カテゴリ:嬉しいプレゼント( 77 )

大事にしすぎて・・・

以前、息子が社会人になって始めて息子にしては高価なプレゼントをくれました。
「一保堂」のお茶のセットでした。

とても嬉しくて、大切に大切に飲まずにいたら、賞味期限が2年くらい経過したことがあります。
とっても、おバカです。

何かにつけて「大事にしすぎて」美味しいときが過ぎてしまう、要するに賞味期限が過ぎてしまうことが多々の私です。貧乏性なんですよね・・・

で、最近は、とにかくもらったら即食べる主義にしてます。

と言いたいところですが、冷蔵庫を見ると、大切にしているモノ発見!!
今年の母の日にもらった「ドレッシング」です。

いろんなモノと詰め合わせになっていたのですが、何故かドレッシングは「これにあうかな? どれにあうかな?」と思っているうちにもう半年経過してます。
やばい

今朝、さっそく主人と2人でサラダにかけてみました。
d0137664_20441557.gif
南蛮ドレッシングです。
よ~く眼鏡をかけて見てみると、2012年3月28日と書いてありました。
ありゃ、焦ることなかったんですね。
て゜も、美味しいうちに食べないとね(笑)

ほんと、最近物忘れが多いので、なんでも早めにしないとね~
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-11-03 00:00 | 嬉しいプレゼント

O&CO エンストラヴァージンオイル

生協仲間と「エクストラヴァージンオイルは生で飲んでも体にいいオイルだから、積極的に摂取しないとね」と先日話してたら、なんと最高級エクストラヴァージンオイルを栄子さんからもらっちゃいました。

元々は主人のお友達だった栄子さんとは35年のお付き合い。
昨年の末に心筋梗塞でご主人が亡くなられた栄子さん(ブログにも書きましたが)の娘さんが11月に結婚式をされます。突然の哀しい出来事があっただけに、喜びもひとしおでしょうね。
私もその娘さんはうちの息子と同い年で生まれてからずっと知っている娘さんなんです。
小さい頃は、うちの息子と仲良く遊んでいたものです。

で、先日久しぶりにお宅に伺いました。
90才のお母さんの(要介護4)を在宅で介護してます。
亡くなられたご主人がとてもこまめで優しかったので栄子さんはとても助かっていたのですが、今は1人で介護しているから大変です。
しかも、民生委員の会長もやっているんですよ。
ちょうどお母さんがお昼寝の時間に行ったので、少し話ができましたけど、やっぱりご主人を突然亡くされた消失感は大きいようでした。

さて、そんな栄子さんが帰りに、O&CO エクストラヴァージンオイルをくれたんですよ。
d0137664_1045342.gif

コルク栓だったりして、見るからに豪華なので帰宅して調べてみました。

「O&CO オーアンドコーは、1996年にロクシタンの創業者でもあるオリビエ・ポーサンにより、パリのサン・ルイ島に世界初のオリーブオイル専門店として誕生。現在世界中に約80店舗を展開する、ミシュラン獲得シェフもご用達の専門店です。
当時市場に出回っていたのは、大手生産者の低品質のオリーブオイル。
それを嘆いたオリビエ達は、愛情こめて細やかに手をかけたオリーブを育てている小規模オリーブ樹林の所有者が作り出す、ヴィンテージ・エクストラ・ヴァージンオリーブオイルにスポットをあてました。
このような小規模生産者は、それまでほとんど脚光を浴びることはありませんでしたが、この本当に魅力あるオリーブオイルを市場に出していこと決意しO&COは地中海各地のオリーブの樹とオリーブオイル、情熱を持った生産者たちのパートナーシップによって創設されました」

なんと、ロクシタンの創業者が立ち上げた会社なのね。
すごい理念ね。

というわけで、上質のオリーブオイルと判明。
種類によって違うけど、1本1500円以上ると思われる上質のヴァージンオイルなのね。
すご~い。

で、生で飲むのはイタリア人でないので無理。
先日、モンぽこ亭でご馳走になった「トマトとチーズのオリーブオイルサラダ」に挑戦。

ほんとは、モッチェラチーズを使用するんだけど、私はクリームチーズが好きなので、「デンマーク産のクリームチーズ」を張り込んで買いました。
やっぱオイルが上質なんで、チーズも同等のものにしてあげないとね。

トマトとチーズをスライスして交互に並べ、岩塩をゴリゴリ砕いて、オイルをかけるだけ。

オイルは、濃厚なお味。
庶民の口しか持ってない私達夫婦ですので、明確なコメントができないので
「う~ん、やっぱ違う」くらいしか感想が言えません(笑)
主人も「上質なオイルの風格があり、美味しい」と言ってました(笑)

「猫に小判」「豚に真珠」状態ですが、コルクの栓をきっちりして、大切に使っていこうと思ってます。
こういう「ささやかな贅沢」が、「すごく幸せ」と思うのは、年のせいでしょうかね~
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-10-30 00:00 | 嬉しいプレゼント

