 30周年コンサート」なるものを発見。

さっそくネット予約したわけです。
チケットが来たのが夏の終わりだったな~

で、11月22日火曜 6時開演 上野学園ホールに行ってきたわけです。
一人7150円
9列25番と26番

中島みゆき・ユーミン・松山千春etcのコンサートしか行ったことのない私には
演歌のコンサートって、初もの。

面白いことがいっぱいあったわ(笑)

夜の部の方が前の席がとれるから夜のにしたんだけど、「おじちゃん、おばちゃん、おじいちゃん、おばあちゃん」てんこもりね。
9列目だったから、よく見えました。
夜だったから、8割の入場。
でも満席で2000人らしいから、1600人くらいはいたわけよ。

島津亜矢は、座席を回って握手してくれるんよ。
いいまでにない体験。

そんなにファンでもないけど、こうなりぁひとまず握手するよね。
通路から三番目の席だったら、握手できたわ。

なんにせよ、歌はうまい。
演歌嫌いの主人でさえ、送ってくれる車中で、
「島津亜矢はうまい」と太鼓判を押してました。

すごい声量で、迫力あったわ~

でも、母も年だから、次回はないな~
行きは主人に送ってもらって、帰りはタクシーだけど、母も喜びながらも歩く距離がどうしてもあるから疲れてた感じ。

まあ、私も演歌のコンサートはもういいわ
楽しんだけど。

前の5列くらいはファンクラブの人たちたけど、演歌といえどもペンライト揺らして楽しそう
ただ、ペンライト持ってる人は推定6人くらいだけど。

でも、なんでも好きなものがある人って幸せよね。
ペンライト持ってないけど、「島津亜矢」のファンクラブお揃いの黄色い法被着ている人も6人くらいいたけど、すごくうれしそう。

異体験の2時間でしたが、よかったわ。

そうそう、アンコールがないのにも、びっくり。

まあ、観客が高齢なんで、観客もアンコールの催促しないし。
演歌はアンコールがないのかな???
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-22 23:28 | コンサート

突然の「台湾旅行」計画

母を一人にできないと、断念したはずの海外旅行

しかし、あいかわらず主人は年に三回くらいは海外へGO

9月に、二週間近い「お友達結婚式参加のハワイ旅行」から帰宅

土産話を聞いてると「行かなきゃ、ソンソン」って気持ちがむらむら。

二泊三日なら、なんとかなる。
そう強気に思っちゃいました。
しかし、主人と二人で行くのはまずい。
やはり、どちらかが残ってないと母が不安になる。

しかし、友達を突然誘うのは無理。

そこで、白羽の矢が刺さったのが、「娘」

だだ、友達と違って、誘う以上料金はこちらもち。
しかも、働いてるから土日になるから、高い。

しかし、この年になると「いけるうちに行っておかないと、ソンソン」状態

背に腹はかえられない。

娘に「休みを一日くらいとれる?」と聞くと
「一日なら、大丈夫」と快諾。

だよね~
お金出してもらえるんなら、無理するよね~

日程は、こちらの都合で決定。

11月26日(土)~28日(月)

昨年、「お友達の結婚式韓国旅行」に主人と行ってるから、一年ぶり。
二度目の韓国でもテンションあがったけど、台湾は初めて。

ワクワク
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-21 08:30 | 台湾旅行

11月 教室作品

敏子さんが、教室だけでは描き切れなかったので自宅で描かれて、今メールで写真がきました。
d0137664_1150610.jpg
秋らしくて、いいですね

緑色と、枯れた色が混在しているのに魅了されてこのモデルを選んだそうです。
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-20 11:51 | 絵の教室

