ら・ふいっとHOUSE 「厚生労働大臣賞」受賞

第5回 健康寿命をのばそう! アワード
という、全国的なもので「厚生大臣賞」の最優秀賞に私のかかわっている
「ら・ふぃっとHOUSE」が受賞しました。

理事の河井さんが東京の丸ビルで行われた授賞式で賞を受け取って帰っているはずです。

ほんとは、松尾ねえさんと私も行きたかったのですが、
松尾ねえさんは「民生委員の旅行」
私は「義母さんたちがやってくる行事」
で、行けなくてね~

河井理事曰く「いいもん、寂しく駅弁と仲良くしてくるもん」

ら・ふぃっとHOUSEを立ち上げたのは、ちょうど4年前の10月。
あの時は、私も58歳
まだ元気でしたね。

今借りている ら・ふぃっとHOUSEの大家さんが「申し訳ないけど、返却してください」と言われたら、それは仕方ないこと。

格安のお値段で借りている一軒家。

しかし、5年間「空き家」だった家でした。
家の中もお庭もかなり混乱していて、お掃除は立ちあげたときの15人くらいで、頑張りました。

あの大変な立ちあげは、みんな50代、60代の前半だったから出きたと思います。
もし、他の場所にまた立ち上げるとなると、「勘弁してください」状態のわたしたち。

しかし、4年間運営し続けてこれたのは、みんなの力ですね。

全くの無償ポランテイァ集団ですから。

まあ、楽しいからできるんですよね。

おばちゃんが9割、おじちゅんが1割のボランティア集団ですが、会議となると
「よく、しゃべる」「うるさい」団体です(笑)

まあ、みんなこんなうるさいくらい元気だから成立しているわけで。

でも、みんな節度はあるから、喧嘩はないしね。

意見の対立はちょっとくらいあるけど、みんな「それなりに折れて」やってます。

今会員は、20人くらい。
イベントの時は、20人+30人くらいの人が協力してくれます。

みんな、自分たちの住んでいるところが「住みやすく、楽しいところ」にしたいだけ。

ある意味、人のためじゃなく、自分のためにしているようなもの。

私のかかわっている健康麻雀は、ポランティアを除いて35人くらいの人たちが毎週400円を出して参加してくださってます。

皆様「400円で半日好きな麻雀ができて、ボケ防止になり、また普段話さないような人たちと関われて、ほんに安い、安い」と感謝してくださいます。

ありがたい。

健康麻雀のお世話をしている私たち5人に
「作っている野菜」「作っている新米」「どこかに行ったお土産」などをくださる方々。

健康麻雀は「飲まない、吸わない、賭けない」なので、みんな和気あいあい。

「負けても、お金も命も取られるわけじゃないしね~」と笑いながらも
「自分は麻雀が強いんだ」という自負は強いから、実は負けたくないんよ。

以前「健康麻雀はお金も賭けずに大の大人がやるわけだから、プライドを賭けてやりましょう」と私が言ったら、大拍手がありました。

点数も毎回つけて、三か月集計で上位から決戦大会をして賞品を出してます。
一年の集計萠出、賞品を出してます。

こうしないと、プライドの賭け方がないもんね。

ら・ふいっとHOUSEはそれ以外に
「週一のランチ」
「親子deカフェ」
「着物リフォーム洋裁教室」
「フラワーアレンジ教室」
「男性介護者のつどい」
「土曜楽市参加」
「貸し部屋方式」
などをやってます。

マスコミで、正式に発表があったので、今回のアワード受賞一覧表を載せておきますね。
d0137664_1201259.jpg

[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-11-15 12:02 | ボランティア | Comments(2)

お義母さんが、やってくる

11月11日(金)~14日(月)
九州の義母と義妹夫婦三人が我が家に来ます。

義妹が「コントラクトブリッジ」というのを趣味でやってるんですよ。
その大会が12日・13日と広島で開催されるので、来るわけなんです。

コントラクトブリッジは、トランプゲームの中で唯一、国際共通ルールが確立しているゲーム。
「地域によってルールが違う」ということはありません。
だから、世界中どこへ行っても、初めて会う人とでも、楽しむことができるのです。

というわけで、日本各地の大会に出てるんです。
韓国でも、シンガポールでも楽しんでいる彼女です。

もともとは、「ボケ防止」に始めたんだけど、すっかりはまったみたいです。
もう20年くらいかな~

確かに頭を使うので、「ボケ防止」にもなるし、いろんな人と知り合うし、楽しいみたいですよ。

こんな説明がありました。

コントラクトブリッジでは、単純なトリックテイキングゲームを「運の要素を極力排除し、技術を競う公平で知的なゲーム」とするために、「オークション」をはじめ詳細なルールが決められていますが、初めからすべてを覚える必要はありません。まず参加して楽しんでみてください。
オークションの過程や場に出されたカードから相手の手の内を読み、最善の戦略を組み立てていく…。推理力や記憶力、集中力を駆使した戦いが、静かに、しかしスリリングに繰り広げられます。やればやるほど知的好奇心が刺激され、面白さが増す──そんな奥深さがブリッジの魅力です。
もうひとつの大きな魅力は、2対2で対戦するという点にあります。
ルールを守りながらパートナーとうまく情報交換し、協力し合わなければ良い結果は得られません。そこにおのずと思いやりの気持ちが生まれ、また楽しみをともにすることによって、初めて出会う人ともすぐに仲良くなれる…、欧米では「社交上必須のたしなみ」とさえ言われるゆえんです。

昔見た映画で、イギリスの上流階級の人たちが確かにブリッジしてました。

というわけで、明日からけっこう忙しいわたくしであります。
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-11-10 21:22 | 家族の出来事 | Comments(0)

瀬戸内芸術祭 2016 犬島 ランチ

なぜに、また犬島??

それは、小豆島から宝伝港に行くには、犬島経由しかないんです。
宝伝港に車を置いてると、どうしてもこの経路。

で、12時35分に犬島について、13時20分犬島発に乗らないといけないから、忙しい?

