ドイツ  クリスマスマーケット NO-11 リューデスハイム ライン川クルーズ

2010年11月28日(日) リューデスハイムRüdesheim 晴れ
変わらずの早起き夫婦。
5時30分には起きちゃいました。
7時から朝食
d0137664_15205575.gif
d0137664_15211548.gif
ビッフェスタイル

d0137664_15215350.gif
昨日がパンとコーヒーという悲惨は朝食でしたが、この日はフランクフルトについで二番目に豪華か朝食
写真ではあまりわかりませんが、生ハム・ソーセイジが豊富

d0137664_15223075.gif
チーズも、自分の好きな量カッティングできます。
カマンベールチーズも、プレーン・中に何か入ったもの・チェダーチーズなど、種類が多々


d0137664_15225732.gif
パンも自分でカッティングするもの
ホールのままのものなど、たくさん
スクランブルエッグもあるよ。

ヨーグルト、フルーツもたくさん

d0137664_1523446.gif
あいかわらず、きゅうりはでかい。生野菜は、朝少ないですね。
でも、果物はいろいろ出ます。

手前にあるバターは、ソフトタイプで塗りやすい

d0137664_15242370.gif
こういう、容器そのままのヨーグルト・クラッカーもあります。
ヨーグルトは、美味しかったです。

さて、朝食が終わっても、まだ時間がたっぷり。
外の散策に。
古城ホテルはメインなんだから、しっかり写真を撮りました
d0137664_15261914.gif
d0137664_15263539.gif
ひとまず出たものの、まだ暗い
d0137664_15284793.gif
フロントのおねえさんの写真をとったり
d0137664_15304135.gif
d0137664_15305190.gif
d0137664_15311183.gif
d0137664_15312910.gif
d0137664_15314649.gif
ロビーを写したり

d0137664_1532268.gif
少し外が明るくなってきました>泊まった古城ホテル概観

ホテルの裏側を探索
d0137664_15333121.gif
この道を行っても、何もなさそうなので、引き返す

d0137664_15341257.gif
ホテルの真裏
電気のついている所がレストラン

d0137664_1535470.gif

d0137664_15352493.gif

ホテルの正面に戻り、別館などを写す

d0137664_1536231.gif
そうこうしていると「鹿がいるぅー」ときれいなおねえさんが走る。
それは、見ないといけん、と続く。
天然かと思いきや、飼われてる様子
ひろーーい土地に、囲いがしてありました。

d0137664_15364532.gif
写真では見えませんが、えさを買えるようでした。
ほかのツアーの子供さんがえさを買ってもらって、鹿にあげてました。

時間があれば、私もやりたかったな・・・
えさ代金がいくらかなのかも、リーサチできませんでした。

いよいよ、古城ホテルを出発。
d0137664_15374931.gif
バスのしたに荷物を積み込んでくれます。
ところで、前のドアとは別に、もう一つドアがこのバスではあります。

d0137664_154311100.gif
ホテルは少し高台にあります。
少し下りたところにある、公園で下車。ニーダーヴァルト記念碑、「ゲルマニアの女神像」
1871年のドイツ統一を記念して、
1883年に建てられた記念碑です。

d0137664_15435545.gif
女神像のある公園から見る Rhein=ライン川=
リューデスハイムの街の南を
東の方から流れてきて・・・

リュデスハイムの街に下りました。
d0137664_15444180.gif
見渡すかぎり、ワイン畑

lリュデスハイムの街をとおり、ワイン醸造所に向かいます。
d0137664_15453278.gif
d0137664_15454555.gif


日本人経営のワイン直売店
d0137664_15465195.gif
ほら、看板がおしゃれ~
d0137664_15474719.gif
ここから入り、地下へと
d0137664_15482765.gif
d0137664_15485371.gif
はい、日本語での説明なんで、すごくわかります。
ドイツは白ワインです。
試飲させてくれます。
上海で乗り継ぎなんで、手荷物で持ってかえれません。
送るか、トランクにいれるしかありません。
でも、ドイツはビールの国なんで、ビールを持って帰る予定なんで、試飲させていただきましたが、ごめんなさい。このワインのお店近くにもクリスマスマーケットが、少しあります。
#IMAGE|d0137664_1550581.gif|201112/22/64/|mid|150|112#]
d0137664_1550193.gif
d0137664_15503433.gif
d0137664_15514447.gif
d0137664_1552434.gif
d0137664_15521596.gif
d0137664_15522899.gif

d0137664_1553751.gif
集合場所に着いても、みんなが来るまで
ウィンドウショッピング。

待ち合わせのところは、街の通りに面した店

さて、最後にドイツの列車を見て、ライン川クルーズにむかいます。
d0137664_15542397.gif
みんな必死に写真撮るから、黄色いパーカーのおじちゃん笑ってました。

d0137664_1555343.gif
建物の前に箱みたいに並んでいるのは、クリスマスマーケットなんです。
朝早いので、まだお店は閉まってます。

d0137664_15554620.gif
バスで移動中。
バスの中から乗る船が見えてきました。
小さくみえますが、大きいんですよ

d0137664_1556166.gif
上は列車の鉄道です。
その下を通って、川べり行きます。
どこの国もそうですが、ラクガキがいっぱい。
残念なことですよね。

d0137664_15583114.gif
対岸は、こんな風景
d0137664_15585896.gif
乗船中

このライン河クルーズは、世界遺産・ライン河をゆったり下り、両岸に広がるぶどう畑や古城、ハイネの詩で有名な「ロレライ」の岩などロマンチックラインの美しい風景の中を船は進みます。
ランチがついてるのですが、時間の関係で「すごい早ランチ」で、10時30分頃から出てきます。
d0137664_1601032.gif
飲み物メニューでオーダー
d0137664_161723.gif
あいかわらずのビールをオーダーの主人
d0137664_1613739.gif
d0137664_1615182.gif

d0137664_1621199.gif


食べている間にも、いろんなお城や建物が・・・
d0137664_1624360.gif
d0137664_1625550.gif
d0137664_163138.gif

d0137664_1633154.gif
d0137664_1635873.gif

d0137664_1641893.gif
d0137664_1644144.gif
d0137664_165673.gif

城の名前は割愛させていただきます。

さて、有名な「ローレライ」
d0137664_1654222.gif
d0137664_166524.gif
有名な岩なんで、名札があります。

さて、皆様、ローレライの伝説はご存知?
いざ言われると、???

美しい歌声で通りかかった船を沈めたといわれるローレライの魔女伝説。これはライン髄一の場所であった岩山で多くの船転覆する悲話から生まれた物語で、古典ドイツ語のIuen(潜む)ley(岩)という意味から生まれたものです。緑の丘を縫って流れる雄大なライン川の眺望はまさに絶景。「父なる大河」といわれるライン川の恐ろしさと美しさを見てきました。


この岩が「さよなら」すると、終点のサンク・ト・ゴアールです。
サンク・ト・ゴアールは両岸に船着場があるので、どちらで下りるか注意してね。

船を下りたら、バスで一路ケルンへ。
[PR]
by mtanpopo2 | 2010-12-12 00:01 | ドイツ旅行(ツアー旅行)
<< ドイツ  クリスマスマーケット... ドイツ  クリスマスマーケット... >>