ら・ふいっとHOUSE 「厚生労働大臣賞」受賞

第5回 健康寿命をのばそう! アワード
という、全国的なもので「厚生大臣賞」の最優秀賞に私のかかわっている
「ら・ふぃっとHOUSE」が受賞しました。

理事の河井さんが東京の丸ビルで行われた授賞式で賞を受け取って帰っているはずです。

ほんとは、松尾ねえさんと私も行きたかったのですが、
松尾ねえさんは「民生委員の旅行」
私は「義母さんたちがやってくる行事」
で、行けなくてね~

河井理事曰く「いいもん、寂しく駅弁と仲良くしてくるもん」

ら・ふぃっとHOUSEを立ち上げたのは、ちょうど4年前の10月。
あの時は、私も58歳
まだ元気でしたね。

今借りている ら・ふぃっとHOUSEの大家さんが「申し訳ないけど、返却してください」と言われたら、それは仕方ないこと。

格安のお値段で借りている一軒家。

しかし、5年間「空き家」だった家でした。
家の中もお庭もかなり混乱していて、お掃除は立ちあげたときの15人くらいで、頑張りました。

あの大変な立ちあげは、みんな50代、60代の前半だったから出きたと思います。
もし、他の場所にまた立ち上げるとなると、「勘弁してください」状態のわたしたち。

しかし、4年間運営し続けてこれたのは、みんなの力ですね。

全くの無償ポランテイァ集団ですから。

まあ、楽しいからできるんですよね。

おばちゃんが9割、おじちゅんが1割のボランティア集団ですが、会議となると
「よく、しゃべる」「うるさい」団体です(笑)

まあ、みんなこんなうるさいくらい元気だから成立しているわけで。

でも、みんな節度はあるから、喧嘩はないしね。

意見の対立はちょっとくらいあるけど、みんな「それなりに折れて」やってます。

今会員は、20人くらい。
イベントの時は、20人+30人くらいの人が協力してくれます。

みんな、自分たちの住んでいるところが「住みやすく、楽しいところ」にしたいだけ。

ある意味、人のためじゃなく、自分のためにしているようなもの。

私のかかわっている健康麻雀は、ポランティアを除いて35人くらいの人たちが毎週400円を出して参加してくださってます。

皆様「400円で半日好きな麻雀ができて、ボケ防止になり、また普段話さないような人たちと関われて、ほんに安い、安い」と感謝してくださいます。

ありがたい。

健康麻雀のお世話をしている私たち5人に
「作っている野菜」「作っている新米」「どこかに行ったお土産」などをくださる方々。

健康麻雀は「飲まない、吸わない、賭けない」なので、みんな和気あいあい。

「負けても、お金も命も取られるわけじゃないしね~」と笑いながらも
「自分は麻雀が強いんだ」という自負は強いから、実は負けたくないんよ。

以前「健康麻雀はお金も賭けずに大の大人がやるわけだから、プライドを賭けてやりましょう」と私が言ったら、大拍手がありました。

点数も毎回つけて、三か月集計で上位から決戦大会をして賞品を出してます。
一年の集計萠出、賞品を出してます。

こうしないと、プライドの賭け方がないもんね。

ら・ふいっとHOUSEはそれ以外に
「週一のランチ」
「親子deカフェ」
「着物リフォーム洋裁教室」
「フラワーアレンジ教室」
「男性介護者のつどい」
「土曜楽市参加」
「貸し部屋方式」
などをやってます。

マスコミで、正式に発表があったので、今回のアワード受賞一覧表を載せておきますね。
d0137664_1201259.jpg

[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-15 12:02 | ボランティア

お義母さんが、やってくる

11月11日(金)~14日(月)
九州の義母と義妹夫婦三人が我が家に来ます。

義妹が「コントラクトブリッジ」というのを趣味でやってるんですよ。
その大会が12日・13日と広島で開催されるので、来るわけなんです。

コントラクトブリッジは、トランプゲームの中で唯一、国際共通ルールが確立しているゲーム。
「地域によってルールが違う」ということはありません。
だから、世界中どこへ行っても、初めて会う人とでも、楽しむことができるのです。