だんだん高速艇に詳しくなってきたから、自らおねえちゃんに「宝伝港行も整理券いるの?」と聞いてしまったわ。

「いりません」とのこと。

なるほどね、10分で着くから積み残しが出てもピストンしてくれるらしい。

豊島・直島行は「整理券いりまよ~」とおねえちゃん叫んでました。

さて、予定では犬島チケットセンターのカフェで「たこめしセット」を食べる予定。

ところが、非情にも「売り切れ」
とほほ

でも、安心してください。
港のへりに何件かカフェ&軽食家があるのを主人がみつけてました。
やるね~

treesで、チキンカレーを食べようと入ると、満席。
とほほ

その先に「そば」の旗がパタパタ

結局、そこに入りましたが、ここが意外に穴場。

あまりおしゃれ感がないせいか、少し奥まっているせいか、人が少ない。

主人「ざるそばと穴子めしのセット」
私「サーモンといくら丼」
娘「ざるそばとサーモンといくら丼セット」
婿「穴子めし」
と、四人バラバラ。
時間がないのに、意外とのんきな四人

で、一番正解だったのは、婿。
「穴子めし」が非常においしかったらしい。
主人も「おいしい」とのこと。

「ざるそば」は娘曰く、失敗
そりゃあ、そうよね。
「そば」なんて島で作ってないし・・・

「サーモンといくら丼」も失敗
そりゃあ、そうよね。
サーモンもいくらも瀬戸内海で採れないもんね。

「穴子」は瀬戸内海の名物だったわ
そりゃあ、そうよね。
美味しいはずよね。
ちなみに、私が食べた「サーモンといくら丼」
d0137664_22352914.jpg


犬島からの宝伝港行は意外に多くて、またもや立つはめに。

そんな、こんなで「瀬戸内芸術祭2016」の旅も終了

読んでくださった方々、ありがとう
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-11-08 10:21 | 国内旅行 | Comments(0)

瀬戸内芸術祭 2016 小豆島 アート作品

小豆島はそんなに大きな島ではありませんが、高速艇の時間の関係でタクシー移動にしました。

まずは、ペンションから土庄本町へ

小豆島八十八箇所の西光寺周辺は、昔懐かしい街並みが残る地域「迷路のまち」です。

海賊から島民の生活を守るため、また海風から建物や日常生活を守るために意図的に作られた複雑な路地が「迷路」のように入り組んでます。

タクシーの運転手が「ここが一番有名な場所です」と教えてくれたました。
路地がわからなくなったら、西光寺を目印にしたらいいそうです。
d0137664_21533929.jpg

確かに有名な場所らしく、二人くらいこの風景を絵に描いてるおじちゃんがいました。

目的地は 作品番号072の「目」です。
迷路のまち~変幻自在の路地空間~

この「目」という作品会場は二か所あります。
d0137664_2155483.jpg

これが一つめ。
ここは、空間が狭いので荷物を預かってくれます。
これが非常に助かりました。

犬島からの高速艇がアトラクション並みでしたが、この「目」もアトラクション並みに面白い

二つめ。
d0137664_21581623.jpg
左下に見えるスリッパ?に履き替えて中に入ります。
d0137664_21582550.jpg

中の仕掛けについては、行く人がいたらいけないので書きませんね。
楽しんで来てください。

私は好きでした。
面白かったわ。

次は「土庄郵便局アートプロジェクト」に行きましたが、これは・・・
d0137664_2201712.jpg
局舎の外壁に年賀切手をちりばめ、局舎そのものをシンボル化しているのですが・・・

娘たちの年とわたしたちの年の切手は見つかりませんでした。
ちなみに、息子と嫁のはありました。なぜ???
d0137664_2224224.jpg
偶然、二人のは並んで貼ってあります。なぜ???

次は、大岩オスカールの「大岩島」
これは、私は全くノーマークだったのですが、婿が「面白いらしい」というので行ったのですが、面白かったわ~

町役場裏にある旧醤油倉庫に半径約6メートルの宇宙船のようなエア・ドームを展示。
ドームの中に入ると瀬戸内海の風景をマーカーで書いた360度パノラマの世界
入り口
d0137664_2264464.jpg
スリッパ、履けません
d0137664_2271560.jpg
d0137664_2273383.jpg
ドア、開きます(笑)
マーカーで描いてるのが、すごいね~

最後は、土庄港

チェ・ジョンファ 「太陽の贈り物」
d0137664_2285393.jpg
d0137664_229845.jpg
「オリーブの島」小豆島の玄関口でふる土庄港に、オリーブの葉を組んで王冠の形に仕立てた彫刻作品
d0137664_22105779.jpg
金色に輝く葉は、島の子どもたちの海へのメッセージが刻まれてます。
ちょっと、感動・・・

またまた、アトラクション並みの高速艇で犬島へ
でも、お天気がよくて風がなかったせいか、昨日のようには揺れませんでした。
残念なような嬉しいような・・・
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-11-07 10:47 | 国内旅行 | Comments(0)

瀬戸内芸術祭 2016 小豆島 カントリーインザホワイトマリーン

今回は、「おいしいイタリア料理」のペンションに予約しました。

一泊二食で、一人13500円(税込み)です。
(一泊朝食のみだと、9000円らしいです)

土庄港から、タクシーで970円。5分くらいかな???

小高い丘の上にあり、海がきれいに見えるペンションです。
d0137664_22514675.jpg

この写真ではわかりにくいですが、かなり大きい建物です。
この日も満室らしく、わたしたちは別棟でした。
d0137664_22524896.jpg

わたしたち夫婦が2階で、娘たちが1階
廊下も素敵
d0137664_2255078.jpg


部屋の中はこんな感じ
d0137664_22552593.jpg

窓の外は、海がきれいに見えます。

夕食は、六時半から
まずは前菜
「かんぱち、たちうお、たい、さわらのカルパッチョ」
スパイスが効いたソースが美味しかった
せっかくなので、ビールと白ワインを注文

d0137664_22584770.jpg
写し忘れてますが、フランスパンが美味しかった
温めてあって、自家製のパンでした。
パスタは3種類から選べるのですが、我が家は全員「イカスミのパスタ」
全員で食べると「おはぐろ状態」も怖くない。
このパスタ、すごくおいしかった
d0137664_2303254.jpg