秋の味覚

モンぽこさんから、夕食のご招待のメールがきたもんで、いそいそと出かけました。
メニューは何も聞いてなかったんだけど、4人でワイワイ食べる会と聞いて、主人と母には適当な夕食を用意して、1人で行っちゃいました。

4人ぶんのケーキを持参。
「太るな~」と思っても、デザートも必要ですものね。

行ってみると、「お鍋」の準備をしているので野菜を切ったり手伝っていると
「茶碗蒸しを作るから手伝って欲しい」というので、卵をまぜまぜしたんだけど、中の具がすごい。
ホタテ・えびは序の口。
なんと横綱は「国産のマツタケ」
モンぽこさんのお義父さんは野菜市場を経営。
そのお義父さんのところで格安に国産のマツタケを買わせていただいて、はや7年。
あの頃は、両親が三次から引越してきて、初めての秋だっので奮発して頼んだんですよ。
でも時期が遅くて、高かったのね。
するとお義父さんは貧乏な私に同情して「もうけなし」で売ってくださいました。
そんな優しいモンぽこさんのお義父さんがモンぽこ家にあげた「国産のマツタケ」を、なんとモンぽこさんはわたしたちに振舞ってくれたのであります。

あの7年前の2万円のマツタケ以来、我が家では「国産のマツタケ」は幻でした。
7年ぶりの「国産マツタケ」様、様なのであります(感涙)

「マツタケの茶碗蒸し」「マツタケご飯」「マツタケの吸い物」をごちそうになりました。
d0137664_16372381.jpg
d0137664_16373596.jpg


「海老でタイをつる」状態で、ほんとうれしかったわ~
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-10-17 16:38 | 嬉しいプレゼント

フルーツほうずき

ボランティア仲間には、いろんな活動されている方が多いです。

その中の1人明子さんは、湯来町の「こんにゃく大学」に4年前に行かれたのが縁で、いまでは湯来町に畑を借りて、プチ本核的農家になってます。

最近は、少量だけど出荷して、家の野菜はほとんど買わない状態だそうです。
ただ弊害は、夏ならほぼ毎日夏野菜(なす・キュウリ・トマトなど)ばかりを食べないといけないことだそうです。
でも、旬の地野菜を365日食べているわけですから、当然元気にはなりますよね。

そんな明子さんから「フルーツホウズキ」をいただきました。
最初はこんな状態なので
d0137664_10275793.gif
思わず「なんの種をくれたん?」と聞いたら
「違うんですよ。これって食べるホウズキなんですよ」と言って剝いてくれたら
d0137664_1030340.gif

黄色くなっていたら熟れて食べれるですって。
緑色だったりしたら、熟れてないんです。
また腐っていたり苦かったりすることもあるんですって。

まだまだ認知度が低いので、売れ行きはいまいちだそうです。
道の駅などで売っているかもしれませんね。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-10-15 00:00 | 嬉しいプレゼント

新鮮野菜は嬉しい~  その16

小倉のしおちゃんから「秋の味覚」が届きました。
d0137664_11483241.gif

真ん中に立っているのが「新米」です♪
しおちゃんちの田んぼを借りている方が作ったのを、毎年送ってくれます。
ありがたや~

「巨峰」「無花果」「カボス」「里芋」はしおちゃんちで出来たものです。
先ほど、母が好物なので「無花果」を持って行ったら「とても甘い」と喜んでました。

「里芋」も一緒に持って行ったら「あなたが煮てもいいんよ」と言うんですよ。
「いえいえ、野菜の煮物はお母さんの担当だから。料理しないとボケるよ」と渡しました。
しかし、母が来て7年、私は野菜の煮物から遠ざかってます。
私の方がボケそうです・・・

「カボス」は家族全員大好きな秋刀魚の時に使う予定。

しかし、「秋の味覚」をどどーんと送ってもらって、とても幸せ。
やっぱ、食べ物って人を癒しますよね~

作っているしおちゃんは大変だろうけど・・・
農家の主婦が大変なのは、父の実家を見ているから知ってます。
野菜は、こっちの都合にあわしてくれませんものね。
天候にも左右されるし。
爬虫類さえ生息してなかったら、畑仕事は苦にならないんだけど・・・
まあ私はせいぜいガーデニングに励みます。
しおちゃん、うらいね♪ 感心するよ。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-10-12 00:00 | 嬉しいプレゼント

素敵な雑貨

思いがけずに、可愛い雑貨をいただきました。

いつも思うのですが、プレゼントには相手のセンスがにじみ出ますね。
このプレゼントをくださった桃子さんは、絵を描かせたらうまいし、縫い物をしても上手いです。
布の使い方とか、レースのあしらい方とかが、実にうまい。

d0137664_1249422.gif
一緒に入っていたお手紙に
○庭の花や木をさして鉢カバー
○キッチン 野菜いれ
○毛糸 布入れ
など、小物入れに使ってください。
と、書いてありました。