というわけで、日本各地の大会に出てるんです。
韓国でも、シンガポールでも楽しんでいる彼女です。

もともとは、「ボケ防止」に始めたんだけど、すっかりはまったみたいです。
もう20年くらいかな~

確かに頭を使うので、「ボケ防止」にもなるし、いろんな人と知り合うし、楽しいみたいですよ。

こんな説明がありました。

コントラクトブリッジでは、単純なトリックテイキングゲームを「運の要素を極力排除し、技術を競う公平で知的なゲーム」とするために、「オークション」をはじめ詳細なルールが決められていますが、初めからすべてを覚える必要はありません。まず参加して楽しんでみてください。
オークションの過程や場に出されたカードから相手の手の内を読み、最善の戦略を組み立てていく…。推理力や記憶力、集中力を駆使した戦いが、静かに、しかしスリリングに繰り広げられます。やればやるほど知的好奇心が刺激され、面白さが増す──そんな奥深さがブリッジの魅力です。
もうひとつの大きな魅力は、2対2で対戦するという点にあります。
ルールを守りながらパートナーとうまく情報交換し、協力し合わなければ良い結果は得られません。そこにおのずと思いやりの気持ちが生まれ、また楽しみをともにすることによって、初めて出会う人ともすぐに仲良くなれる…、欧米では「社交上必須のたしなみ」とさえ言われるゆえんです。

昔見た映画で、イギリスの上流階級の人たちが確かにブリッジしてました。

というわけで、明日からけっこう忙しいわたくしであります。
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-10 21:22 | 家族の出来事

瀬戸内芸術祭 2016 犬島 ランチ

なぜに、また犬島??

それは、小豆島から宝伝港に行くには、犬島経由しかないんです。
宝伝港に車を置いてると、どうしてもこの経路。

で、12時35分に犬島について、13時20分犬島発に乗らないといけないから、忙しい?

だんだん高速艇に詳しくなってきたから、自らおねえちゃんに「宝伝港行も整理券いるの?」と聞いてしまったわ。

「いりません」とのこと。

なるほどね、10分で着くから積み残しが出てもピストンしてくれるらしい。

豊島・直島行は「整理券いりまよ~」とおねえちゃん叫んでました。

さて、予定では犬島チケットセンターのカフェで「たこめしセット」を食べる予定。

ところが、非情にも「売り切れ」
とほほ

でも、安心してください。
港のへりに何件かカフェ&軽食家があるのを主人がみつけてました。
やるね~

treesで、チキンカレーを食べようと入ると、満席。
とほほ

その先に「そば」の旗がパタパタ

結局、そこに入りましたが、ここが意外に穴場。

あまりおしゃれ感がないせいか、少し奥まっているせいか、人が少ない。

主人「ざるそばと穴子めしのセット」
私「サーモンといくら丼」
娘「ざるそばとサーモンといくら丼セット」
婿「穴子めし」
と、四人バラバラ。
時間がないのに、意外とのんきな四人

で、一番正解だったのは、婿。
「穴子めし」が非常においしかったらしい。
主人も「おいしい」とのこと。

「ざるそば」は娘曰く、失敗
そりゃあ、そうよね。
「そば」なんて島で作ってないし・・・

「サーモンといくら丼」も失敗
そりゃあ、そうよね。
サーモンもいくらも瀬戸内海で採れないもんね。

「穴子」は瀬戸内海の名物だったわ
そりゃあ、そうよね。
美味しいはずよね。
ちなみに、私が食べた「サーモンといくら丼」
d0137664_22352914.jpg


犬島からの宝伝港行は意外に多くて、またもや立つはめに。

そんな、こんなで「瀬戸内芸術祭2016」の旅も終了

読んでくださった方々、ありがとう
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-08 10:21 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 小豆島 アート作品