メインは、お魚かお肉が選べるのですが、我が家は全員「お肉」
これが、またすごくおいしかった
d0137664_2311710.jpg
お肉なら赤ワインがいいよね~
と、のん兵衛の我が家は赤ワインも注文
デザートと飲み物
d0137664_231447.jpg


朝食はこんな感じ
d0137664_20592585.jpg

朝食のパンも自家製なのか、とても美味しかったです。

フルーツも、種類も豊富で食べやすく手を入れてあり、とても美味しかったです。

このペンションは、リピーターも多いとのこと。
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-11-06 10:47 | 国内旅行 | Comments(0)

瀬戸内芸術祭 2016 小豆島

以前、もんポコさん、りっちゃんの三人で行ったことのある「小豆島」

あの時とは、また違った「小豆島」を体験。

以前は宇野港から大きなフェリーで行きましたが、今回は犬島からなので、小さい高速艇

宝伝港から犬島に着いたとき、「帰りに小豆島に行かれる方は整理券をもらってください」と案内があったんですよ。
「整理券がないと、船に乗れないことがあります」とおねえちゃんが叫んでました。

当然整理券はもらって、犬島美術館のチケットを買うところで一緒に船のチケットも購入してました。

宝伝港から犬島まで、300円。所要時間10分

犬島から小豆島の土庄港まで、1200円。所要時間25分

値段は4倍なのに、時間は2倍半

なぜに???

犬島から乗る高速艇は、かなり「でかい」んだ。
と四人で勝手に推測。

このあたりが、初めて経験する者の「甘さ」ですね。

待ち時間がたっぷりあったから、待合室で「のんびり」していると
「船がきたね」と若いおねえちゃんたちが急いで待合室を出るんよ。

「なんで、あんなに急いで行くのかね~」とのんびり出てみると、びっくり。

桟橋にずらっーーーーと人が並んでます。

でも、大きい船だから大丈夫、
と、思ったらーーー!!!!

来るときに乗ってきたのと、そう大してかわらない。

急いで並んだものの、25分立っているのはつらい。
なんとか、座れるだろうかーー

ぎりぎりセーフで、別々だけと座れました。

しかし、小豆島への最終便だからなのか、補助席使って、そしてぎっしり立人。

これだけでも、驚きなのに、10分くらい経過してから、ものすごい揺れ。

「まるで、アトラクションみたいだね~」と立っているおねえちゃんも驚きの表情。

大きな船と遭遇して大きな波が来たから「揺れた」説
風がきつい日だったので、「揺れた」説

なんにせよ、スピードもすごくて揺れもすごくて、ほんと「アトラクション」
怖かったーーーー!!!

距離は値段同様4倍あるのに、時間は2倍半で走行してるんだもん。
立っていたら、この年ではきつかったはず。

なんにせよ、小豆島へのスタートは「アトラクション」

小豆島での家プロジェクトも・・・
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-11-05 11:56 | 国内旅行 | Comments(0)

瀬戸内芸術祭 2016 犬島精練所美術館 カフェ

犬島の島犬まで行くと、ほぼ家プロジェクト終了です。

そんな小さな島です。

お天気もよくて、車も通らない細い道を島の端から端まで歩くのは、とても気持ちのよいことでした。
後でわかったのですが、土曜日というのがよかったです。
日曜日は土曜日の4倍くらいの賑わいでした。

民家もほとんど廃墟となっていて、木々だけは大きく茂り、静かなのんびとした散策になりました。

で、疲れたので美術館のカフェに戻りました。

直島・豊島美術館のカフェに比べる、すごく小さいカフェでした。

飲み物とドーナツとアイスクリームくらいしかありません。

三人は珈琲、私は紅茶
そして、このドーナツ
d0137664_21524359.jpg


そして、椅子とテーブルは戸外です。
座ったところから撮った写真
d0137664_215326100.jpg
四時くらいでしたが、風もあり、少し肌寒い犬島美術館のカフェでした。
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-11-04 17:44 | 国内旅行 | Comments(0)

瀬戸内芸術祭 2016 犬島 家プロジェクト

直島、豊島同様、犬島も家プロジェクトが点在しています。
d0137664_21153350.jpg
d0137664_21154712.jpg
d0137664_21155957.jpg
d0137664_21181860.jpg
同じ作家の作品です。

123番の方がなぜか人気で、若い人たちがたくさん写真を撮ってました。

でも、私は121番が好きだわ~

d0137664_21235272.jpg

妹島和世
2010年 - 女性として2人目、また日本人女性として1人目にして唯一(2016年現在)のプリツカー賞受賞の作家
1995年 - SANAAを西沢立衛と共に設立する
d0137664_2124835.jpg


d0137664_21345591.jpg
建物の中に、細いロープで張られたハンモックがあります。
ここにのると、かなり気持ちよかったです。
d0137664_2135864.jpg


d0137664_21362132.jpg
犬島の島犬です。
原型は他の場所で作られ船で運ばれ、その上に備前焼を張り付けてます。
おバカな家族三人です。
d0137664_21374140.jpg


d0137664_2138453.jpg
d0137664_21381912.jpg


d0137664_21385330.jpg
このあたりになると、何を感じればいいのかわからないわ~
d0137664_21393294.jpg

[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-11-03 17:09 | 国内旅行 | Comments(0)

瀬戸内芸術祭 2016 犬島 ウキカフェ(Ukicafe)

犬島は、岡山唯一の有人島らしいのですが、人口50人くらい。

芸術祭がないときは、そんなに來島者もいないよね~

ってわけかどうかわかりませんが、あまりランチできる場所がありません。

美術館を見て、家プロジェクトを見つつ、「ウキカフェ」を発見。
d0137664_22332716.jpg

私たちの前の方で、満席。

全部で4卓しかないから、すぐ満席になります(笑)

3分も待つと空きました。ラッキー

島旅のよさは、「車じゃないから、全員飲める」
なんとまあ、のん兵衛な家族。

メニューもこんな感じでかわいい
d0137664_2247212.jpg


私は、左のモヒート。
残りの3人は、右のビール
d0137664_2238866.jpg
ミント満載のモヒートはおいしかったです。

ウキカフェは、自家製の野菜を使用してます。
ミントもお庭にありました。

パスタは二種類しかありません。
両方とも、サラダ付き
d0137664_22422040.jpg


ほうれんそうソース、じゃがいも入りパスタは、とても美味しかった
d0137664_22403235.jpg


こちらは、トマトソース
d0137664_2241536.jpg


トイレのドアが「緑色の黒板」でした。
お客の外国人の子供たちがなにやら書いてましたよ。

長居をしたいけど、次から次にお客が来られて、みんな待ってます。

というわけで、デザートはなしで退席。
残念
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-11-02 10:29 | 国内旅行 | Comments(0)

