但馬海岸グラスボート遊覧と日本海の水産会社で食酢海鮮三昧

阪急交通社  9月30日(金)
11980円

絵の教室の生徒さんたちと四人でツアーに参加しました。

我が家に敏恵さんが車で5時40分にお迎えに。
節子さん美春さんととともに、広島駅の駐車場にGO

広島駅 7時発
朝ご飯を自宅で食べてきた私。
がしかし、バスに乗車してまたまた「おにぎり」1個たべました。

しそれなのに、10時には、蒜山近くのPAで「クリームパン」を食べちゃいました。
d0137664_2143919.jpg


なにせ、片道370キロ

12時近くに 兵庫県美方郡「浜坂港」に到着

昼食は旬の白イカ姿造りと板うに・カキ・ホタテ・甘エビetc
d0137664_2027141.jpg


食後、但馬海岸遊覧(2016年3月就航 海の中が見えるグラスボードに乗船 40分

雨はさほど降ってなかったのですが、なにせ「曇り」
しかも、ちょぃと海が荒れてまして、グラスボードの意味なし。
海底は見えても、ぼんやり
お魚は一匹も姿なし
残念

でも、景観はすごかったです。
さすか、日本海

すっかり映像を撮るのを忘れてました。
「東尋坊」をイメージしてください。似たような似てないよう・・・

そこから、バスで10分もすると
余部鉄橋・「空の駅」

歩いて15分の階段を上ると
d0137664_2145825.jpg


旧余部鉄橋は、明治45年に建設された東洋随一の鋼トレッスル橋で、我が国有数の橋梁として、当地域だけでなく、多方面から多くの人々が訪れる観光名所として親しまれてきました。しかし、昭和61年の列車転落事故を契機に、架け替えに向けた取り組みがなされ、平成22年8月に現在の余部橋梁が完成しました。
約100年間山陰本線の運行を支えてきた旧余部鉄橋の歴史を後世に継承するとともに、人々の交流を促す観光拠点とするため、鉄橋の一部(餘部駅側の3橋脚3スパン)を展望施設として残し、旧鉄橋直下に自由広場等からなる公園施設とあわせ、余部鉄橋「空の駅」として整備しました。

d0137664_2181369.jpg


「空の駅」の下にある道の駅で「お土産」購入

鳥取県がすぐそこなので、安い
d0137664_2110833.jpg

大きい梨が二個で300円

そして、広島駅に9時くらいに到着。

絵の教室4人旅は、実に楽しかったです。

よく、笑ったね~
よく、食べたね←私だけ?
[PR]
by mtanpopo2 | 2016-10-01 21:12 | 国内旅行
<< 韓国手料理 明洞の焼肉 >>