小豆島はそんなに大きな島ではありませんが、高速艇の時間の関係でタクシー移動にしました。

まずは、ペンションから土庄本町へ

小豆島八十八箇所の西光寺周辺は、昔懐かしい街並みが残る地域「迷路のまち」です。

海賊から島民の生活を守るため、また海風から建物や日常生活を守るために意図的に作られた複雑な路地が「迷路」のように入り組んでます。

タクシーの運転手が「ここが一番有名な場所です」と教えてくれたました。
路地がわからなくなったら、西光寺を目印にしたらいいそうです。
d0137664_21533929.jpg

確かに有名な場所らしく、二人くらいこの風景を絵に描いてるおじちゃんがいました。

目的地は 作品番号072の「目」です。
迷路のまち~変幻自在の路地空間~

この「目」という作品会場は二か所あります。
d0137664_2155483.jpg

これが一つめ。
ここは、空間が狭いので荷物を預かってくれます。
これが非常に助かりました。

犬島からの高速艇がアトラクション並みでしたが、この「目」もアトラクション並みに面白い

二つめ。
d0137664_21581623.jpg
左下に見えるスリッパ?に履き替えて中に入ります。
d0137664_21582550.jpg

中の仕掛けについては、行く人がいたらいけないので書きませんね。
楽しんで来てください。

私は好きでした。
面白かったわ。

次は「土庄郵便局アートプロジェクト」に行きましたが、これは・・・
d0137664_2201712.jpg
局舎の外壁に年賀切手をちりばめ、局舎そのものをシンボル化しているのですが・・・

娘たちの年とわたしたちの年の切手は見つかりませんでした。
ちなみに、息子と嫁のはありました。なぜ???
d0137664_2224224.jpg
偶然、二人のは並んで貼ってあります。なぜ???

次は、大岩オスカールの「大岩島」
これは、私は全くノーマークだったのですが、婿が「面白いらしい」というので行ったのですが、面白かったわ~

町役場裏にある旧醤油倉庫に半径約6メートルの宇宙船のようなエア・ドームを展示。
ドームの中に入ると瀬戸内海の風景をマーカーで書いた360度パノラマの世界
入り口
d0137664_2264464.jpg
スリッパ、履けません
d0137664_2271560.jpg
d0137664_2273383.jpg
ドア、開きます(笑)
マーカーで描いてるのが、すごいね~

最後は、土庄港

チェ・ジョンファ 「太陽の贈り物」
d0137664_2285393.jpg
d0137664_229845.jpg
「オリーブの島」小豆島の玄関口でふる土庄港に、オリーブの葉を組んで王冠の形に仕立てた彫刻作品
d0137664_22105779.jpg
金色に輝く葉は、島の子どもたちの海へのメッセージが刻まれてます。
ちょっと、感動・・・

またまた、アトラクション並みの高速艇で犬島へ
でも、お天気がよくて風がなかったせいか、昨日のようには揺れませんでした。
残念なような嬉しいような・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-07 10:47 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 小豆島 カントリーインザホワイトマリーン

今回は、「おいしいイタリア料理」のペンションに予約しました。

一泊二食で、一人13500円(税込み)です。
(一泊朝食のみだと、9000円らしいです)

土庄港から、タクシーで970円。5分くらいかな???

小高い丘の上にあり、海がきれいに見えるペンションです。
d0137664_22514675.jpg

この写真ではわかりにくいですが、かなり大きい建物です。
この日も満室らしく、わたしたちは別棟でした。
d0137664_22524896.jpg

わたしたち夫婦が2階で、娘たちが1階
廊下も素敵
d0137664_2255078.jpg


部屋の中はこんな感じ
d0137664_22552593.jpg

窓の外は、海がきれいに見えます。

夕食は、六時半から
まずは前菜
「かんぱち、たちうお、たい、さわらのカルパッチョ」
スパイスが効いたソースが美味しかった
せっかくなので、ビールと白ワインを注文

d0137664_22584770.jpg
写し忘れてますが、フランスパンが美味しかった
温めてあって、自家製のパンでした。
パスタは3種類から選べるのですが、我が家は全員「イカスミのパスタ」
全員で食べると「おはぐろ状態」も怖くない。
このパスタ、すごくおいしかった
d0137664_2303254.jpg

