自立型ガーデニング

10年前に手がけた庭も、台風で「もっこうバラのパーゴラ」が倒壊し、手作りの「木製デッキ」も腐敗し撤去、とかなり寂しい状態となってきました。
父の介護もあり、ほったらかしにしてましたが、先日日記にも書いた美味しい英国紅茶の入れ方を習ったりすると、庭で軽いお茶をしたいという想いがまたまた湧いてきました。

しかし、年をとっていくと、重たい鉢は持てなくなるし、再々植え替えをしたりするのは難しくなってきます。そこで、10年先を見据えた「自立型ガーデニング」を目指すことにしました。
何が自立するって、草花に自立してもらうのです。
夏に水をやらなくても、自分の生命力でなんとかしてくれる。
植え替えなくてもよい宿根草で毎年花を咲かしてくれる。
これらを満たすために、草花・レンガ・装飾石の配置を変えることにしました。

たとえば、いままで日当たり重視でベランダの下に花壇を作ってましたが、ここは雨があたりません。ゆえに夏場に枯れてしまうことが多いのです。その花壇はとっぱらい、レンガを移動させてテーブル・いすを置くスペースに変更。
これで、雨のあたらない部分の植栽はなくなりました。
テーブル・いすも、明るくて雨のあたらない部分に移動できました。

それから、花壇の見直しもしてます。
いままでは、一種類の花をドーンと植えてましたが、先日BSの素敵なガーデニングをみたとき、四季おりおりの宿根草をひとつの花壇に少しづつ植えてありました。色も立体感を出すために、いろいろな色を使用してありました。
これをヒントに四季を楽しめる小さな花壇をテーブルから見える位置に作ってみました。

まだまだ過渡期なので新しい花壇写真は写してませんが、移動前の秋明菊を撮ってみました。
d0137664_20214179.gif

秋に咲く大好きな花のひとつです。

また、下の花の名前がわからないのですが、誰がかわかりになりますか?
よく公共の場所に植栽してあります。
一株買ったのに、いまではひとつの花壇いっぱいになってます(汗)
d0137664_20255998.gif

[PR]
by mtanpopo2 | 2008-09-17 20:26 | ガーデニング
<< 秋らしい作品 トリスタンとイゾルデ   WO... >>