瀬戸内芸術祭 2016 犬島精練所美術館

犬島精練所美術館、とてもよかったです。

お天気もよく、犬島精練所美樹幹までの海沿いの広場を歩くとき、あまりに気持ちよくて写真撮るのを忘れてました。
d0137664_21275467.jpg


d0137664_21284440.jpg

d0137664_2143196.jpg
この錆びたおしゃれな門を通ると、犬島精練所美術館となります。

全体像は、お借りした写真で
d0137664_21451087.png


d0137664_21315150.jpg
真ん中のガラス張りのところが美術館になります。

「犬島精錬所美術館」の内部は、撮影禁止なので画像はないんですよ。

この美術館のすごいところは、
内部の作りは、「太陽や地熱などの自然エネルギーを利用した環境に負荷を与えない」というコンセプト。

ここの空調システムに電気は一切使われていないんです
冷・暖房設備はありません。
空気の温度差を作り出し対流させる「自然の力」で適温を保っているそうです。
このシステムに、煙突やカラミ煉瓦も重要な役割を果たしているらしいです。

電気を使わなくても、自然の力だけで部屋の温度や空気の流れを最適にすることができるんですね。

そして排水は、植物の力を借りて浄化する高度なシステムが使われています。
その水で瀬戸内の気候に適した樹木を育てているそうです。
つまり、人の排泄物が多くなると、植物の養分が増え、水の浄化作用が促進、そして木が育つという循環が生まれる仕組みです。

”人間も地球の素材の一つ”、設計された建築家の三分一博志(さんぶいち ひろし)氏の思想が形になった美術館です。

銅の精錬所としてわずか10年で休業、それから約90年放置していたという日本の近代化のエゴイズムに警鐘を鳴らしているように感じてしまいました。

娘と二人で、「ここはまるでナウシカの世界じゃね」と話しましたが、廃墟の再生はまさにジブリと重なりますよ。

d0137664_21542217.jpg

d0137664_2154434.jpg
d0137664_21551978.jpg
自然木々も雄大で、とにかく何かを感じさせる美術館です。

内部の展示については、行って楽しんでください。

とにかく、この美術館はお薦めです。

トイレがまたユニークです。

まず、なぜかわかりませんが、逆方向に便器が設置されてます。
d0137664_21574462.jpg
うっかり鍵をかけ忘れても、背中が見えるということ。

しかも、隣とのしきりが一部ないんです。
でも、普通にしてたら隣は見えませんよ。
わかるかな?
d0137664_21585336.jpg


そして、壁にはこの美術館のエコシステムが絵になってます。
d0137664_21593996.jpg
この絵を見るために、壁に向かって座るようになってるのかしら・・・
d0137664_2211425.jpg


直島美術館も豊島美術館も好きですが、犬島精練所美術館はもっと好きです。

廃墟という「もの寂しさ」の中に、自然を貴重とした上質なセンスな匂いがして、ジブリ好きにはドンピシャな美術館でした。
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-11-01 18:24 | 国内旅行 | Comments(0)

瀬戸内芸術祭 2016 犬島精練所美術館 チケットセンター

宝伝港から犬島までは、定員80名の高速艇で10分

近いです。

宝伝港から、犬島の煙突が見えます。

まず迎えてくれるのが、港のすぐそばにある犬島精練所美術館チケットセンター
d0137664_21302555.jpg


コインロッカーもあります。
100円いれますが、後で返っている方式

犬島事態が、東京ドームの1.5倍しかない広さなので、当然チケットセンターもかなり小さい。

カフェが併設されてますが、あまりメニューはありません。
食事は「たこめしセット」と「キッシュ」の二種類。

トイレも一つしかなくて、いつも混雑してます。

ここにも、一つ展示作品がありました。

真っ暗な個室で、映像が展開されてますが、意外にこれが面白い。
両サイドに壁にくっついた椅子がありますが、最初は真っ暗で椅子の位置が把握しにくいですが、目が慣れてくると椅子がわかります。

そこに座って映像の移り変わりを見ていると、とてもきれいで癒されました。

犬島を見終わった後、
小豆島に行くための高速艇を待つのに時間があったから、飽きるほど見ました。
っていうか、少し飽きましたけどね。

それくらい長くこの作品の部屋におじゃましてしまいました(笑)

大概の方は、2分もあれば退室されてましたよ。あはは
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-31 21:22 | 国内旅行 | Comments(0)

瀬戸内芸術祭 2016 犬島・小豆島 宝伝港老人パワー

瀬戸内国際芸術祭は、美しい瀬戸内海の島々を舞台に3年に一度開催される現代アートの祭典です。

先回は、2013年10月26日(土)~10月27日(日)に直島・豊島に行ってます。

今回は、10月29日(土)~30日(日)犬島・小豆島です。

犬島って、ほとんどの人が知らないと思います。
以前から行きたかったのですが、どうせ行くなら「瀬戸内芸術祭」の時にと思いました。

なぜなら、犬島は宿泊施設がないので、他の島に泊まるしかありません。
しかし、直島は前回宿泊しているので二回も行くのは楽しくない。

となると小豆島くらいしか宿泊候補がない。
しかし、小豆島はすでに行ったことがあるから、何もないときには行きたくない。

瀬戸内芸術祭の開催時期は小豆島も、普段ない作家の展示があるわけなんです。

ってことで「犬島・小豆島」にGOGO。

29日、朝7時に我が家を出発。
娘夫婦をピックアップして、岡山の宝伝港へ

宝伝港の不安は、駐車場

なにせ、宝伝港は小さい

ネットで調べると宝伝港柿本駐車場と宝伝市営駐車場が出ました。

悩んだすえ、市営駐車場をナビにセット

11時発の高速艇に間に合うかが不安でしたが、10時30分に市営駐車場に到着

市営駐車場とは名ばかり(笑)
おじいちゃんが管理人

で、満車だとのこと

ひぇ〜

やはり、瀬戸内芸術祭会期中だからね
嫌な予感はしてたんよ

でも、大丈夫

もう一箇所を教えてくれたら、なんとそれが港に近い

ラッキー

で、そこで、一日500円、
2日で1000円

これは、別に驚かない

しかし、おばあちゃんが2人も出てきたんよ

なんとまあ、お年寄りてんこもり

その宝伝市営駐車場は
宝伝老人クラブが委託されてると、看板に書いてあったんよ

みんな80代の感じ(笑)
すごいわ〜

宝伝港だけで、話題はつきないわ

d0137664_20271972.jpg

[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-29 20:12 | 国内旅行 | Comments(0)