メインは、お魚かお肉が選べるのですが、我が家は全員「お肉」
これが、またすごくおいしかった
d0137664_2311710.jpg
お肉なら赤ワインがいいよね~
と、のん兵衛の我が家は赤ワインも注文
デザートと飲み物
d0137664_231447.jpg


朝食はこんな感じ
d0137664_20592585.jpg

朝食のパンも自家製なのか、とても美味しかったです。

フルーツも、種類も豊富で食べやすく手を入れてあり、とても美味しかったです。

このペンションは、リピーターも多いとのこと。
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-06 10:47 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 小豆島

以前、もんポコさん、りっちゃんの三人で行ったことのある「小豆島」

あの時とは、また違った「小豆島」を体験。

以前は宇野港から大きなフェリーで行きましたが、今回は犬島からなので、小さい高速艇

宝伝港から犬島に着いたとき、「帰りに小豆島に行かれる方は整理券をもらってください」と案内があったんですよ。
「整理券がないと、船に乗れないことがあります」とおねえちゃんが叫んでました。

当然整理券はもらって、犬島美術館のチケットを買うところで一緒に船のチケットも購入してました。

宝伝港から犬島まで、300円。所要時間10分

犬島から小豆島の土庄港まで、1200円。所要時間25分

値段は4倍なのに、時間は2倍半

なぜに???

犬島から乗る高速艇は、かなり「でかい」んだ。
と四人で勝手に推測。

このあたりが、初めて経験する者の「甘さ」ですね。

待ち時間がたっぷりあったから、待合室で「のんびり」していると
「船がきたね」と若いおねえちゃんたちが急いで待合室を出るんよ。

「なんで、あんなに急いで行くのかね~」とのんびり出てみると、びっくり。

桟橋にずらっーーーーと人が並んでます。

でも、大きい船だから大丈夫、
と、思ったらーーー!!!!

来るときに乗ってきたのと、そう大してかわらない。

急いで並んだものの、25分立っているのはつらい。
なんとか、座れるだろうかーー

ぎりぎりセーフで、別々だけと座れました。

しかし、小豆島への最終便だからなのか、補助席使って、そしてぎっしり立人。

これだけでも、驚きなのに、10分くらい経過してから、ものすごい揺れ。

「まるで、アトラクションみたいだね~」と立っているおねえちゃんも驚きの表情。

大きな船と遭遇して大きな波が来たから「揺れた」説
風がきつい日だったので、「揺れた」説

なんにせよ、スピードもすごくて揺れもすごくて、ほんと「アトラクション」
怖かったーーーー!!!

距離は値段同様4倍あるのに、時間は2倍半で走行してるんだもん。
立っていたら、この年ではきつかったはず。

なんにせよ、小豆島へのスタートは「アトラクション」

小豆島での家プロジェクトも・・・
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-05 11:56 | 国内旅行

瀬戸内芸術祭 2016 犬島精練所美術館 カフェ

犬島の島犬まで行くと、ほぼ家プロジェクト終了です。

そんな小さな島です。

お天気もよくて、車も通らない細い道を島の端から端まで歩くのは、とても気持ちのよいことでした。
後でわかったのですが、土曜日というのがよかったです。
日曜日は土曜日の4倍くらいの賑わいでした。

民家もほとんど廃墟となっていて、木々だけは大きく茂り、静かなのんびとした散策になりました。

で、疲れたので美術館のカフェに戻りました。

直島・豊島美術館のカフェに比べる、すごく小さいカフェでした。

飲み物とドーナツとアイスクリームくらいしかありません。

三人は珈琲、私は紅茶
そして、このドーナツ
d0137664_21524359.jpg


そして、椅子とテーブルは戸外です。
座ったところから撮った写真
d0137664_215326100.jpg
四時くらいでしたが、風もあり、少し肌寒い犬島美術館のカフェでした。
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-11-04 17:44 | 国内旅行