京都旅行記 その3 「建仁寺」「両足院」そして祇園・先斗町

高台寺の前の、「ねねの道」を散策。
2年前は、「京都東山花灯路」で夜を散策。
d0137664_1944478.gif
d0137664_19441479.gif
「狐の嫁入り巡行」なんかも見たな~

なかなか雰囲気のよいところを散策しながら建仁寺に到着。

今回、メインの一つである「両足院」に。
拝観料600円
d0137664_19451852.gif
ぶらぶら美術館に出ていた両足院(りょうそくいん)の住職が言われるには「両足はりょうあしという意味ではなく、両方足りているという意味でございます。知と力、ともに備わっているという意味でございます」とのこと。

「冬の京都特別展示」の場所はすべてガイドさんがいらっしゃいました。
2年前は、平日だったからいなかったのかな~

長谷川等伯の絵は、私のレベルでは「よさ」があまりわからなかったな~

伊藤若中の「にわとり」は、なかなか好みでした。
すごくデザイン的で、色彩も見事でわかりやすい作品でした。

両足院は、わりと人が多かったですね。

建仁寺は、4人とも拝観したことがあるので、今回はパス。

建仁寺から、花見小路を抜けて、祇園。
原了郭 祇園店へ
d0137664_2021858.jpg
娘夫婦、どんだけ「七味」が好きなのかしら・・・
ここは、「黒七味」が有名らしい。

私たちは、今回の旅行で「七味」は全然買わなかったな~

茶寮都路里祇園店で「抹茶バフェ」を食べようと思ってましたが、なにせ「阿古家茶屋」でご飯3杯くらい食べている私たち(笑)
おなかがすいてません。

でも、これがよかった。

なにせ、都路里祇園店はものすごい混雑。
バス停かと思うほど、人が並んでました。
1050円と1231円のパフェが人気らしい。
恐るべし。

祇園の、あっちのお店にふらふら。こっちのお店にふらふら。
主人はおっちゃんなのであまり興味はないので、お気の毒状態。

四条大橋を渡り、先斗町の路地を探索。
ここは、主人はいきいきとしてました。
なんのことはない「飲み屋」街なんですけどね~

先斗町って、一回通りに入るとその通りからなかなか抜けれません。
たての道がずっーーと続いていて、横道がなくて、かなり先までいかないと右折も左折もできないことが判明。
d0137664_20144837.jpg

[PR]
by mtanpopo2 | 2014-03-20 00:00 | 国内旅行
<< 京都旅行記 その4 「築地」 京都旅行記 その2 「阿古家茶... >>