もんポコさんの作品展

佐伯区民センターのロビーで開催されている「染」の展示会に行ってきました。

時々、このブログのコメントにも登場の「もんポコさんの作品」です。
d0137664_1553019.jpg

私とるりさんも以前3年くらい習ってたけど、挫折。

もんポコさんは、頑張ってます。
しかも、最近は「染がたのしくなってきた」とのこと。

染は、私にはあまり適してなかったけど、趣味として楽しめるなんて素敵。

この作品は、今回の展示会の「はがき」になってました。
d0137664_159375.jpg

[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-28 15:08 | 個展・絵画展 | Comments(0)

美鈴が丘教室 10月作品

10月20日(金)
昨年11月に入会された、さっちゃんと朱実慧さんの「絵のモデル」を探すために団地内を散策

「桜の葉」を探して歩きました。
モデルに最適なのは、落ちたばかりの葉。
ほんとは、まだ幹にくっ付いてて紅葉しているのがいいのですが、背が低い私には、ちょっと無理。

近くのおうちの桜の木の葉は、あまり良いのがなくて、公園まで行ってみました。

これが、なかなか気持ちよかったです。

秋の天気の良い日の朝の九時くらいに公園散策は、とてもすがすがしいものでした。

美鈴が丘くらいの団地だと、草も木の葉もあるからいいですよ。

で、公園で拾った「桜の葉」
d0137664_2122271.jpg

こんなにいると、なかなかかわいい。

さっちゃんが描いた「桜の葉」
d0137664_2139308.jpg

朱実慧さんの描いた「桜の葉」
d0137664_21452810.jpg

いいですね~

そして、敏恵さんの「どんぐり」
d0137664_21421595.jpg

[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-23 21:40 | 絵の教室 | Comments(2)

朴葉みそ

信州に行かれた、やがちゃんの「お土産」
d0137664_21433321.jpg

「フライパンでできるらしいよ」とのことなので、今夜一枚だけやってみました。

お肉と白ネギとしいたけとえのきだけ。

出来上がりが、ちょっと「ぐっちゃ」になったので、写真はなし(笑)

でもお味噌がとてもおいしくて、味は良かったです。
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-17 21:41 | 嬉しいプレゼント | Comments(0)

叙々苑

広島に「叙々苑」がやってきたときに、近所の生協仲間と行ったのが8年前

あれから久しく行ってなかったんですが、去年・今年と行くたびに予約でいっぱいで入れませんでした。
広島に二店舗あるんだけど、どちらもけっこう多くて簡単に入れないんですよ。

ところが、10月15日(土)に、娘と出かけたとき
「ランチは叙々苑にしよう」と娘

「でも、多いんじゃない。もう11時30分だし」と私

まあ、行ってみようということになり、行ってみると、

なんと、人すくなっ!!!

どういうこと???

謎が解けました。

広島カープが1時30分から試合なわけよ。

広島のデパートも人すくなっ!!!

おかけで、久々の叙々苑「ステーキ焼肉ランチ」を堪能
d0137664_22183232.jpg
d0137664_22191670.jpg

ミックスキムチ、サラダ、ナムル、ステーキ焼肉、ライス、スープ、デザート、ドリンク
税込み 2200円

今回は、たまたま入れたけど、普段は予約必須です。
カープも勝って、日本シリーズに行けたけど、日ハムの大谷くんに勝てるかしら・・・
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-16 22:25 | グルメ | Comments(0)

世界のふりかけ

先日、息子が広島に帰省しました。
その時の「お土産」が、実に面白いというかなんというか。
d0137664_2362696.jpg
こんなの、初めて見ましたよね?

どんな味かしら・・・

もう一つのお土産は「リーフパイ」
d0137664_237248.jpg
これは、偶然6月の東京旅行で私が娘たちに買って帰ったパイです。

くんちゃんが「このパイの缶がいいのよ」と教えてくれたので、私は缶入りを買ったのですが、箱入りもあるんですね。
あの時は、缶入りしか目に入らなかったけど。

なんにせよ、「世界のふりかけ」は、うけました。
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-15 08:03 | 嬉しいプレゼント | Comments(0)

「湖畔工房染色展」八千代の丘美術館市民ギャラリー

むかし、むかし、「草木染」をほんの少し習ってました。

その関係で、案内状が届き、八千代の丘美術館に廿日市仲間と共に、行ってきました。
d0137664_22535116.jpg

このはがきの作品の題名は「春めく」(新県美展入選作品)

d0137664_2255314.jpg

正面の「滴」という作品が、現講師井上三津子先生のものです。

ランチは「道の駅舞ロード」のバイキング 1350円(税込み)
野菜の料理が充実してます。
たべきれないほどの種類。
私が食べたのは、ほんの一部
d0137664_2301322.jpg


久々の廿日市仲間との往復に時間は、あっという間でした。

おしゃべりしていると、すぐですね。

「今度はもっと遠くに行こう」と大笑いになりました。

るりさん、企画・運転ありがとう。
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-14 09:40 | 個展・絵画展 | Comments(0)

3TREE (スリーツリー)

