芸術の秋

以前習っていた「染め」のグループの作品展「第12回 創手人染展」に行ってきました。
写真を撮ろうと思ってカメラまで持って行ったのに・・・
忘れてしまいました。
仕方ないので、招待状の作品をお見せいたします。
d0137664_19521696.gif
ハガキを写真に撮ったので、写りが悪くてごめんなさい。

この作品は、「雨のコラージュ」というインスタレーションです。
このはかぎには部分しか撮影されてませんが、3グループによる共同作品で、かなり大きい作品です。
3グループの特徴がちょっと垣間見えると、会場の当番をしていた昔のお仲間の1人が教えてくれました。
何年ぶりかで会った「昔のお仲間」は、退職後ますますお元気そうで、絵画・染めと芸術に勤しまれてるようです。
そのてん、私は・・・

最近は美術館に行くことも減り、いろんな作品展もあまり行かず、自分自身もあまり絵を描いてるとは言えず。反省多々ではあります。

刺激はうけたものの、この年になると自分の好きなことしか出来ない体になってしまって・・・

でも、今の生活も「人間らしくて」とても満喫してます。
ストレスを感じることも少なく、「主人と時々母」というのんびりとした生活も、なかなか楽しいものです。
手作りの食事を3食キチンと決まった時間に食べて、時には「手作りこんにゃく」、「しおちゃんのお野菜」も楽しめ、山の上だからウォーキングしても気持ちいいし、ちょっとは人様の役にもたち(ほんの少しのボランティア)、人から見たら「アホみたい」に韓国ドラマと映画を堪能し、絵の教室・生協・フラダンスを通していろんな人たちにもふれあい、好きなときに趣味の洋裁・編み物ができ、今が人生の中でも一番「良いとき」かもしれませんね。

この先は、母の介護というものが大きく浮上してくると思いますが、まあそのときは、そのときで。

「芸術の秋」から大きくはずれた日記になっちゃいましたが、こういう高尚なものにも触れることもたま~にあるんですよ(笑)
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-11-04 20:07 | 個展・絵画展
<< パッチワーク 大事にしすぎて・・・ >>