実生の日々草

母の家の玄関に私が寄植えした「日々草」は当然苗で購入。
元肥にマグワンプもやったせいか、とにかくデカイ!

我が家は、昨年の日々草の種をとって、今年の春に種まきをして苗を作り、小道に移植。
これが、6・7月と全然大きくならなかったんですよ。

「今年は花が咲かないわ。失敗。来年はもう少し早く種まきしないとダメだね」
って思っていたら、8月から花が咲きはじめました。

それが、なんと「体はちっちゃいくせに、いっちょ前に花が咲いてる」状態。
まるで、矮性の日々草状態。

びっくりしました。
d0137664_1314557.gif

んなのがレンガの小道に沿って3メートルくらいになってます。

なぜに背丈が大きくならなかったのかはわかんないけど、母の家の「おばけりように大きい日々草」に比べる、ある意味可憐で可愛いです。

でも、こんなに背丈がなくても花って咲くのね~

植物は、過酷の状態ほど花付きがよくなるということがあります。
なぜなら、花をつけるってことは種を作る。種を作るってことは子孫を残す。

我が家の日々草も子孫を残そうと思ってるんだね。けなげ~
では、今年も種を取って、来年苗を作ってあげないとね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-08-19 13:05 | ガーデニング
<< バリアフリーはまだまだ・・・ マニアック韓国旅行計画  その5 >>