主人と娘夫婦の四人で、鷹野橋の 3TREE (スリーツリー)というお店に行ってきました。

主人と娘たちは昼間に広島の女子サッカーチームの試合を観戦したんですよ。

アンジュヴィオレ広島という横川地域が支えている女子サッカーチームです。

主人がボランティアで日本語学校で外国人に日本語を教えてるんですよ。
そこの生徒さんに台湾人がいて、その子がサッカー選手なんですよ。

で、その子が台湾に帰国するので最後の試合をみんなで観に行ったわけです。

私はちょうど「らふぃっとHOUSE」の話し合いの日で、試合観戦はパスして、夕方合流したわけです。

試合が終わったあと、「どこで食事しようか~」と主人たちが試案していたら
日本語学校のほかのボランティアのおばちゃまたちが「けっこう、おいしいお店よ」
と、教えてくれたらしい。

料理もおいしかったけど、入り口の人形が超インパクトあり。
d0137664_22285097.jpg

ハロウィン一色。

で、この人形が人を探知すると、動くんですよ。
動くだけじゃなくて、しゃべるんですよ。
英語で(笑)
d0137664_22354684.jpg


目も光って、かなりの迫力よ

店内もハロウィンの飾りつけだし、音楽もハロウィン。
徹底してます。

なかなか面白いお店でした。

アメリカ料理、イタリアン
モーニング 7:30~11:00(LO.)
ランチ 11:00~15:00(LO.)
カフェタイム
14:00~17:00(LO.)(月~金)
15:00~17:00(LO.)(土日祝)
ディナー 17:00~22:00(LO.)
朝食営業、ランチ営業
定休日・無休

広島市国泰寺町2-4-11

082-236-9833
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-13 08:19 | グルメ | Comments(0)

マウイソープ・カンパニー(Maui Soap Company)

ハワイのオーガニックソープを主人が買ってきました。
若いお友達に頼まれたついでに我が家にも買ってきたわけです。

主人のような「おっさん」がハワイのハンドメイドソープが「ナチュラルでお肌に優しい」なんて、知るわけないじゃないですか~

かくいう私も、ハワイのハンドメイドソープがそんなに良いものとは、まったく知らず。

買ってきたときに、゜えっーーー、石鹸一個で800円???

って、驚きました。
なんと、日本で買うと2000円近くするらしい。

しかも、主人が買ってきたのは、
「ハワイのオーガニック・ハンドメイドソープ5選」の一つ
 マウイソープ・カンパニー(Maui Soap Company)のものでした。
びっくり
d0137664_2272752.jpg


d0137664_2274949.jpg


「アワプヒクァヒウィ」らしい。
なんじゃ、こりゃ。

で、二人で調べてみました。

d0137664_22121514.jpg
シャンプーやコンディショナーとして人気があります。花序をしぼると透明のぬるぬるな汁液は髪の毛を柔らかくさせます。

へぇ~
いろいろあるんだね。

他にもまだ別の植物の石鹸が3個くらい買ってきてます。

で、さっそく使ってみたのですが、二人の感想は
「良さが、よくわからん」

いつもどおり「猫に小判」「豚に真珠」の私たちでした。
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-12 12:01 | 嬉しいプレゼント | Comments(0)

東山魁夷展

10月9日(土)に行ってきました。
モンぽこさんに招待券を二枚もらっていたので、主人と鑑賞

盛況らしいので、9時30分には入ったんですが、けっこうな人気ぶり。
d0137664_21494429.jpg


唐招提寺障壁画全68面は広島では初公開らしい。

私は「道」が一番の目的でした。

「道」のはがきも買いましたが、2017年のカレンダーを購入。
864円だったかな???
かなりお得な気がしました。
「道」は五月でした。
d0137664_21551755.jpg

[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-11 21:55 | 個展・絵画展 | Comments(0)

東京旅行 3日目 銀座「伊東屋」「月光荘画材店}

最終日はあまり時間がないので、銀座散策

「伊東屋」
d0137664_16121124.jpg
おしゃれな文具屋

「月光荘画材店」
ここは、おすすめです。
くんちゃんの希望で行きましたが、楽しい空間です。狭いけど(笑)
d0137664_1615627.jpg
与謝野鉄幹さんがフランスのヴェルレーヌの詩「月光と人」から引用して、「月光荘」と名付ました。
現在のお店の入り口にある看板に書かれた「月光荘」の文字も、与謝野晶子さんによる直筆の書体です。
また、トレードマークである「友を呼ぶホルン」は、与謝野夫妻を中心とした当時の文化人グループ(小山内薫、芥川龍之介、島崎藤村、有島武郎、初代猿之助、森律子、藤島武二、岡田三郎助など30数名)の方々が一緒になって考案されたもので、音を奏でて多くの人に集ってもらいたいという願いが込められました。

で、私はこのバッグを
d0137664_1619756.jpg

主人にはこのバッグを
d0137664_16192854.jpg
買いました。

この後、銀座の路地の「蕎麦屋」でランチして東京駅へ

「大人の修学旅行」は終了しました。

なんと楽しい三日間だったことか。
和ちゃんが生きているうちに早く実現すればよかったのにね・・・
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-10 08:07 | 国内旅行 | Comments(0)

東京旅行 2日目 「新国立博物館」下北沢 自由が丘 渋谷「海月」

メトロポリタン丸の内の朝食はダイニング&バー 「テンクウ」
d0137664_15131554.jpg
和食・洋食ともに充実
私は一日目を洋食、二日目を和食にしました
d0137664_1537974.jpg


朝食がすむと、まずは2007年に六本木にオープンした「新国立美術館」へ
d0137664_15161112.jpg
「オルセー美術館・オランジェリー美術館所蔵 ルノワール展」を開催してました。

パリに行ったとき、オルセー美術館もオランジェリー美術館も行ってないので、ラッキー

しかも、日本に初来日の「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」が見れたんです。ラッキー

これが、ラッキーな三人
d0137664_15405464.jpg


お次は「下北沢」
まずはランチしましたが、お店の名前もお料理の名前も忘却の彼方
d0137664_15432968.jpg
d0137664_15444714.jpg

d0137664_1545577.jpg

下北沢って、若者の街だし、意外に小さい街なんですね。
で、なぜに「下北沢」に行ったかというと、私の希望なんです。

実は、息子はB-SIDE LABELというステッカー屋さんを社長のkuroさんと共に立ち上げました。最初は大阪で。

今では、全国のロフトとハンズに置いてあります。
東京に本社を移し、路面店を下北沢・原宿・吉祥寺・京都・名古屋と増やしていったのですが、「下北沢」が路面店の第1号なんてすよ。
で、行きたかったわけで、あべちゃんくんちゃん、付き合ってくれてありがとう。
これが「下北沢店」
d0137664_15452228.jpg


