完璧な恋人に出会う方法  ☆☆☆

d0137664_224249.jpg
全20話 2007年 SBS
☆☆☆

出演者 : ペク・スチャン・・・キム・スンウ
       チョン・ユニ・・・ペ・ドゥナ
       チョン・ミヒ・・・キム・ソンリョン
       ヤン・ドッキル・・・ソン・ヒョンジュ
       ユ・ジュンソク・・・パク・シフ
       コ・ヘミ・・・ミン・ジヘ

演出  : チョ・ナムグク
脚本  : チョン・ジウ

邦題は「完璧な恋人」になってますが、原題は「完璧な隣人」だったらしいです。
どんなドラマでも、始まったときに見続けるかどうか、まずは悩みます。
なぜなら、ドラマが次々と波のように押し寄せてくるからなんです。
映画と違って最低でも16話。うっかりすると50話くらいまである韓国ドラマ。
史劇は60話が相場。
見るためにはそれだけの時間を費やすわけですから←でも、最近時間はたっぷりある生活(笑)

主役が、キム・スンウ。
う~ん、あまりそそられない。
ペ・ドゥナ。
好きな女優だけど、胸キュンにさせてくれるかしら・・・
パク・シフ。
う~ん、う~ん。
中井貴一か橋幸夫にしか見えない彼だけど、最近何故かこの顔にも慣れてきて、それなりに受け入れられる体質になってきたのが不思議??

そして、、いきなりの殺人場面。
えっーーー!!!

登場人物がやたら多くて、人間関係を覚えるのに大変だけど、出てくる脇役が芸達者が多い。
ヤン・ドッキルを演じているソン・ヒョンジュなどは「ソル薬局」で知った俳優なんだけど、実に演技が上手いのよ。
というわけで、展開が面白そうなのと、脇がしっかりしているので見続けることに決定。
あいかわらず韓国ドラマおきまりの「財閥の御曹司」「ありえない展開」なんだけど、すでに薬中のように韓国ドラマの歯牙にかかってしまっている私は「それなりに楽しむ」体になっちゃっているので中盤から後半はかなり楽しめました。

しかし、最近のドラマに多いのは、結婚に反対していたお母さん・態度の悪かったお母さんは、総じて若年性アルツハイマーになっちゃって、ラストは丸く納まるパターンやね(笑)
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-12-23 00:00 | 韓国ドラマ鑑賞記 カ行
<< 十勝 「豚丼のたれ」 忘年会  その4 >>