ひとまず、キッチンに飾ってます。
バケツもさることながら、ナフキンの柄が大好き。

もったいなくて、まだ何も入ってません(笑)
いつも誰かに何かをもらうと「もったいない」と思って大事にしすぎて、活用しなかったり賞味期限(お茶とか)が切れたりするので、最近は「日常を豊かに」というモットーで、気に入ったものほど日常使いにしてます。
だから、この小物入れも、早く何かを入れて使いたいと思ってます。

でも、人間って何かをもらうと嬉しいものですね~
とくに、それが好みのものだと嬉しさ倍増ですよね~
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-10-09 00:00 | 嬉しいプレゼント

新鮮野菜は嬉しい~  その15

しおちゃんから「夏野菜」が送られてきました。
d0137664_20225636.gif

じゃがいもは「メークイン」「男爵」「紅あかり」
たまねぎは、干せるようにロープまでついていたので、さっそく縁の下に干しておきました。
なすは「博多長なす」
トマトは、ふつうのトマト、プチトマト、そして「マイクロミニ」という2センチくらいのトマトがありました。
初めて見ました。
他にも「ピーマン」「ししとう」etc

そして、なにより嬉しいのが毎年送ってもらう「煮梅」
さっそく、ゼリーを作らないと♪

いろんな野菜があって、主人がいなくても全部消化できそうなんだけど、「青しそ」だけは私と母だけでは無理っぽいので、ご近所におすそ分け。

いつも思うんだけど、野菜のような生き物を作るって、大変だと思います。
洋裁・編み物、パッチワークは作る人の気分で「今日はここまで」とか、ずっーーと休止とかできるけど、野菜のような自然が相手のものは自分の思い通りにはいきませんよね。
自然に沿って生きてるしおちゃんって、すごいな~
と感心します。

いつもしおちゃんからの荷物が届くと「しおちゃんは、おまえのお母さんみたいだな」言ってる主人はタイでなにをしているやら・・・
ここ二日電話がないけど、タイを満喫していることでしょう。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-07-12 00:17 | 嬉しいプレゼント

杜の紅茶

仙台のまりこさんから「杜の紅茶」というのが届きました♪
d0137664_19342958.gif
紅茶好きの私には、とても嬉しいプレゼントでした。

販売者が、仙台市青葉区 ㈱藤崎
製造者が仙台市若林区 ㈱ガネッシュ
原産国  インド  エジプト

今の時期、仙台市の商品をもらうと、なんだか復興支援しているようで、ちょっと嬉しいものです。

左の「新茶の紅茶」というのは、「秋茶」と表示があり、2010年10月11月摘みのオータムナルティー。
現地インドも秋。この時期のダージリンティーは深くまろやかな味わい。

と書いてあります。

裏に入れ方の写真付きで、とても親切。

なんだか飲むのがもったい気がしますが、いつもそうやって「もったいない」と思って大事にしすぎて、賞味期限が切れることがあるので、早めに飲もうと思ってます。わくわく♪
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-07-09 19:44 | 嬉しいプレゼント

新鮮野菜は嬉しい~  その14

しおちゃんから「初夏のお野菜」が届きました。
d0137664_2093993.gif

左の「ソラマメ」はさっそく塩茹でました。
実が柔らかくて、美味しかったです。
ソラマメは剝いてつめがまだ青いうちが新鮮で美味しいとしおちゃんが教えてくれました。
お店が買うのは、ほとんどツメが黒いよね。
小倉では、ツメのことを「お歯黒」といって、ツメが黒くなったら実が硬くなったってことなんだって。
実の赤い「赤ソラマメ」は明日「ソラマメご飯」にする予定です。

スナップえんどうは、茹でて豚肉といためました。

真ん中のフリルレタスは、きゅうり・セロリにもろみ味噌をつけ、フリルレタスで包んで食べました。

右端は、「しおちゃんの夏みかんマーマーレード」
これは、明日プレーンヨーグルトにかけて食べようと思ってます。

採れたてのスナップえんどうは、プリプリして甘くて美味しかったです。
ソラマメもね。

最近主人が健康おたくになっているので、以前以上に新鮮野菜が嬉しいです。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-05-24 00:01 | 嬉しいプレゼント

姫路城

娘夫婦が、婿殿のお父さんと連休に姫路城に行ったんですよ。
確か、今は姫路城改装中のはずなんですが・・・

阪急交通社から4月くらいに「今しか見れない改装中の姫路城」というツアーのお薦めがきました。
交通公社もいろいろ考えてキャッチフレーズを考えるな~
と、感心したり笑ったり。

「確かに今しか見れない改装中の姫路城だけど、別に見なくてもいいじゃん。
ツアー客を少しでも増やそうとして考えたキャッチフレーズなのね。
でも、わざわざ改装中に見に行く人はそんなにおらんよね~」
と思ったです。

でも、改装中でも見に行く人が身近にいました(笑)

先日、息子が来たときに娘夫婦もやってきました。
「姫路城は、なかなか良かったよ。で、これがお土産。美味しいと思うよ」
d0137664_21421959.gif

「形が面白いじゃろ」とのこと。

確かに、お城の形しているのは、面白い。
初めて見ました。
[PR]
by mtanpopo2 | 2011-05-15 21:43 | 嬉しいプレゼント