夕食は渋谷の「海月」
雑誌クウネルで紹介されていたお店です。
d0137664_15574440.jpg

下記のようなものを食べたり、飲んだり←忘却の彼方
d0137664_162335.jpg
d0137664_1624468.jpg
d0137664_1625770.jpg
香り高い多彩な葉野菜でつくる身体に優しい『海月サラダ』
d0137664_1631053.jpg
豆腐とひじきのコロッケ
d0137664_1632856.jpg

[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-09 08:34 | 国内旅行 | Comments(2)

東京旅行 1日目「武蔵野美術大学」「国分寺の下宿」

2019年6月8日(水)~6月10日(金)
JTB 「中四国発 エースセレクト東京JR」という内容の個人旅行
新幹線 広島・東京往復
ホテル メトロポリタン丸の内 2泊
56400円

仙台と小倉と広島の武蔵美の卒業生3人で行った
「大人の修学旅行」ですね。

ほんとは、千葉に住んでた和ちゃんと「いつか4人で武蔵美に行こう」と言ってたんです。
それが、昨年和ちゃんが突然亡くなったんです。

三人とも、とても唖然としてしまいした。

「いつか、会おうは絶対会えない。今、会おう」という話になり、2016年の6月8日に東京に集合

ホテルで待ち合わせて、武蔵野美大へ

東京駅から、中央線快速で国分寺駅で下車
国分寺から、 西武国分寺線「鷹の台」駅下車
「鷹の台」から美大行のバスが出てますが、徒歩で

途中で、仙台のあべちゃんの下宿を探すと、まだありました。
感激

玉川上水沿いを歩いて、武蔵野美大の正門に到着
後輩にあたる「そこを通りかかった」だけの美大生に写真を依頼(笑)
d0137664_22393371.jpg
修正したいほど、私の二の腕ふとっ!!!

「わたしたち、ここの卒業生なんよ」と、聞かれもしないのに語り掛けるおばちゃんズ

ほんとは、正門に守衛室があって「学生、学内関係者以外は守衛室にきてください」
みたいなことが書いてあったけど、無視。
さすが、おばちゃんズ

で、学内を歩く歩く。
わたしたちが一年生の時にすんでいた「女子寮」はなくなってました。

もう40年以上も前のことなんで「かなり覚えてない」状態の私。

しかし、仙台のあべちゃんと小倉のくんちゃんは、すご~く覚えてたわ
びっくり。

私が一番真面目に学業に励んでなかったことを自覚しました。

で、武蔵美には二つ学食があるんだけど、「おしゃれな方の学食・鷹の台ホール」へ行くことに。

ここでも、唖然。

18歳のころは「おしゃれな学食」と思ってたけど、今見ると「わりと普通の学食」

要するに、広島の田舎から出てきた私には、とてもこじゃれた建物に見えてたんだけど、この年になってみると同じ建物が「別物」に見えたわけよ。

二人は、「お茶」程度しか飲まないのに、わたくし「山菜うどん」を完食
d0137664_2216836.jpg

さすが、関東。
醤油色が濃いかったわ~

帰りは、美大からバスに乗って「鷹の台」駅へ
国分寺駅まで戻ると、くんちゃんと私が下宿していたおうちを探しました。

国分寺駅の北口は、かなり変貌してました。
でも、下宿の「日〇原さんち」はありました。

わたしたちが借りていた部屋はなくなり、大家さんちが大きく新しくなってましたが「日〇原」という表札があり、嬉しく懐かしく。

いろんな思い出が蘇りました。

中央線で東京駅に戻り、丸の内辺りで夕食をすませ、ホテルで語りました。

多感なあの時期を共にすごした私たちは、40年以上経過して会っても、不思議と違和感なく楽しい時間をすごせました。
幸せ♪♪♪
ホテルからの夜景
d0137664_144022100.jpg

[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-08 08:15 | 国内旅行 | Comments(0)

日本料理「うさ季(うさぎ)」.

2016年8月29日(月)の記録です。

以前  喰切料理「まさ喜」だったお店が、
日本料理「うさ季(うさぎ)」. 2013年9月14日広島市佐伯区千同に日本料理専門店としてオープン。

以前の「まさ喜」もとても気にいってたのですが、なぜか「うさ季」に変貌

ラフィットHOUSEの研修会の後、総勢10名で、8月29日に行ってきました。

8月の「うさ季」のお料理です。
ランチ 2400円です。
d0137664_1128651.jpg

d0137664_11282940.jpg
d0137664_11285091.jpg

d0137664_11291659.jpg

d0137664_11293613.jpg

d0137664_11355822.jpg


うさ季 (ウサギ)
懐石・会席料理
TEL・予約  082-924-7014
住所・広島県広島市佐伯区千同1-14-15

11:30~14:00 17:30~22:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 水曜日・第3木曜日
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-07 08:31 | グルメ | Comments(0)

STYLE OF COFFEE

主人が9月の初めに、若いお友達の結婚式に列席するために、ハワイに二週間くらい行ってました。
昨年、韓国の結婚式には、私もくっついて行ったのですが、二週間も母を一人でできないので、今回は主人のみ参加。残念

娘と同い年の子とお友達というのも不思議な話ですが、話せばなが~くなるので、割愛。

で、その結婚したさっちゃんから届いたのが「STYLE OF COFFEE」
d0137664_2254022.jpg

これが実にセンスがいいんよ。

一つ一つコーヒー豆が違ってて、しかもレター風な包装

d0137664_2211545.jpg



d0137664_22113140.jpg


ブラジルでも、いろんな農園があるし、エルサルバドル産・コロンビア産・ケニア産・エチオピア産・インドネシア産・ペルー産・コスタリカ産・ガテマラ産

世界のいろんな国のが楽しめて幸せ

それ以外に
d0137664_222715.jpg

安芸ブレンド(果実のようなキレのある味わいが特徴)
みのり(果実のようななめらかな酸味)
リフレッシュ(気分転換したいときのリフレッシャーに)
リラックス(ゆったりとした時間を演出する豊かな味わい)
With Cake(スィーツ&ケーキとおいしいまろやかなタイプ)
With Bread(焼きたてパンとおいしいあっさりタイプ)
Morening(さわやかな朝の目覚めにぴったり)
メルカードブレンド(誰からも愛されるコクのあるメルカードのロングセラーブレンド)
KAEDE(円みのあるコクと甘さ)
たわわ(木の実のような香ばしい味わい)
メキシコカサンドラ(ジャスミン・スィートハニー・トロピカルフルーツの風味)
コスタリカ ファナチュテプン農園(りんご・グレープフルーツ・ジャスミン・ローズのような風味)

