フランス旅行記NO-11 ロアール シャンボール城

レオナルド・ダ・ヴィンチゆかりの城なので、超楽しみにしていた城です。

d0137664_22272948.gif

巨匠の影響
狩場の森に囲まれたフランス・ルネッサンスを代表する宮殿のシャンボール城は、ソローニュ地方の沼地に、突然その姿を現します。シャンボールは、フランス王フランソワ1世の夢から生まれました。フランソワ1世は、イタリアでの戦いから、レオナルド・ダヴィンチに代表される多くの芸術家を連れ帰りました。シャンボール城の設計者が誰なのかは知られていませんが、特に有名な二重らせん階段などは巨匠ダヴィンチの素描を元にしているとみられています。

ルネッサンスの奇跡
Le シャンボール城は、イタリアの基礎技術とフランスの伝統を巧みに結合させ、フランス・ルネッサンスの始まりを示す建築物です。シャンボール城の完璧なプロポーションは、荘厳な印象を醸し出すとともに、ボリューム感と装飾を見事に調和させています。

という説明どおり、実にボリームのあるお城で、常々「世界遺産」の番組で見ては、羨望のまなざしで見てました。
それがまさに目の前に。
なんだん、モンサンミッシェル同様、目の前にどーんと来ると、一生懸命見ようとすればするほどぼーと見ている気がします。
なんだか、好きな人の前だとよく見えなくなる状態。
目に焼き付けようとすればするほど、よく見えない。
d0137664_22334493.gif
d0137664_22325363.gif


レオナルドの階段を上って、階上へ向かいましょう。主塔の上からは、目もくらむような屋根窓や小塔や煙突が林立する幻想的な屋根の風景が見えます。パリと同じくらいの広さがある公園を一望に見渡す眺望もお楽しみください。と今調べると書いてありました。
残念。
実は自由行動のときが短いので無理だと思っていたのですが、他の皆様は中に入られたみたい。
「らせん階段」を見たそうです。
あ~、不覚。

いろんな失敗があるのが海外旅行なんだけど、もっと貪欲になれば良かったと後悔。
この失敗は、痛いわ~

ここも、カーニバル開催ですごいにぎわい。
やっぱ夏至を過ぎるとヨーロッパはバカンスシーズンでみんな遊ぶのね~
駐車場には、キャンピングカーがてんこもり。
ヨーロッパの遊びは長くてでかい。

近くの農家の人たちが、「ジャム」「蜂蜜」を出してました。
これが安くて美味しい。

しかし、両方とも液体扱いなので、トランクに入れるしかありません。
トランクの23キロオーバーが怖いので買えませんでした。
ほんとに残念。
[PR]
by mtanpopo2 | 2013-07-09 00:00 | フランス旅行(ツアー旅行)
<< フランス旅行記NO-12 フラ... フランス旅行記NO-10 ロ... >>