わたくし、紅茶好きではありますが、
この子たちはぜひ飲んでみたいと感じさせるコーヒーです。

やはり、若い子のセンスはさすがですね~

で、朝主人がさっそく飲んでみようとするとびっくり

なんと、コーヒーは完全密封されて風味を保つ工夫に
d0137664_7593847.jpg

ふつうは、フィルターに入ってるよね。

少し手間はかかりますが、まさにコーヒー豆重視

おどろき~
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-06 08:01 | 嬉しいプレゼント | Comments(2)

ねこのしっぽ

限定10食のランチを食べてきました。
ランチは900円
アフター飲み物は、+200円
d0137664_1123341.jpg

木曜日は毎週「お豆腐」の日らしい。
この日は、「豆腐のつくね」でしたね。
ごぼうが効いて、おいしかったです。

外観はこんな感じ
d0137664_11355058.jpg

d0137664_11355918.jpg


0829-30-8061
広島県廿日市市上平良138-6

[水~土] 11:30~16:30 ランチ営業
定休日 日・月・火
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-03 10:59 | グルメ | Comments(0)

T‘zカフェ

JR廿日市駅北側の洞雲寺横にあるカフェに行ってきました。

「満点ママ」で見たんですよ。

ほんとはモーニングを食べたかったのですが、ランチの前だったので、お茶のみの予定で
d0137664_2245281.jpg

ムレスナティーを

しかし、なんだかさみしいので三人で一個ケーキをオーダーすることに

そこで、「特製の豆腐のレアチーズケーキ」をオーダーしたら、
「すみません、朝早いのでまだ固まってないんです」
とのこと。

で、手作りパウンドケーキしたのですが、うっかり写真を忘れてしまった。

一時間もすると、またまたさみしいので
「特製の豆腐のレアチーズケーキ」は固まりましたか?
と聞いてしまう。

「大丈夫です。固まりました」
とのご返事
d0137664_2210242.jpg

これが、実においしい。
おすすめです。

d0137664_22113244.jpg


外観も店内もおしゃれです。

今度は、モーニングに挑戦だわ~

広島県廿日市市城内3丁目13-13
0829-31-3434
9時~18時
定休日・火曜日
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-02 08:59 | グルメ | Comments(0)

韓国手料理

昨年 韓国の結婚式に列席したブログを書きましたが、そこのおうちに招待していただき、
「韓国手料理」をごちそうになりました。

日本人向けに、「辛さ」を抑えたものにしたそうです。
右のお皿が「チャプチェ」
フライパンのは「タッカルビ」風
食べ終わった後、ごはんを入れて「締めの焼き飯」にしてくださいました。
フライパンの左側は 韓国ドラマでおなじみの「ズッキーニジョン」
(卵を衣にして焼く料理をジョンといいます)
どれも、おいしかったわ~

やはり、韓国の料理は基本「日本人には辛い」そうです。
d0137664_21294320.jpg

[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-02 08:00 | 家族の出来事 | Comments(0)

但馬海岸グラスボート遊覧と日本海の水産会社で食酢海鮮三昧

阪急交通社  9月30日(金)
11980円

絵の教室の生徒さんたちと四人でツアーに参加しました。

我が家に敏恵さんが車で5時40分にお迎えに。
節子さん美春さんととともに、広島駅の駐車場にGO

広島駅 7時発
朝ご飯を自宅で食べてきた私。
がしかし、バスに乗車してまたまた「おにぎり」1個たべました。

しそれなのに、10時には、蒜山近くのPAで「クリームパン」を食べちゃいました。
d0137664_2143919.jpg


なにせ、片道370キロ

12時近くに 兵庫県美方郡「浜坂港」に到着

昼食は旬の白イカ姿造りと板うに・カキ・ホタテ・甘エビetc
d0137664_2027141.jpg


食後、但馬海岸遊覧(2016年3月就航 海の中が見えるグラスボードに乗船 40分

雨はさほど降ってなかったのですが、なにせ「曇り」
しかも、ちょぃと海が荒れてまして、グラスボードの意味なし。
海底は見えても、ぼんやり
お魚は一匹も姿なし
残念

でも、景観はすごかったです。
さすか、日本海

すっかり映像を撮るのを忘れてました。
「東尋坊」をイメージしてください。似たような似てないよう・・・

そこから、バスで10分もすると
余部鉄橋・「空の駅」

歩いて15分の階段を上ると
d0137664_2145825.jpg


旧余部鉄橋は、明治45年に建設された東洋随一の鋼トレッスル橋で、我が国有数の橋梁として、当地域だけでなく、多方面から多くの人々が訪れる観光名所として親しまれてきました。しかし、昭和61年の列車転落事故を契機に、架け替えに向けた取り組みがなされ、平成22年8月に現在の余部橋梁が完成しました。
約100年間山陰本線の運行を支えてきた旧余部鉄橋の歴史を後世に継承するとともに、人々の交流を促す観光拠点とするため、鉄橋の一部(餘部駅側の3橋脚3スパン)を展望施設として残し、旧鉄橋直下に自由広場等からなる公園施設とあわせ、余部鉄橋「空の駅」として整備しました。

d0137664_2181369.jpg


「空の駅」の下にある道の駅で「お土産」購入

鳥取県がすぐそこなので、安い
d0137664_2110833.jpg

大きい梨が二個で300円

そして、広島駅に9時くらいに到着。

絵の教室4人旅は、実に楽しかったです。

よく、笑ったね~
よく、食べたね←私だけ?
[PR]
# by mtanpopo2 | 2016-10-01 21:12 | 国内旅行 | Comments(0)